リスクヘッジの意味とは?使い方や活用例、リスクマネジメントとの違いを解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
リスクヘッジの意味とは?使い方や活用例、リスクマネジメントとの違いを解説

目次

リスクヘッジには、事前にリスク回避ができるように備えておくという意味があります。

企業が事業活動を継続するためには、あらかじめリスクを想定して対策を整えておくことが必要です。

取引先や顧客の信頼を獲得する上でも、社内でできる対策を知るところから始めましょう。

リスクヘッジの意味とは何か、リスクマネジメントとの違いや使用例を解説します。

リスクヘッジの意味とは?

リスクヘッジは、事前にどの程度のリスクが発生するのかを予想し、リスクに備えた体制を整えておく意味があります。

リスクヘッジは、金融取引(投資)に使われている言葉です。

金融取引の場では、リスクヘッジで投資先を分散することで、損失を最小限におさえる対策につなげています。

ヘッジ(hedge)の言葉は「防止策」という意味があり、リスクヘッジを「ヘッジ」と呼ぶこともあります。

ビジネスにおけるリスクヘッジの意味

ビジネスの現場で使われるリスクヘッジには、未然にアクシデントを起こさないための備えをする意味合いが含まれます。

危険予測・不安材料・懸念事項に何があるのかを、掘り下げる意味でも使われており、幅広い範囲を指すことが多いでしょう。

企業の事業活動では、利益の損失以外にも、取引先や顧客の信頼を損なわないために、未然にリスクを推測して回避できる対策を立てておくことが重要です。

リスクヘッジとリスクマネジメントの違い

リスクマネジメントには、リスクを管理するという意味合いがあります。

企業に影響を与える不祥事・問題が起きないように対策を整えたり、問題が起きたときの対応を事前にマニュアル化したり、社内体制を整えておくことを指す言葉です。

リスクヘッジはリスク回避の備えに使われる対策になり、リスクマネジメントは問題を起こさせないための対策と管理体制を整えるという違いがあります。

>リスクマネジメントとは?に関する記事はこちら

リスクヘッジとリスクテイクの違い

リスクテイクとは、危険の可能性(リスク)を受け入れて行動をする意味です。

完璧にリスクを回避することは難しいため、あえてリスクを引き受けることで、行動による利益などのリターンが期待できます。

リスクヘッジはリスクを回避する備えの対策になり、リスクテイクはリスクをともなう行動をとるという意味で違いがあるでしょう。

ビジネスにおけるリスクヘッジの使い方

ビジネスの現場において、リスクヘッジの言葉を使うときの例を見ていきましょう。

リスクヘッジをする

仕事におけるアクシデントの備え、利益の獲得について内容を共有するときに使います。

  • トラブル回避に備えてリスクヘッジをすることが大事です
  • リスクヘッジをすることで、確実に利益の獲得が見込めます

取引先や社内の社員と、円滑に仕事を進めたいときの事前準備に活用します。

リスクヘッジのために

実際にリスク回避の対策を進めるときに使います。

  • リスクヘッジのために管理するサーバーを分散しました
  • リスクヘッジのために複数パターンの提案を準備しました

取引先や顧客の信頼を失わないために、仕事のリスクを分散させたいときに活用します。

リスクヘッジが不十分

仕事のリスク回避ができていないときに使います。

  • イベントの事前準備に関して、この部分はリスクヘッジが不十分です
  • リスクヘッジが不十分だと、失敗のリスクが高まります

実際にリスクヘッジに取り組んだものの、失敗や課題が残ってしまうときにも活用します。

ビジネスにおけるリスクヘッジの活用例

ビジネスの現場において、リスクヘッジに取り組むときの活用例を見ていきましょう。

ミス・トラブルに備えた対策

仕事のミス・トラブルを回避するときに使う対策例を見ていきましょう。

  • 取引先に提案する企画は、予備で5つ以上準備しておく
  • データの送信前は、上司に内容を再度チェックしてもらう
  • オンライン会議、商談の予定忘れの防止にリマインドをかけておく
  • 天候の状況や自然災害に考慮し、イベント会場に移動する手段をいくつか準備しておく

