プライオリティ(priority)の意味とは?使い方を例文付きで解説

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
プライオリティ(priority)の意味とは?使い方を例文付きで解説

目次

「プライオリティ」という言葉を耳にしたり、使ったりした経験はありますか。

プライオリティは、「優先順位」や「優先権」という意味がある言葉で、業務に優先度をつける必要があるシーンなどで活用されています。

円滑なコミュニケーションを実現するためにも、「プライオリティ」の意味や使い方について確認していきましょう。

「プライオリティ」の意味とは

「プライオリティ(priority)」は、「優先順位」や「優先権」という意味をもつ言葉です。

ビジネスシーンではとくに、「重要性が高く、優先的にやるべきこと」というニュアンスが含まれるため、業務に優先度をつける必要があるシーンなどで活用されています。

「プライオリティ」の活用シーン

「プライオリティ」は、「優先的に」や「優先度高く」という気持ちを、直接的ではなく、やや濁して伝えたいシーンで活用されるケースが多いです。

仕事をしていると、さまざまな業務に対応する必要がありますが、なかには優先順位の低い業務もあるでしょう。

しかし、直接的に「その仕事は後でやってほしい」や「その仕事の優先順位は下げて欲しい」と依頼すると、やや角が立ってしまい、不快な印象を与えてしまう恐れがあります。

このようなシーンで、「プライオリティ低めでお願いします」と表現すると、印象をやわらげて、意図を伝えられます。

ビジネスシーンでは、自分の意図を、相手に正しく伝える態度も重要ですが、不快さや悪い印象を与えずに、円滑なコミュニケーションを意識するふるまいも大切なポイントです。

時と場合に応じてやわらかい表現を選択し、気持ちの良いコミュニケーションの実現を目指しましょう。

>円滑なコミュニケーションのポイントとは?に関する記事はこちら

「プライオリティ」の使い方と例文

「プライオリティ」を耳にした経験があっても、正しい使い方を知らない方もいるでしょう。

間違えやすい使い方もあるため、例文を交えつつ、プライオリティの正しい使い方を確認していきましょう。

プライオリティが高い・低い

最もよく耳にする使い方として、「プライオリティが高い・低い」があります。

「プライオリティが高い」は、優先順位が高く、即座に対応する必要がある状況を示し、「プライオリティが低い」は、優先順位が低く、後回しにしてもよい状況を示します。

間違えやすい表現として、「プライオリティが強い・弱い」という表現がありますが、プライオリティは強弱では表現しません。

使い方がわからなくなったら、「プライオリティ」を「優先順位」や「優先度」などに置き換えてみて、意味を考えてみましょう。

  • この資料作成は、プライオリティが高い業務のため、本日中にお願いします。
  • ○○の業務は、プライオリティが低い業務のため、ほかの業務を優先しても大丈夫ですよ。

プライオリティを置く

「プライオリティを置く」で、優先順位を高く考えるというニュアンスを示すことができます。

たとえば、複数の案件がある際に、とくに重要な案件を指定する場合などに用いられます。

  • A社の案件にプライオリティを置きましょう。
  • このサービスの場合は、値段と機能性のどちらにプライオリティを置くかが重要になります。

プライオリティがある

「プライオリティがある」という使い方で、「優先権がある」や「優先順位が高いところにある」という意味を示すことができます。

数社との交渉シーンで、優先権があるときなどに、用いられる使い方です。

  • 人にはそれぞれのプライオリティがあります。
  • プライオリティがあることは、ビジネスにおける一番の強みかもしれない。

プライオリティを獲得する

「プライオリティを獲得する」で、「優先権を獲得する」という意味を示すことができます。

他社と比較した際のアドバンテージを得た状況を示す表現として使われます。

  • 数年のアプローチを経て、ついに交渉のプライオリティを獲得した。
  • 商談の結果、プライオリティの獲得に成功した。

トッププライオリティ

「トッププライオリティ」は、数あるなかでも、最も優先順位が高いという意味合いで使われる表現で、「最優先」と言い換えができます。

とくに優先的に取り組まなくてはならない状況を示す表現のため、使用する際は注意が必要です。

  • すぐにでも、トッププライオリティの仕事を進めなくてはならない。
  • クレーム対応は、トッププライオリティで対応する必要がある。

ファーストプライオリティ

「ファーストプライオリティ」は、最優先すべき状況を示す表現で、緊急性が高いニュアンスを含みます。

トッププライオリティと似ていますが、優先順位はさらに高くなるため、混同しないようにしましょう。

  • ファーストプライオリティの仕事を後回しにして、ほかの仕事なんてできない。
  • ほかの案件は一旦ストップし、ファーストプライオリティの案件から着手しよう。

プライオリティを明確にするメリット

ビジネスシーンで、仕事や業務のプライオリティを明確にすると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

