「承る」の意味とは?ビジネスでの使い方や言い換え表現を例文付きで解説

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
「承る」の意味とは?ビジネスでの使い方や言い換え表現を例文付きで解説

目次

「承る」は、「引き受ける」や「聞く」を丁寧に伝えられる表現で、ビジネスシーンにおいては、物事を引き受ける場面などで、頻繁に用いられています。

ビジネスシーンで円滑なコミュニケーションを実現するためにも、「承る」の意味や使い方、言い換え表現や注意点について、例文を交えて確認していきましょう。

「承る」の意味

「承る(うけたまわる)」とは、「引き受ける」や「聞く」を丁寧に伝えられる表現で、上司や取引先など、目上の人に対しても、問題なく使うことができる謙譲語の敬語表現です。

ビジネスシーンでは、頼み事を引き受ける際など、用いられる機会が多い表現のため、正しい使い方をおさえておきましょう。

「受け賜る」との違い・使い分け方

「承る」と「受け賜る」は、どちらも「うけたまわる」という読み方をする言葉ですが、それぞれ、意味合いや使い方が異なります。

それぞれの言葉の意味は、以下の通りです。

承る 目に見えない依頼などを引き受ける際
受け賜る 目に見えるものの受け渡しをする際

そのため、取引先や上司から、目に見えない依頼をうけた際は、「承る」の方を使うようにしましょう。

一方で、物品などの目に見えるものを受け取った際は、「受け賜る」の方を使うことが適切です。

漢字が異なるだけで、意味が変わってしまう表現のため、メールやチャットなどで使用する際は注意しましょう。

「承る」の使い方と例文

依頼や頼みごとなど、目に見えないものを引き受ける際に活用する「承る」は、どのような使い方ができるのでしょうか。

「承る」の使い方について、例文を交えて確認していきましょう。

承りました

相手から、依頼や頼み事などされた際に、それを承諾する場合は、「承りました」という表現が適切です。

  • ご訪問の件、ご希望の日時で承りました。
  • 担当は○○が承りました。
  • 先ほどお送りいただいた住所宛てに、お手配を承りました。

承ります

自分から相手に内容を伝えて、検討してもらう場合は、「承ります」という表現が適切です。

たとえば、営業や販売などで、お客様への声がけとして、「承ります」を使うことなどがあるでしょう。

  • お見積りの件、価格交渉のご相談も承ります。
  • ご相談があれば、土日祝日をのぞく平日にチャットサービスで承ります。
  • オプションサービスで、不良品の交換は無料で承ります。

「承る」を使う際の注意点

上司や取引先など、目上の人にも問題なく使うことができる「承る」という表現ですが、いくつかの注意点をおさえておかないと、失礼な印象を与える可能性があります。

円滑なコミュニケーションを実現するためにも、「承る」を使う際の注意点について、確認していきましょう。

使いすぎない

「承る」は、謙譲語表現ですが、使いすぎてしまうと、くどい印象を与える可能性があります。

たとえば、連続して使ってしまうと、「固い表現で、他人行儀に感じる」などという印象を抱かせてしまうかもしれません。

類語や言い換え表現と並行して使うなど、使いすぎないような工夫が必要です。

基本的に社内では使わない

「承る」は、基本的には、取引先や顧客に向けて使う言葉です。

社内の社長や上司に使うことは、間違いではありませんが、「かしこまりました」や「承知いたしました」など、ほかの表現に言い換えるほうが、適切です。

「承る」の類語と言い換え表現

前述した通り「承る」は、使用できるシーンや回数に、やや制限がある表現です。

しかし、ビジネスシーンにおいて、物事を引き受けたり、聞き入れたりするシーンは多く、「承る」が使えないと困ることも多いでしょう。

このような課題を解消するためにも、「承る」の類語と言い換え表現を覚えておくことが大切です。

今回は、以下の6つの類語と言い換え表現を紹介します。

  • かしこまりました
  • 了解しました
  • 伺います
  • わかりました
  • 承知いたしました
  • 頂戴いたします

それぞれの使い方や違いを覚えて、適切なコミュニケーションを実現しましょう。

かしこまりました

「かしこまりました」は、「わかりました」の謙譲語にあたる言葉です。

「かしこまる」は、「目上の人を敬って慎む」という意味をもつため、目上の人からなにかを伝えられた際や依頼された際に、承諾を伝える意味で使うことができます。

  • 会議日程の変更の件、かしこまりました。担当者の○○にも伝えさせていただきます。
  • ご依頼の内容についてかしこまりました。後日あらためて返答させていただきます。
  • かしこまりました。では、後ほどお手配を進めてまいります。

