【成功事例付き】コスト削減とは?メリットや進め方、削減アイデアを解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

企業間の競争が高まるなかで、将来的な経営の存続のためにも、「コスト削減」を目指す企業が増えています。

しかし、コスト削減を実施しようとしていても、具体的にどの部分のコストを削減し、どのようにコストを削減を進めればいいか課題を抱えていることも多いのではないでしょうか。

コスト削減の効果を高めるためには、コスト削減の必要性や意味を知り、適切な方法で進めていく必要があります。

企業におけるコスト削減の事例を把握しながら、無駄なコストを削減し企業のスリム化を実現しましょう。

コスト削減とは

企業でおこなうコスト削減とは、業務にかかわるさまざまな費用を削減することです。

たとえば、製造業の場合、製品を作る材料費、管理する人件費、製品を運ぶ輸送費などがコストに該当します。

企業の金銭的な余裕を生み出すためには、売上をそのまま上げればいいのですが、コストを削減するよりも、予測が難しく、必ずしも達成できるとは限りません。

コスト削減であれば、外的環境に左右されることなく、確実に金銭的な負担を軽減できることから、電気代、印刷代、紙代、交通費といった細かい部分のコストについても削減がおこわれるようになりました。

無駄なコストを削減することで、金銭的な余裕だけでなく業務遂行に関わるさまざまなコストを削減し改善していくことにつながるでしょう。

コスト削減の必要性

コスト削減の必要性は、必ずしも金銭的な余裕を生み出すだけではありません。

具体的にどのような必要性があるのか、確認してみましょう。

企業の増益につながる

コスト削減をおこなうことで、企業の利益アップに直接的につながります。

そもそも、利益とは、企業の売上から経費を差し引いた金額を指し、増益を狙うためには、「売上を上げる・コストを削減する」のどちらかです。

売上を上げるためには商品価格自体を上げなければならず、必ずしも期待する成果を得られにくいのが難点です。

一方、コスト削減であれば、仕入先からの材料費の削減、広告費の削減などし、比較的に計算が立つ上に容易に実現できます。

>コスト削減の企業事例と実践のポイントに関する記事はこちら

外的要因から企業経営を守れる

企業経営は、どんなに努力をしていても、外的要因によって崩れてしまう危険性があります。

世界的な不況や自然災害など、経営以外の部分の外的要因は避けられません。

外的要因から企業を守るためには、常に資金的な余裕を確保することが必要です。

日頃から経営目標としてコスト削減を取り入れることで、手元にキャッシュ(現金)を残し、余裕がある状態を維持するころで、有事の際でも事業の継続の見通しを立てることができるでしょう。

