部下の育て方の具体的方法と部下の育て方で注意すべきポイント

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
部下の育て方の具体的方法と部下の育て方で注意すべきポイント

目次

部下の成長が感じられないときは、上司の立場から見たときに指導の仕方が悪いのか、と悩みの種につながります。

ただ、どのようにコミュニケーションを図って指導するのがベストなのか、わからないと感じておられる方も多いのではないでしょうか。

上司は部下を育成するときにどのような点に注意するとよいのでしょうか。

次世代の人材を育てるためにも、部下を育成するときの具体的な方法を解説します。

なぜ部下を育成する必要があるのか

部署全体を管理して機能させるには、上司が部下を育成して仕事の課題解決を図れる人材に育てることが大切です。

現場の戦力や次世代を担える人材に成長してもらうためにも、ある程度の時間や計画を立てて継続的に育成する体制が求められるでしょう。

部下を育成するときは、現場を通して具体的な方法を取り入れながら、上司が配慮して育成を進める必要があります。

部下を育成する具体的な方法

部下を育成する際には、コミュニケーションが活性化できるツールを始め、継続的な育成につながる制度や研修を取り入れると効果的に進められます。

部下を育成するときの具体的な方法を見ていきましょう。

疑問点を解消する場を持つ

部下の育成をするために有効なのが、部下自身が持つ疑問点や課題について、上司が一緒に解決する場を持つことです。

上司の考え方を共有することで、部下はその考え方を参考に自分で考えることができるようになるでしょう。

わからない部分は質問してほしいという旨を伝えながら、実際に質問があったときも穏やかな言動で答えられるように配慮しましょう。

また、部下の経験が浅いうちは「何を質問してよいのかわからない」という状況も考えられます。

日々上司から部下に仕事のフィードバックを伝えながら、スキルアップができるようにコミュニケーションを意識して部下との交流を深めていきましょう。

OJT・メンター制度を活用する

職場の先輩や上司から指導を受けられるOJTは、部下の将来や未来を見据えて継続的かつ計画的に育成に取り組める内容です。

メンター制度は、入社暦の浅い先輩や年齢の近い先輩から指導を受ける方法で、気軽に質問やコミュニケーションが取りやすいメリットが期待できます。

その場で仕事の進め方を教えて終わりではなく、長期的に部下を育成するときに役立つ方法です。

>OJTの導入メリットに関する記事はこちら

研修・勉強会を取り入れる

仕事の進め方を含めて従業員としての意識を高める取り組みには、研修や勉強会を定期的に開催しましょう。

たとえば、仕事内容で注意したいことが学べるコンプライアンスの研修、ハラスメント防止の対策が学べる研修など、働くときに知っておきたい心得や知識が身につきます。

仕事の分野に関わる知識を掘り下げて学べる勉強会の実施など、部下のスキルアップやリスクマネジメントを高められる取り組みを部下の育成に実践してみましょう。

定期的に面談を実施する

部下との信頼関係づくりや意思疎通を図るには、コミュニケーションを意識して取り入れる機会に面談を実施します。

面談では、いきなり本題から話すと緊張してしまいやすいため、雑談を交えながら穏やかな雰囲気で進行できると意見を引き出しやすくなるでしょう。

仕事の目標や達成度、仕事のキャリアやプライベートに関する悩みの相談など、話し合うテーマをある程度決めておくと効果的に話し合いが進めやすくなります。

部下が自ら課題や解決方法に気づく機会につなげるためにも、上司から気づきを引き出せるような質問の仕方や聞き方を心がけましょう。

>部下とのコミュニケーションの重要性に関する記事はこちら

部下を育成するポイント

上司は部下を見守る姿勢を大事にしながら、幅広い視点から継続的に指導を実施することが大切です。

部下を育成するときに注意するポイントを見ていきましょう。

高圧的な言動で接しない

部下の育成には指導が必要ですが、伝え方や態度を誤ると逆効果につながります。

価値観の決めつけや高圧的な態度など、相手にストレスを与える伝え方は部下の育成には不適切です。

ほかにも、話すごとに意見が変わったり、気持ちを察してほしい態度を取ったりする行為も部下にストレスを与える言動につながるでしょう。

