エルダー制度とは?エルダー制度を導入する理由と効果的な導入方法

働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

新入社員が働きやすい職場をつくるためには、仕事の教育に関する土台を整える必要があります。

エルダー制度は、エルダーと呼ばれる教育係の先輩社員が新入社員を指導し、仕事内容から心のケアまで取り組むサポートの仕組みです。

企業にとってエルダー制度を導入すると、どのような効果が期待できるのでしょうか。

エルダー制度を導入する理由と効果的なエルダー制度の導入方法を解説します。

エルダー制度とは?

新入社員に対して先輩社員が仕事の指導や相談をサポートする制度で、先輩社員の教育担当者はエルダーと呼ばれます。

通常は各部署の上司が取り組みますが、エルダー制度では先輩社員が仕事のサポートから心理的なケアまで取り組むのが一般的です。

新入社員が途中で仕事を辞めないための対策を始め、職場に馴染める工夫としてエルダー制度が取り入れられています。

エルダー制度の導入で得られる効果

エルダー制度は、新入社員が仕事を確実に覚えながら成長できるところが魅力のひとつです。

エルダー制度の導入で得られる効果を見ていきましょう。

新入社員の教育体制が整う

現場の教育体制が整っているときは、段階を踏んで新入社員をじっくり育てやすくなります。

教える側と教えられる側の両方にとってメリットがあるため、職場の人間関係を調整しながらお互いが成長できるでしょう。

エルダー制度の導入は、新入社員の教育体制が整って仕事に早く馴染める土台がつくれる効果が期待できます。

社員のコミュニケーション活性化につながる

エルダー制度は、新入社員が先輩社員から直接指導を受けられるため、報連相が取りやすくなってコミュニケーションが円滑になります。

先輩社員を通してほかの社員と接する機会ができるため、職場に馴染むまでの時間が早くなるメリットが期待できるでしょう。

エルダー制度の導入で得られる効果には、社員同士のコミュニケーション活性化や職場の雰囲気づくりが進められる点があげられます。

組織が長期的に成長できる機会が得られる

エルダー制度の取り組みを通して、企業が抱える課題の解消や教育体制の基盤を整える機会につながります。

たとえば、社員同士の意見交換や教育が足りずに社員の定着化が図れない課題がある場合は、エルダー制度を導入して改善に取り組むと、組織の課題を放置せずに介入して改善する機会につながるのです。

エルダー制度の導入で得られる効果には、組織が長期的に成長できる機会を逃さないことがあげられます。

エルダー制度を導入したい理由

新入社員が働きやすい土台をつくるためにも、職場の作業効率化を進めながら制度を有効活用しましょう。

どのような理由でエルダー制度を導入したいのかを見ていきます。

教育不足による離職者を減らせる

職場の教育体制が整っていないと、新入社員が仕事で困難を感じる機会が多くなってしまい、企業で働く意味を見失いやすくなります。

エルダー制度の導入で離職者が減らせれば、現場で働く社員の負担を減らせて残業時間の増加や過労などの悪循環を回避できるでしょう。

エルダー制度を導入する理由には、教育不足から社員の離職率が高まる状況を避ける意味があります。

エルダーの教育スキルを高められる

仕事は自分が培ってきた知識を後輩に教えることで、成長や気づきの機会につながります。

エルダー制度を通して指導側にまわると、どのように教えると効果的なのかが学べたり、仕事の取り組み方に対する改善点を見つけたりできるなど、新しい発見ができて成長の機会につながるでしょう。

