SDGsの17の目標をわかりやすく解説!具体的な取り組み例とは?

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
SDGsの17の目標をわかりやすく解説!具体的な取り組み例とは?

目次

持続可能な社会を実現するための「SDGs」が、日本国内でも注目されるようになりました。

SDGsには、17の目標が掲げられており、定義に沿って取り組むことで目標を達成できます。

企業も積極的にSDGsへの取り組みが高まっていますが、SDGsの17の目標についてわかりやすく解説します。

SDGsの目標とは

SDGsの目標とは、2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている行動目標のことです。

「誰ひとりとして取り残さない」をモットーに、17の目標と169個のターゲットが掲げられています。

SDGsポスター(17のアイコン)

これまでの国際的な目標では、貧困や飢餓など発展途上国を対象としていましたが、SDGsでは環境問題、働き方、経済といった先進国が抱える課題についても含まれているのが特徴です。

2030年までに全世界が目標を達成をするために、個人だけでなく、企業でのSDGsの取り組みも注目されています。

>SDGs達成へ会社でできることは?に関する記事はこちら

SDGs17の目標と取り組み例をわかりやすく解説

SDGsには、国連会議で採択された17の目標が掲げられています。

SDGsの目標の概要や、企業で取り組まれているSDGsの事例について、わかりやすく解説します。

SDGsの目標(1):貧困をなくそう

SDGs_目標1「貧困をなくそう」アイコン

目標1では、貧困の撲滅がテーマとなっています。

経済的な貧困だけでなく、教育や社会的な差別といった、あらゆる貧困を解決する目標です。

支援団体や融資機関などと連携し、低所得者層への支援活動に取り組んでいる企業もあります。

SDGsの目標(2):飢餓をゼロに

SDGs_目標2「飢餓をゼロに」アイコン

目標2の「飢餓をゼロ」は、世界各地で発生している食料不足を課題としています。

飢餓の原因は、経済的な困窮に加え、環境破壊による土地の悪化も原因であるとされています。

テクノロジー企業や食品関連企業では、最新技術を提供することで、持続可能な農業の実現を目指しています。

SDGsの目標(3):すべての人に健康と福祉を

SDGs_目標3「すべての人に健康と福祉を」アイコン

目標3の「すべての人に健康と福祉を」とは、発展途上国で起こりやすい感染症対策や、若年層での死亡率の低下などに加え、先進国における薬物乱用、アルコール依存症の防止も含まれています。

酒類メーカーでは、飲酒に関する宣伝の自主規制や、適正飲酒の啓発運動を実施しています。

SDGsの目標(4):質の高い教育をみんなに

SDGs_目標4「質の高い教育をみんなに」アイコン

先進国と一部の発展途上国の間に生じる教育格差を解決するのが、目標4の「質の高い教育をみんなに」です。

学習塾の途上国進出によって、貧困の子どもたちへの学習機会が提供されるようになりました。

SDGsの目標(5):ジェンダー平等を実現しよう

SDGs_目標5「ジェンダー平等を実現しよう」アイコン

目標5の「ジェンダー平等を実現しよう」は、土地の風習や宗教、歴史などの差別を排除し、女性の教育・社会参加機会を支援します。

近年、日本国内でも積極的に取り上げられる課題で、企業における女性の役員や管理職の登用が進んでいます。

>【社労士監修】女性活躍推進法とは?に関する記事はこちら

SDGsの目標(6):安全な水とトイレを世界に

SDGs_目標6「安全な水とトイレを世界中に」アイコン

目標6の「安全な水とトイレを世界に」は、発展途上国のインフラ問題や衛生面の課題です。

日本国内の企業では、工場の冷却水を再利用し、水の使用量を削減に成功しています。

SDGsの目標(7):エネルギーをみんなにそしてクリーンに

SDGs_目標7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」アイコン

目標7の「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」では、地球全体でのエネルギー需要が高まり、価格の高騰や供給が追いつかなくなっている現状を解決します。

