【専門家監修】ストレスマネジメントの重要性とは?実践方法やメリットをわかりやすく解説

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
【専門家監修】ストレスマネジメントの重要性とは?実践方法やメリットをわかりやすく解説

目次

ストレスマネジメントとは、パフォーマンスを最大化できるようにストレスを管理することを指します。

ストレスをためすぎると、心身の不調につながるおそれもあるため、ストレスは適切にマネジメントすることが重要です。

この記事では、ストレスマネジメントとはなにか、ストレスマネジメントの重要性や実践方法、メリットなどについてわかりやすく解説します。

ストレスマネジメントとは

ストレスマネジメントとは、ストレスを適切に管理することです。

ストレスはためすぎると、心身の不調につながってしまう恐れがあります。

自分のパフォーマンスを最大化できる範囲で、ストレスを管理することが重要です。

ストレスとは

ストレスとは、心や身体の緊張状態をあらわす言葉です。

過度にストレスを感じる状態が続くと、さまざまな心身の不調を引き起こします。

一般的にストレスというと、「悪いもの」というイメージが強くありますが、適切なストレスはパフォーマンスを向上させます。

また、ネガティブなできごとだけではなく、結婚や就職などの喜ばしいポジティブなできごとによってもストレスは発生します。

ストレスの原因「ストレッサー」とは

ストレスを引き起こす原因となるものを、ストレッサーといいます。

ストレッサーには、以下の4つの種類があります。

物理的ストレッサー 物理的な刺激によるストレッサー。部屋が寒い・暑い、騒音がうるさいなど。
心理的・社会的ストレッサー 人間関係によって生じるストレッサー。「ストレス」といった場合、多くはこの心理・社会的ストレッサーをさすといわれています。職場に苦手な上司がいる、家族とけんかをしたなど。
化学的ストレッサー 化学物質の刺激によるストレッサー。オフィス内がタバコのにおいでくさい、空気の流れが悪くオフィス内が酸素不足など。
生物的ストレッサー 花粉やほこりなどの刺激によるストレッサー。職場の花粉がひどくくしゃみが止まらない、オフィスがほこりっぽくてせきが出るなど。

