「わかりました」の敬語とは?ビジネスシーンでの正しい使い方や言い換え表現を解説

ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

「わかりました」は敬語表現のひとつですが、ビジネスシーンにおいて、上司や目上の人、取引先などに使っていいのか悩む人も少なくありません。

物事を理解したことを意味する「わかりました」の敬語表現や、ビジネスシーンでの正しい使い方、知っておくと便利な言い換え表現を解説します。

「わかりました」は敬語表現なのか

「わかりました」は、「わかる」という動詞に、丁寧語の「ます」という助動詞を過去形にして「ました」とあわせた丁寧語です。

敬語のなかでも、相手を立てて敬う気持ちを表す尊敬語や、自分がへりくだることで相手を敬う謙譲語と違い、言葉を丁寧にしただけの表現が丁寧語のため、「わかりました」は尊敬語と謙譲語と比較して、相手への尊敬の念が大きく表せられない表現でしょう。

「わかりました」の意味

「わかりました」は、相手の話や物事に対して、理解や納得したことを意味します。

「わかる」の意味は、物事を理解することのため、過去形である「わかりました」の場合、「物事を理解しました」という意味になります。

また、「わかる」には、物事をうけいれ自分の能力とする意味もあります。

たとえば、「プログラミング言語がわかる」の場合、「プログラミング言語を能力として扱える」ことを意味します。

「わかりました」を使う際の注意点

「わかりました」をビジネスシーンで使うことは、相手にカジュアルな印象を与えてしまうため不適切です。

とくに、上司や目上の人に対して、尊敬語ではなく丁寧語である「わかりました」を使う場合は、相手に「敬意がない」と思われてしまう恐れがあるため、控えることが適切です。

また、「わかりました」と同じ意味をもつ「了解しました」も、上司や目上の人に使った場合、マイナスな印象を与えかねず、慣用には馴染まないとされていますので、自分より立場が上の人には使わないほうがいいでしょう。

同僚や後輩、部下に対しては「わかりました」「了解しました」を使っても問題ありません。

ビジネスにおいて「わかりました」「了解しました」は、相手やシーンによって使いわけることが大切です。

「わかりました」の言い換え表現と活用例

ビジネスシーンでは「わかりました」のほかに、さまざまな言い換え表現があります。

かしこまりました

「かしこまりました」は、「かしこまる」という動詞に丁寧語の「ます」という助動詞をあわせた言葉で、「わかりました」の謙譲語です。

「かしこまる」は、目上の人などを敬い、つつしんだ態度になることを意味するため、相手への敬意を高く表現できます。

そのため「かしこまりました」は、取引先やお客様に対して活用されることが多いです。

・〇時に来社されること、かしこまりました
・ご要望、かしこまりました
・ご注文、かしこまりました

承知いたしました

「承知いたしました」は、「承知」に「する」の謙譲語である「いたす」と、丁寧語の「ます」という助動詞をあわせた謙譲語です。

「承知」は、事情を知ること、要望を聞いて引き受けることを意味します。

丁寧語である「承知しました」より相手に敬意を示した表現になるため、上司やお客様など、目上の人に対して活用されることが多いでしょう。

・このたびの件、承知いたしました
・承知いたしました。対応します
・キャンセルとのこと、承知いたしました

承りました

「承りました」は、「承る」という動詞に、丁寧語の「ます」という助動詞をあわせた丁寧語です。

「承る」は、つつしんで聞くことや、つつしんで承知することを意味します。

「承りました」は、お客様やお客様に関する話のときに主に活用されます。

・〇〇様のご意見、承りました
・先日お客様から承ったのですが(社内でお客様の話をするとき)
・ご注文を承りました

「承りました」には同音異義語で「受け賜わりました」がありますが、「受け賜わりました」は物の受け渡しがある際に使用されるため、誤って使用しないよう注意が必要です。

拝承いたしました

「拝承いたしました」は、「拝承」という名詞に、「する」の謙譲語である「いたす」と、丁寧語の「ます」をあわせた謙譲語です。

「拝承」とは、聞くことや承知することをへりくだって使う言葉で、上司や取引先、お客様など、目上の人に対して多く活用されます。

・会議の議題の件、拝承いたしました
・お客様のお悩み、拝承いたしました

「わかりましたか」と尋ねたい場合

「わかりましたか」と相手に尋ねたい場合は、「おわかりでしょうか」と尊敬語にすることで、丁寧語である「わかりましたか」よりも相手に敬意を示せるでしょう。

一方で「おわかりでしょうか」に対して上から目線の発言のように感じる人もいるため、「ご理解いただけたでしょうか」「よろしいでしょうか」など、ほかの言葉に言い換えることも可能です。

・ここまでご理解いただけたでしょうか
・ここまでの話で、ご不明な点はございませんか
・ここまでの話は、よろしいでしょうか
・わかりづらい点などあれば遠慮なく仰ってください

「わかりました」の英語表現

「わかりました」は、ビジネスにおいて比較的カジュアルな印象のため、英語表現もカジュアルになります。

・OK.
・Understood.
・Sure.
・I'm on it.
・Will do.

「わかりました」以外にも、「かしこまりました」のように、よりかしこまった英語表現もあります。

・Certainly.
・Of course.
・No problem.

ビジネスシーンでは正しい敬語表現を活用しましょう

「わかりました」は丁寧語ですが、ビジネスシーンにおいては少しカジュアルな印象を与える可能性があります。

相手や場面によって「かしこまりました」や「承知いたしました」など、相手に敬意を示せるほかの敬語表現を用いることが大切です。

ビジネスシーンではさまざまな人と関わるため、相手にあった正しい敬語表現を活用するようにしましょう。

メールが1/3に減少!カンタン業務連絡なら「Chatwork」


メールとチャットの特性の違いを活かせていますか?
よくあるシーン別メールとチャットの使い分け

「メールの廃止はできないからビジネスチャットは導入できない」「ビジネスチャットを導入したが、メールと使い分けができずごちゃまぜになってしまっている」そんな悩みは、チャットとメールの特性の違いが活かせていないために起きているのかもしれません。

メールとチャットの特性の違いをふまえ、実際の業務シーン別に使い分け方を紹介します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事