ICTリテラシーとは?ICTリテラシーを身につける方法と必要性

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

ビジネスにおいても、積極的にICTツールが使われているなかで、ICTリテラシーを備えた人材の確保が必要となりました。

しかし、企業自体がICTリテラシーに課題を抱えており、社内でのICT化が進んでいないケースも少なくありません。

ICTを活用できるようにするためにもICTリテラシーの概要、ICTリテラシーの身につける必要性や高め方を理解しておきましょう。

ICTリテラシーとは

ICTリテラシーとは、デジタルデバイスやソフトウェアで、業務におけるさまざまな用途に活用できるスキルのことです。

「Information and Communication Technology(情報通信技術)」の頭文字を取った言葉で、ICTツールを利用して情報処理やコミュニケーションをおこなえる能力を指します。

また、ICTリテラシーと混同しやすい言葉に、ITリテラシーが挙げられますが、ITリテラシーは最終的に活用できることが焦点である一方で、ICTリテラシーはツールを扱えるスキルを意味します。

PCやスマートフォンに加え、さまざまなICTツールが利用可能な現代において、いかにして業務にICTを活用できるかが重視されています。

ICTリテラシーを身につけるメリット

従業員がICTリテラシーを身につけることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

業務におけるICTリテラシーのメリットや、ICTリテラシーが働き方改革につながる点を解説します。

ICTツールを適切に扱えるようになる

ICTツールを適切に取り扱うためにも、ICTリテラシーを身につけることが大切です。

業務効率化や生産性向上といった言葉が注目されるなかで、ITツールを駆使しながら業務に取り組む動きが高まっています。

しかし、ICTリテラシーやICTスキルが身についていないと、さまざまなICTツールを業務に活かすことができません。

顧客管理システムやマーケティングツール、勤怠管理ツールなどのツールを使えるようにするためにも、ICTリテラシーが必要です。

セキュリティ事故を未然に防げる

ICTリテラシーは、業務におけるセキュリティ事故を未然に防ぐ役割もあります。

コンピューターウイルスの感染や、情報漏洩といったトラブルが増加しているなかで、企業ではセキュリティ対策が急務となりました。

しかし、ICTリテラシーが低いと、どのような対策を導入すればいいか分からず、リスクを抱えたまま企業活動をおこなわなければなりません。

そこで、ICTリテラシーを身につけた人材がいることで、時代に合わせたセキュリティ対策を実施し、トラブルの発生を防げるようになります。

さまざまな働き方に対応できる

働き方改革や多様な働き方の実現に向けて、多くの企業でテレワークの導入が進んでいます。

従業員のモチベーションや、業務パフォーマンスを高めるのに効果的なテレワークですが、ICTリテラシーが必要となります。

テレワークに必要な機材の購入、インターネット回線やツールなどオフィス同様に仕事に取り組める環境を作るためにも、ICTに精通していることが望まれます。

ICTリテラシーを身につけた従業員がいることで、スムーズにテレワークを導入できるほか、ワーケーションや地方移住など、さまざまな働き方の実現につながります。

ICTリテラシーが低いことによるデメリット

ICTリテラシーが低いままでいると、企業にとって悪影響となることがあります。

ICTリテラシーを高める前に、どのようなデメリットが起こりやすいのか把握しましょう。

従業員の間に情報格差が生じる

ICTリテラシーが低いデメリットとして、従業員に情報格差が生じる可能性があります。

情報格差とはデジタルデバイドとも呼ばれており、ICTツールを活用できる層と、できない層の差が広がることです。

企業内で情報格差が拡大すると、業務のなかでトラブルが起こりやすくなるほか、効率性にもマイナスとなります。

業務に対する視野が狭くなる

業務全体に対する視野が狭くなってしまうのも、ICTリテラシーが低いことによるデメリットです。

ICTリテラシーが高い人材が揃っていると、これまで手作業でおこなっていた業務を自動化したり、業務の課題を解決しやすくなります。

一方で、ICTリテラシー備わっていない職場では、新しいITツールやソフトウェアを使いこなせず、これまでのやり方から改善できない危険性があります。

人材の流出が増加する

ICTリテラシーが低い企業では、自社従業員の人材流失が発生する可能性があります。

テレワークやワーケーションといった多様な働き方を実現しにくくなり、従業員のモチベーションが低下するためです。

また、ICTツールを使いこなせない非効率な業務環境に不安を感じ、離職するケースも考えられます。

人材の流出を防ぐためにも、社内全体でICTリテラシーの強化が必要です。

ICTリテラシーを高める方法

企業全体でICTリテラシーを高めるためには、どのような方法を取ればよいのでしょうか。

ICTリテラシーの教育を実施することや、社内環境の整備など、ICTリテラシー強化のために企業ができることを解説します。

経営層がICTリテラシーを身につける

企業でICTリテラシーを高めるためには、経営層がICTリテラシーを身につける必要があります。

経営層がICTリテラシーを備えていないと、従業員の見本として示しがつかないだけでなく、社内のICT化も進みにくくなるためです。

まずは、経営層がICTリテラシーを身につけることを優先し、段階的に従業員に浸透させることが大切です。

資格取得の支援や教育の徹底

経営層のICTリテラシーを高めたあとは、従業員に対してもICTリテラシーの教育を実施します。

定期的にICTツールの使い方を研修として開催したり、外部からICT人材を招くことで、ICTリテラシーの強化に期待できます。

従業員のモチベーションを維持するためにも、資格取得の支援や、ICTリテラシーを人事評価に加えるなど、工夫しながら取り組むようにしましょう。

ICT環境を社内に整備する

ICTツールを社内に整備し、従業員が積極的に触れられるような環境を構築することも重要です。

業務でICTツールを日常的に使用することで、自然とICTリテラシーの強化につながります。

また、従業員からICT環境についてのフィードバックをもらい、業務に最適な状態を常に維持するようにしましょう。

Chatworkを使ってICTリテラシーを高めよう

ビジネスも情報化社会に影響されるなかで、ICTリテラシーを備えた人材を増やすことは、企業が優先的に取り組むべき課題といえます。

企業全体でICTリテラシーを高めるためにも、社内での教育や、ICT環境を構築することが重要です。

ビジネスチャットの「Chatwork」は、ICTリテラシーを高めたい企業に効果的なツールです。

Chatworkのコミュニケーションツールとして、チャット形式を採用しているため、使い方も難しくなく、従業員同士の情報共有やコミュニケーションを活性化させるのに役立ちます。

多くの場面で必要になるコミュニケーション部分をChatworkを利用しておこなうことで、ICTリテラシーの向上や慣れ親しむ機会につながるでしょう。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

これからデジタル化を進めたい方へ
中小企業の「デジタル化」

デジタル化にはさまざまなメリットがあります。DX(デジタルトランスフォーメーション)に先立つ取り組みとしてもデジタル化の推進は重要です。

一方、デジタル化を進める具体的な取り組みは、各企業や組織によって異なります。自社が進めるべき「デジタル化」とは何か、質問リストで確認しましょう。

【主な内容】

  • 「デジタル化」の課題と目的
  • 「デジタル化」が可能な業務を知る質問リスト
  • 「デジタル化」の習慣を身につける

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事