メンタルヘルスマネジメントとは?検定内容や取り組み方法、効果を解説

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
メンタルヘルスマネジメントとは?検定内容や取り組み方法、効果を解説

目次

心の健康を管理するメンタルヘルスマネジメントは、従業員にとって働きやすい職場を目指すために重要な取り組みです。

経営陣から管理職、すべての従業員が心のケアについて知識を身につけられると、心を病む前に早期対応ができるため、組織体制を整えやすくなるでしょう。

メンタルヘルスマネジメントとは何か、取り組む効果と方法とともに解説します。

メンタルヘルスマネジメントとは

メンタルヘルスマネジメントとは、組織で働く従業員に向けて、心の健康管理や維持に取り組むことを指します。

メンタルヘルスマネジメントに取り組むことは、従業員のメンタル悪化の予防につながり、問題が起きた場合も企業側が素早い対応をとることが可能になります。

従業員にとって、仕事のストレスを減らせる制度や体制を整えながら、働きやすい職場づくりを目指すためにも、メンタルヘルスマネジメントの取り組みが必要です。

メンタルヘルスマネジメントの目的

企業として、従業員の心理的安全性を守りながら事業活動を継続するためにも、メンタルヘルスマネジメントに取り組む必要があります。

従業員の心と体の健康を守る目的で、メンタルヘルスマネジメントは実施されます。

離職者や休職者を減らし、安定的な人材育成をおこなうためにも、職場でストレスを感じる機会を減らす工夫が重要です。

>企業ができるメンタルヘルス対策に関する記事はこちら

メンタルマネジメントとの違い

メンタルマネジメントとは、仕事のモチベーション維持や心の状態を自身で調整する取り組みを指します。

一方メンタルヘルスマネジメントは、従業員が仕事で感じるストレスケアを中心に対策をおこなうことを意味します。

メンタルマネジメントは、仕事に対する意欲やモチベーションをコントロールし、成果をあげることを目的で実施されており、メンタルヘルスマネジメントは、組織や個人が仕事のストレス対策ケアに取り組むことを目的に実施するという違いがあります。

メンタルヘルスマネジメントがもたらす効果

心の健康管理は、企業と従業員の双方にとって、重要な役割を果たします。

メンタルヘルスマネジメントがもたらす効果を見ていきましょう。

従業員の離職・休職者を減らせる

仕事によるストレスが少ない職場は、従業員が離職しにくく定着しやすい傾向があります。

メンタルヘルスマネジメントに取り組むと、ストレス軽減につながり、従業員の離職や休職を減らすことがかなうため、人員の穴埋めをする機会も少なくなり、現場で働く人たちの負担も軽減できるでしょう。

また、休職した従業員には、外部の医療機関と連携して心のサポートをすることで、職場復帰しやすい環境を整えることができます。

>離職率が高い会社の特徴とは?に関する記事はこちら

仕事の生産性をあげる

従業員にとって職場でのストレスが少ないことは、仕事への集中力があがりモチベーションの維持にもつながります。

メンタルヘルスマネジメントに取り組むことで、従業員が職場や仕事に対して不安を抱える機会が少なくなり、業務スピードや品質が安定しやすくなるでしょう。

メンタルヘルスマネジメントに取り組むことは、職場の生産性向上につながるため、組織全体の好循環につながる効果が期待できます。

管理職として人材育成に活かせる

従業員のメンタルヘルスマネジメントは、管理職が部下を育成するときに欠かせない取り組みのひとつです。

日ごろから、従業員のストレスケアにつながる視点を持ちながらコミュニケーションをとることで、仕事をするうえでの信頼関係構築もしやすくなるでしょう。

職場環境を整えられる

職場のメンタルヘルスマネジメントに取り組む過程で、組織全体や業務体制に関わる課題を見つめ直し改善する必要があるでしょう。

メンタルヘルスマネジメントに取り組むことは、人間関係によるストレスを始め、仕事内容などの不満の原因が明らかになるため、従業員が長く働きたいと感じられる職場づくりにつながるメリットがあります。

