セルフマネジメントとは?自己管理能力を強化する方法と必要性

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
セルフマネジメントとは?自己管理能力を強化する方法と必要性

目次

セルフマネジメント(自己管理能力)が業務を進めるなかで求められる傾向が強くなっています。

また、働き方が多様化する中で、セルフマネジメントを必要とする場面も増えているといえるでしょう。

セルフマネジメントと呼ばれる自己管理能力の概要、セルフマネジメント能力を高める方法や活用できる場面について解説します。

セルフマネジメントとは

セルフマネジメントとは、自己管理能力とも呼ばれており、自分自身を正しく管理することです。

業務を遂行する能力だけでなく、時間の管理、仕事に対するモチベーション、体調管理など、セルフマネジメントの要素は多岐に渡ります。

セルフマネジメントを通して、自己管理を徹底し、自分が持つ最大限の力を仕事で発揮することが目的です。

セルフマネジメントが注目されている理由

なぜセルフマネジメントが、注目されているのでしょうか。

ビジネスパーソンとして、欠かせないセフルマネジメントが求められる背景を紹介します。

企業全体における生産性向上のため

セルフマネジメントが注目されている背景に、企業全体での生産性向上が挙げられます。

少子高齢化を迎えた現代において、限られた人的リソースのなかで、経営パフォーマンスを伸ばさなくてはなりません。

企業の生産性を高めるためにも、持つ能力を最大限に発揮する必要があります。

セルフマネジメントを植え付け、主体的に動ける従業員を増やすことが求められているのです。

自己成長につなげるため

主体的に動けるということでなく、自己成長を続けていく必要があります。

グローバル化や消費者行動の多様化、働き方改革などが広がり、ビジネスを取り巻く環境も変化を続けています。

新しい環境でも臆することなく、能力を発揮するためには日々のセルフマネジメントが必要不可欠です。

また、持つ能力の最大値を高めるためにもセルフマネジメントを通じて自己成長を続けていくことが求められるでしょう。

多様な働き方の実現のため

IT化やデジタル化が進み、新しい働き方としてテレワークが推奨されていることもあり、多くの企業ではテレワークの導入が進んでいます。

しかし、従来のオフィスワークと異なり、テレワークでは上司からの目線がなくなるため、集中力の低下や、パフォーマンスを発揮しにくくなるなどの影響が出る場合もあります。

また、これまでの過程が重要視されていた評価から、成果主義に変える企業も少なくありません。

働き方や評価基準が変化しているなかで、自己を律するためにもセルフマネジメントの必要性が高まっているのです。

セルフマネジメントを強化する方法

セルフマネジメントは、現代のビジネスパーソンに欠かせない要素です。

さまざまな環境でも能力を発揮するために、セルフマネジメントを強化する方法を解説します。

自身に課されている役割を明確にする

セフルマネジメントを強化するには、自身に課されている役割を明確にすることが重要です。

たとえば、プロジェクトで自分がやるべき仕事を整理し、どのように進めていけばいいかを思考します。

役割を明確にすることで、自分自身に足りない能力や知識などが具体化し、活躍できる場を広げられるようになります。

時間の使い方を意識する

セルフマネジメントを強化するためにも、日々の時間の使い方を意識するようにしましょう。

仕事量が増えても、1日に使える時間は限られているため、それぞれのタスクに対する時間配分が重要となります。

1日中だらだらと仕事を続けるのではなく、時間ごとに区切りながら、仕事に取り組む姿勢を身につける必要性があります。

>タイムマネジメントに関する記事はこちら

外部からの誘惑に気を取られない工夫をする

テレワークが主流となるなかで、外部からの誘惑に気を取られない工夫も必要です。

周りからの目線がなくなり、仕事中に動画を見たり、SNSを覗いてしまったりすることで、仕事への集中力が低下する恐れがあります。

仕事場に娯楽を持ち込まないようにすることや、定期的に上司に進捗状況を報告するなどし、セルフマネジメントを強化しましょう。

メンタル・フィジカル面でのケアをおこなう

セルフマネジメントは、メンタル面やフィジカル面における十分なケアも大切です。

仕事の時間を増やすために、睡眠時間を削ったり、休日も仕事をしたりすると、かえってパフォーマンスが低下し、本末転倒になる危険性があります。

どんなに仕事が溜まっていても体のケアをしっかりとおこなうことが、仕事の成果を出すための最優先事項です。

ストレスや疲れを感じるようになった場合には無理をせず、心身状態を改善してから仕事に取り組むようにしましょう。

セルフマネジメントが活かせる場面

セルフマネジメントを強化すると、多くの場面で活躍できるようになります。

業務のどのような場面で、セルフマネジメント力を活かすことができるのでしょうか。

テレワーク

セルフマネジメントは、テレワークでの業務で活かすことが可能です。

通常のオフィスワークでは、周りの目線や相談しやすい環境があったため、仕事に向き合いやすい環境ではありました。

一方で、比較的自由度が高いテレワークでは、自分のペースで仕事を進めなければなりません。

セルフマネジメント能力を身につけると、自宅やシェアオフィスでも働きやすいスタイルを見つけやすくなり、パフォーマンスを維持できます。

自分で仕事のオン・オフを切り替えられるようにするためのも、テレワークでは特にセルフマネジメントが求められるでしょう。

>テレワークに関する記事はこちら

ティール組織モデル

ティール組織モデルを採用している企業で、セルフマネジメント能力が役立ちます。

ティール組織モデルとは、従業員それぞれに意思決定権があり、目的の実現を図ることができる組織です。

上司からの指示を仰ぐことなく、裁量が重要視されるため、セルフマネジメント能力を大いに活かすことができます。

また、ティール組織モデルで成果を出すためには、セルフマネジメントが必要である環境ということもできるでしょう。

>ティール組織に関する記事はこちら

パラレルキャリア

パラレルキャリアは、本業とは別のキャリアを同時に進行する働き方です。

時間的にも体力的にも、本業に悪影響を及ぼしかねないパラレルキャリアですが、セルフマネジメント能力を身につけると遂行しやすくなります。

また、従業員が本業とパラレルキャリアを並行できるようになると、本業への還元につながり、企業にとってもメリットがあります。

セルフマネジメント能力を活かすことで、本業以外の時間を捻出し、キャリアアップや自己成長を期待できます。

>パラレルキャリアに関する記事はこちら

セルフマネジメントを身に付けて自己成長につなげよう

多様化する働き方のなかで、セルフマネジメント能力が求められています。

従業員自身の自己成長を果たせるだけでなく、企業にとっても人材不足の解決や生産性の向上などのメリットを享受できます。

セルフマネジメント能力を養うためには、日々の業務のなかでの時間の使い方や、タスクへの取り組み方の工夫が必要です。

これまでの仕事に対する意識を見直し、いかにしてセルフマネジメント能力を身に付けられるか考えてみましょう。


  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

業務効率化の方法を検討中の方におすすめの資料
業務効率化ツール一覧
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事