チームマネジメントとは?チームマネジメントに必要なスキル・能力を解説!

業務効率化
AWAY

目次

チームの生産性を高め、会社全体の利益をアップするためには、チームマネジメントが必要です。

チームマネジメントを適切におこなうためのスキルやコツを、チームリーダーが把握しておくことが大切です。

チームマネジメントの必要性、リーダーに求められるスキルや能力、成功のポイントについて解説しますのでぜひ参考にしてください。

チームマネジメントとは

チームマネジメントとは、チームワークを強化し生産性を高めることによって、目標達成や利益向上を目指すことです。

チームマネジメントは、プロジェクトチームのリーダーや部署の管理職などが中心となって基本的にはおこなわれています。

チームマネジメントの具体例としては、

  • コミュニケーションの活性化
  • 協力し合える関係の構築
  • 意見交換の場を設ける

などのチームが円滑に動けるようにする工夫が求められます。

チームマネジメントの方法や内容にはさまざまなものがありますが、自分のチームに合ったものを取り入れることが重要です。

チームマネジメントが必要な3つの理由

チームマネジメントが必要な理由として、チームワーク向上による生産性アップ、社員の離職防止、多様な人材の活用、といったことが挙げられます。

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

生産性の向上を目指すため

生産性の向上は、チームにとっても会社全体にとっても重要な課題です。生産性がアップすれば、残業時間の削減や利益の向上も期待できます。

少子高齢化や労働力人口の減少が進むなか、人材を確保できず、生産性向上に悩む企業も多いでしょう。

チームマネジメントは、少ない人材でも生産性を高める手段のひとつです。

業務効率化や生産性向上につながるチームマネジメントをおこなうことが重要です。

社員の離職を防ぐため

適切なチームマネジメントによって、社員の離職防止につなげることも大切です。

チームマネジメントを適切におこなえば、リーダーとメンバーの信頼関係やメンバー同士の信頼関係が高まり、働きやすさを感じて会社に貢献したいという気持ちが強まることも期待できます。

また、チームマネジメントは業務量の偏りや負担を減らすためにもおこなうものですので、不満や疲労の軽減になるように業務バランスを調整することも離職防止につながるでしょう。

多様な人材を活用するため

チーム内の多様な人材を活用しなければならないことも、チームマネジメントが必要な理由といえるでしょう。

チーム内に、年齢や性別、国籍などが異なる社員が在籍しているケースも少なくありません。

さまざまな働き方を受け入れている企業では、契約社員や子育てをしながら働く社員が在籍している場合も多くあります。

労働時間や生活スタイル、価値観などが異なる社員をまとめるには、それぞれの社員の個性や強みを引き出し協力体制も構築することで、生産性や品質の向上、利益アップなどが期待できます。

チームマネジメントに必要なスキル・能力とは?

チームマネジメントをおこなうリーダーには、

  • チームメンバーの考えを聞くための「傾聴力」
  • チームメンバーの能力を引き出す「コーチングスキル」
  • チームの課題や状況を見抜く「観察力」

といったスキルや能力が求められるでしょう。

それぞれのチームマネジメントに必要なスキルについて詳しく解説します。

傾聴力

チームマネジメントをおこなうためには、コミュニケーション能力が欠かせません。チームメンバーから意見を聞くための傾聴力はとくに重要です。

チームマネジメントは、リーダーの意見や考えを一方的に押し付けることではありません。

チームメンバーの意見から新しいアイデアを生み出したり、得意分野を聞いて適切な人材配置をおこなうことが大切です。

仕事を進めるうえでの悩みや不安を聞き、サポートすることもチームマネジメントには重要といえるでしょう。

コーチングスキル

チームマネジメントをおこなうリーダーには、コーチングスキルも求められます。

コーチングとは、チームメンバーの得意分野や苦手分野を把握し、能力を最大限に発揮できるようサポートすることです。

それぞれの社員がチーム内で能力を発揮できるように会話をしたり課題を与えたりすることが重要です。

一方的な指示や指導ではなくリーダーとメンバーが一緒に協力していくことがコーチングには求められるスキルでしょう。

観察力

観察力がなければ適切なマネジメントもアドバイスもおこなうことはできないでしょう。

的外れなことばかり指示をしていると課題や問題の発見どころか、信頼まで失ってしまうかもしれません。

チームの状況や社員の働き方などを観察し現状の課題や適切な指示をおこなうためには観察力が必要になります。

自分ひとりの考えや都合を押し付けるのではなく、チームの特性や課題を把握したうえで目標に導くことがリーダーに求められる資質といえるでしょう。

チームマネジメントを成功させる3つのポイント

チームマネジメントを成功させるためには、リーダーが意識しておきたい3つのポイントを紹介しますので参考にしてください。

リーダーが動きすぎない

チームマネジメントを成功させるためには、リーダー自身が動きすぎないことが重要です。

リーダー自身が仕事をしすぎると、チームメンバーの成長の機会を奪ってしまう可能性もあります。ある程度の失敗は成長のチャンスと考え、できるだけチームメンバーに仕事をさせることも大切です。

また、適切なタイミングで指導することは重要ですが、メンバー自身に考えさせることも必要でしょう。

意見が出やすい環境をつくる

チームメンバーが意見や考えを発言しやすい環境をつくることも重要です。

会議では年齢や性別を問わず、さまざまなメンバーに発言の機会を与えたり、会議以外にも気軽なミーティングをおこなうことで新しいアイデアが生まれたり、チームワークの強化につながるでしょう。

発言することで、メンバーはチームに所属している意識が高まり、考える力も育ちます。

意見を頭ごなしに否定しない

せっかく出してくれた意見を頭ごなしに否定しないことも重要です。

もちろん、リーダーとして意見の取捨選択や批評は必要ですが、否定ばかりしていると意見を出しにくい雰囲気になってしまいます。

まずは多くの意見を出してもらい、議論が活発化するような環境を作ることが、チームマネジメントを成功させるうえでは重要といえるでしょう。

チームマネジメントにChatworkを活用!

適切なチームマネジメントをおこなうことで、チームワークを強化し、生産性を向上できます。チームマネジメントを成功させるためには、便利なツールを導入することも有効です。

ビジネスチャットツールであるChatworkもチームマネジメントに有効なツールです。チャットを利用することで、チーム内のコミュニケーションの活発化に役立つでしょう。

また、タスク管理機能やWeb会議機能も備えており、チームマネジメントに活用できますのでChatworkの導入をご検討ください。

よりよいチームをつくりたい方へ

実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事