健康経営に取り組める

従業員のメンタルケアや健康維持に取り組むことで、仕事の生産性があがりやすくなり、経営の安定が期待できます。

たとえば、残業時間が削減できると心身の負担が減らせるため、作業に集中して取り組みやすくなるでしょう。

また、仕事とプライベートのバランスを保てると余暇が充実するため、従業員満足度の向上も見込めます。

>健康経営とは?に関する記事はこちら

メンタルヘルスマネジメントに取り組む方法

従業員が業務に集中できるように、企業はメンタルヘルスマネジメントに取り組める社内体制を整える必要があります。

メンタルヘルスマネジメントに取り組む方法を見ていきましょう。

メンタルヘルス相談窓口を設ける

メンタルヘルス相談窓口があると、従業員が社内の人間関係や仕事の悩みを相談しやすくなります。

相談窓口では、社内に担当者を設けながら社外の専門家とも連携して、従業員への万全なサポートに取り組みましょう。

同時に、相談窓口の活用方法などをきちんと社内で周知し、どのような相談ができるのかなど具体的な情報共有を進めるようにしてください。

>メンタルヘルスの相談窓口を設置する方法に関する記事はこちら

ストレスチェック制度を導入する

従業員の心の状態を把握する方法のひとつに、ストレスチェック制度があります。

たとえば、心身のストレス度合いを数値で表せられるよう、従業員にアンケートなどで定期的に回答をしてもらいます。

そうすることで、企業側は一目で従業員のストレス度合いを確認でき、従業員自身もストレス度合いの変化を把握しやすいです。

>ストレスチェック制度とは?に関する記事はこちら

セルフケアに取り組んでもらう

メンタルヘルスの状態を安定させるには、マネジメントすること以外にも、従業員自身でストレス緩和のケアに取り組んでもらうことが大切です。

たとえば、従業員自身が意識的に休息をとるようにしたり、ストレス解消につながる友人との会話や運動に取り組んだりするなど、リラックスできる時間を設けることなどがあげられます。

セルフケアの方法で悩む従業員がいる場合は、企業側からセルフケアの方法やアイデアの提案をするようにしましょう。

定期的に面談を設ける

従業員のメンタル状態を把握するためには、定期的な面談を設けるといいでしょう。

面談を実施すると、仕事の悩み相談を話すタイミングがつくれます。

メンタルヘルス悪化の予兆などを見つけ予防につなげることができるため、上司から話しやすい雰囲気づくりを心がけて実施しましょう。

メンタルヘルス関連の資格取得を推進する

メンタルヘルスマネジメントに取り組むためには、組織で働くときに感じるストレスを始め、従業員の心理や精神状態について理解を深める必要があります。

メンタルヘルスケア関連の資格取得は、専門知識を幅広く身につけ活用したいときに役立ちます。

社内全体で資格取得を推進することは、メンタルヘルスマネジメントに取り組む方法の一歩につながるでしょう。

メンタルヘルスマネジメント検定とは

メンタルヘルスケア対策に取り組む方法が学べる資格のひとつに、メンタルヘルスマネジメント検定があります。

メンタルヘルスマネジメント検定では、3つのコースから心のケアに役立つスキルを学べます。

  • I種(マスターコース):経営者、人事労務が健康経営や教育に取り組める内容
  • II種(ラインケアコース):管理職が部下の安全を守れる方法を学べる内容
  • III種(セルフケアコース):社員がセルフケアの方法を知れる内容

従業員が取り組めるセルフケアから、組織全体で取り組むケアまで幅広く学ぶことができます。

従業員の心身の健康を守り、安心して働ける職場づくりをするためにも、経営陣や管理職の人は取得しておくといいでしょう。

メンタルヘルスマネジメントにChatworkを活用

メンタルヘルスマネジメントの社内体制を整えることは、離職者や休職者を減らすことにつながります。

社内に相談窓口を設置したり、定期的な面談を設けたりと、従業員にとって働きやすい環境を整えるためにも、積極的にメンタルヘルスマネジメントに取り組んでいきましょう。

メンタルヘルスマネジメントの取り組みに、ビジネスチャット「Chatwork」が活用できます。

「Chatwork」では、チャット形式で気軽にやりとりができるうえ、ビデオ通話機能もあるため、直接相談しづらい内容や個々の状況によって、連絡の手段を選ぶことができます。

従来のメールに比べて、テンポよく連絡もできるため、社内コミュニケーションの活性化にもつながるでしょう。

メンタルヘルスマネジメントの一環で、従業員のメンタルヘルスの状態を把握するためにも、ぜひChatworkの導入をご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

テレワークをもっと活用したい方へ
明日から使えるオンラインコミュニケーション

オンラインコミュニケーションがますます一般的になる中、課題も明らかになっています。

オンラインコミュニケーションの課題と、課題に対する解決策を紹介します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事