グロースハックとは?メリットと手順、成功させるポイントを解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

グロースハックとは、商品やサービスを成長させるために、データを集めながら改善策の仮説を立てて実行することです。

企業は商品やサービスの質を向上させながら、低コストで事業改善を図れるメリットがあります。

フレームワークを活用することで、効果的に情報収集や分析を進められるでしょう。

グロースハックとは何か、手順や成功させるポイントを解説します。

グロースハックとは?

グロースハックとは、商品やサービスを成長させるために、データを集めながら改善策の仮説を立てて実行することです。

グロース(Growth)には「成長・発育」、ハック(Hack)には「(プログラム作成などで)仕組み化する」といった意味があります。

データを軸にすることで、根拠をベースにした改善策を実行できるメリットがあるでしょう。

商品やサービスを開発するときや、事業活動における経営戦略を立てる仕組みづくりに役立ちます。

グロースハックが注目されている背景

技術革新による影響で、ビッグデータを活用した事業活動を展開する企業が増えています。

時代の流れやニーズの移り変わりが早いことから、変化に対応できる事業運営が必要です。

グロースハックを活用することで、効果的に情報収集や分析を進めながら、商品やサービスの改善案を模索できます。

グロースハックのメリット

グロースハックを推進するメリットについてみていきましょう。

低コストで事業を成長させやすい

グロースハックは、自社の商品やサービスを効果的に拡散できる手法をとりいれます。

たとえば、SNSや自社のメディアを活用して、会員登録をうながすといった方法があげられるでしょう。

SNSを活用する方法は、企業にとって低コストで改善案を取り入れられるため、費用対効果を見込みやすい利点があります。

>費用対効果に関する記事はこちら

根拠がある改善案を実行できる

経験や直感で事業改善をおこなうわけではないため、根拠をベースにしながら、改善策を実行できるメリットがあります。

実行した改善策は、ツールやシステムにデータとして残すことができるので、改善策の成果がどのくらい出ているのか把握しやすい利点もあるでしょう。

商品・サービスの質を向上できる

グロースハックはデータを根拠に商品開発や改善を進めるため、顧客のニーズに合わせた商品を提供しやすくなります。

また、顧客が本当に解消したい悩みのニーズを満たせるようになると、商品やサービスの質を向上させる効果があるでしょう。

グロースハックはデータを有効活用できるため、スピード感を維持しながら改善と実行を繰り返すことができます。

顧客を獲得しやすくなる

グロースハックを活用することで、効果的に消費者に向けて商品に関する情報を届けられます。

SNSやWebサイトを活用しながら効果的に情報発信ができるので、自社のWebサイトにおけるコンバージョン(CV)率が向上しやすくなり、顧客に利用してもらえる機会を増やせるでしょう。