先輩社員の教育スキルを高めながら指導の勉強につなげられる点は、エルダー制度を導入する理由にあげられます。

心理的安全性が確保できて報連相がスムーズになる

職場の働きやすさは、人間関係のコミュニケーションで意見交換しやすい雰囲気があるかが重要です。

エルダーが社員同士の軸になって会話の機会を広げられると、新入社員が報告や連絡、相談を事前に取り組みやすいメリットがあるでしょう。

エルダー制度を導入する理由には、社内で新入社員の心理的安全性が確保しやすくなって、報連相やコミュニケーション活性化につながる点があげられます。

エルダー制度の効果的な導入方法

職場で新入社員が働きやすい空間をつくることで、仕事に早く馴染める取り組みにつながります。

エルダー制度の効果的な導入方法を見ていきましょう。

エルダーと新入社員の相性を見極める

エルダーと言っても人間関係の相性があるため、新入社員とエルダーの性格や仕事の進め方を考慮して配置する必要があります。

実際に教育する段階でお互いに合わない状況が発生するときは、再度エルダーを選び直して調整しましょう。

エルダー制度を効果的に導入するときは、エルダーと新入社員の相性を見極めることが重要です。

エルダーに任せきりにせず連携して取り組む

エルダーは教育係ではあるものの、周りの社員が協力し合って新入社員が育つ環境づくりを工夫する必要があります。

新入社員が困っているときは周りが声をかけて助け舟を出したり、休憩時間に雑談してコミュニケーションを取ったりするなど、担当以外の社員が声をかけてサポートする配慮を意識しましょう。

周りの社員がエルダーに頼り切らずに、サポートする姿勢や配慮に気を配る点もエルダー制度を効果的に導入する方法につながります。

エルダーと新入社員の様子を仲介役が見守る

エルダー制度をうまく継続させるには、エルダーと新入社員の成長を見守る仲介役が必要です。

たとえば、部署の上司が定期的にエルダーと新入社員それぞれに面談する形で意見交換を進めながら、指導が順調かどうか確認して調整しましょう。

エルダー制度を効果的に導入する方法として、仲介に入って両者の話を聞く立場の人材が求められます。

社内でエルダー制度の認知度を広める

エルダーの役割や意味を理解しないまま導入すると、働く社員に理解が広まらずにうまく機能しない可能性が考えられるため、事前に説明する機会を設けておくと親切です。

企業側から制度を導入する目的や期待できる効果を伝えておくと、実際に導入したあとに周りの理解が進んで協力が得やすくなるでしょう。

まずは社内での認知度を広める機会を設けることは、エルダー制度を効果的に導入する方法につながります。

エルダーになりたい社員の研修や教育を実施する

エルダー制度を社内で浸透させるためには、まずはエルダーになりたい社員を募って教育する必要があります。

現場で教育する機会にどのように指導していくのか、適切な声のかけ方やサポートの仕方など、新入社員が働きやすい環境をつくれるように研修を受ける流れが必要です。

エルダー制度を効果的に導入する方法として、社員の研修や教育を実施して現場で役立つ工夫を取り入れましょう。

エルダー制度とは組織の成長に役立つ取り組み

教育不足による離職者を減らせることやエルダーの教育スキルを高められること、心理的安全性が確保できて報連相がスムーズになることがエルダー制度を導入する理由にあげられます。

効果的なエルダー制度の導入方法には、エルダーと新入社員の相性を見極めながら、周りと連携して取り組んで仲介役や周りが見守ることが大切です。

社内で新入社員とエルダーの連携が取りやすいように工夫する手段には、コミュニケーションが活性化できるビジネスチャット「Chatwork」の導入があげられます。

Chatworkのグループチャットを使うと職場内で報連相がスムーズにつながるため、仕事の作業効率化を図りながら意見交換がしやすいメリットがあるでしょう。

社内のコミュニケーション手段としてぜひChatworkをご活用ください。

職場環境を改善したい方におすすめの資料
風通しの良い職場環境をデザインする方法

風通しの良い職場環境をつくる方法を、組織と従業員の2つの視点から具体的に紹介します。

主な内容

  • 風通しの良い職場環境はなぜ必要なのか?
  • コミュニケーションの見直しから始める
  • 「継続」が成功の条件

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事