キャリアアップとは?意味や実現・成功する方法をわかりやすく解説

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
キャリアアップとは?意味や実現・成功する方法をわかりやすく解説

目次

キャリアアップとは、専門的な知識を得たり能力を磨いたりして、自分の市場価値を高めるための経験を積むことです。

しかし、なかなかキャリアアップが叶わず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

自分の望むキャリアビジョンやキャリアパスを実現するためには、キャリアアップは必要不可欠なものです。

キャリアアップを成功させるためのポイントや方法について、詳しくみていきましょう。

キャリアアップの意味とは

「キャリアアップ」とは、専門的な知識を得たり能力を磨いたりして、自分の市場価値を高めるための経験を積むことです。

たとえば、長年営業職に就いて得られたノウハウを人材育成に活かすため、コンサルタント業に転職するなど、現職よりも上のポジションに就くことや、収入があがることが、キャリアアップに該当します。

キャリアアップに該当する内容は人によって異なり、自社内で管理職になることや、専門知識をさらに究めて業務に活かすことなどがあげられますが、いずれにしても、自分の仕事がレベルアップしたり、自分の経歴が充実したりして、自分の理想像の実現を目指す行為がキャリアアップといえます。

スキルアップとの違い

キャリアアップと似た言葉として「スキルアップ」があげられますが、スキルアップは、「能力」を高める行為のため、知識や技能、資格の習得などのことを限定して指す言葉です。

たとえば、顧客に適切な案内ができるように資格を取得したり、ロールプレイングでコミュニケーション能力を向上させたりすることが、スキルアップに該当します。

一方で、キャリアアップの「キャリア」とは、「経歴」を意味するため、高める対象は地位や役職です。

スキルアップとは高める対象が異なることを覚えておきましょう。

>スキルアップとは?に関する記事はこちら

キャリアチェンジとの違い

キャリアチェンジとは、自分の現職とは異なる業種や職種に身を置くことを指す言葉です。

たとえば、現職は製造業の現場で手を動かしているけれど、昔からアイデアを出すことが好きだったから、企画職に就きたいなど、未経験の仕事に挑戦することを「キャリアチェンジ」と呼びます。

キャリアアップを実現するステップ

キャリアアップをしたいけれど、なかなか実現できないと悩む方は多いのではないでしょうか。

ここでは、キャリアアップを実現するためには、どのような手順を踏むことが適切なのかを、4つのステップに分けて解説します。

  • ステップ(1):キャリアの棚卸しをおこなう
  • ステップ(2):キャリアビジョンを明確にする
  • ステップ(3):理想と現状の差分を洗い出す
  • ステップ(4):やるべきことを洗い出す

キャリアアップに難しさを感じている方は、自分に不足している手順がないかを確認してみてください。

ステップ(1):キャリアの棚卸しをおこなう

まずは、自分のキャリアの棚卸しをおこない、いままでの経歴や携わった業務、仕事で得られたスキルや実績などを把握しましょう。

棚卸ししたキャリアのなかで、自分が得意とするもの、苦手なもの、好きな業務と嫌いな業務、仕事で抱いていた目標などを洗い出していくと、自分が仕事に求めることや譲れない価値観などを認識することができます。

ステップ(2):キャリアビジョンを明確にする

キャリアの棚卸しができたら、棚卸ししたキャリアを参考に、自分の理想の姿や将来なりたい姿などを明確にしていきましょう。

キャリアプランを考える際には、仕事に限定せず、結婚や出産などのライフイベントも考慮して、一年後の自分、五年後の自分など、年単位で自分の理想の姿をイメージすることが大切です。

ライフイベントを踏まえてキャリアビジョンを考えることで、たとえば、育児休業中にほかの業界の知識を蓄え、キャリアチェンジするなど、より具体的なキャリアプランを立てられるようになるでしょう。

キャリアビジョンの描き方や必要性についてより詳しく知りたい方は、下記の記事をご参照ください。

>キャリアビジョンの描き方と必要性に関する記事はこちら

ステップ(3):理想と現状の差分を洗い出す

次に、思い描いたキャリアプランと現状を比較し、自分にとって不足しているものを洗い出していきましょう。

たとえば、五年後に管理職になりたいと思っている場合、部下のマネジメント力や他部署の業務知識が不足していると感じるかもしれません。

不足していることが明確になれば、ネクストアクションの策定がしやすくなるでしょう。

ステップ(4):やるべきことを洗い出す

理想と現状の差分を洗い出せたら、次にやるべきことを明確にしていきましょう。

マネジメント力が足りないと感じた場合は、マネジメント力を強化するスキルアップ研修に参加したり、他部署の業務知識に不安を感じた場合は、他部署へ異動して実務を経験したりすると、不足していた経験や知識を補えるようになります。

キャリアアップを実現するためには、ただ理想を思い描くのではなく、現状と比較し、自分に必要なスキルを身につけていくことが大切です。

キャリアアップを実現する方法

ここまでキャリアップを実現する手順について確認してきました。

では実際にスキルや知識を得るためには、どのようなことをすればいいのでしょうか。

ここからは、キャリアアップを実現する方法について、具体的にみていきましょう。

現職で経験やスキルをつける

現職で自分の業務の専門性を高めたり、新たな業務に挑戦したりして、経験やスキルを身につけることも、ひとつの方法です。

たとえば、自社の管理職になることをキャリアアップと考えている人の場合は、管理職になるための経験を積んだり、資格を取得したりすることで、キャリアアップを実現できるでしょう。

幅広い業務のプロフェッショナルになることをキャリアアップと考えている人の場合は、さまざまな部署に異動して実務経験や知識を得ることで、業務の幅を広げられるかもしれません。

