心理的安全性の作り方と心理的安全性を高める方法

働き方改革
AWAY

目次

組織やチーム作りにおいて注目されている「心理的安全性」を作り出すことができると、社員が働きやすい環境の実現や、生産性、定着率の向上につながります。

しかし、心理的安全性の作り方や心理的安全性を高める方法について、具体的になにをすればよいかわからない場合もあるでしょう。

心理的安全性を作る初期段階として必要なことや、心理的安全性を高めるための取り組みについて見ていきましょう。

心理的安全性とは

心理的安全性とは、職場で自分が発言してもほかのメンバーに拒絶されたり、罰せられる心配がなく、安心して意見や考えを伝えられる状態を指します。

会社やチームで仕事をする以上、相手と反対の意見を伝えたり、相手の仕事や振る舞いに指摘をしなければいけない場面もあるでしょう。

そういったときに人間関係が悪化したり、罰を与えられる心配がない状態でないと、発言をためらう要因や、あきらめにつながる原因になります。

社員が意見や情報を活発に交換し、さまざまな考えを取り入れて会社の健全な運営と成長をうながしていくために、心理的安全性を作り出すことは必要不可欠なのです。

心理的安全性が低いことの影響

職場の心理的安全性が低いと、仕事を与えられた社員が作業に関して疑問があっても質問することができず、わからないことがあるまま進めてしまいミスが起こる原因になります。

ミスが起こった際に自分が罰せられることを恐れ、報告の遅れや報告自体をしないまま、隠してしまい問題が大きくなりやすくなることも考えれられるでしょう。

また、ミスやトラブルの場合だけでなく、社員が会社にとって有益な意見やアイデアを持っていても、拒絶されることを恐れて伝えられないまま終わってしまい、会社や社員の成長の機会を逃すことにもなります。

心理的安全性が低い状態にしておくことで、よいことはひとつもないといえるでしょう。

心理的安全性を高めるメリット

職場の心理的安全性を高めると、生産性や社員定着率の向上になり、個人と会社の成長にもつながります。

なぜ心理的安全性を高めるべきかを確認していきましょう。

生産性の向上につながる

職場の心理的安全性が高まると、意見や情報の交換が活発になり、さまざまなアイデアを取り入れて業務効率化や生産性向上につなげることができます。

また、気軽に声をかけ確認をしあうことが可能になるためミスも減ります。

心理的安全性が高まり、仕事がしやすい環境だと社員が感じられれば、自然と仕事の進捗が早くなるでしょう。

定着率の向上につながる

心理的安全性が確保されている職場では、社員に悩みがあったときすぐに相談することができ、解決も早いでしょう。

自分の意見や考えを聞き入れてくれる環境があり安心して働ける職場であれば、離職が減って社員の定着率向上につながります。

働きやすい環境環境を作り出すためにも、心理的安全性を高める必要性があるといえるでしょう。

個人と会社が成長できる

自分の意見や考えを伝えることに不安がない環境だと、個人が持つ能力を最大限に発揮でき、積極性をもって仕事をすることができます。

ときには失敗することもあるかもしれませんが、ただ罰せられるのではなく次に向けて建設的な議論ができる環境であれば、トライ&エラーで社員は着実に成長していけるでしょう。

心理的安全性が確保され、社内での立場にかかわらず活発に意見を交わすことが可能になれば、新しいアイデアの発掘や業務改善につながり、会社も成長してくことができます。

心理的安全性の作り方

心理的安全性の確保に取り組む初期段階として、まずは相手を尊重しさまざまな意見を受け入れる姿勢を見せるなど、基本的なことが大切になります。

心理的安全性の作り方のポイントを見ていきましょう。

相手を尊重する

相手を尊重することは人と働くうえでごく基本的なことですが、心理的安全性が低い職場では忘れられがちなことでもあります。

挨拶やメールをしっかり返す、笑顔で接する、相手の目を見て話をきく、無関心なようすや馬鹿にしたようすを見せないなど、ひとつひとつをきちんとできているか意識してみましょう。

