課長の役割とは?部長・係長との違い、必要なスキル、特徴や育成ポイントを解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

課長の役割は、課全体のまとめ役として、部下の指導や育成、現場改善などの遂行です。

管理職に当てはまるため、部下や上司をつなぐ橋渡し役として、円滑にコミュニケーションを図れる能力が求められるでしょう。

課長の役割、部長・係長との違い、必要なスキル、育成ポイントを解説します。

課長とは

課長の役割には、部下の指導や育成、現場改善など、課全体の管理などがあります。

課長は管理職であるため、経営側と関わる機会が増え、職務権限の範囲が広がるところが特徴です。

課全体で成果をあげられるよう、適切な目標を掲げ、達成に向けて業務の指示や改善をおこないます。

部長との違い

部長は、経営側の立場から、職場全体の成果をあげられるように管理する役割を担います。

役職の階級においては、課長よりも部長のほうが上の立場です。

また、課長と同様、部長も管理職に当てはまります。

課長は、現場社員を管理する仕事を担い、部長は経営側の立場から仕事に関わるという違いがあります。

係長との違い

係長は、現場社員のまとめ役を担います。

課長は管理職ですが、係長は管理職に当てはまりません。

役職については、係長よりも課長のほうが上の立場です。

係長は現場のまとめ役を担い、課長は課全体の管理を担うという違いがあります。

>係長の役割に関する記事はこちら

課長の役割

職場における課長の役割について解説します。

部下を評価・育成する

課長の仕事には、部下を評価し育成する役割があります。

日ごろの勤務態度や成果をきちんと把握し、適切に評価することで、部下のモチベーションを高める工夫につながるでしょう。

フィードバックと指導をバランスよく交えることで、事業を担う次世代の人材を育成できます。

>人材育成のポイントに関する記事はこちら

課全体のリスク管理

仕事の安全性を確保するために、個人情報の取り扱いや労務に関わる管理など、課全体のリスクを管理していきます。

たとえば、業務上の事故を減らす対策を実施することで、未然にトラブルを予防できるでしょう。

ほかにも、情報漏えいを起こさないためにPCのパスワード管理を徹底するといった内容などもあげられます。

課全体のリスク管理を図ることで、とどこおりなく安全に仕事を継続できる環境を整えられます。

>リスクマネジメントに関する記事はこちら

現場の改善を図る

課全体のまとめ役として、部下が働きやすい職場を実現するためにも、業務改善を図る必要があります。

たとえば、業務フローを見直して改善策の提案・実行をすることで、業務の時短につながり生産性を向上できるでしょう。

実際にトラブルやミスが続くときは、原因と解決策を検討しながら、現場の社員が働きやすい改善策を提案する姿勢が求められます。

部下の相談役になる

部下の相談役になることも仕事のうちのひとつです。

「職場の人間関係で困っていることがある」「仕事を抱え込みすぎてつらい」など、部下の悩みにサポートできるよう耳を傾けます。

部下のメンタルケアをおこなうことで、不調が出る前にサポートできるので、休職や離職に追い込まれる状況を予防しやすくなるでしょう。

課長の役割に必要なスキル

課長になるには、どのようなスキルが求められるのでしょうか。

役割を担うために必要なスキルについて見ていきましょう。

判断力・リーダーシップ

重要な決断が必要なときに、スピード感をもって適切に判断できるスキルが必要です。

部下に「課長は適切に判断できる人」という印象を与えることができ、仕事における信頼関係を築くことができます。

また、課全体のまとめ役としてリーダーシップを発揮しながら、目標達成に向けて部下を引っ張っていくスキルも必要です。

>リーダーシップの種類に関する記事はこちら

マネジメント力

課全体のまとめ役として、職場の仕事を円滑に進められるよう管理していくスキルが必要です。

たとえば、仕事の進捗状況をタスク化して管理するなど、業務を見える化することで、現場全体を把握できるようになります。

また、自分自身を管理するセルフマネジメント、現場全体の仕事時間を管理するタイムマネジメントのスキルも重要です。

リスクマネジメント力

現場の社員が働きやすいように、人間関係や労働環境を調整するスキルも求められます。

たとえば、職場全体でハラスメントが起きないように教育を進めることで、事前にハラスメントが起きるリスクを回避します。

ほかにも、現場のトラブルやミスを繰り返さないための対策を実施するなど、管理職として現場のリスクを管理するスキルが必要になります。

課長の役割を全うできる人の特徴

課長の役割を担える人の特徴をみていきましょう。

周囲の人と信頼関係が構築されている

課全体のまとめ役として、上司や同僚、部下から信頼されていることが大切です。

信頼関係を築けていると、職場の人たちと円滑にコミュニケーションを進められます。

意思疎通がスムーズになるので、仕事の相談やフィードバックがしやすくなるメリットもあるでしょう。

責任感・判断力が優れている

課長の役割を担える人は、何かトラブルやミスがあったときも、自分で責任をとって対処できます。

部下に仕事のトラブルを相談されたときも、慌てずに適切な判断ができるでしょう。

臨機応変に対応できるので、部下にとっても「何かあったときは頼りにできる」という安心感が生まれます。

課長の役割を全うできない人の特徴

課長の役割を担えない人の特徴をみていきましょう。

仕事を部下に押しつける

課長の役割を認識できていない人は、自分が果たすべき仕事を部下に押しつける傾向があります。

責任をもって行動しない特徴があるため、部下から見たときに「信用できない人」という認識が生まれるでしょう。

結果的に不信感につながり、人間関係においてもコミュニケーションを円滑に進めにくくなるでしょう。

周りの人に頼ることができない

課長として責任感があるのはいいことですが、仕事を抱え込みすぎてしまうのも問題です。

適切な形で部下に仕事を割り振りできないと、部下が成長する機会を失ってしまいます。

部下に仕事を任せきりというのも問題ですが、周りの人に頼れないというのも問題です。

ある程度は、部下のことを信頼し、仕事を割り振って任せるようにしましょう。

課長を育成するときのポイント

企業において、課長を育成するときのポイントをみていきましょう。

課長の候補を選ぶ

課長の役割を担える候補を選びましょう。

具体的には、以下のようなスキルを備える人が向いています。

  • 業務の処理能力が高い
  • マネジメントのスキルがある
  • 組織改革をうながせる
  • 人材育成を積極的におこなえる

人材を選定するときは、ほかの管理職や人事担当者を交えて決めていきましょう。

研修やサポートを実施する

課長を選定したあとは、管理職に関わる研修を実施しましょう。

研修は、課長の役割を本人に認識してもらうためにも重要です。

また、研修後も定期的に面談を重ねながら、上司がフィートバックや心理的にサポートをおこなうことで、課長になったあとのプレッシャーを緩和できるでしょう。

長期的な視点をもって、課長の育成を進めることが大切です。

課長の役割は課のまとめ役を担う存在

課長の役割は、マネジメントや人材育成など、組織経営の一部を担うことです。

課長を育成することで、企業が長期的に経営を続けるための人材を確保できます。

課全体のまとめ役として機能できるように、研修やサポートをとおして課長の育成をうながしましょう。

メールが1/3に減少!カンタン業務連絡なら「Chatwork」


よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事