チームワークを高めるメリットとチームワークで大切なこと

業務効率化
AWAY

目次

「会社の生産性が上がらない」「チームの雰囲気に不安を感じる」といった悩みは、チームを組んで業務をおこなう職場には少なからずあるでしょう。

どんなに高い能力のある社員がいたとしても、チームとして結束できなければ高い能力を最大限に発揮することはできません。

また、会社の生産性が上がらないことやチームの雰囲気が盛り上がらないのは、チームワークを高めることができていないのかもしれません。

チームワークを高めるために必要なチームワークで大切なことを考えていきましょう。

ビジネスでチームワークが大切な理由とは?

ビジネスにおけるチームワークとは、チームのメンバーが協力しながらひとつの仕事を成し遂げる行動や意識、作業のことをいいます。

ビジネスでは、チームワークは必要不可欠なものであり、チームワークの必要性については、時代や働き方の変化に合わせて少しずつ変化しています。

チームワークをたかめることやチームワークが大切な理由について詳しく見ていきましょう。

生産性向上のため

会社では、社員にたくさん仕事をしてもらうことで、利益を生み出すことができます。

しかし、どんなにたくさん働いても労働に無駄がある限り、生産性=労働力あたりの利益を上げることはできません。

そこで、ひとりではこなしきれない仕事量や業務内容でも、チームにおける個々のスキルを活用することで、効率的に生産性を上げることができます。

メンバー同士が生産性の高い業務をこなしていくには、お互いを理解して協力できるチームワークが重要になるのです。

情報共有のため

チームメンバー間での継続した情報共有は、チームワークのための重要な要素です。

チームワークにおける自分の発言は、ほかのメンバーにとって大きな影響力をもちます。

自らが発信した情報が、必ずしもよい方向へと作用するとは限りません。

共有すべき情報やコミュニケーションが不足したがために、チームワークがうまく機能しなくなる可能性も捨てきれません。

チームワークを健全に機能させるためには、メンバーがどのような状況にあり、不足している情報やスキルはないか、常にメンバー間で共有しておくことが大切になります。

「チーム間でお互いを理解できている」という信頼や安心は、チームワークに大切な要素なのです。

目的意識を一致させるため

ひとりが目的意識をもって仕事をしたとしても、大きな目標を達成することはできません。

チーム全員の目的意識を一致させるには、メンバーの個性や異なるバックグラウンドを受け止め理解したうえで、協力して問題を解決していけるチームワークが必要となります。

全員で設定した目的意識をもつことで、チームへの帰属意識も高まり、よりチームに貢献しようと労働意欲の向上にもつながります。

チームワークの反意語として「成果主義」がありますが、昨今の多様性のある働き方やビジネス環境の変化に対応できる柔軟性においては、成果主義は弊害が多いとされています。

個人が目的意識をもつ成果主義ではなく、多様性のあるメンバーが目的意識を一致させるうえで必須となるチームワークは、多くの企業がその重要性の高まりを実感しています。

チームワークを高めるメリット

チームワークを高めることは、多くのメリットをメンバーにもたらします。

具体的にチームワークを高めるメリットの内容について見ていきましょう。

大きな目標でも達成できる

チームワークを高めることは、自分だけでは達成できない目標であっても、個々のスキルを結集し最大限に活用することで、目標を達成することへとつながります。

多様性が求められるビジネスシーンでは、個々のもつバックグラウンドは違っても、目の前にある目標は同じです。

性別も環境も違う人々が、同じ目標に向かって心をひとつにできることは、チームワークを高める大きなメリットであり目標達成までの近道となります。

業務効率化につながる

チームワークは、個々の不得手な部分をお互いが補えるという関係が確立されています。

そのため、業務の不均衡を最小限におさめることで、スムーズに業務をすすめることができます。業務効率がよくなることで、労働時間の削減や社員のモチベーション向上にもつながるでしょう。

チームワークが高まり円滑にチームが機能すれば、無駄な時間を有効に活用でき、新たなアイデアの創出やより多くの情報を収集できるという、企業資産を生み出すこともできるでしょう。

モチベーションアップ

チームのメンバーがお互いに頼り頼られることで、存在意義や能力を認められたと感じることができ、モチベーションが向上します。

会社に利益をもたらすのはチームのはたらきであり、メンバーのモチベーションがアップすることで会社全体も活性化されます。

チーム内の多様なメンバーとの協働からさらに拡大し、他部署とのチームワークを通して、製品やサービスを完成させる達成感こそ、チームワークで得られるモチベーションの源ともいえます。