企業の運営においてもクリーンエネルギーの活用することで、低炭素社会の実現が急務です。

SDGsの目標(8):働きがいも経済成長も

SDGs_目標8「働きがいも経済成長も」アイコン

目標8の「働きがいも経済成長も」は、働きがいのある人間らしい雇用を目指します。

ハンディキャップを抱えている求職者の採用や、労働環境の改善などが取り組み事例として挙げられます。

>「働きがい」の重要性に関する記事はこちら

SDGsの目標(9):産業と技術革新の基盤をつくろう

SDGs_目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」アイコン

新しいテクノロジーを活用し、環境にフレンドリーな産業を作るのが、目標9の「産業と技術革新の基盤をつくろう」です。

製造メーカーなど、使わなくなったデジタルデバイスから部品を取り除き、新しいデバイスで利用するような、循環型社会が取り組まれています。

SDGsの目標(10):人や国の不平等をなくそう

SDGs_目標10「人や国の不平等をなくそう」アイコン

目標10の「人や国の不平等をなくそう」は、年齢、性別、国籍、人種、宗教など、さまざまな属性を持つ人々が、平等にいられる社会を実現することです。

ダイバーシティの実現は、まさに目標10の解決につながる取り組み例です。

>ダイバーシティ推進の方法に関する記事はこちら

SDGsの目標(11):住み続けられるまちづくりを

SDGs_目標11「住み続けられるまちづくりを」アイコン

経済的な困窮者やハンディキャップを抱える人でも安心して居住できるようにするのが、目標11の「住み続けられるまちづくりを」です。

IoTを活用したインフラシステムを構築した、先進的なまちづくりが進んでいます。

SDGsの目標(12):つくる責任・つかう責任

SDGs_目標12「つくる責任つかう責任」アイコン

目標12の「つくる責任・つかう責任」は、適切に生産し、適切に処理することを目標としています。

不要になった商品を回収し、新たな需要者に提供するような事業もおこなわれています。

SDGsの目標(13):気候変動に具体的な対策を

SDGs_目標13「気候変動に具体的な対策を」アイコン

目標13の「気候変動に具体的な対策を」では、地球温暖化にともなう異常気象や環境リスクへの対策を講じることです。

二酸化炭素の排出量を削減するために、バイオマスや風力エネルギー活用し、気候変動への対応に注目が集まっています。

SDGsの目標(14):海の豊かさを守ろう

SDGs_目標14「海の豊かさを守ろう」アイコン

生活ゴミの海洋環境の悪化や、人間による乱獲による生態系の破壊を防ぐのが、目標14の「海の豊かさを守ろう」です。

一部の企業では、サスティナブルシーフードと呼ばれる水産資源に配慮した上で獲られた魚介類を社内食堂に提供しています。

SDGsの目標(15):陸の豊かさも守ろう

SDGs_目標15「陸の豊かさも守ろう」アイコン

海だけでなく、陸の環境を保全することを目標にしたのが、目標15の「陸の豊かさも守ろう」です。

砂漠化した地域を緑化するための研究や、砂漠地帯でも生育する植物の開発が進んでいます。

SDGsの目標(16):平和と公正をすべての人に

SDGs_目標16「平和と公正をすべての人に」アイコン

目標16の「平和と公正をすべての人に」は、平和で争いのない持続可能な社会を目指す目標です。

日本企業の海外展開によって、経済的な基盤を作り出すことで、安定した社会を実現しています。

SDGsの目標(17):パートナーシップで目標を達成しよう

SDGs_目標17「パートナーシップで目的を達成しよう」アイコン

SDGsの17番目の目標は、世界が団結して目標に向かうことを目指す、「パートナーシップで目標を達成しよう」です。

自社だけでなく、各機関、行政、他社などを巻き込み、サービスの提供や、よりよい社会の構築をおこないます。

SDGsの17の目標と取り組みを理解しよう

SDGsの17に目標は、先進国・発展途上国それぞれが直面する課題を解決することが求められます。

世界中で取り組まれているSDGsは、企業価値を向上させるためにも重要なポイントとなっています。

SDGsが掲げている17の目標それぞれを理解し、自社はどのようなことに 取り組めるかを検討してみてください。

たとえば、「ペーパーレスに取り組む」「多様な働き方を尊重する」などの取り組みは ビジネスチャットの活用が、取り組みを後押しするでしょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、離れた場所にいても、気軽に円滑なコミュニケーション が実現できるコミュニケーションツールです。

ファイル管理機能を活用することで、ペーパーレス化が推進できたり、離れた場所にいても 複数人で簡単に情報共有をおこなうことができるため、多様な働き方の手助けとなったりするでしょう。

>Chatworkの機能についてはこちら

ビジネスチャット「Chatwork」は、無料で使いはじめることができます。

まずは、チームや部署などの少人数の単位から導入し、コミュニケーションの円滑化や 働き方のアップデートをはかってみてください。

SDGsの推進にも役立つ「Chatwork」をぜひご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

これからデジタル化を進めたい方へ
中小企業の「デジタル化」
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事