肉体労働とは?感情労働・頭脳労働との違い、該当する業種や仕事内容を解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
肉体労働とは?感情労働・頭脳労働との違い、該当する業種や仕事内容を解説

目次

肉体労働とは、体を使っておこなう労働のことです。

一方で、感情労働は「自身の感情をコントロールしなければいけない仕事内容」のことで、頭脳労働は「オフィスワークなどの頭脳を使う労働」のことを指します。

肉体労働の詳細をはじめ、該当する業種や仕事内容について解説します。

肉体労働とは?

肉体労働とは、体を使う労働のことです。

例として、建設業や製造業などの仕事内容が当てはまります。

肉体労働の言葉は、一定の職種や仕事内容を指すこともありますが、部分的な業務や仕事について説明するときも「肉体労働」という単語を使うことがあります。

体力に自信がある方、繰り返す作業が好きな方に向いているでしょう。

感情労働との違い

感情労働とは、自身の感情をコントロールする必要がある仕事です。

たとえば、飲食や販売などの接客業、問い合わせ対応のカスタマーサポート、福祉や医療などの仕事内容が該当します。

肉体労働は体を動かすことが中心で、顧客と直接接することがメインではない一方、感情労働は顧客と接することが中心になるという違いがあるでしょう。

>感情労働に関する記事はこちら

頭脳労働との違い

頭脳労働とは、オフィスワークなどの頭脳を使う労働のことです。

たとえば、事務職全般や研究職、エンジニア職などの仕事が当てはまります。

頭脳労働では、アイデアやノウハウを活用しながら、仕事の課題解消や生産性の向上を目指していきます。

肉体労働は体を動かして働くことが中心になる一方、頭脳労働は体を動かすのではなく、頭脳を使って働くという違いがあるでしょう。

肉体労働の業種・仕事内容

肉体労働の業種・仕事内容の一例について解説します。

建設業

建設業の仕事内容には、道路やトンネルなどを造ることや、住宅や施設を造ることがあげられます。

なかには、建設工事の組み立てや施工工事など、体を動かして建設物を完成させる工程があります。

決められたスケジュールのなかで作業を進めるため、屋外で朝から夜まで作業を進めなければいけないこともあるでしょう。

製造業

製造業の仕事内容は、部品の加工や組み立て作業、生産管理や点検など、さまざまな業務があげられます。

製造現場で働く場合、荷物を運ぶ作業や梱包、検査や塗装作業など、体を使ってとりくむ仕事内容が多くあります。

農業・林業・水産業

第一次産業や第二次産業に含まれる農業・林業・水産業は、肉体労働に含まれます。

それぞれの仕事内容の詳細は、以下の内容になります。

  • 農業:作物、家畜を育てて食べ物をつくる内容
  • 林業:森林を育てて、木材などを生産する内容
  • 水産業:海や川などの生き物を捕獲する、育てる、加工する内容