雑談をする

業務に関連しない話題でも気軽にできる関係を築くことで、自分の意見や考えを発言することへのハードルが下がります。

朝の業務開始前や休憩時間などに、時事ネタや興味があることなど、ちょっとした話題を振ることから始めてみましょう。

しかし、友人のように馴れ合いをする必要はなく、本音や気づきを口にしてもよいという安心感を与えることが目的になります。

さまざまな意見を受けとめる

心理的安全性を作るうえで、多様性を認めることはとても大切です。

自分や会社の見解と違うことや、大多数の意見と異なることで否定や批判をせず、さまざまな意見があることを前提として考え、受けとめる必要があります。

意見が少数派である場合は特に、打ち明けることに勇気がいるかもしれません。

その勇気をくじかない環境を作り、少数派でも声をあげやすい職場にすることが重要です。

心理的安全性を高める方法

心理的安全性確保の初期段階ができ、さらに心理的安全性を高めていきたい場合は、会議でのアイスブレイクや評価基準の透明化に取り組むといいかもしれません。

心理的安全性を高める方法について見ていきましょう。

アイスブレイクを積極的におこなう

職場のコミュニケーションにおいて心理的安全性が確保されていても、会議やミーディングの場面、役員などの立場が異なる社員の前では、緊張して発言しにくいと感じる場合もあるでしょう。

緊張感や威圧感をやわらげるためには、世間話や自己紹介、業界ニュースなどのちょっとした話題から入り、場のムードをなごませるとよいでしょう。

評価基準を明確にする

評価基準が不透明だと、「この発言で心証を悪くしたら評価が下がるかもしれない」「反対意見を口にしたら積極性がないと思われるかもしれない」などと、社員が不安になる原因になります。

評価基準を明確にし、仕事のどの部分を評価し、どれは評価しないのかという点をしっかり伝えておく必要があるでしょう。

1on1やメンター制度を取り入れる

社員同士の理解を深め信頼関係を築くためには、1on1メンター制度の導入が有効です。

どちらも主役は部下や新入社員であり、上司や先輩社員は仕事で感じている課題や目標を聞き、成長を促すことが役割になります。

相手の悩みに寄り添いアドバイスを与え、コミュニケーションを定期的に繰り返していくことで、心理的安全性がより高まっていくでしょう。

チーム内でのサポートを活発におこなう

同じチームであれば仕事の内容や進捗を共有しあっていることが多いでしょう。

さらにそこから踏み込んで、メンバー同士のサポートを活発におこなえるようになれば、相手が苦手な部分をフォローしたりチーム全体の成功を考えられるようになり、一緒に働くことへの安心感が高まります。

助けてくれる仲間が近くにいると実感できることは、心理的安全性を高めるうえでとても有効です。

ピアボーナスを取り入れる

ピアボーナスは社員同士で報酬を送りあう制度で、貢献してくれた相手に感謝の気持ちをメッセージやポイントの贈呈で示すことができます。

自分の働きに対して相手が明確な形で感謝を伝えてくれると、職場の心理的安全性はより高まるでしょう。

手軽に取り組めるピアボーナスのシステムも多く提供されているので、自社にあうものを検討してみるとよいでしょう。

心理的安全性を高めるコミュニケーションにChatwork用

心理的安全性が確保された職場を作るためには、まず相手を尊重する、多様性を認めるなどの基本的な環境づくりから始めましょう。

1on1やアイスブレイク、ピアボーナスなどを取り入れることで、心理的安全性をより高めていくことができます。

心理的安全性を高めるためには、対面でのコミュニケーションだけでなく、文字によるコミュニケーションを活用することもできます。

ビジネスチャットの「Chatwork」は、チャット形式で気軽にメッセージのやりとりができます。

メールや面談のようにかしこまらずコミュニケーションがとれるため、外出が多い部署や離れた場所にいる相手との信頼関係の構築に役立ちます。

雑談用や質問用のグループチャットを使って、部下や新入社員が気軽に発言できる場を作ることもでき、uniposなどのピアボーナスのシステムを提供するwebサービスと連携も可能です。

心理的安全性を高めるコミュニケーションに、ぜひChatworkを活用してください。

職場環境を改善したい方におすすめの資料

風通しの良い職場環境をデザインする方法

風通しの良い職場環境をつくる方法を、組織と従業員の2つの視点から具体的に紹介します。

主な内容

  • 風通しの良い職場環境はなぜ必要なのか?
  • コミュニケーションの見直しから始める
  • 「継続」が成功の条件

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事