心理的安全性が低い職場とは?心理的安全性の低い職場になる原因とリスク

働き方改革
AWAY

目次

心理的安全性が低い職場は、社員同士の意見交換が活発にならず、仕事の成果や生産性に課題を抱えやすくなります。

会社側から安心して働ける環境を整える対策を取り入れて心理的安全性が確保された職場づくりをすることが重要です。

心理的安全性を高めるためにも、心理的安全性の低い職場に関する特徴を知っておくと対策につなげられるでしょう。

心理的安全性が低い職場とは何か、心理的安全性の低い職場になる原因とリスクを解説します。

心理的安全性が低い職場とは?

社員同士の意見交換が気軽にできない環境などが、心理的安全性が低い職場の特徴にあげられます。

意見を伝えると否定的な言葉が返ってくる、人間関係が悪化するなどと考えてしまう職場環境は、心理的安全性が低い職場といえるでしょう。

心理的安全性が低い職場であることで、社内コミュニケーションが活性化せず、働きにくいと感じてしまうなど仕事に悪い影響が出やすい状況につながります。

仕事の成果を高め働きやすい環境をつくるためには、職場の心理的安全性を確保する必要があり、会社は改善案を取り入れて体制を整えることが求められます。

心理的安全性が低い職場になる原因

コミュニケーションが一方通行になってしまうと、職場の人間関係や雰囲気が悪化しやすくなり、心理的安全性が低い職場になってしまいます。

心理的安全性が低い職場になる原因について見ていきましょう。

組織のコミュニケーション不足

職場の社員同士や経営陣の決めつける言動が多い状態では、お互いの関係性が悪化して適切な意見交換ができなくなります。

組織でのハラスメント問題や作業の非効率化につながり、仕事の緊張感が高まってしまい心理的ストレスがかかりがちになるのです。

心理的安全性が低い職場だと考えられる原因には、組織のコミュニケーション不足で仕事の人間関係でトラブルを抱えやすい状態があげられます。

質問や意見交換しづらい環境

職場の社風を始め、上司の意見が絶対で部下の意見を聞き入れないときは、業務における心理的ストレスが高まりやすくなります。

たとえば、部下が仕事を覚えようと思い質問したときに上司が「一回で覚えられないのか」など、質問に対して否定的な言動が返ってくる状態が当てはまるでしょう。

仕事のコミュニケーションでの質問や意見交換がしづらい環境は、心理的安全性が低い職場になる原因につながります。

ノルマや競争が多い

職場の社風や部署の雰囲気によっては、営業ノルマが高く競走が多い緊張の絶えない状態になります。

成果が重要視されすぎてしまうと職場内の仲間を敵視してしまい、関係性がギスギスしたものになりがちです。

心理的安全性が低い職場だと考えられる原因には、信頼できる同僚や上司がいないなど、職場での味方がつくりづらい状態があげられます。

会社の考えや体制が適切でない

社風や業務体制が整っていないと、作業の効率化が図れずに仕事の負荷がかかりやすい状態につながります。

たとえば、経営陣が残業して当たり前だという認識をもっている事例では、業務体制が整っていない状態が改善されないまま放置されるのです。

仕事量の調整や改善を社員が伝えても、意見を聞いてもらえない不安を感じてしまい、心理的安全性が低い職場の原因につながります。

管理職の能力不足

職場の人間関係を調整する役目は、管理職の仕事でもあります。

上司が高圧的な態度で指導を続けていると、部下が意見を伝えづらい環境につながり、報告や連絡が遅れてしまう悪循環を招く可能性もあるでしょう。

心理的安全性が低い職場だと考えられる原因には、業務体制を改善して調整する役目を担う管理職の能力不足の可能性があります。

心理的安全性が低い職場になるリスク

安心して働けると感じられない心理的安全性が低い職場は、仕事に支障をきたす可能性が高まります。

心理的安全性が低い職場になることのリスクを見ていきましょう。

ミスやトラブルに適切な対処ができなくなる

上司や周りに気軽に意見が発信できない職場は、仕事のミスやトラブルを報告しづらい状況が生まれます。

連絡や相談のコミュニケーションができていれば、トラブルが未然に予防できた可能性もあるかもしまれせん。

心理的安全性が低い職場になるリスクには、職場内のミスやトラブルが適切に対処できず、隠蔽体質につながる懸念があげられます。

パフォーマンスの低下

安心して意見交換ができない職場では、仕事へのコントロール感がなくなり、仕事の処理能力が落ちやすくなります。

本来の能力を発揮しづらいリスクにつながり、本人や会社にとっても生産性があがらない状況につながるでしょう。

