スキルアップとは?効果や習得方法をわかりやすく解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
スキルアップとは?効果や習得方法をわかりやすく解説

目次

従業員がスキルアップすることは、個人のみではなく企業にとってもメリットがあります。

スキルアップを成功させるためには、現状のスキルを見える化する、評価制度と連動させるなどの方法が有効です。

スキルアップのために必要なことや、具体的な実践方法について解説します。

スキルアップとは

スキルアップとは、訓練や勉強を通して能力を向上させることです。

すでに保有しているスキルを磨くことだけでなく、知識のない状態から、スキルを身につけることもスキルアップと呼びます。

 

ビジネスにおけるスキルとは

ビジネスにおける「スキル」とは、担当業務における知識や専門的なスキルのみを指すわけではなく、ビジネスマンに必要とされる「幅広いスキル」のことを指します。

経験による体系的な知識や、コミュニケーション能力、マネジメント能力、問題解決能力や、セルフマネジメントスキルなど、ビジネスで活用できる幅広いスキルを「ビジネススキル」と呼びます。

>ビジネススキルを身につける方法とは?に関する記事はこちら

 

キャリアップとの違い

「キャリアアップ」とは、より高い知識や、専門的な知識を身につけ、役職や地位を高めることを指す言葉です。

一方、スキルアップは、訓練や勉強により能力をあげることのみを指す言葉のため、地位や役職の上昇はともないません。

スキルアップをしたことにより、企業内で評価されキャリアアップを生む可能性はありますが、確実性はないため注意しましょう。

スキルアップの効果

従業員がスキルアップすることは、従業員個人はもちろん、所属する組織・企業にもメリットがあります。

従業員本人は、スキルアップすることで、自己肯定感の向上やモチベーション向上が期待できるでしょう。

また、キャリアアップを同時に図れることや、市場価値をあげることにもつながるため、キャリアプランや目標を決めたうえで、取得するスキルを選ぶことも有効でしょう。

また、従業員がスキルアップすることは、組織や企業にとっても、生産性向上や、クライアントからの評価向上の効果があります。

従業員のスキルアップは、企業側が享受できるメリットも大きいため、研修やワークショップなどに力を入れることは有効な手段といえるでしょう。

従業員への効果 企業への効果
  • 自己肯定感があがる
  • モチベーション向上
  • 昇給・昇進が見込める
  • キャリアの選択肢が広がる
  • 生産性が上がり自由時間を捻出できる
  • 市場価値をあげられる
  • 生産性があがる
  • クライアント評価があがる
  • 対応可能な業務が増える
  • 従業員の人材育成が適切におこなえる
  • ほかのスキルをインプットする時間が確保させられる

スキルアップに必要なこと

スキルアップを効果的におこなうために必要なことを解説します。

 

現状のスキルを見える化する

現在持っている資格やスキルの習熟度を棚卸し、保有スキルを見える化しましょう。

スキルを見える化することにより、自分の強みや弱みを客観的に把握できます。

自分の強みとなるスキルは、より専門性を高める・派生するスキルに挑戦するなどで伸ばし、弱みに対しては、どのように克服していくかを考えましょう。

自分のスキルの状態を把握することで、何が足りていないかが明確になるため、次の行動を起こしやすくなります。

 

キャリアプランを明確にする

キャリアプランや目標を明確にすることも有効な手段です。

「いつまでに」「どんなことを」実現していたいのか、プライベートのライフプラン(結婚・出産、家の購入など)と重ねて考えられるとよいでしょう。

「いつまでに」の期間目標を立てることができれば、逆算的にスキル取得のプランを決めることができます。

また、「リーダーになる」「マネジメントスキルを身につける」などの漠然とした目標の場合、達成実感がわかず、モチベーションが低下する恐れもあるため、マイルストーンを設定するようにしましょう。

細かな目標を達成していくことは、着実にスキルアップしているという成長実感も得られるため、モチベーション維持の効果が期待できます。

 

評価制度と連動させる

評価制度とスキルアップを連動させることも効果的です。

スキルがアップするごとに評価があがると、自分が成長していることが目に見えてわかるため、動機づけにつながるでしょう。

また、スキルアップにより社内評価があがることで、昇給またはボーナスがあがる可能性もあるため、モチベーション向上のきっかけとしても有効でしょう。

 

スキルアップのメリットを認識する

スキルアップにどのようなメリットがあるのかを認識することも重要です。

スキルアップによるメリットには、以下のものが例としてあげられます。

  • 社内評価があがる
  • 生産性があがる
  • 空いた時間を使ってさらにスキルアップできる
  • キャリアプランの選択肢が広がる

スキルアップしたあとの、肯定的な未来を考えることは、スキルアップの意欲向上につながるでしょう。

スキルアップの方法

スキルアップの方法について見ていきましょう。

 

専門性を高める

担当している業務の専門性を高めることも、スキルアップのひとつです。

専門性を高める方法としては、専門書を読むことや、セミナーや研修に参加する方法があげられます。

また、担当業務が同じ先輩や有識者の話を聞く方法も有効でしょう。

さまざまな方法を試し、自分にあっている勉強方法を見つけましょう。

 