高齢化や人手不足の課題があがっていることから、IT技術の活用などが注目されている業界です。

そのほか体力を使う業務

一般的には頭脳労働と分類される仕事でも、長時間におよぶデスクワークの場合は、実質は肉体労働に分類されるケースもあります。

また、感情労働のなかでも、肉体労働が中心の職場もあるため、体を動かすことを中心に働く場合は、肉体労働に該当するでしょう。

肉体労働のメリット

肉体労働のメリットについてみていきましょう。

体力が身につく

肉体労働は、体を使って働くことが中心になるため、体力や筋力が身につきます。

運動不足に陥ることが少なく、座っていることが多い作業が苦手な人に向いているでしょう。

外で作業をすることが多い場合、夏場の暑さや冬場の寒さに強くなるといった特徴もあげられます。

スキル・技術を磨ける

肉体労働には、専門的な技術が求められることが多い傾向にあります。

同じ業界や職種で長年働くことで、職人としての高い技術が身につくこともあるでしょう。

就職先を見つけやすい

肉体労働の仕事内容は、人手不足の業界や職種が多い傾向にあるため、就職先を見つけやすいといったメリットがあります。

未経験の求人が募集されるケースもあるため、初めての人でもキャリアを築きやすい魅力もあげられます。

成果報酬が多い

肉体労働の仕事内容には、成果報酬で給料に反映されるケースがあるため、働いた分だけ収入が増えます。

固定で収入の額が決まっているよりも、仕事のモチベーションを上げやすいといった魅力があります。

肉体労働のデメリット

肉体労働のデメリットについてみていきましょう。

危険がともなう

肉体労働の仕事は、危険がともなう作業が多い傾向にあります。

自然環境のなかで仕事にとりくんだり、機材を使って仕事にとりくんだりする際、怪我につながってしまうケースもゼロではありません。

年齢とともに体力面の不安が出てくる

体を使う仕事は、年齢とともに体力面がついていかないことも多くなります。

重い荷物を運んだり、炎天下や真冬に屋外で作業をしたりする仕事もあるため、年齢とともに仕事の負担が大きく感じられるでしょう。

労働環境が厳しい

肉体労働の仕事は、労働環境が厳しいと感じるケースがあります。

たとえば、炎天下の業務で熱中症になるリスクがあったり、室内で専用の防護服を着なければいけなかったりするといった内容があげられます。

現場の働き方に慣れるまでは、労働環境の厳しさについていけない可能性があるでしょう。

肉体労働に向いている人

肉体労働に向いている人の特徴を紹介します。

繰り返しの作業が好き

肉体労働の仕事内容は、繰り返しおこなう作業が多いといった傾向があります。

単純作業やルーティン業務が苦痛でない人にとっては、自分のペースでコツコツと作業を進められるメリットがあるでしょう。

仕事に慣れてくるとスピードアップも図れるため、変化が少ない仕事内容のほうがよいと感じる人に向いているといえます。

体力に自信がある

肉体労働は体を使う仕事になるため、体力に自信がある人に向いています。

学生時代に運動をしている人や、元から体を動かすことが好きな人など、体を動かすことに対して抵抗が少ない人に向いています。

肉体労働において人事担当者ができる配慮

肉体労働で働く従業員には、企業側のどのようなサポートが必要なのでしょうか。

肉体労働において、人事担当者ができる配慮を見ていきましょう。

定期的に面談・コミュニケーションを図る

従業員がどのような気持ちで働いているのかを知るためにも、継続的かつ定期的にコミュニケーションを図ることが重要です。

具体的には、面談を実施して悩みごとや相談を聞くといった方法があげられます。

管理職や人事担当者にとっても、仕事内容に関するフィードバックを伝える機会につながるでしょう。

定期的にコミュニケーションを図ることで、従業員が感じるストレスや不安を解消する機会をつくれます。

>1on1に関する記事はこちら

産業医のサポートを借りる

従業員の心身に不調があるときは、産業医の診断を受けてサポートを借りることが大切です。

とくに長時間労働が常態化している職場では、労働環境の改善に加えて、心理的なサポートを実施することが求められます。

産業医と連携しながら早めに対処できることで、社内の離職者や体調不良者を増やさないための工夫につながるでしょう。

>産業医に関する記事はこちら

ストレスチェック・健康診断を導入する

ストレスチェックを実施することで、従業員が気づかないうちにストレスを抱えてしまう状況を予防できます。

自分自身の心の健康状態を振り返る機会につながるため、早い段階で休息や仕事の割り振りをしやすくなるメリットがあるでしょう。

また、企業側から定期的に健康診断を実施することで、早い段階で病気を発見できる工夫につながります。

>ストレスチェックに関する記事はこちら

肉体労働は体を使う労働方法で体力が必要

肉体労働の仕事は、体を使って働く内容で、体力に自信がある方に向いています。

企業側は、従業員が安心して働ける組織をつくるためにも、定期的な面談やコミュニケーションを図る姿勢が必要です。

ストレスチェックや健康診断など、できることから従業員の心身における安全性を高めていけるように配慮しましょう。

定期的な面談やコミュニケーションを図る方法として、ビジネスチャット「Chatwork」の活用がおすすめです。

肉体労働の仕事は、業務場所によっては対面での定期的な面談やコミュニケーションが難しいケースもありますが、チャットなら気軽にやりとりが可能なため、企業側が従業員の心身の状態を知り安全性を高める配慮もしやすくなるでしょう。

>Chatworkの機能はこちらから

ビジネスチャット「Chatwork」は下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」より、無料簡単に使い始めることができます。

従業員とのコミュニケーション手段として、ぜひ「Chatwork」をご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

業務別にビジネスチャットの使いどころがわかる!
こんな時、ビジネスチャットがあったら超便利!業務別活用編
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事