>「かしこまりました」の正しい使い方に関する記事はこちら

了解しました

「了解しました」は、「わかりました」の丁寧語にあたる言葉で、相手から物事や依頼を伝えられた際に、承諾する意味で使うことができます。

「了解」は、ビジネスシーンに限らず、日常の会話でも使う機会が多い言葉でしょう。

  • 待ち合わせの日時変更の件、了解しました。
  • 了解しました。当日までに資料の準備を進めておきます。

ただし、「了解しました」はあくまでも丁寧語のため、上司や取引先など、目上の人に使うと失礼な印象を与えます。

ビジネスシーンにおいては、立場が近い同僚や部下とのやりとり限って使うなど、相手との立場を考えて使うようにしましょう。

>「了解しました」の正しい敬語に関する記事はこちら

伺います

「伺います」は、「聞く」や「尋ねる」「訪れる」の謙譲語にあたる表現で、社外の取引先や顧客などに向けて、丁寧な表現で伝えたい際に用いる表現です。

  • それでは、当日○時○分にお伺いします。
  • 当日ですが、車で伺ってもよろしいでしょうか。
  • 上司から○○様について、かねがね伺っております。

また、「伺います」に、接頭語の「お」をつけた「お伺いします」は、二重敬語に当てはまりますが、一般的に浸透している表現のため「お伺いします」をビジネスシーンで使っても、問題はないでしょう。

しかし、オフィシャルな場では避けることが無難です。

>「伺う」の正しい意味と使い方に関する記事はこちら

わかりました

「わかりました」は、了承の旨をシンプルに伝えられる丁寧語です。

目上の人には失礼に聞こえることがあるため、使う相手は同僚や後輩などに限定するようにしましょ。

  • 週末の会議の件、わかりました。ほかの担当者にも伝えておきます。
  • わかりました。休暇の件は、あらためて部長に伝えておきます。
  • わかりました。無理を言ってしまい、申しわけございません。

>「わかりました」の敬語とは?に関する記事はこちら

承知いたしました

「承知いたしました」は、承諾する気持ちを伝えられる言葉で、「わかりました」という意味がある敬語表現のなかで、もっとも丁寧な表現です。

  • ○月○日の○時の打ち合わせの件、承知いたしました。
  • 納期の変更について、承知いたしました。
  • 承知いたしました。在庫調整の件について、再度確認の連絡を入れておきます。

取引先や顧客、上司など、目上の人に対して、承諾の旨を伝える表現に迷った際は、「承知いたしました」を使うようにしましょう。

>「承知いたしました」の正しい使い方に関する記事はこちら

頂戴いたします

「頂戴いたします」は、「もらう」や「食べる」を丁寧に伝えることができる表現です。

  • お気持ちだけ頂戴いたします。
  • 大変うれしいお言葉を頂戴いたしました。
  • 部長からお土産を頂戴いたしました。

「頂戴いたします」は、正確には、「頂戴する」と「いたす」の言葉の二重敬語に当てはまります。

ただし、一般的な言葉として普及しているため、「頂戴いたします」を、ビジネスシーンで使用しても問題はありません。

また、やや固い表現にはなりますが、目上の人から物品をうけとった際は、「承る」と同音異義語の「受け賜る」を使うこともできます。

「承る」はかしこまった場面に使える

「承る」は、物事を引き受けることを丁寧に伝える表現で、ビジネスシーンでも頻繁に耳にする言葉です。

相手にくどい印象を与えないためにも、「かしこまりました」や「承知いたしました」などの言い換え表現を覚え、適切に使い分けられるようにしましょう。

ビジネスシーンでは、あらたまった表現で、丁寧に物事を伝えるシーンもありますが、柔らかい表現で、円滑なコミュニケーションをとりたいと感じることもあるのではないでしょうか。

ビジネスチャット「Chatwork」は、オフィシャルなやりとりにも、カジュアルなやりとりにも使えるコミュニケーションツールです。

社内外問わずに使用することができるため、取引先に連絡をするツールとしても活用でき、社内のコミュニケーション活性化のツールとしても活用することができます。

また、「Chatwork」には、チャット機能以外にも、ビジネスシーンのコミュニケーションを便利にする機能が搭載されています。

たとえば、タスク管理機能を活用すれば、社外プロジェクトなどで、スピーディに抜け漏れのないコミュニケーションが実現でき、リアクション機能を活用すれば、社内のカジュアルなコミュニケーションを活性化させることもできるでしょう。

また、Chatworkには、相手に既読の有無を伝えられるリアクション機能もあるので、確認の返信を送る手間を省けるメリットがあります。

リアクション機能.gif

>Chatworkのリアクション機能に関する記事はこちら

ビジネスチャット「Chatwork」は、無料で簡単に使用を開始いただけます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験できます。

業務の連絡におけるコミュニケーションを円滑にする方法として、Chatworkをご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

テレワークをもっと活用したい方へ
明日から使えるオンラインコミュニケーション

オンラインコミュニケーションがますます一般的になる中、課題も明らかになっています。

オンラインコミュニケーションの課題と、課題に対する解決策を紹介します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事