残業が多い人の特徴とは?原因とリスク、解消方法を解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
残業が多い人の特徴とは?原因とリスク、解消方法を解説

目次

残業が多い人は、仕事を進めるうえで効率化を阻むような課題を抱えている可能性があります。

また、残業自体が多いことは、過労につながるリスクや業務が非効率になって企業の経費がかかってしまうなど、社員と企業の両方に負荷がかかる原因につながります。

残業を減らすためには、部署で連携を取り合い、部署全体の作業効率化が図れるように調整していき、改善策を取り入れる姿勢が重要です。

残業が多い人の特徴とは何か、残業が多い人の原因と削減につながる対策を見ていきましょう。

残業が多い人の特徴

仕事の業務量を調整するためのサポートが不足している状況や、仕事の処理にメリハリがつけられていない、単純に仕事が多い、仕事が遅いというような場合に残業が増えやすくなります。

なんらかの問題や課題があることで、残業が多くなると考えられますが、残業が多い人には、どのような特徴があるのか見ていきましょう。

仕事にかかる時間や優先順位がつけられていない

担当する仕事には、緊急度の高いものから低いものまでタスクの優先度はさまざまな内容があげられます。

たとえば、明後日に締め切りの仕事よりも、先に来月の締め切りの仕事を同時並行で進めてしまうなど、優先順位のメリハリがつけられていない状況が当てはまるでしょう。

残業が多い人は、仕事の処理にかかる全体の時間が把握できておらず、仕事の重要度に合わせて優先順位がつけられていない特徴があげられます。

責任のある立場で業務量が多い

部下の管理と仕事を両立しなければいけない管理職など、責任を取らなければいけない立場の方は仕事量が多い傾向にあります。

部下の仕事で起きるミスやトラブルの対処に時間が取られたり、社内の会議や出張が多く仕事が進まないなど、作業に取りかかれる時間が減ってしまう状況もあるかもしれません。

残業が多い人の特徴には、管理職などの責任を取る立場で仕事が集中することもあげられます。

仕事の依頼を引き受けすぎてしまう

定時になっても仕事が終わらない人は、周りからの頼みごとを受け入れて仕事量が調整できていない可能性もあげられます。

個人の仕事量が多い状態でも、周りの顔色を気にしてしまい仕事の依頼を断れずに業務量が増え続けてしまうのです。

お互いに協力し合う体制が整っていないと、ひとりに仕事の依頼が集中してしまい、残業が多い人の特徴につながります。

仕事の効率が悪い・遅い

定時で多くの人が終わるような適正な業務量であっても、仕事を進める効率が悪い、単純に仕事が遅いことで、残業をしているということもあります。

これは本人の意欲や能力、考え方などに問題がある場合もあるでしょうし、会社として残業削減について取り組んでいないことが原因かもしれません。

どちらにせよ、仕方なく残業しているのではなく、残業が多い状況を作り出してしまっているという部分も、残業が多いことの原因となります。

残業が多い人になりやすい原因

企業側と社員側の視点から、残業が多い人になりやすい原因を見ていきましょう。

残業が多い人となってしまう原因がわかることで対策する方法の参考にできます。

企業側に改善が必要な原因がある場合

企業の体制が整っていないことが原因で、残業が多い人が生まれやすくなります。

  • 残業が当たり前の雰囲気がある
  • コミュニケーション不足で協力し合えない
  • 人手不足で社員の人数が足りていない
  • 業務量が多すぎて処理が追いつかない

残業が発生しやすい職場の環境やコミュニケーション不足の場合など、思い当たる節がある場合は、上層部から残業が多い人につながる原因を削減する職場改革を進める必要があります。

社員側の能力や仕事の進め方に原因がある場合

社員の能力や仕事に対する価値観が原因で、残業が多い人が生まれやすくなります。

  • 残業に取り組む姿勢は会社への貢献だと考えている
  • 業務の手順が非効率で作業効率化の妨げになっている
  • スキルや経験不足で教育が足りておらず処理に時間がかかる