プライオリティを明確にするメリットを解説します。

業務効率化が期待できる

プライオリティを明確にすると、業務の優先順位や重要度が明確になり、効率的に仕事が進められるようになります。

たとえば、忙しいときや複数の業務をまわしているときには、プライオリティの高い業務が明確になっていないと、つい後回しにしてしまい、トラブルが発生してしまいがちです。

このようなトラブルをなくすためにも、各業務のプライオリティを明確にしておく備えが大切です。

長時間労働の是正が期待できる

各業務のプライオリティ明確化に取り組むと、ルーティンでおこなっていた業務について必要性の見直しができたり、効率化できる業務が見つかったりなど、業務改善にもつながります。

業務内容や優先度を最適化できると、残業や長時間労働の改善も期待できます。

労働時間が是正できると、ワークライフバランスの実現にも近づき、従業員の満足度向上も期待できるでしょう。

>【社労士監修】従業員満足度を高めるメリットとは?に関する記事はこちら

プライオリティを決める際のポイント

自分の担当業務のプライオリティを見直したいと思っても、具体的にどのような観点で見直せばいいのか迷う方もいるでしょう。

本記事では、プライオリティを決める際のポイントを3つ紹介します。

  • マトリクスを使って考える
  • 「やらないこと」を決める
  • 優先順位の決定に時間をかけすぎない

自分にあった方法で、プライオリティの明確化に取り組んでみましょう。

マトリクスを使って考える

プライオリティを決める際は、「緊急性」「重要性」のふたつの指標を使った2×2のマトリクスの使用がおすすめです。

マトリクスに沿って分けていくと、業務を下記の4つに分類できます。

  • 緊急性も重要度も高い仕事
  • 緊急性は低いが重要度の高い仕事
  • 重要度は低いが緊急性の高い仕事
  • 緊急性も重要度も低い仕事

より詳しく分類方法が知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

>仕事の優先順位を決める方法とは?に関する記事はこちら

「やらないこと」を決める

プライオリティを決める際は、「やらないこと」の選別も大切です。

たとえば、ルーティンでおこなっている業務などは、必要性を検討し直すと、やらなくてもよかったりする内容があるでしょう。

業務は定期的に棚卸しをして、やらなくてもいいことは、ToDoリストから削除しましょう。

また、業務によってはアウトソーシングすると、効率化できるでしょう。

>アウトソーシングのメリットとは?に関する記事はこちら

優先順位の検討に時間をかけすぎない

プライオリティを決める際は、検討に時間をかけすぎないようにすることも大切です。

優先順位の決定や、ToDoリストの作成に時間をかけすぎると、そのぶん業務にあてられる時間が減ってしまい、本末転倒になってしまいます。

タスク管理ツールなどを有効に活用して、効率的に優先順位づけをするように工夫をしましょう。

プライオリティの明確化にも「Chatwork」

仕事や業務のプライオリティを明確にして取り組むことは、効率よくビジネスを進めるうえで欠かせないアクションであり、メリットも大きいです。

自分の業務にプライオリティがつけられてない方は、ポイントを参考に、ぜひ業務の見直しをはかってみてください。

プライオリティの管理には、ビジネスチャット「Chatwork」の活用がおすすめです。

「Chatwork」は、チャット形式でコミュニケーションがとれるチャットツールですが、チャット機能以外にも、ビジネスに便利なさまざまな機能が搭載されています。

たとえば、タスク管理機能は、タスクごとに期日を設定できるため、プライオリティの管理に効果的に活用できます。

また、チャット機能とあわせて活用すると、自分以外の人にもタスクを発行できるため、「言った言わない問題」や、催促のしづらさなども解消できるでしょう。

プライオリティの明確化や、タスク管理ツールとしても便利な「Chatwork」の活用を、ぜひご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

Chatworkの使い方がこれ一冊でまるわかり
Chatworkまるわかりガイド

これからChatworkを使いたい方、すでにChatworkをご利用中のユーザーの方向けに、Chatworkの使い方を解説します。

この資料を見るだけで、Chatworkの基本機能と操作方法がまるわかりです。

社内向けの簡易マニュアルとしても利用いただけます。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

「プライオリティ」の意味に関するQ&A

「プライオリティ」の意味とは?

「プライオリティ(priority)」は、「優先順位」や「優先権」という意味をもつ言葉です。

ビジネスシーンではとくに、「重要性が高く、優先的にやるべきこと」というニュアンスが含まれるため、業務に優先度をつける必要があるシーンなどで活用されています。

関連記事