企業価値を高められる

コスト削減の必要性は、金銭的な余裕を持つことだけではありません。

余剰資金が生まれることで、新しいテクノロジー開発や新興企業への投資をおこない、イノベーションを実現できます。

また、社内での新規プロジェクトの立ち上げ、社内ツールの刷新、優秀な人材の確保など、自社の価値を高めるきっかけとなります。

将来的な企業の価値やビジネスの創出のためにも、コスト削減が必要なのです。

業務効率化につながる

コスト削減は金銭的な部分だけではありません。

業務を進めるのに無駄な部分などのコストを削減することで業務効率化につながります。

これまでのやり方や方法の中で改善できる部分があれば、人的コストや時間的コストの削減につながる部分もあるでしょう。

また、これらが改善されることで効率的に業務を進めることができれば生産性向上につながり、コスト削減の達成できる部分も増える可能性があるでしょう。

コスト削減の種類

削減できるコストにはどのようなものがあるでしょうか。

企業にかかるコストの種類について解説します。

人件費

人件費とは、従業員に支払う給与や賞与や残業代に加えて、通勤手当や社会保険料、福利厚生費などを指します。

人件費は企業にかかるコストのなかでも、最も大きな割合を占めるコストとされています。

採用コスト

採用コストとは、新卒や中途に問わず、従業員の採用にかかるコストを指します。

求人広告の掲載費用や、人材紹介会社への成功報酬、インターンシップや企業説明会にかかる費用などがあげられます。

せっかく採用ができても、すぐに離職されてしまうと、その分のコストが無駄になってしまうため、離職率を低下させる取りくみも、コスト削減のひとつの手段になります。

オフィスコスト

オフィスコストとは、オフィスを使用する際に必要となるコストのことです。

オフィスの家賃やPC・OA機器の費用、デスクや事務用品などの備品購入代、レイアウトコスト、ハードウェアの購入やソフトウェアの導入にかかる費用などがあげられます。

昨今、多様な働き方の推奨で、オフィス縮小や移転をする企業が増えていますが、テレワークの導入も、オフィスコスト削減のひとつの手段といえるでしょう。

>テレワークを導入するメリットに関する記事はこちら

コスト削減の進め方

企業がコスト削減を実施する際には、単純にコストを削減するのではなく、適切にコスト削減に対して分析することが重要です。

コスト削減の目標を達成するために、適切な進め方を解説します。

現在の支出を見える化する

コスト削減では、現在の支出に関して可視化が求められます。

どこに、どれくらいの費用が発生しているのかを数値として出し、削減可能な項目について見える化を進めていきます。

このとき、業務における各プロセスや、オフィス全体の費用についても可視化することがポイントです。

企業経営全体の費用をあぶり出し、どの項目を削減対象とするかを検討しましょう。

ゴールを設定する

次に、コスト削減のゴールの設定です。

単純にコストが発生しないように努力をするのではなく、具体的な数値を目標として決めるようにします。

コスト削減のゴールや目標を設定していないと、どれくらいのコスト削減を目指せばいいのかわからず、従業員のモチベーション低下につながる可能性があります。

1ヶ月ごとや、3ヶ月単位など、一定期間におけるコスト削減の目標を掲げ、全社で取り組む意識が大切です。

コスト削減の実施と評価

コスト削減について、具体的な目標を設定したあとは、実際にコスト削減を進めていきます。

目標や計画に沿って従業員が取り組み、結果を求める姿勢を継続させます。

また、期間ごとにコスト削減の評価をおこなうようにしましょう。

目標に対して何%達成できたのか、取り組み内容と結果を明確にすることが、コスト削減を成功させるポイントです。

必要な部分のコストを削っていないか、不要な部分が残っていないかなど実施したコスト削減の取り組みに対して適切な振り返りをおこない改善を続けましょう。

コスト削減で企業が活用できるアイデア

コスト削減と言っても、方法はさまざまであり、企業によってもコスト削減の考え方や取り組む部分については異なります。

コスト削減の中でも企業が取り組みやすい事例を参考にし、自社でのコスト削減に役立ててみましょう。

ペーパーレス化の実施

コスト削減で一般的になりつつあるのが、社内のペーパーレス化です。

ペーパーレス化とは、紙媒体を使わずに、電子的に文書を処理することを指します。

たとえば、取引先との契約について、従来の紙文書では、紙代、印刷代、電気代、印紙代、郵送代などのコストがかかっていました。

一方、電子契約書を実現することで、インターネット上での処理が可能となり、これまで必要としていたコストを削減できます。

ほかにも、ペーパーレス化によって、紙文書を保管するスペースを見直し、オフィス賃料の削減にもつながります。

アウトソーシングの活用

多くの企業で取り入れられているのが、業務のアウトソーシングです。

フリーランスや副業といった働き方が注目されているなかで、専門的な業務を外部委託する事例が増加しています。

アウトソーシングを活用することによって、新しい人材を採用する必要がないほか、自社で育成するコストを削減できます。

人件費はコストのなかでも高い割合を占めており、アウトソーシングを含む工夫が必要です。

>アウトソーシングに関する記事はこちら

業務効率化ツールの導入

将来的なコスト削減を目指して、業務効率化ツールを導入する方法もあります。

たとえば、ビジネスチャットを導入することで、従来よりも情報共有がしやすくなり、その分企業の生産性向上につながる可能性が高まります。

現状の業務や課題を改善させるツールを導入することで、今後の増益を実現させ、コスト削減と同等の効果を実現することが可能です。

もちろん、ツールの導入に金銭的な負担が生じますが、将来を見据えた投資も大切です。

>コスト削減におけるそのほかのアイデアはこちら

企業におけるコスト削減の成功事例

株式会社ゴッタライドでは、ビジネスチャット「Chatwork」のビデオ通話機能「Chatwork Live」を活用することで、会議に要するさまざまなコスト削減を実現しました。

たとえば、全国の顧客と対面による会議をおこなう際に、往復の交通費が発生していましたが、「Chatwork Live」を導入したことで、移動のコストがかからなくなりました。

移動による労力や費用のコスト削減以外にも、オンライン会議は対面よりも気軽に実施できるため、日程調整もスムーズにおこなえるようになりました。

Chatworkの導入でコミュニケーション部分のコスト削減から始めよう

コスト削減の方法はさまざまで、企業の特徴や、どれくらいのコストを削減したいかによって、適切な方法を選択しましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」を導入することでコミュニケーションにかかるコストの削減につながります。

また、Chatworkは、PDFファイルや画像ファイルの送受信に対応しており、紙代の削減効果やペーパーレス化の促進にもつながります。

情報共有や従業員同士のコミュニケーションを活性化し、企業の生産性向上につなげたい方は、ぜひChatworkの導入をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

ビジネスチャットの組織利用を考える方におすすめの資料
組織利用のメリットと実戦に向けた3ステップ

このお役立ち資料ではChatworkを企業や組織で利用することで得られるメリットをまとめました。

組織の業務効率化を実現するためには、皆が同じ情報を得ることができる環境を整える必要があります。加えてセキュリティの観点からも組織でアカウントの管理ができる状態にしておくことが理想的です。

  • Chatworkの組織利用のメリットや効果
  • 組織的なChatworkの利用事例
  • 組織的なChatwork利用に向けた3つのステップ

などを解説します。貴社の業務効率化実現の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事