事前に考えられるリスクを想定しておくことで、あとから問題になる状況を回避できます。

情報漏洩に備えた対策

仕事の情報漏洩に備えた対策例を見ていきましょう。

  • 誤送信の予防策として、データ送信前に上司にダブルチェックを頼む
  • 社外のPCやUSBの持ち出しに関して、注意点を伝える講習会を開催する
  • 情報漏洩がおきないように、PCにパスワードとスクリーンセーバーを設定する
  • 会社の書類や重要データなどは、専門の業者に依頼して処分してもらう

取引先や顧客の信用を失わないためにも、事前に社内で管理体制を整えておくリスクマネジメントも重要です。

>情報漏洩の具体的事例とは?に関する記事はこちら

人材管理・損失に備えた対策

人材・利益の損失に備えるときの対策例を見ていきましょう。

  • ハラスメントに関する講習会を開催して、社内の予防策につなげる
  • マニュアル作成を進めて、教育係の業務にかかる負担を減らす
  • 会社の事業活動におけるトラブル発生時に、対応できる保険に加入する
  • 有給休暇などの制度が利用しやすい環境を整える

実際に行動できる内容まで細分化しておくなど、社内の管理体制を整えておくことも大切です。

>働きやすい職場とは?に関する記事はこちら

リスクヘッジの判断スキルを高めるコツ

最後に、仕事に取り組むなかで、リスクヘッジの判断スキルを高めるコツの一例を紹介します。

  • 論理的思考で対応する
  • 視野を広げる
  • 意見交換をする
  • 失敗から学ぶ姿勢をもつ

適切なリスクヘッジを実現するためにも、取り組める方法を探してみましょう。

論理的思考で対応する

物事の筋道を立てる考え方は、論理的思考(ロジカルシンキング)と呼びます。

リスクヘッジの対策を立てるときに、根拠は何か、考えられる危険性に何があるのかなど、幅広い視点から内容を練ることが可能です。

問題解決能力の向上だけでなく、相手に納得感を与えるコミュニケーションを進めやすくなります。

>論理的思考の鍛え方に関する記事はこちら

視野を広げる

リスクヘッジでは、さまざまな視点からリスク回避ができる対策を練っていきます。

視野を広げるには、先入観や固定概念にとらわれないことが大切です。

自由な発想力を高めるためにも、さまざまな分野の勉強に取り組むことで、従来の知識からのアップデートを図れます。

意見交換をする

さまざまな人と意見交換をすることで、リスクヘッジに使うアイデアの精度が上がります。

社内の問題・課題を振り返り、どのようなリスクが考えられるのかを整理してみましょう。

会議の時間を設けて話し合うことで、リスク回避に関する認識を共有する機会につながります。

失敗から学ぶ姿勢をもつ

仕事に関するミス・トラブルが起きたときは、改善の余地があるというサインです。

どのような点が失敗につながったのか、対策を練るために振り返ることを習慣化しましょう。

改善の行動につなげられると、仕事の困難を乗り越えて成長する機会につながります。

リスクヘッジの情報共有にChatworkを活用

企業の事業活動を継続するには、リスク回避につながる対策が重要です。

事前に対策を練っておくと、トラブルを最小限におさえる効果が期待できて、取引先や顧客と信頼関係を築ける工夫につながります。

社内でリスクヘッジの情報共有をスムーズに進めたいときは、業務連絡の効率化が図れるビジネスチャット「Chatwork」を活用できます。

「Chatwork」には、メールや電話に比べてチャット形式で気軽に連絡がとれるうえ、タスク管理機能やビデオ通話機能も備わっています。

社内でリスクヘッジを徹底するためにも、ぜひ「Chatwork」の導入をご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

経営者必見!就業規則を見直そう
リスク回避のために! 小さな会社の就業規則の作り方
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事