現職でキャリアアップを目指す場合、すでに上司や同僚との信頼関係ができあがっているため、キャリアアップにつながるような資格取得を案内してもらえたり、研修やセミナーを実施してもらえたりする可能性もあります。

働き方や仕事への考え方が変化している現代で、キャリアアップをするためには、主体的な行動が重要となります。

現職で出世を目指すからといって、外的な環境に成長を委ねてしまうと、なかなか思うように成長できないことも予想されます。

理想のキャリアビジョンを実現するためにも、自分から動くことを意識しましょう。

転職する

現職でのキャリアアップが難しい場合は、転職する方法もあります。

自社で働くことが自分の理想像の実現につながらないと考えた場合は、よりキャリアビジョンに沿った企業へ転職するといいでしょう。

たとえば、SES(システムエンジニアリングサービス)の企業に勤めている人で、自社システムの開発をしたいと考えた場合は、自社システムの開発ができる企業へ転職するとキャリアアップできる可能性があります。

しかし、キャリアアップのためだからといって、急に未経験の分野にキャリアチェンジすることは難しく、衝動的に現職を辞めてしまうことは、後悔がともなう可能性もあります。

自分のスキルや経験などをしっかりと棚卸したうえで、転職を検討するようにしましょう。

副業をはじめる

自社が副業可能であれば、副業をはじめることも、スキルアップにつながる方法です。

本業に関わる仕事を副業にした場合、本業のスキルアップができ、キャリアアップの実現に近づけるでしょう。

また、本業とは異なる仕事を副業にした場合も、新たな世界で経験を積めたり、知識がついたりして、自分が求めるキャリアアップができるかもしれません。

>副業をはじめる際に知っておきたいポイントに関する記事はこちら

キャリアアップを成功させるポイント

キャリアアップをする方法は、現職で経験を積んだり、転職してスキルアップできる環境に身を置いたりなど、さまざまあるため、迷うことや悩むこともあるかもしれません。

では、キャリアアップを成功させるためには、どのような点に注意するべきでしょうか。

キャリアアップを成功させるために、大切なポイントを解説します。

自分の価値観を大切にする

キャリアアップにつながる仕事でも、自分の価値観に合わない場合は、精神的に辛くなり、挫折する恐れがあります。

たとえば、子どもとの時間を大切にしたいと思っている人の場合、残業や休日出勤が多い仕事の場合は、キャリアップができても、苦痛を感じてしまうでしょう。

キャリアアップを考える際には、自分が仕事やプライベートなどで譲れないこと、大切にしたいことを重視するようにしましょう。

待遇面にこだわりすぎない

転職や副業でキャリアアップを図る場合は、待遇面にこだわりすぎないように気をつけましょう。

給与の高さや福利厚生、休日日数など、待遇面ばかりにこだわって仕事を決めてしまった場合、自分のキャリアアップにつながらないなどで、理想の自分像の実現が遠のく恐れがあります。

キャリアアップできた場合、給与が大きくアップすることも考えられるため、まずはキャリアアップに必要なことを考えて、転職先や副業先を探してみましょう。

キャリアアップの目的を明確にする

キャリアアップの目的を明確にすると、挫折やトラブルがあっても、自分の理想像を実現するために前進できるでしょう。

たとえば、「自分にあった仕事をしたい」という思いで転職した場合は、自分にあった仕事が明確になっていないと、少しの失敗で「自分には向いていない」と思い、辞めてしまうかもしれません。

キャリアアップを成功させるためには、自分の理想像を思い描き、自分の得手不得手などを明確に把握することが求められます。

キャリアアップに向けたタスク管理には「Chatwork」

キャリアアップとは、専門的な知識を得たり能力を磨いたりして、自分の市場価値を高めるための経験を積むことです。

キャリアアップの方法は、現職のまま、また転職や副業など、さまざまありますが、自分の理想像を明確に描くことが、成功させるポイントです。

モチベーションを維持して、前進し続けるためにも、現状の理想の差分を洗い出し、目標を明確にすることを意識しましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、チャット形式で簡単にコミュニケーションがとれるビジネスツールですが、「タスク管理機能」を活用すれば、キャリアアップのためのロードマップとしても活用することができます。

>Chatworkのタスク管理機能についてはこちら

自分だけのチャットである「マイチャット」に、棚卸しした自分のキャリアを書き出したり、仕事に対する価値観や不足している要素を洗い出したりして、やるべきことをタスク化すれば、キャリアアップへの道筋が明確になるでしょう。

>マイチャットの効果的な使い方に関する記事はこちら

また、完了したタスクをみることで、自分自身の頑張りや過程を可視化することもできるので、高いモチベーションを維持し続けることにも効果的です。

なお、フリープランをご利用の場合、一部のメッセージに閲覧制限がかかっている可能性があるため、定期的に見直したいメッセージや情報がある場合は、ご注意ください。

ビジネスチャット「Chatwork」は無料で簡単に使いはじめることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験できます。

キャリアアップの実現に向けたモチベーション維持の手段として、ぜひ「Chatwork」をご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

上手にタスク管理するために必要なプロセスがわかる!
すぐに使える!タスク管理を極める5つのプロセス

日々の業務を効率よくこなすためには、タスク管理を上手におこなうことが必要不可欠です。タスク管理をするためのノウハウを一冊にまとめました。

これを読めば、タスク管理をするプロセスが詳細に分かります。

また、タスク管理をする方法には、紙や付箋などのアナログツールだけではなく、タスク管理向けのソフトウエアなどデジタルツールも存在します。それぞれの利点や使い分け方を理解することで、タスク管理の効率化にお役立てください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事