マネジメントコントロールとは?マネジメントコントロールの目的や成功のポイントを解説

働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

従業員が本来のパフォーマンスを発揮できるように、マネジメントコントロールを重視する必要があります。

組織のトップがマネジメントコントロールを備えていないと、従業員を正しい方向に導けないだけでなく、モチベーションを低下させる原因にも成りかねません。

とはいえ、マネジメントコントロールを身につけるには、どのような手法が必要なのでしょうか。

マネジメントコントールの成功に欠かせない3つのポイントを踏まえて、組織力の向上につなげましょう。

マネジメントコントロールとは

マネジメントコントロールをひとことでいうと、組織に在籍するメンバーがパフォーマンスを発揮できるように管理することです。

マネジメントコントロールが必要とされる背景に、組織規模の拡大や、組織内での分権化が進み、従業員一人ひとりの管理が難しくなったことが挙げられます。

このような背景があるなかで、組織のなかで従業員をコントールできる仕組みが必要となりました。

マネジメントコントールを徹底することで、従業員の孤立を防ぎ、適切な管理体制を整えられます。

マネジメントコントロールをおこなう目的

マネジメントコントロールをおこなう目的や効果をもう少し詳しく見ていきましょう。

メンバーのモチベーション向上・維持

マネジメントコントロールをすることで、部下のモチベーション向上させます。

部下が仕事で悩みを抱えていたり、仕事で失敗をしてしまったりしたときに、モチベーションが低下しないようにコントールしなければなりません。

モチベーションが低下したままだと、組織全体の効率性が下がるだけでなく、本人の離職にもつながる可能性があります。

管理職が適切にコントールすることで、部下の仕事に対するモチベーションを維持・向上できます。

意思疎通のズレをなくす

2つ目の目的は、組織全体や上司の考えと、部下の考えにズレが生じないようにすることです。

コミュニケーション不足が顕著になると、徐々に意思疎通にも問題が生じていく可能性があります。

意思疎通を放置した結果、仕事にミスが起きたり、スケジュールどおりに仕事が進まなくなったりし、企業経営にも悪影響を及ぼしかねません。

日頃からマネジメントコントロールを意識することで、意思疎通のトラブルを解消できます。

組織の方向性を定める

組織の方向性を統一するためにも、マネジメントコントロールが求められます。

従業員の管理が適切に行われていないと、組織体制がバラバラになり、チームとしての一体感を失う可能性があります。

とくに、スタートアップ企業や規模の小さい会社は、組織の一体感を強めるためにも、方向性をまとめなければなりません。

マネジメントコントールを実施し、従業員が1つの目標に進められるようにします。

マネジメントコントロールの手法

具体的には、従業員の業務バランスを整えたり、適切な人事評価を行ったりすることで、従業員の管理を徹底します。

マネジメントコントロールには、どのような手法が存在するのでしょうか。

南カリフォルニア大学のケネス・マーチャント(Kenneth Merchant)教授によると、「行動コントロール」、「結果コントロール」、「環境コントロール(人事、文化コントロール)」の3つに分類されます。[※1]

行動コントロール

行動コントロールとは、従業員の行動に働きかける方法です。

どの従業員でも同じ結果を出せるように、経営者や管理職が従業員の行動を管理します。

たとえば、工場や倉庫での作業において、マニュアルを使って従業員の行動を均一化することで、最適な結果を生み出せるということです。

また、行動コントロールは、現場で働く従業員の安全性向上や、現場作業の効率化も可能です。

結果コントロール

結果コントロールとは、従業員に対して目指すべき目標と評価基準を立て、各自が努力できるような環境を提供することです。

従業員に当事者意識を持たせることで、自主性を高め、質の高い作業品質を提供できます。

また、結果コントロールは、成果報酬型のビジネスや、成果に応じて報酬を得たい従業員に適した方法です。

ただし、各従業員の責任範囲も広がることから、単独行動が増加し、組織に一定の不安を抱える可能性があります。

環境コントロール(人事、文化コントロール)

環境コントロールは、経営ビジョンや事業内容に共感したメンバーを集め、組織力を向上させる方法です。

従業員が規律に則って働けるように、経営理念の教育や報酬体系、人材の配置などを適切に行います。

しかし、環境コントロールは、間接的な方法であることから、即効性が低く、長期的に効果を検証しなければなりません。

マネジメントコントロール成功のポイント

マネジメントコントロールをおこなうことは、管理職にとって当たり前におもわれるかもしれません。

しかし、いざ実践しようとしてみると、なかなかうまくいかないこともあります。

マネジメントコントロールを成功させるためには、次のポイントをおさえておきましょう。

客観的な評価制度を設ける

マネジメントコントロール成功に向けて、客観的な評価制度を設けるようにしましょう。

従業員の成果を客観的に評価することで、モチベーションやパフォーマンスの低下を防げます。

一方で、事務職のように、評価基準が曖昧な業務については、どのように評価するのかを明確にしておかなければなりません。

人事評価に関して不透明な部分をなくし、正しい評価制度を取り入れることがマネジメントコントロールに必要です。

メンバーに振り回されないようにする

マネジメントコントロールを徹底するためには、管理するメンバーの声を聞きつつ、振り回されないように注意する必要があります。

とくに、規模の大きい会社では、メンバーの声を聞きすぎると、現場のコントロールにトラブルが発生します。

環境コントロールや行動コントロールで示したように、現場の規律性を高めたり、行動の均一化を徹底したりすることが重要です。

積極的にチームの聞きながらも、組織が崩れないように注意しましょう。

組織内での情報共有を徹底する

最後に、組織内における情報共有の徹底です。

従業員同士や上司との情報共有を徹底することで、コントロールをしやすい環境を実現できます。

また、情報共有への意識は、従業員が失敗するリスクを低減するほか、組織としての団結力を高められます。

チャットツールやビデオ会議ツールなどを用いて、密なコミュニケーションを取るようにしましょう。

マネジメントコントロールにはChatworkがおすすめ

マネジメントコントロールをする目的は、従業員のモチベーション向上や、意思疎通のズレをなくすことで、チームメンバーがパフォーマンスを発揮できるようにすることです。

マネジメントコントロールには3つの手法があります。シチュエーションごとに、行動・結果・環境コントロールの手法を取り入れ、適切に組織を構築しましょう。

また、マネジメントコントロールには、組織内におけるコミュニケーションが重要です。

ビジネス向けチャットツールChatworkを活用し、積極的に従業員との情報共有や密なコミュニケーションを実現してみてください。

Chatworkは無料で登録できます。ぜひこの機会にご登録ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

[※1]出典:マネジメント・コントロールの分析枠組みから見た管理会計研究
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcar/40/2/40_125/_pdf

よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事