上司が部下とコミュニケーションを取るときは、正確に言葉で伝えながらも、建設的な言動を心がけるように注意する姿勢が求められます。

>相談しにくい上司の特徴に関する記事はこちら

営業時間外の労働を強制しない

部下のスキルアップを図るための指導として、休憩時間や営業時間外に仕事を強制する行為は問題につながります。

営業時間外の労働が継続してしまうと、部下が仕事のモチベーションを維持できず、かえって職場の生産性が下がる懸念もあるでしょう。

部下を育成するときは、上司の権限や職場の雰囲気によって労働を強制しないように注意が必要です。

成果・結果だけで判断しない

仕事のゴールである成果や結果は、目で見てわかりやすい指標になりますが、プロセスを無視した評価をすると部下の不満につながります。

どのように仕事を工夫して取り組んでいるのか、仕事の進め方で優れている点はないかなど、途中経過をしっかりと見つめながらフィードバックを取り入れるようにしましょう。

職場でのコミュニケーションの取り方など、仕事全体の幅広い視点から意見を伝えることは、部下を育成するときに注意したいポイントにつながります。

実践育成で放置する状態は避ける

現場の実践を交えて育成する方法は必要ではあるものの、部下を放置する状態で育成する方針は避けるように配慮します。

しっかりと育成を受けられる体制が整っていないと、仕事のミスやトラブルにつながりやすく、職場全体の作業が非効率化するリスクを抱えるでしょう。

計画的に継続して育成に取り組めるように、企業全体で研修や制度を取り入れて部下の育成を進める注意が必要です。

すべての作業に口出しせずに見守る

部下に成長してほしいと思いすぎると、作業ごとに細かく口出しをしてしまい、かえって部下のストレスにつながる可能性があります。

基本的には、仕事の進め方を伝えたあとは、部下が自力で作業に取り組めるように見守りながら、手助けが求められる場面で対応するようにしましょう。

仕事の課題や解決方法を部下がひとりで考えられるようになると、仕事の能力をあげる取り組みにつながるため、すべての作業に口を挟んでしまう行為は控えるように注意するのがポイントです。

情報共有を徹底する

部下の仕事についてミスやトラブルを減らすためにも、気になることがあるときは、報告と連絡を徹底してもらうことも重要です。

仕事の区切りが着くタイミングを含めて、どのくらい作業が進んでいるのか進捗状況を伝えてもらうなど、現状を把握できるように指導を工夫します。

上司は部下の様子を見守りながら、何か変化を感じるときは声をかけて相談に乗れるように意識することが大切です。

お互いの信頼関係を築くためにも、部下を育成するときは報連相と進捗報告を大事にしてもらうことを伝えましょう。

部下の育成に「Chatwork」を活用しよう

部下を育成する方法として、OJTやメンター制度の導入、研修や勉強会などが代表的です。

部下を育成する上では、育成が過度なストレスにならないための配慮をしましょう。

たとえば、高圧的な言動は取らず、仕事を見守る姿勢が必要です。

仕事の進捗報告や相談を受けるときは、ビジネスチャットがあると便利に業務連絡のやりとりを進められます。

ビジネスチャット「Chatwork」は、オンライン上で簡単にコミュニケーションがとれるビジネスツールです。

グループチャットのタスク管理の機能で作業報告に使ったり、個人的な悩みを伝えたいときにチャットで面談の日時を調整したりするなど、仕事の幅広い場面で活用できるでしょう。

>Chatworkのグループチャットに関する記事はこちら

>Chatworkのタスク管理機能についてはこちら

仕事が忙しくコミュニケーション不足を感じるときも、ビジネスチャットを使って仕事のフィードバックを送信できる育成方法が取れるなど、部下とのすれ違いを減らして意思疎通を図る手段として活用できます。

ビジネスチャット「Chatwork」は、無料で簡単に使いはじめることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験できます。

部下を育成する際の、円滑なコミュニケーションを実現する手段として、「Chatwork」をぜひご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

「報連相」できる組織づくりのヒントとは
部下が報連相をしやすくなるためのポイント
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事