仕事のプレッシャーを感じやすい人とは?特徴や原因、克服方法とポイントも解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
仕事のプレッシャーを感じやすい人とは?特徴や原因、克服方法とポイントも解説

目次

適度な仕事でのプレッシャーは、よい緊張感をもたらし、人を成長させます。

しかし、大きすぎるプレッシャーは、悪影響を与える危険性もあるため、克服方法を知り、適切に対処することが大切です。

仕事のプレッシャーを感じやすい人の特徴や、克服方法、過度なプレッシャーが及ぼす悪影響について解説します。

プレッシャーとは

「プレッシャー」とは、人や仕事から与えられる重圧や負荷が影響して、精神的に不調を感じている状態のことを指す言葉です。

プレッシャーは、「人からよく思われたい」「悪く思われたくない」「期待に応えたい」などの思いが影響して引き起こされることが多く、適度な負荷のプレッシャーは、人を奮い立たせ、成長をうながすというプラスの効果もあります。

しかし、プレッシャーの感じ方は、人によって異なるため、大きすぎるプレッシャーを抱えて、体調を崩してしまう人もいます。

プレッシャーの原因や対処方法を知り、克服できるようになりましょう。

仕事のプレッシャーを感じやすい人の特徴とは

業務を進めるうえで、プレッシャーは切り離せないものです。

仕事でプレッシャーを感じやすい人の特徴を把握し、克服の糸口を探しましょう。

心配性

心配性で、物事をネガティブにとらえやすい人は、プレッシャーを感じやすい傾向にあります。

「うまくいくだろうか」「成果をあげられるだろうか」などと、自分に求められている期待や、役割が重荷になりやすいです。

とくに、期待されることに弱く、些細な失敗ができないと考えてしまうため、さまざまな業務で心労が絶えないでしょう。

完璧主義

完璧主義の人は、与えられた仕事すべてを完璧にこなさなければならないと考え、少しのミスも許さずに、クオリティにも妥協しません。

また、細かなところにも目が届くため、小さな失敗でも自己嫌悪を感じやすいです。

期待に応えようとする意識にくわえて、「完璧を目指す」という自分のポリシーが影響して、プレッシャーを感じやすいです。

責任感が強い

責任感が強い人は、任せられた仕事に対して、「絶対にやり抜きたい」「周囲の期待に応えたい」と考えるため、プレッシャーを背負いこみやすいです。

また、責任感の強さゆえに、必要以上の期待や要求を他人にしてしまうことや、自分の範囲外の仕事にも口出ししてしまうこともあります。

「自分がなんとかしないと」という思いが強いため、自分のキャパシティを越えても、任せられた業務を完遂しようとし、結果として体調を崩してしまうことがあります。

自己肯定感が低い

自己肯定感が低い人は、元々の性格や過去の失敗体験などが影響して、自分が成功しているイメージをもてないため、些細なことでもプレッシャーに感じやすいです。

「自分はだめだ」「うまくいくはずがない」などと考えてしまい、必要以上に頑張らなくては、周囲に認めてもらえないという意識が強いです。

プライドが高い

プライドが高い人は、周囲に仕事のプレッシャーを感じさせないよう虚勢をはりがちですが、結果として自分を追い込んでしまうという性質があります。

たとえば、上司に仕事を頼まれた際も、「余裕でこなせます」「この日までにできます」と、自分のキャパシティを越えた受け答えをしてしまいがちです。

しかし、心では過度に重圧がかかり、不安を抱えていることが多いです。

周囲の評価を気にしすぎる

周囲からの評価を過剰に気にする人も、プレッシャーを感じやすいです。

周囲の目が気になりすぎる人は、些細な失敗でも、「周囲にバカにされる」「評価が下がってしまう」とマイナスにとらえてしまうため、プレッシャーがなくなることがありません。

他人のささいな言葉や、評価を真に受けやすく、すぐに落ちこんでしまうのも特徴です。

業務内容を整理できていない

業務の内容や自分の役割、やるべきことが整理できていない人は、漠然とした不安や焦燥感を抱き、プレッシャーを感じやすいです。

また、未経験の業務や苦手な業務を依頼された場合、問題なく遂行できるかどうかで頭がいっぱいになってしまい、冷静に業務内容を整理できず、ただプレッシャーを感じてしまうケースもあります。

