アルファ世代(ジェネレーションα)とは?Z世代との違いや企業のアプローチ方法を解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

アルファ世代(ジェネレーションα)とは、2010〜2020年代に生まれた人を表す言葉です。

ITツールを使う環境が当たり前の世代であることから、デジタルネイティブとも呼ばれています。

アルファ世代とZ世代との違い、企業ができるアプローチ方法を解説します。

アルファ世代(ジェネレーションα)とは?

アルファ世代とは、2010〜2020年代に生まれた人を表す言葉です。

Z世代(1990年後半〜2010年前半生まれの人)の次の世代にあたります。

どちらも厳密に年数が決められているわけではないので、多少前後することがあるようですが、2022年におけるアルファ世代の年齢層は、約0〜12歳とされています。

親はミレニアル世代

ミレニアル世代とは、大まかに1980〜1990年半ばに生まれた人のことです。

2022年におけるミレニアル世代の年齢層は、おおよそ20代後半〜40代前半です。

ミレニアル世代は、インターネット環境が普及し始めた時代に当てはまるため、ITツールに関する理解や知識などが浸透していることから、SNSを使ったコミュニケーションに慣れている傾向があります。

Z世代とは?

Z世代は、1990年後半〜2010年前半に生まれた人で、アルファ世代のひとつ前の世代にあたります。

2022年におけるZ世代の年齢層は、おおよそ10代前半〜20代前半です。

Z世代は、情報収集の手段がインターネット中心で、テレビや新聞といったマスメディアはあまり使わない傾向があります。

ほかには、生まれたころから環境問題の情報に触れる機会があるため、社会問題に対する感度が高いところが特徴です。

> Z世代に関する記事はこちら

アルファ世代とZ世代の違い

アルファ世代は2010〜2020年代に生まれた人、Z世代は1990年後半〜2010年前半に生まれた人という違いがあります。

特徴における違いとしては、Z世代よりもアルファ世代のほうが学校教育やプライベートを含めて、デジタル環境が身近にあるといった点があげられます。

アルファ世代の特徴

アルファ世代の特徴について、詳細をみていきましょう。

デジタル環境が整っている

アルファ世代は、学校教育からプライベートを含めて、デジタル環境に慣れ親しんでいるという特徴があります。

小学校で英語・プログラミングの教育があり、タブレットで勉強にとりくむ場面もあるでしょう。

プライベートでは、当たり前にSNSを利用しているなど、学校や私生活全体においてデジタル環境が整っています。

仮想空間に対する理解度も高い

アルファ世代は、子どものころから当たり前にSNSやインターネットに触れており、仮想空間をとおして活動をすることについて、理解度が高い傾向にあります。

たとえば、バーチャルチューブ(Vチューブ)では2Dや3DのCGを使って動画配信や制作をしたり、視聴をしたりするなど、日ごろから仮想空間に慣れ親しんでいます。

また、アルファ世代は、オンライン上でアバターをとおして活動ができる「メタバース」への理解度も高い傾向があります。

メタバースの例では、不登校の子どもたちにメタバース登校で学べるといった支援活動を実施している事例もあります。

多様性を重視する

アルファ世代は、さまざまな人の価値観や個性を尊重するなど、多様性を重視する傾向にあります。

学校教育やインターネットをとおして、人々の多様性や環境問題に関わる情報に触れる機会が多いことが理由にあげられるでしょう。

例として、恋愛や結婚、性に対する価値観など「世間の価値観に流されるよりも自分の価値観を大事にしたい」という意識が強いといわれています。

アルファ世代に向けたマーケティング施策

アルファ世代に向けたマーケティング施策を見ていきましょう。

ミレニアル世代の親を意識する

アルファ世代の親は、ミレニアル世代にあたるため、親の価値観を意識したマーケティング施策を練りましょう。

ミレニアル世代は、ITツールが普及し始めた時期になるので、インターネットによる情報収集や通販サイトの活用などが浸透している世代でもあります。

また、ミレニアル世代の消費行動は、コト消費の傾向があるため、体験や経験を得るためにお金を使うことが多いです。

子育てや教育などにおいても、体験や経験を重視するサービスに価値を感じる傾向があるので、親世代を意識したマーケティング施策を実行することが大切です。

タイムパフォーマンスを大切にする

アルファ世代は、タイムパフォーマンス(時間に対して得られる価値)を重視する傾向があります。

タイムパフォーマンスを重視する理由には、情報を取捨選択する時間を短縮したいというニーズがあげられます。

アルファ世代は、デジタルツールが当たり前に普及している時代に生まれており、たくさんの情報に触れる機会が多いため、企業は短い時間で有益な情報や価値を提供することが大切です。

アルファ世代の働き方と企業における施策

将来、予想されるアルファ世代の働き方、企業における施策について見ていきましょう。

フリーランスと仕事ができる社内体制を整える

アルファ世代は、将来働く年齢になったら、働き方においても自由な価値観を求める傾向があるでしょう。

そのため、従来よりもフリーランスや起業家が増えることが予想されています。

企業は、未来を見据えた事業活動を展開するためにも、さまざまな働き方をする人々とコラボレーションワークができるように、社内体制を整えておくことが大切です。

>コラボレーションワークに関する記事はこちら

副業・テレワークなど多様な働き方を推進する

アルファ世代は、企業において未来の事業活動を担う大切な人材です。

多様性を重視して意思決定をする世代のため、企業の事業活動においては、自由度が高い社内体制を整えておく必要があるでしょう。

具体的には、下記のような内容があげられます。

  • テレワーク
  • ワーケーション
  • 週末移住
  • フレックスタイム制

ほかにも、副業や複業を認めるなど、社員にとって魅力的な施策をおこなうことで、企業の魅力度を高めて人材を定着させる工夫につながります。

>働きやすい職場に関する記事はこちら

社内のDX化を推進する

組織全体でDX化が推進できていないと、古い時代の体制をとる企業として認識されてしまい、アルファ世代の求職者から見た魅力が失われる可能性があります。

未来を担う人材を確保できない原因になるかもしれません。

また、場所にとらわれない自由な働き方を実現するためにも、社内のDX化を推進しておくことが大切です。

>DX推進に関する記事はこちら

アルファ世代は多様性を重視する世代

アルファ世代は、生まれたときからデジタル環境で育っており、仮想空間などに対する理解度が高い傾向にあります。

また、自分の価値観や多様性を重視するといった特徴もあります。

企業がマーケティング施策をとりいれるときは、アルファ世代の親であるミレニアル世代を意識したり、アルファ世代が重視するタイムパフォーマンスを提供できる商品開発や情報発信を進めてみるといいでしょう。

企業内でできる施策として、コミュニケーションの時短を図るためにも、ビジネスチャット「Chatwork」の活用がおすすめです。

「Chatwork」は、メールや電話に比べてチャット形式で気軽にコミュニケーションができるため、やりとりにかかる時間を削減できます。

アルファ世代が活躍できる環境を整えるためにも、ぜひ「Chatwork」の導入をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

ビジネスチャットを知りたい方におすすめの資料
ビジネスチャット完全ガイド

このお役立ち資料ではビジネスチャットの特徴や導入メリット、メール・電話などとの違い、ビジネスでの活用方法をまとめました。

昨今では、テレワークの必須ツールともいわれるビジネスチャット。 導入にむけて情報収集中の方のための資料です。

  • ビジネスチャットとは
  • 特徴や導入メリット
  • ビジネスチャット選びのポイント

などを解説します。貴社のビジネスチャット導入にあたっての情報収集の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事