業務の効率化を図る

業務の工程を見直し、効率化できる部分を探すことも、スキルアップにつながります。

たとえば、ExcelやWordを使って一連の業務を自動化する、業務遂行に便利なツールを探して利用するなどがあげられます。

また、日常業務に関しても、経験を重ねることで、スキルを上達させられるでしょう。

スキルアップすることで、業務にかかる時間の削減や、新たな効率化の方法を模索することができます。

>業務効率化の手法に関する記事はこちら

>業務効率化ツールの選び方に関する記事はこちら

 

ジョブローテーションを活用する

部署が変わるタイミングは、新しいスキルやノウハウを学ぶよい機会です。

企業によっては、数年単位で部署が変更になることがあるでしょう。

部署が変わると、業務内容や進め方にくわえて、同僚とのコミュニケーションのとり方なども異なるため、業務に関する専門的スキル以外の、汎用的なビジネススキルも高めることができます。

また、部署ごとに異なるソフトやツールを使用していることもあり、ソフト使用スキルなども高めることができるでしょう。

>ジョブローテーションの目的とメリットに関する記事はこちら

 

研修や教育制度を活用する

社内で教育制度やOJT制度を設けている場合は、積極的な活用をうながしましょう。

教育制度が整備されていない場合は、社内勉強会などをスポットで開催することも有効です。

外部講師をつかうのではなく、自社の社員同士で教え合う環境をつくることができれば、マネジメントスキルの向上も期待できます。

教育制度や勉強会には、新入社員や若手社員研修、管理職向けのマネジメント研修といったもののほか、専門的スキルの向上を目的としたものもあるとよいでしょう。

OJTをとりいれている場合は、先輩の仕事の進め方やスケジュール管理、業務整理などのノウハウを学べるよい機会になるため、積極的に質問をするなどして活用しましょう。

>OJT研修の目的と導入のポイントに関する記事はこちら

 

セミナーやワークショップに参加する

特定のスキルやノウハウを身に着けたい場合は、セミナーやワークショップへの参加も効果的です。

セミナーやワークショップは、達成したい目的別で開かれていることが多いため、スキルアップしたい分野が明確な人におすすめです。

参加者との意見交換や人脈づくりにもつながるため、新たな出会いも期待できるでしょう。

Chatworkのオンラインセミナーはこちら

 

資格を取得する

スキルアップのために、資格を取得するのもよい方法です。

一般的な事務処理能力向上には、WordやExcelの処理能力を証明できるMOS資格が有効でしょう。

また、企業の会計知識を得たい場合は簿記、金融に関する知識を得たい場合はファイナンシャル・プランナーといった資格もあります。

また、語学力を鍛えたい場合は、英語検定やTOEICも有効です。

自分の担当業務や、実現したいキャリアプランに沿って、どの資格を取得するかを決めましょう。

>ビジネススキル向上に役立つ資格とは?に関する記事はこちら

 

ビジネス書や新聞を読む

取得したいスキルや、ビジネス情報のインプットに、ビジネス書や新聞を読むこともおすすめです。

ビジネス書を選ぶ際は、仕事を進めるうえで必要な時間術や、コミュニケーションスキル、資料作成の方法など、自分が強化したいテーマに沿って選びましょう。

新聞を読む際は、すべてのページに目を通すのでなく、勤務先の業界に関するニュースや、自分が理解を深めたい分野に目を通すなど、読むルールを決めておくと効率的にインプットできます。

 

副業をはじめる

本業のスキルをさらに高めたい場合や、本業以外に伸ばしたい分野がある場合は、副業を始めるのも効果的です。

クラウドソーシングを活用すれば、初心者でも副業をはじめやすいでしょう。

また、自分で仕事を取りにいくことに不安がある人は、身近な人に仕事を紹介してもらう方法も検討しましょう。

>副業を始める具体的ステップと注意点に関する記事はこちら

効率的にスキルアップをはかりましょう

スキルアップは、個人と企業それぞれにメリットがあります。

スキルアップのメリットや効果を理解したうえで、自分にあった方法でスキルアップをはかりましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、個人間だけでなく、複数人のグループ形式でメッセージのやりとりが可能になるため、円滑なコミュニケーションに役立ちます。

マネージャーやメンター、メンティーのグループを作成することで、スキルアップの進捗状況や振り返りをチャット上でおこなうこともできます。

また、タスク管理機能を活用することで、マイルストーンの管理も可能になるため、漏れなく従業員教育を進めることができるでしょう。

スキルアップにも活用できる「Chatwork」の導入をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

業務効率化の方法を検討中の方におすすめの資料
業務効率化ツール一覧

このお役立ち資料では業務を効率化したいが「何から手をつければ良いかわからない」という方向けに、業務効率化のタイプを分類し業務別の効率化モデルを紹介した資料です。

巻末には、おすすめの業務効率化ツール一覧も掲示しております。

  • 「業務効率化」とは何か
  • リスクを取らない社内思考
  • 業務効率化モデル

なども解説します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事