冷静に考えれば、無理なく実施できるものに対しても、気負いの感情が先行してしまい、より焦ってしまうことも少なくありません。

プレッシャーを感じやすい仕事とは

未経験の仕事や、自分のキャパシティを越えた仕事など、プレッシャーを感じやすい仕事の種類があります。

プレッシャーを感じやすい仕事の種類をみていきましょう。

未経験の仕事

自分が経験したことのない業務や、担当分野とは異なる仕事は、プレッシャーを感じやすい仕事です。

たとえば、事務の人が営業の仕事をしたり、営業の人がマーケティングの業務をおこなったりなど、未経験分野の仕事は、遂行できるかを不安に感じてしまい、重圧を感じやすいでしょう。

チャレンジングな仕事

自分の能力以上の仕事や、所有しているスキルより高いスキルを求められる業務は、プレッシャーで疲弊しやすいです。

たとえば「大口の取引先を任される」「新たな市場の開拓業務」などの高いスキルが求められる場合や、「明日までに〇〇をまとめて欲しい」などの処理できない量の業務を任される場合などがあげられます。

周囲の人に頼ることや、断ることもできず、ひとりで抱えこんでしまうケースも少なくありません。

失敗できない仕事

ミスが許されない仕事や、失敗すると多大な損失をこうむる仕事など、失敗が許されない仕事は、大きな重圧を感じやすいです。

さらに期限が設定されている場合は、「納期どおりに遂行しなければならない」というプレッシャーもかかるため、より大きな負荷を感じさせるでしょう。

期待が大きい仕事

能力を見こまれて頼まれた業務や、能力の高さを認められて依頼された仕事など、周囲からの期待が大きい仕事は、プレッシャーを感じやすいです。

期待が大きい仕事は、成功しなかった場合、「周囲の期待を裏切り、信頼を失ってしまうかもしれない」と捉えやすいため、大きな負荷や緊張を与える恐れがあります。

仕事のプレッシャーが引き起こす悪影響

過度なプレッシャーは、心や身体に悪影響を及ぼす危険性もあります。

仕事のプレッシャーが引き起こす悪影響についてみていきましょう。

心身の不調

過度なプレッシャーが影響して、精神面の不調や、身体面の健康が阻害される恐れがあります。

プレッシャーを感じる状況が続くことで、やる気がおきない、イライラする、抑うつ状態になってしまうなどのメンタル面の不調や、動悸がおさまらない、食欲がわかない、頭痛が続くなどの身体面の不調が出てしまう危険性があります。

また、常にプレッシャー状態が続いてしまうと、プライベートでも仕事について考えてしまうことが増え、眠れなくなってしまう場合もあります。

このような状況が続くと、なかなか明るい気持ちや前向きな気持ちになることができず、負のスパイラルが断ち切れなくなってしまいます。[※1]

>ウェルビーイング(well-being)とは?に関する記事はこちら

ミスをしやすくなる

プレッシャーを抱えた状態が続くと、プレッシャーが頭から離れにくく、雑念が浮かびやすくなってしまうため、パフォーマンスが低下してしまいます。

「うまくやらなければ」「期待に応えなければ」などの、業務遂行の邪魔になる感情が頭を支配してしまうため、普段は問題なくおこなえていることでも、小さなミスを連発してしまいます。

また、ミスを繰り返すことで、余計に焦燥感が生まれてしまい、自己嫌悪に陥ってしまうケースもあります。

感情的になってしまう

重圧や負荷がかかる状態が続くと、イライラしやすくなってしまい、周囲に感情的に当たってしまうこともあります。

冷静に考えることができず、感情的に八つ当たりや叱責などをしてしまい、周囲からの信頼喪失や人間関係に亀裂がはいる危険性もあります。

周囲に迷惑をかけることはもちろん、冷静になったときに、自己嫌悪に陥ってしまうこともあるため、注意が必要です。

>信頼関係を築くコミュニケーションに関する記事はこちら

仕事を辞めたいと思ってしまう

プレッシャーに押しつぶされそうになってしまい、モチベーションやエンゲージメントが低下し、仕事を辞めたいと思ってしまう人もいます。

プレッシャーになっていた仕事が、失敗に終わってしまった場合、感じるダメージも大きく、精神的に不安定になりやすいため、さらに辞職したいという感情を喚起させてしまうでしょう。