残業が多い人になりやすい原因を削減するためにも、企業側もサポートを進めながら、社員の意識改革や業務効率化の手助けができるように働きかける必要があります。

残業が多い人が抱えやすい課題や放置するリスク

社員の残業が多いと、仕事に影響を与える課題やリスクを抱えやすく、企業の事業にも影響を与えてしまう懸念があります。

仕事への影響を避けるためにも、残業が多い人が抱えやすい課題や放置するリスクを見ていきましょう。

過労につながり心身に影響が出る

残業が多いと体と心の両方に負担がかかり、病気につながって離職や休職に追い込まれるリスクがあげられます。

社員の人生設計に悪影響を与えるだけでなく、職場の穴を埋めるために体制を再度整えなおす負担がかかってしまうのです。

残業が多い人が抱えやすい課題や放置するリスクには、社員が過労になって仕事と私生活に影響が出てしまう状態があげられます。

>オーバーワークの原因と弊害に関する記事はこちら

かえって業務が非効率化になる

未来の仕事を減らすために始めた残業は、長く続いてしまうと作業が非効率化する課題を抱えます。

仕事の集中力は長時間継続できるわけではないため、ある程度時間を決めて対処しないと業務がスムーズに処理できなくなるリスクがあるのです。

残業の多い人が抱えやすい課題や放置するリスクを削減するためにも、周りの協力体制をつくって残業を減らす工夫を取り入れる必要があります。

コストがかかりやすくなる

残業時間が増えるほど、企業は人件費の支払いに費用をかける必要が出てくるリスクがあげられます。

ほかにも、残業時間に仕事を処理すると、個人の集中力が途切れやすくコミュニケーションコストがかかりやすくなる課題につながるのです。

残業が多い社員の課題は企業が抱えるリスクにもつながるため、経費削減のためにも残業時間を減らす対策が重要になります。

残業が多い人の課題を解消できる対策

職場の環境を改善するためにも、企業側から働きかけて業務体制の調整やツールの導入で対策する必要があります。

残業が多い人の課題を解消できる対策を見ていきましょう。

管理職が業務量や体制を調整する

残業が多い人を増やさないためにも、企業側や管理職が業務体制を見直して介入しましょう。

たとえば、仕事量を調整するために上層部に許可を得て、業務を外注する方法があげられます。

ほかの人が仕事を引き受けて残業が増える心配もなくなるため、残業が多い人の課題を解消できる対策につながるのです。

多様な働き方や制度を導入する

企業に出社して働く方法だけでなく、さまざまな働き方や制度を取り入れて業務の作業効率化を図る方法が考えられます。

たとえば、企業で働くよりも自宅で働くほうが向いている人、午前中の勤務よりも昼からの勤務が集中しやすい人など、社員や部署の仕事内容に合わせた働き方を導入すると業務の時短につながるのです。

多様な働き方や制度にはリモートワークの導入もあり、出勤時間の時短から残業時間が多い人を減らす対策につなげられます。

>多様な働き方を導入するメリットに関する記事はこちら

業務の改善点を話し合う

業務体制の要因で残業が多い人につながる場合もあるため、上司が声をかけて話し合う機会を設けましょう。

業務に時間がかかる工程や無駄な工程を改善できるように、社員同士で意見交換をして業務の時短を目指せるようにします。

残業が多い人の課題を解消できる対策には、業務の非効率につながっている項目を思い切って削除するなど、改善点を実践して調整する過程も大切です。

求人応募で人員を確保する

職場の人手不足が原因で残業時間が多い人につながる場合もあるため、従業員を増やして業務量を分散する方法があげられます。

仕事でルーティーンの業務があれば、業務体制を整えてアルバイトや派遣に任せる形で対応すると、業務全体の負担が軽減できるでしょう。

残業が多い人を減らすためには人員を確保して教育体制を整えていくと、残業が多い人の課題を解消できる対策につながります。

>即戦力人材を見極める方法に関する記事はこちら

ビジネスチャットで作業効率化

業務のやりとりを時短して作業効率化が図れるビジネスチャットの導入は、残業の削減につながります。

仕事の業務連絡にかかるコミュニケーションコストが原因で、作業時間が奪われている可能性があげられるからです。

残業が多い人の課題を解消には、ビジネスチャットでコミュニケーションの流れを活性化して効率化につなげる対策があげられます。

>ビジネスチャットの効果とは?に関する記事はこちら

残業が多い人をなくすためにChatworkを活用

残業が多い人の原因と削減につながる対策には、業務量を調整して改善点を話し合う方法、人員を増やす方法があるでしょう。

また、対策として、業務連絡のやりとりやリモートワーク導入と相性のよいビジネスチャットを活用する方法もあげられます。

残業が多い人をなくすためにも、作業効率化やコミュニケーションコスト削減に活用されているビジネスチャット「Chatwork」の導入をご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

上手にタスク管理するために必要なプロセスがわかる!
すぐに使える!タスク管理を極める5つのプロセス

日々の業務を効率よくこなすためには、タスク管理を上手におこなうことが必要不可欠です。タスク管理をするためのノウハウを一冊にまとめました。

これを読めば、タスク管理をするプロセスが詳細に分かります。

また、タスク管理をする方法には、紙や付箋などのアナログツールだけではなく、タスク管理向けのソフトウエアなどデジタルツールも存在します。それぞれの利点や使い分け方を理解することで、タスク管理の効率化にお役立てください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事