アート思考とは?デザイン思考との違い、ビジネスに活用するメリットや方法を解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
アート思考とは?デザイン思考との違い、ビジネスに活用するメリットや方法を解説

目次

アート思考とは、既成概念にとらわれない自由な思考法のことです。

企業がとりいれることで、独自性のあるサービスを生み出せるメリットがあります。

自由な発想は、イノベーションを起こしたいときにも重要とされています。

アート思考とは何か、デザイン思考との違いや活用方法を解説します。

アート思考とは?

アート思考とは、既成概念にとらわれない自由な思考法のことです。

アートには「芸術」「美術」という意味があります。

芸術家は、作品を生み出す過程で、独自の思考や感情をベースに作品を作ります。

アート思考は、芸術家の発想力を応用できるフレームワークとして、ビジネスの現場で注目が集まっています。

デザイン思考との違い

デザイン思考(デザインシンキング)とは、デザイナーなどのクリエイティブな仕事をおこなう人の思考プロセスをビジネスに活用し、ユーザー視点で課題を発見して解決をはかる思考法です。

具体的には、共感や問題提起、アイデアを出しながら、顧客視点に寄り添った解決策をみつけていく流れです。

アート思考は「自分軸」からアイデアを生み出す方法、デザイン思考は「他人軸」からアイデアを生み出す方法という違いがあります。

>デザイン思考に関する記事はこちら

ロジカル思考との違い

ロジカル思考とは、根拠と結論を明確にしながら、道筋を立てて論理的に思考する方法です。

課題が発生する原因を特定しやすくなり、解消に向けた行動を論理的に実行できます。

アート思考は「合理的でない、自由な発想で考える」方法、ロジカル思考は「合理的かつ論理的に考える」方法という違いがあります。

>ロジカル思考に関する記事はこちら

ビジネスシーンでアート思考が求められる背景

ビジネスシーンでアート思考が求められる背景を解説します。

AIにない発想が生まれる

人間の思考法には、AIにない独自性が備わっています。

AIはロジカル思考に優れていますが、ビジネスの課題解消には、アート思考のような柔軟な発想力が必要です。

技術革新が進んでいる一方で、人間のニーズや感情を理解して、新しい発想を生み出す部分においては人間の想像力が求められるでしょう。

アート思考で発想力を磨くことで、技術革新に加えて自由な発想をとりいれたビジネス案を思いつくきっかけにできます。

価値観が多様化している

時代の流れに合わせて、人々が求めるニーズや価値観は多様化している傾向にあります。

企業が提供するサービスにおいても、競合他社と同じような商品開発を進めるのではなく、価値観の多様化に合わせて、独自の価値を提供することが重要です。

また、企業がイノベーションを起こすには、従来の発想にとらわれない思考が求められます。

アート思考を使うことで、自由な発想力を養えるため、独自の商品開発を進める上で役立つでしょう。

ビジネスシーンでアート思考を活用するメリット

ビジネスシーンでアート思考を活用するメリットをみていきましょう。

独自性のあるサービスを生み出せる

企業の事業活動における強みを活かしながらも、新しい発想と組み合わせることで、独自性のあるサービスを展開しやすくなります。

競合他社にはない価値を提供できるので、サービスの差別化を図ることが可能です。

人気の商品になると、市場でのシェアを獲得できるきっかけになるでしょう。

柔軟に課題解決の方法を探れる

独自の発想力を大切にすることで、社員から自由なアイデアを引き出しやすくなります。

今まで思いつかなかったアイデアが出てくるなど、柔軟に事業の課題を解決する方法を探れるでしょう。

課題を放置せずに解消することで、事業活動を継続するための土台づくりができます。

ビジネスシーンでアート思考を活用するデメリット

ビジネスシーンでアート思考を活用するデメリットをみていきましょう。

消費者に理解されないことがある

アート思考は「自分軸」からアイデアを生み出す方法のため、アート思考により作り出されたサービスが、必ずしも消費者に受け入れられるとは限りません。

時代のニーズに合っていなかったり、消費者にとっては使いにくかったりする可能性があります。

消費者に理解されないと、市場でシェアを獲得できない状態になるでしょう。

仲間同士で共有しづらい

アート思考のアイデアは、抽象度が高い傾向にあるため、社内で認識を共有しづらい可能性があります。

アイデアの詳細を言葉で説明できないと、商品やサービスの開発に活かせないこともあります。

商品が完成したとしても、社内で共通の認識をもっていないと、何かトラブルなどがあった際に対応ができないなどのリスクが発生するでしょう。

ビジネスシーンでアート思考を活用するときのポイント

ビジネスシーンでアート思考を活用するときのポイントをみていきましょう。

企業理念・ミッションを振り返る

アート思考で事業のアイデアを生み出すには、企業理念やミッションの振り返りが必要です。

事業活動をとおして「何を伝えたいのか」という目的や目標を明確にしながら、アイデアを模索できます。

企業理念やミッションを振り返ることで、社員同士が連携して情熱を傾けながらアイデア出しにとりくみやすくなるでしょう。

>MVVに関する記事はこちら

利益とのバランスを考える

アート思考で自由なアイデアを出しながら、実際に再現性のある内容かをきちんと検討しましょう。

コスト的に実現が現実的なのかどうか、顧客のニーズをきちんと捉えているかなど、マーケティング部分を含めて検討することが重要です。

まずは自由なアイデアをさまざま出したあとに、実現可能な内容に削っていきましょう。

アート思考を活用した企業事例

音楽事業の事例では、アート思考の視点をとりいれて、新規事業にとりくんでいます。

楽器を製造するときに柔軟な思考法を実践することで、従来にはない発想力で商品開発に挑めている事例です。

多様性を大切にしながら、社内のメンバーを集めてアイデアを出すときに、アート思考を活用しながらとりくみを進めています。[※1]

アート思考はアイデアを出したいときに役立つ

アート思考は、事業活動における自由なアイデア出しに活用できます。

従来にはない発想力を磨けるので、イノベーションを起こすきっかけになるでしょう。

社内全体でとりいれることで、柔軟な発想力を活かした商品開発を推進できます。

アート思考のアイデアは、思いついた段階でこまめに社内共有することが大切です。

意見を共有する方法として、ビジネスチャット「Chatwork」の活用をおすすめします。

「Chatwork」にはグループチャット機能があるため、情報共有したいメンバーに確実に情報を届けることができます。

タスク管理機能を活用することで、情報確認の抜け漏れも防ぐことができるでしょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は無料で簡単に使い始めることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験いただけます。

社内の情報共有を活性化させる手段として、ぜひ「Chatwork」をご活用ください。

>Chatworkのグループチャット機能に関する記事はこちら

>Chatworkのタスク管理機能に関する記事はこちら

今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

[※1]参考:アートの視点を取り入れた価値創出の可能性─ヤマハ(株)の新規事業開発の取組み事例から─
https://www.ipsj.or.jp/dp/contents/publication/32/S0804-S06.html


知らなかった!Chatworkの便利な活用ヒント集
Chatworkを10倍使いこなす!使い方のヒント

Chatwork(チャットワーク)使っているけど、チャット機能だけしか使っていない…なんてことはありませんか?

Chatworkで業務を進めているみなさまへ、Chatworkをより便利に使うためのヒントをお伝えします。

この資料一冊で、業務をより効率的に進めるためのChatworkの機能や活用方法がまるわかりです。

明日から使える具体的なヒントが満載ですので、ユーザーのみなさまはぜひ参考にしてください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事