仕事のプレッシャーを克服する方法

プレッシャーを感じやすい人の特徴や、プレッシャーを感じやすい仕事を解説してきました。

プレッシャーが引き起こす悪影響は非常に大きいため、適切な対処方法を知り、セルフマネジメントを進めましょう。

仕事のプレッシャーを克服する方法を解説します。

言語化と整理をおこなう

なぜプレッシャーを感じているのかを言語化し、整理することで、プレッシャーを克服できます。

まずは、「上司の期待が負担」「成功させられる自信がない」など、重圧の原因になっているであろうことや、心で思っていることを、ありのままに書き出してみましょう。

自分の思いを言語化することで、思考を整理することができ、冷静に考え直すと、思いこみだった場合や、解決策が見つけられる可能性もあります。

漠然とした不安や焦りから、余計なプレッシャーを感じないようにしましょう。

小さな目標で達成感を味わう

目標達成のマイルストーンを敷き、達成感を味わうようにしましょう。

大きな仕事の目標達成のみを気にしていると、進捗している感覚を得られず、モチベーションが低下してしまうこともあるでしょう。

大きな目標の達成を目指す際は、目標達成に必要な作業やタスクの一つひとつを小さな目標として捉え、それを達成することで、達成感を得ましょう。

小さな目標の達成を重ねることで、モチベーションの維持や、自信にも繋がるため、大きな目標の達成にもつながりやすいです。

>マイルストーンとは?に関する記事はこちら

最悪の事態を想定する

最悪の結果や事態を想定しておくことで、実際に失敗した場合のダメージを軽減させることができます。

最悪の事態と比較したら、そこまで辛いことではないと考えることや、冷静に現状を捉えられるようになるため、目の前の業務に集中できるようになるでしょう。

失敗しても諦めない

失敗しても諦めないで、次に向かう気持ちを大事にしましょう。

たとえ失敗しても、自分はだめだという自己嫌悪に焦点を当てるのではなく、なぜ失敗したのかを振り返って次の対策を立てましょう。

リフレッシュする

業務時間外は仕事のことを考えずに、心身をリフレッシュすることも大切です。

スポーツや、旅行、ショッピングやゲームなど、自分の好きなことに没頭することで、ストレス解消になるでしょう。

業務時間外にも仕事のことを考えてしまうと、心身が休まらず、不調が起こりやすいです。

プライベートの時間と完全に切り離し、心身をしっかりと休ませるようにしましょう。

>ワークライフバランスに取り組むメリットに関する記事はこちら

周囲に助けを求める

自身の手に負えない仕事を任された場合は、ひとりで抱えこまず、周囲に助けを求めましょう。

上司や同僚に手伝ってもらう、フォローしてもらう場合は、どこにつまずいてしまったのかを振り返り、スキルアップに繋げましょう。

また、家族や友達に話を聞いてもらうだけでも、ストレス発散になって、心が軽くなる場合もあります。

プレッシャーを一手に引き受けるのではなく、適切に人を頼ることも、円滑に業務を進めるうえで重要なことです。

適度なプレッシャーは成長機会になる

適度なプレッシャーは、ほどよい緊張感を与え、より成長の機会となるでしょう。

実際にプレッシャーを乗りこえ、仕事を成功させることができたら、その経験が大きな自信につながり、さらに困難な出来事にも立ち向かえるようになります。

また、自尊心も高まるため、難易度の高い目標をクリアするたびに、仕事のプレッシャーも感じにくくなっていくでしょう。

プレッシャーを克服して成長しよう

プレッシャーは、仕事をするうえで、避けては通れないものですが、克服することで、大きく成長することが可能なものです。

「言語化と整理」や「小さな目標で達成感を得ること」は、すぐに実践できて、効果も大きいため、ぜひとりいれてみてください。

また、プレッシャーを過度に感じて、悪影響がでていると感じた場合は、リフレッシュしたり、周囲の人に頼ったりすることで、自身を労わることが大切です。

プレッシャーの原因や適切な対処方法を知り、自己成長に活用していきましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」のマイチャット機能は、「言語化と整理」に活用できるビジネスツールです。

タスク管理機能で、自分にタスクを発行することもできるため、進捗管理や、小さな目標の達成に活用することもできるでしょう。

>Chatworkの「マイチャット機能」に関する記事はこちら

コミュニケーションツールとして活用することにくわえ、自己成長のツールとしても、「Chatwork」をぜひご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

[※1]出典:厚生労働省「ストレスとは」
https://kokoro.mhlw.go.jp/nowhow/nh001/
※本記事は、2022年7月時点の情報をもとに作成しています。


テレワークをもっと活用したい方へ
明日から使えるオンラインコミュニケーション
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事