仕事への集中力がなくなりパフォーマンスが低下することが、心理的安全性が低い職場につながるリスクにあげられます。

モチベーションの低下

仕事では自発的に行動できる社員のスキルが求められますが、適切な意見交換がしづらい職場では発言自体が制限されがちです。

会社の新規事業のアイデアを思いついた場合も、否定的なコミュニケーションが軸になっていると「意見を伝えても無駄だ」という不安感が社員にブレーキをかけてしまいます。

心理的安全性が低い職場につながるリスクには、仕事の裁量権が感じられなくなり、モチベーションが低下してしまうことがあげられます。

離職者が増える

働いていても心が休まらない職場では、社員が定着化せずに離職率が高まる懸念があげられます。

仕事における社員の心理的な負担が大きく、改善されない状況に強いストレスを感じやすくなるのです。

社内で心理的に働きやすい環境が阻害されると、離職者が増えて心理的安全性が低い職場につながるリスクを抱えます。

心理的安全性の低い職場にさせない対策

職場では話し合いの姿勢やコミュニケーションが取れる工夫を取り入れることが仕事の上でも重要です。

心理的安全性の低い職場にさせない対策を見ていきましょう。

定期的に面談の機会をつくる

コミュニケーションの機会を増やす取り組みとして面談を実施すると、心理的安全性を高める工夫につながります。

面談では1対1で話す形で実施し、社員の本音が引き出しやすい姿勢で話に耳を傾けることが大切です。

定期的に面談の機会をつくると、上司が部下の仕事の悩みを聞き出すチャンスが生まれて、心理的安全性の低い職場にさせない対策や取り組みにつながります。

職場で気軽に意見を出し合える雰囲気をつくる

仕事のやりとりや会議で意見交換がしやすい雰囲気が日常的にできると、少しずつ人間関係や社内の雰囲気が和らぎます。

社員が安心して意見を伝えられると確信できるため、つねに相手からの否定的な反応や意見がないと判断できると安心感につながるでしょう。

心理的安全性の低い職場にさせない対策や取り組みにつなげるためにも、管理職や上司にあたる人からコミュニケーションを心がけて、職場で意見がしやすい雰囲気づくりを実践しましょう。

意見を否定する前に改善案を出し合う

職場では否定的な意見を伝えなければいけない場面もありますが、毎回否定ばかりでは部下のストレスにつながります。

否定ではなく改善案を出し合うことで、お互いの意見をすり合わせられる妥協点を見出せる可能性が高まるでしょう。

改善案を話し合う過程でお互いの気づきや新たな視点から物事を見られるメリットもあり、心理的安全性の低い職場にさせない対策や取り組みにつながります。

ビジネスチャットで意見交換を活性化

仕事が忙しくコミュニケーション不足につながりやすいときは、ビジネスチャットを活用して意見交換する方法があげられます。

  • 出張の多い上司とビデオ通話で会話ができる
  • ビジネスチャットで仕事の課題や問題点を共有できる
  • 仕事のやりとりが効率化してコミュニケーション不足を補える

ビジネスチャットには上記のようなメリットがあり、コミュニケーション活性化ができて心理的安全性の低い職場にさせない対策や取り組みにつながります。

心理的安全性が低い職場はコミュニケーションの見直しが必要

心理的安全性が低い職場とは、気軽に意見を伝えられないような環境を指しています。

心理的安全性が低い職場になる原因には、職場の雰囲気や管理職の能力不足で調整できないなど、会社側の体制が整えられていない状態が考えられるでしょう。

また、コミュニケーションでの決めつけや否定的な意見が多く、安心できない関係性では仕事に大きな影響が出てしまうリスクを抱えているといえます。

定期的に面談の機会をつくる、職場で気軽に意見を出し合える雰囲気をつくるなど、意見交換がしやすい環境を整える対策が必要です。

ビジネスチャット「Chatwork」を利用することで、社内コミュニケーション活性化や情報共有の円滑化を実現できます。

Chatworkでコミュニケーションを気軽におこなえる環境を整えて、心理的安全性の向上や業務効率化、コミュニケーション活性化を実現させましょう。

職場環境を改善したい方におすすめの資料

風通しの良い職場環境をデザインする方法

風通しの良い職場環境をつくる方法を、組織と従業員の2つの視点から具体的に紹介します。

主な内容

  • 風通しの良い職場環境はなぜ必要なのか?
  • コミュニケーションの見直しから始める
  • 「継続」が成功の条件

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事