ストレスが及ぼす影響

ストレスが及ぼす影響について、身体への影響と精神への影響にわけてくわしく解説します。

身体への影響

ストレスによる身体への影響には、以下のようなものがあります。

  • 高血圧
  • 不眠
  • 血糖値の上昇
  • 胃酸分泌の増加
  • 胃粘液の減少
  • 心不全

ストレスは自律神経系や内分泌系、免疫系などに影響を与え、病気にかかるリスクを高めます。

精神への影響

ストレスによる精神への影響には、以下のようなものがあります。

  • やる気がなくなる
  • イライラする
  • 怒りっぽくなる
  • 不安になる
  • ゆううつになる
  • 無気力になる

ストレスにうまく対処できない場合、上記のような精神面の不調につながります。

>職場のメンタルヘルスに関する記事はこちら

ストレスマネジメントの重要性とメリット

ストレスマネジメントの方法を身につけておけば、ストレスによる心身の不調を予防することが可能です。

また、ストレスマネジメントによってストレスに適切に対処することには、さまざまなメリットもあります。

具体的なメリットを以下でくわしく紹介します。

職場環境が改善される

ストレスに適切に対処できないと、イライラして怒りっぽくなってしまう傾向があるため、周りの社員に迷惑をかけたり、職場の雰囲気が悪くなったりする可能性があります。

適切なストレスマネジメント力を社員ひとりひとりが身につけることで、自身の感情をうまくコントロールできます。

感情に振り回されることがなくなれば、職場環境も必然的に改善されるでしょう。

ミスコミュニケーションを防げる

ストレスを強く感じている状況では、人の話を冷静に聞くことや、話の内容をしっかりと理解することが難しくなります。

そうすると、相手の話を否定的に受け取ってしまったり、無気力状態で集中して話を聞けなかったりするおそれがあります。

ストレスマネジメントによって、感情やパフォーマンスを安定させることができれば、スムーズなコミュニケーションが可能となり、ミスコミュニケーションを防げるでしょう。

ストレスに気づけるようになる

ストレスで心身の調子を崩してしまう人のなかには、自分が感じているストレスに無自覚な人もいます。

そのような人の場合、自分がどれだけストレスを抱えているかがわからないため、心身の不調が生じてはじめて自分のストレスに気づくことになります。

ストレスマネジメントを意識するようになると、ストレスに対して自覚をもちやすくなります。

早期にストレスを自覚できれば、問題の小さいうちに対処が可能となり、問題解決もしやすくなるでしょう。

ストレス解消法が見つかる

ストレスマネジメントでは、自覚したストレスにどのように対処すればいいのかというところまで考えるため、自分なりのストレス解消法を見つけることが可能です。

自分に合ったストレス解消法を見つけることができれば、ストレスフルな社会を生きていくうえでも大いに役立つでしょう。

ストレスマネジメントの実践方法

企業においてストレスマネジメントを実践する方法としては、以下の3つがあります。

  • 自分でおこなう方法
  • 上司や管理者がおこなう方法
  • 専門家がおこなう方法

それぞれくわしく解説します。

自分でおこなう方法

自分でおこなう方法とは、社員ひとりひとりが自分でストレスマネジメントをおこない、ストレスの予防や対処をすることです。

たとえば、趣味に打ち込む、睡眠時間をしっかり確保する、好きな音楽を聴くといった方法は、自分でおこなうストレスマネジメントです。

しかし、場合によっては自分ひとりではストレスに対処できないこともあります。

その場合、上司や管理者による方法や、専門家による方法が必要です。

上司や管理者がおこなう方法

上司や管理者がおこなうストレスマネジメントの実践方法には、日ごろから部下の様子を観察し、必要に応じて声掛けをおこなう方法や、個別に面談を実施するといった方法があります。

部下の様子を観察する際のポイントは、以下のとおりです。

  • 欠勤・遅刻・早退はしていないか
  • 仕事のパフォーマンスは落ちていないか
  • 仕事でミスが増えていないか
  • 仕事のやる気に変化はないか
  • 食欲がなくなっている様子はないか

もし、普段とは違う様子がみられたら、必要に応じて面談を実施し、なにが原因なのか、どのように対処すればいいのかについて本人と一緒に考えてみましょう。

専門家がおこなう方法

専門家とは、医師、カウンセラー、保健師などのことです。

企業によっては、社内に産業医をはじめとした専門家に相談できる体制が整っているところもあるでしょう。

専門家による助言もストレスマネジメントに役立ちます。

社内に専門家がいない場合でも、社外の専門家に相談する方法もあります。

ほかにも、EAPと呼ばれる従業員支援プログラム(Employee Assistance Program)や地域の産業保健センターなどを活用するのもよいでしょう。

ストレスマネジメントを成功させるポイント

最後に、ストレスマネジメントを成功させるポイントを紹介します。

コーピングを身につける

コーピングとは、ストレスに対して何らかの対処行動をとることです。

コーピングには、ストレスの原因そのものに対処する「問題焦点型」と、ストレスによって生じた感情面に対処する「情動焦点型」があります。

さまざまなコーピングを身につけておけば、対処の手立てが増えるので、ストレスマネジメントも成功しやすくなります。

>コーピングに関する記事はこちら

ストレスの要因を知る

イライラしている、疲れているなど、ストレスを感じたときは原因を探りましょう。

ストレスの要因がわかれば、どのような対処方法をとればいいかもわかりやすくなります。

ストレスの要因を知ることは、ストレスマネジメントの第一歩といえます。

ストレスを0にしようとしない

ストレスを完全になくすことは難しいでしょう。

ストレスを0にしようとすると、うまくいかず逆にストレスをためるおそれがあります。

ストレスマネジメントの目的は、ストレスを0にすることではありません。

自分のパフォーマンスを最大化できる範囲で、ストレスをコントロールすることが目的であるということを忘れないようにしましょう。

適切に相談する

ストレスをひとりで抱え込む必要はありません。

適切に人に相談することによって、ストレスマネジメントは成功しやすくなります。

社員が適切に相談できるように、企業側が相談窓口の設置、ストレスチェックの実施などをおこなうことも効果的です。

>社内相談窓口に関する記事はこちら

コミュニケーション活性化には「Chatwork」を活用しよう

職場や家庭、プライベートなど、人はさまざまな場面でストレスを感じながら生活をしています。

とくに生活のなかの多くの時間をしめる仕事においては、さまざまなストレスを感じているでしょう。

ストレスマネジメントを効果的におこなうためにも、職場内でのコミュニケーションのあり方はとくに重要です。

円滑なコミュニケーションを推進する手段として、ビジネスチャットの活用をおすすめします。

ビジネスチャット「Chatwork」は、従来使われていた電話やメールに比べて、チャット形式でスムーズにコミュニケーションをおこなうことができるので、チームや個人同士で気軽にやりとりが可能です。

日ごろから気軽にコミュニケーションをとっていれば、なにか問題を抱えたときにも相談しやすいでしょう。

また、「Chatwork」は、シンプルな機能で、システムが苦手な方にも簡単にご利用いただけるため、社内全体でコミュニケーションの活性化を醸成していくことができます。

>Chatworkの機能についてはこちら

ビジネスチャット「Chatwork」は無料で簡単に使い始めることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さと円滑なコミュニケーションを体験いただけます。

ストレスマネジメントを効果的におこなうために、ビジネスチャット「Chatwork」を活用してコミュニケーションを活性化させてください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

働き方改革の「そもそも」を知りたい方へ
マンガでわかる!「働き方改革」
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

記事監修者:山崎ゆうき

臨床心理士・公認心理師の資格を所持。司法・障害福祉領域などでの勤務を経て、独立開業。メンタルヘルス系の記事を中心に、心理学の知識をいかした記事執筆・監修を担当。心理学の知識をわかりやすく、日常でも実践しやすい形で発信しています。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事