DXで実現できる働き方改革とは?求められる理由や推進方法を解説

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
DXで実現できる働き方改革とは?求められる理由や推進方法を解説

目次

2019年に労働基準法が改正され、日本政府も働き方改革を積極的に推進しているのが現状です。

とくに、働き方改革を進める上で、DX(デジタルトランスフォーメーション)が重要となります。

働き方改革をスムーズに実現するためにも、DXが求められる背景と、DXを活用した働き方改革の方法を紹介します。

働き方改革にDXが求められる理由

働き方改革においてDXが求められるのは、さまざまな理由があります。

企業で働き方を改善するためにも、なぜDXが必要とされているのかを確認しましょう。

2025年の崖問題の解決

働き方改革にDXが求められている背景に、「2025年の崖問題」が挙げられます。

2025年の崖問題とは、企業で導入されているほとんどのITシステムが、2025年に老朽化を迎え、刷新をしなければ年間最大12兆円の損失が出るというものです。

また、このまま既存のITシステムを使用することで、業務の効率性や競争力が低下し、働き方にも悪影響が出る可能性あります。

現代のビジネスに適したITシステムを導入するためにも、働き方改革にDXが必要です。

>2025年の崖とは?に関する記事はこちら

ワークライフバランスの改善

働き方改革でポイントとなるのが、ワークライフバランスの改善です。

従業員の労働時間が増えてしまったり、十分に休みが取れなかったりといった、労働環境に関する課題を抱えている企業が多くあります。

このような労働環境の悪化を解決するためには、テクノロジーを活用して、現状の働き方を根本的に変えことが必要です。

仕事・生活の両方を満足なものとする方法として、働き方改革にDXを取り入れるようにしましょう。

>ワークライフバランスに取り組むメリットに関する記事はこちら

テクノロジーの発達にともなう消費行動の変化

テクノロジーの発展にともない、消費行動に大きな変化が起きています。

たとえば、スマートフォンが普及しているなかで、消費者は店頭に行かなくても物を購入できるようになりました。

さらに、昔と比べて、あらゆる情報を得られる環境が揃っており、企業では消費者を確保する対策が必要となっています。

働く環境を変えるだけでなく、ビジネスにおいて新しい変化に対応するためにも、DXによる働き方改革を進めなければなりません。

DXで実現できる働き方改革とは

それでは、DXを活用することで、どのような働き方改革を実現できるのでしょうか。

これまでの働き方との違いに注目しながら、DXによる新しい働き方の特徴を解説します。

人手不足の解消

社会的な問題でもある少子高齢化の影響を受けて、人手不足に課題を抱えているケースが増えています。

人手不足を解消するためにも、DXを活用した働き方改革が必要です。

従来の働き方では、すべての作業を手作業でおこなっていたことから、ひとり当たりの負担が大きい点が問題でした。

DXを活用すると、人間に代わって機械やAIが細かい作業をおこなってくれるため、人手が足りない現場でも工数を間に合わせることができます。

テレワークの推進

働き方におけるDXの活用は、テレワークの推進にもつながります。

新型コロナウイルス感染症の拡大によって、テレワークを導入する形で感染対策を実施する企業が増加しました。

しかし、テレワークでは、デジタルデバイスやITツールを駆使する必要があり、DXが十分に活かしきれていないと、効率が落ちる可能性があります。

企業全体でDXを推進していくことで、従業員が自然にデジタル化にも慣れていき、テレワーク環境でもパフォーマンスを発揮出るようになります。

>テレワークの導入メリットとテレワークに必要なものに関する記事はこちら

ビジネスの拡大

DXを活用した働き方改革は、従業員の労働を改善するだけでなく、自社ビジネスの拡大にもつながります。

たとえば、マーケティング分野では、マーケティングオートメーションツールや顧客管理機能を活用することで、新しい消費者を獲得する機会を得られます。

また、新型コロナウイルス感染症で巣ごもりが増えているなかで、対面式の販売ではなく、ECサイトや自社Webサイトを経由したネットショッピングの展開も実現できます。

DXによる働き方改革は、これまでのビジネス環境を一新し、企業の価値を高められるのが特徴です。

働き方改革にDXを活用する方法

働き方改革では、自社が抱えている課題に対して、DXを活用していくことが大切です。

従業員が最大限にパフォーマンスを発揮できるようにするためにも、働き方改革にDXを活用する方法を把握しましょう。

導入ツールの選定

DXを活用した働き方改革を推進する際には、自社の課題に対して、適切なツールを導入するようにします。

テレワーク環境の強化を目的とする場合、個人で扱えるデジタルデバイスを揃えたり、情報共有向けにコミュニケーションを導入する必要があります。

また、ツールの選定は、上層部が独断で決めるのではなく、現場で働く従業員の意見を取り入れることが重要です。

操作性が難しくなく、使いやすいツールを導入することで、従業員の負担軽減につながります。

IT人材の採用活動をおこなう

IT人材を確保することも、DXの働き方改革を実現するために必要です。

従業員のなかには、ITツールに慣れていないことから、十分に活用しきれない可能性が考えられます。

しかし、働き方改革を実現するためには、従業員全員が平等に使いこなせるように教育を実施しなければなりません。

IT人材を中心に、日頃から従業員向けに教育や研修会を開き、働き方改革を進めるようにしましょう。

運用体制の強化

DXを活用した働き方改革では、運用体制を強化する必要もあります。

導入したツールが正常に動いているか、従業員が業務現場で正しく利用できるかなどをチェックします。

とくに、ペーパーレス化で、機密性の高いデータを扱う際には、セキュリティ対策を徹底しなければなりません。

安全にツールを使用できるように、使用する側への教育だけでなく、運用面での体制にも力を入れましょう。

DXによる働き方改革にはChatworkを役立てよう

働き方改革を進めるためにも、シーンに合わせながらDXを適切に活用するようにしましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、社内のコミュニケーションツールとして、円滑なやりとりを実現できます。

Chatworkは情報共有を便利にするだけでなく、タスク漏れを防ぐ機能もあり、自社の生産性向上や業務効率化にも貢献します。

また、Chatworkは運用面についても扱いやすく、ITツールが苦手な従業員でも安心して使用できるでしょう。

働き方改革を実現するためにも、コミュニケーションや情報共有を円滑化できるChatworkの導入をご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

DXとは何かもっと知りたい人へ
はじめてのDX
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事