定期的に顧客が求める情報発信を続けることで、自社のファンになる顧客を継続的に獲得しやすくなります。

グロースハックのデメリット

グロースハックを活用するには、後述するフレームワークの理解を始め、データの取り扱いに関する専門知識や技術が必要です。

初心者から理解することは難しいと感じられるため、すぐに実践できないといったデメリットがあります。

グロースハックに関わる関連書籍などを活用しながら、まずは前提となる知識をとりいれることが重要です。

グロースハックの手順

グロースハックの手順について解説します。

1. 商品・サービスを開発する

まずは商品やサービスの開発を進めるためにも、ターゲット層や目標を決めるところから始めましょう。

顧客のニーズに寄り添うことで、世間から求められる商品の開発を実現しやすくなります。

2. データを集めて現状分析を図る

商品やサービスの開発において、課題の洗い出しや見直しを進めることも重要です。

市場に関わるデータを情報収集しながら、現状の分析を進めましょう。

3. 仮説を立てる

市場における立場やニーズなどを確認したあとは、データから仮説を立てていきます。

根拠になるデータを活用することで、仮説における具体性をもたせることが可能です。

4. 実践する

市場において商品やサービスが受け入れられるのか、実際にテストを導入して確かめましょう。

商品やサービスの顧客層に向けて、どのような効果が得られたのか検証していきます。

5. 評価・見直す

実践結果から得られた内容について、評価や改善を試みます。

実際のデータを参考にしながら、どのような改善案が考えられそうか繰り返し見直すことが重要です。

グロースハックを成功させるポイント

企業においてグロースハックを成功させるポイントについてみていきましょう。

PDCAを繰り返して改善を図る

商品やサービスの改善には、PDCAサイクルの活用がおすすめです。

計画(Plan)→実行(Do)→評価(Check)→改善(Action)の流れを繰り返すことで、業務改善に必要な行動を高速で繰り返せるメリットがあります。

データの情報収集と分析を進めるときは、PDCAサイクルの流れに当てはめながら、改善案を検討してみましょう。

>PDCAに関する記事はこちら

適切にデータ分析して仮説の精度をあげる

グロースハックでは、仮説を立てて実践と評価を繰り返す流れがあります。

仮説の精度をあげるためには、データの分析を進めるときに多方面から、さまざまな結果を想定することが重要です。

フレームワークなどを活用しながら分析を進めることで、仮説の精度を高める効果が期待できます。

>フレームワーク一覧に関する記事はこちら

利益につながる仕組みづくりを整える

グロースハックを活用するときは、分析などにかかるコストと利益のバランスをとることが重要です。

商品やサービスにかけられる費用を確認しておくことで、無駄にコストをかけてしまう状況を防ぎながら、最善の方法で仕組みづくりを整えられるでしょう。

グロースハッカーの育成には情報収集や分析能力を養う

グロースハックを活用するには、グロースハッカーの育成が重要で、育成には多くの情報から多角的に本質を読み取るスキルが求められます。

仮説を立てるときに課題を見極めることや、柔軟な発想でアイデアを出せるスキルも必要です。

分野によっては統計学やプログラミングの知識が必要になるため、自社での育成が難しいときは、外部の人材に頼る方法も検討してみましょう。

グロースハックに使うフレームワーク

グロースハックには「AARRRモデル」や「A/Bテスト」などのフレームワークを活用します。

フレームワークの詳細をみていきましょう。

AARRRモデル

AARRRモデルとは、商品・サービスの成長を5段階にわけるフレームワークのことです。

AARRRモデルでは「獲得(Acquisition)」「活性化(Activation)」「継続(Retention)」「紹介(Referral)」「収益(Revenue)」の5段階を活用して、離脱率や継続率を分析します。

各成長段階の課題を見える化できるため、自社の商品・サービスが成長するまでの流れを整理できます。

>AARRRモデルに関する記事はこちら

ABテスト

ABテストとは、AパターンとBパターンの施策を用意して、どちらの方法が最適な効果を出せているのか検証するフレームワークです。

具体的には、自社のWebサイトにおけるアクセス数や成約率を検討していきます。

より効果が高い施策を採用することで、コンバージョン率を最適化する効果が期待できます。

グロースハックを活用した企業の成功事例

企業においてグロースハックを活用するためにも、成功事例について解説します。

SNSなどのサービスに関する事例

グロースハックの視点は、インターネットを活用したアプリやサービスなどを中心に広まってきた背景があります。

とあるSNSでは、フォロワーの人数を増やすことが利用率を上げる効果があるということに気づいた結果、施策をとりいれることでアプリの利用者を増やすことに成功しました。

ほかにも、利用者のニーズに合わせた情報を表示するなど、利用者の体験価値を向上させるとりくみを実施して、安定的な顧客の獲得を実現しています。

グロースハックは事業活動の成長に必要

グロースハックは、企業の事業活動における商品開発や改善に必要です。

自社が保有するデータを活用しながら、分析を進めて顧客が求めるニーズを掴みましょう。

仮説を立てて実行に移しながら、評価と見直しを図ることで、最適なサービスを提供しやすくなります。

また、グロースハッカーの育成には多くの情報を収集することが求められますので、グロースハックを活用した事業成長をめざすために、情報の収集方法やコミュニケーションを見直してみるとよいでしょう。

グロースハックに活用できるビジネスチャット「Chatwork」

内部データを活用し、課題や改善点を集めて改善を図るには、社内のステークホルダーとのコミュニケーションが欠かせません。

思いついたアイデアを逃さないためにも、社内で気軽に情報共有ができる仕組みを整えることも重要です。

グロースハックを実践する中で、情報共有を効率化したいときは、ビジネスチャット「Chatwork」を活用しましょう。

メールに比べてチャット形式で気軽にやりとりができるうえ、グループチャットを活用することで、社内の改善案におけるアイデアを共有する体制を整えられるでしょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は無料簡単に使い始めることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験いただけます。

情報共有の流れを効率化する方法として、ぜひ「Chatwork」の導入をご検討ください。

今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

日常シーン別にビジネスチャットの使いどころがわかる!
こんな時、ビジネスチャットがあったら超便利!シーン別活用編

「ビジネスチャットは知っているが、日常的な業務における具体的な活用メリットが分からない・・・」そのような方に向けて、「ビジネスチャットによって業務の進め方がどう変わるか」「ビジネスチャットで何が便利になるのか」具体的な活用シーンを集めました。

日常業務のシーン別に、ビジネスチャットの活用イメージを広げるためにお役立てください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事