結束力・信頼関係が生まれる

会社におけるチームは、友人関係のような仲良しの集まりとはまた違う意味をもっています。

困難な状況において、ときにはメンバー同士が衝突することもあるかもしれません。

しかし、そこにチームワークがあれば、大きな目標を達成するための必要な議論だと受け止めることができます。

小さな目標の達成を積み上げ、やがて大きな目標を達成していくうちに、チーム内には自然と「尊敬」や「思いやり」という感情が自然と芽生えてくるはずです。

初めから「チームワークを高めよう」と意気込んでしまうと、お互いの存在のバランスをとろうと遠慮してしまうかもしれません。

日々の業務における小さな目標の達成を積み重ねるうちに、チームワークは高まるものであり、チームワークの高まりに比例して「結束力」や「信頼」も大きくなるのです。

柔軟性が生まれる

昨今の働き方やビジネス環境の変化に対応していくためには、柔軟性のあるチームが求められます。

しかし、変化に対応するためにその都度人材を採用することは、人的コストが多くかかります。

新たな人材を採用することは、イノベーションを生み出すきっかけとなりますが、採用人数には限界あるのが現実です。

そこで、今いるメンバーを最大限に活用し、ときにはチーム編成を組み替えながら問題を解決していきます。

チームワークを高めて健全に機能させることができれば、ビジネス環境の変化に柔軟に対応できることでしょう。

チームワークを高めるために大切なこと

チームワークを高めるメリットが理解できたところで、チームワークを高めるためには、どのようなことを大切にすればいいのでしょうか。

チームワークを高めるために大切なことについて見ていきましょう。

目標を共有する

チームワークを高めるために、初めにおこなうべきことは目標を設定し共有することです。

この際、意識したいポイントとして、設定した目標を共有するだけではなく、各々がしっかりと理解して納得してもらうことです。

理解や納得が得られないようでは、チームワークを機能させることが難しくなります。

積極的にコミュニケーションをとり、目標に対し全員が同じ認識をもてるようにしましょう。

社員同士のコミュニケーション量を増やす

社員同士のコミュニケーション量が増えると同時に、共有される情報量も多くなります。

多様性が認められたチーム内には、誰かが発信した意見に対し、さまざまな視点から見た考えが集まることになります。

コミュニケーションを重ねるうちに、最初は不透明だった問題も徐々に明確になり、確実性のある答えを導くことができます。

最初は質のよいコミュニケーションを意識しすぎず、気軽に発言できる環境でコミュニケーションの量を増やしていきましょう。

コミュニケーションの量が増えれば、共有される情報や発言の質もよくなります。チーム内に有益な情報が共有されれば、業務効率を上げることにもつながるでしょう。

役割を明確化する

チームのメンバーには、自分のスキルを最大限に活用できるように、役割を明確にする必要があります。

役割を明確にすると業務に集中でき、同時にほかのメンバーもそれぞれの業務を並行しておこなうため、業務遂行に無駄が発生しません。

効率よく業務がすすめば、やりがいや達成感を味わうことができるため、各々が「このチームは仕事がしやすい」と、さらなるチームワークの向上へと意欲的になります。

個々のスキルと自発性を高める

自発性とチームワークは、一見不両立なものにとらえられますが、チームワークを高めるうえではシナジー効果を生み出します。

自分には明確な役割を与えられたからと、その業務だけをこなしていればいいという思考はチームの調和を乱してしまいます。

ある程度のチームワークが確立されたのであれば、自分のスキルを磨きつつ、「このスキルを活用できるタスクはないか」「さらに大きな壁を越えることもできるのではないか」と、自発的思考をもつことも重要です。

チームワークが高まれば自発的に行動を起こす際にも、安心して自らの一歩を踏み出すことができます。

「何かあってもチームのメンバーがサポートしてくれる」「自発性を期待してくれる」と思うことができれば、さらにスキルは高まり、いつかはリーダーとしてチームビルディングを担う人材になることもできます。

チームワークを高めるならChatwork

チームワークを高めるには、コミュニケーションが活発におこなわれることは必須です。

ただし、前提としてコミュニケーションツールが充実していることが挙げられます。

ビジネスチャット「Chatwork」を利用することで、円滑に気軽なコミュニケーションが実現できます。

また、Chatworkのファイル管理機能では資料や画像を共有し、必要であればダウンロードすることも可能です。

さらに、ビデオ通話では、共有された資料を画面上で共有しながら会議をすることもできます。

ビジネスに必要な機能がひとつのツールで完結できるので、無駄な会議や作成に時間のかかるメールを削減し、業務を効率化できます。

チームワークを高めるためのツールを導入したいとお考えであれば、Chatworkに、きっとメリットを感じていただけるでしょう。

チームに足りないものはありませんか?

チームコミュニケーションの活性化

チームでの仕事には、コミュニケーションが必須です。

活発なコミュニケーションによって、チームメンバーが「意思疎通」できるようになるだけではなく、メンバー同士が「良好な関係性」を築き、チームとしての成果を最大化することにつながります。

一方、チームコミュニケーションを活性化するために、何から手をつければよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

本資料では、まずは簡単なチェックリストによって自分のチームの現状を把握した上で、「生産性」と「エンゲージメント」の2つの側面からチームコミュニケーションを活性化する手段をお伝えします。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事