1on1ミーティング(1on1)とは?1on1ミーティングの目的と進め方

ビジネスチャット
AWAY

目次

企業の組織力を高める方法として、1on1ミーティングの重要性が高まっています。

しかし、1on1ミーティングを実施しているけれど、なかなか効果を実感できていないという企業も少なくありません。

1on1ミーティングでの効果を高めるためにも、1on1ミーティングの目的や進め方について把握しましょう。

1on1ミーティングとは

1on1ミーティングとは、その名前のとおり、上司と部下が1対1でおこなう会議のことです。

もともとは、上司と部下の関係性を構築するために、アメリカ・シリコンバレーの企業が取り組み始めたのがきっかけと言われています。

日本国内でも、1on1ミーティングが採用されるようになり、コミュニケーションの場としても活用されています。

1on1ミーティングをすることで仕事や人間官営などあらゆる面での、上司と部下のコミュニケーションの活性化が期待されています。

1on1ミーティングを実施する目的

1on1ミーティングは、主に上司と部下のコミュニケーションをおこなう場として設けられていますが、具体的にどのような目的があるのでしょうか。

自社で1on1ミーティングの実施を検討している方は、目的をしっかりと定めましょう。

上司と部下の信頼性を高める

1on1ミーティングは、上司と部下の信頼関係を高める目的があります。

また、テレワークを採用する企業が増えていることから、コミュニケーションの機会を十分に取れないケースもあるかもしれません。

定期的に1on1ミーティングの機会を設けることで、業務の進捗状況だけでなく、抱えている悩み・課題などの相談もできます。

上司から部下、部下から上司への一方通行のコミュニケーションを是正し、質の高い対話を実現させるのが1on1ミーティングの目的です。

部下の成長を促進させる

部下の成長を促進させることも、1on1ミーティングの目的です。

従業員1人だけでは可視化しにくい課題について寄り添うことで、自らの弱みや不明瞭な点を明確にします。

1on1ミーティングを通して、次の業務に活かせるようなアドバイスをし、部下の成長を期待できます。

部下に対する上司の理解を深める

上司と部下という関係でありながら、なかなか部下の思いを理解できないという方も多いのではないでしょうか。

1on1ミーティングは、上司と部下が同じ目線で対話をおこなうことで、部下に対する上司の理解を深める目的があります。

普段の業務についてだけでなく、会社のことや、将来的なビジョンを共有し、信頼関係をより高めることが可能です。

1on1ミーティングの進め方

1on1ミーティングの効果を高めるためには、進め方がポイントとなります。

上司と部下のコミュニケーション機会を増やすためにも、進め方に気をつけましょう。

1on1ミーティングの目的を共有する

まずは、1on1ミーティングの目的を部下に共有することです。

なぜ1on1ミーティングを実施するのか、1on1ミーティングで得られること、1on1ミーティングの必要性などを部下に伝え、納得した上で始めるようにします。

このとき、部下から反発がある場合には、無理に1on1ミーティングを実施しないように気をつけましょう。

ほかの従業員と1on1ミーティングを進めていき、どのような効果があったのかを定期的に伝え、1on1ミーティングへの理解を得られなければストレスを与えるだけになるかもしれません。

部下が1on1ミーティングで話すテーマを決める

1on1ミーティングの目的を伝えたあとは、実際に話すテーマを決めます。

1点注意しておきたいのは、1on1ミーティングのテーマは上司ではなく、部下が決めることです。

なお、1on1ミーティングの話す内容に制限はなく、業務のこと、生活のこと、これからのキャリアなど、部下が自由に決められるようにします。

雑談の場となったとしてもいいぐらいの感覚で、気軽に話ができる時間であるということを1on1ミーティングでは意識するといいでしょう。

1on1ミーティングの実施をする

あらかじめ、部下が決めたテーマをもとに、1on1ミーティングを開始します。

1on1ミーティングでは、部下の悩みや課題についてアドバイスをおこなうことが必要です。

また、漠然とした回答ではなく、部下が自信を持って課題に取り組めるように、後押しする内容を伝えることが望ましいです。

最終的には、部下がPDCAサイクルに落とし込めるような1on1ミーティングを実現しましょう。

上司によるフィードバック

話し合いで終わらすのではなく、話し合った内容をもとに部下が行動することが1on1ミーティングの目的です。

上司からのアドバイスを参考にし、どのような行動をおこなえたのかをフィードバックします。

なお、1on1ミーティングのアクションは人事評価に加えないようにし、部下の自主性を尊重しましょう。

1on1ミーティングを実施する方法

1on1ミーティングの準備が整ったら、実施方法を検討しましょう。

テレワークが導入されているなかであっても、リモートで1on1ミーティングをおこなうことも可能です。

対面式でおこなう

対面式は、1on1ミーティングで一般的な方法です。

上司と部下が同じ場所で顔を合わせながら会話をおこなえるため、意思疎通をスムーズにできるでしょう。

対面で1on1ミーティングをおこなう際には、なるべくほかの従業員に会話の内容が聞かれないように配慮をして実施してください。

Web会議ツールでおこなう

テレワークでオフィスに出勤しない従業員向けに、Web会議ツールを活用することができます。

対面式と同じように、上司と部下の顔を見られるため、コミュニケーションにトラブルなく1on1ミーティングを進められます。

Web会議ツールを利用する際は、スムーズに1on1ミーティングをおこなえるように準備を進めておきましょう。

チャットツール

Web会議ツールの使用が難しい場合には、チャットツールを利用することも可能です。

テキストベースでのやりとりになりますが、リアルタイムでの発言が求められる対面式やWeb会議ツールと異なり、じっくりと考えた上で表現できるのがメリットです。

まとまった時間が取りにくい場合にも、チャットツールであれば、業務の合間や終業前などにメッセージを送ることもできます。

また、テレワークの場合は、Web会議ツールと併用して使うことで、フィードバックやフォローの手段として利用もできるでしょう。

直接話しにくい内容もテキストベースであれば、話せることもあるので複数の手段を用意しておくと効果的です。

1on1ミーティングにはChatworkが役に立つ

1on1ミーティングは、上司と部下のつながりを強固にするためにも、経営戦略として重要な施策です。

テレワークの1on1ミーティングには、ビジネスチャットツールの「Chatwork」のご利用を検討ください。

Chatworkは、チャットで気軽にコミュニケーションが取れるので、言葉にしにくいことや直接言いにくいこともテキストベースであれば相談しやすくなるでしょう。

また、Chatworkはチャット機能だけでなく、Web会議ツールも搭載しているので、相手の顔を見ながらコミュニケーションもおこなえます。

1on1ミーティングだけでなく、社内コミュニケーションの活性化や情報共有円滑化の手段としてChatworkの利用をご検討ください。

「報連相」できる組織づくりのヒントとは

部下が報連相をしやすくなるためのポイント

組織の中で仕事をするために欠かせない「報連相」(報告・連絡・相談)を、効率よくおこなうポイントを紹介します。

部下にどう「報連相」させるべきかお悩みの上司のみなさま必見です。

主な内容

  • 「報連相」が必要な理由
  • なぜ部下は「報連相」ができないのか?
  • 部下に「報連相」を根付かせる3つのポイント

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事