離職率が高い会社の特徴とは?原因と6つの改善方法を解説

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
離職率が高い会社の特徴とは?原因と6つの改善方法を解説

目次

会社の成長や長期的な経営を考えるうえで、社員の定着は重要なポイントとなりますが、教育やフォローまで手が回らず、いつの間にか離職が増えていたということもあるでしょう。

離職率が高い会社や職場では、人員が不足し社員の業務負担が増え、さらに離職が増えるという悪循環に陥る可能性があります。

離職率が高い会社や職場の特徴と照らし合わせて自社を客観的に評価し、改善方法について考えてみましょう。

離職率が高い会社の特徴・原因

離職率が高い会社には、共通するいくつかの特徴があります。

今回は、その中でも、下記の5つの特徴を解説します。

  • 勤務時間が長い
  • 人間関係が悪い
  • 正当に評価されない
  • 多様性が認められない
  • サポートが十分でない

離職率が高い会社や職場には、なにかしらの原因があるはずです。

自分の職場に該当する特徴がないかを確認していきましょう。

 

勤務時間が長い

勤務時間が長いと、仕事で溜まった疲れを癒すための休息が十分にとれず、社員の心身への負担が大きくなります。

身体的・精神的なストレスを解消できないまま仕事を続けていると、疲労は蓄積されていく一方で、社員が離職を考えてしまうでしょう。

 

人間関係が悪い

人間関係は、仕事をスムーズに進めるうえでも、働きやすさを考えるうえでも重要です。

十分なコミュニケーションが取れない環境では、情報共有ができず仕事のミスが増えたり、信頼関係を築けず働きにくいと感じる原因になります。

>職場の人間関係の難しさに関する記事はこちら

 

正当に評価されない

多くの時間を業務に費やし結果も出しているのに、評価や給料が低い会社には、社員は定着しません。

勤務時間や業務量に見合う給料をしっかり払う、仕事の内容を正当に評価することは、社員の生活やモチベーションを維持していくためにとても重要です。

 

多様性が認められない

業界や業種によっては、固定概念や狭い価値観が主流になっていて、多様性が認められない環境になっていることもあるでしょう。

しかし、狭い価値観に縛られる環境では、社員が息苦しさを感じるだけでなく、働き方の多様化や生産性向上への幅広いアイディアの採用ができず、気づかないうちに会社のさまざまな部分に影響が出ています。

多様性を認めることは、離職を防止するうえでも会社が成長していくうえでも大切なポイントです。

>多様性が重要視される理由に関する記事はこちら

 

サポートが十分でない

新入社員への教育が十分でない、慣れない業務に挑む社員へのサポートが足りていない環境では、社員が悩みやミスを一人で抱え込み、その結果離職につながる可能性があります。

社員の課題は会社の課題でもあると考え、チームや会社全体で解決していける体制が必要でしょう。

>働きにくい職場の特徴と原因に関する記事はこちら

離職率が高い会社のデメリット

離職率が高い会社や離職率が高い職場にはさまざまデメリットが生じます。

離職率が高まることで具体的にどのような問題が生じるのかを見ていきましょう。

 

人員不足に陥る

社員の離職が続き、採用による欠員補充が追いつかないと、会社は人員不足になります。

人員不足になると一人当たりの業務量が増え、社員の負担が増すことになり、改善できないままだと残った社員も離職を考えるという悪循環になってしまうでしょう。

 

業務が進まなくなる

社員が離職することは、単純に労働力が不足するだけでなく、業務に関する知識や経験が失われることにもなります。

新しい人員を確保したとしても、前任者と同様のスピードで業務をこなせるようになるには時間がかかるため、以前のように業務が進まなくなり、仕事が溜まっていくことにつながります。

 

生産性が低下する

離職が続くと仕事を効率よく進めるためのノウハウやスキルが継承されず、会社全体の生産性が低下します。

また、離職率が高い会社では社員のモチベーションも低下するため、生産性向上のための取り組みを成功させることが難しくなる恐れもあるでしょう。

 

採用・教育コストがかかる

離職率が高い職場では採用による人員補充、また新入社員の教育をおこなう頻度が増え、それにともないコストがかかります。

特に早期離職が続くと退職者のためにかかったコストは無駄になってしまうため、将来に向けた投資を無駄にしないためにも離職を防ぐことが重要です。

 

企業イメージの悪化

会社の離職率の高さは、担当者の交代、求人情報の掲載、社員や元社員のクチコミなどにより、顧客や取引先、求職者に伝わります。

離職率が高い会社には何らかの問題があるとみなされるため、企業イメージが悪化し、取引や求人への応募に影響する恐れがあります。

企業イメージ低下のリスクに関する記事はこちら

離職率の高さを改善する6つの方法

離職率が高い状況が続くと、会社や職場の環境は悪化する一方です。

では、離職率を下げるためには、どのような取り組みが必要なのでしょうか。

離職率を下げ、定着率を向上させる方法の一例を紹介します。

  • 勤怠記録やアンケートで現状を把握
  • 業務量を見直す
  • 評価制度を見直す
  • 人材教育やフォローに力を入れる
  • コミュニケーション活性化に取り組む
  • 多様性に関する意識改革をおこなう

自社の課題にあわせた取り組みを検討し、従業員が健康的に働ける環境整備に努めましょう。

 

勤怠記録やアンケートで現状を把握

まずは勤務時間の長さや社員が感じている課題など、現在の状況を正確に把握する必要があります。

勤怠記録の確認やアンケートを実施し、業務量や時間は適正か、人間関係や評価制度など社員が感じる問題はどこにあるのかを調査しましょう。

 

業務量を見直す

社員の許容量を超えた業務量が課される状態が続くと、長時間勤務やストレスの原因になります。

長時間勤務や業務量過多が常態化していると、感覚が麻痺して「これが普通」と感じてしまうかもしれませんが、確実に離職の原因となるため客観的に見直すことが重要です。

現在の社員の人数と、定時までの勤務時間だけでこなすことが難しい業務量であるのが明確な場合は、外注や採用による人員補充をおこないましょう。

利益が少ない仕事は思い切って終了することも必要かもしれません。

>業務過多の原因に関する記事はこちら

 

評価制度を見直す

社員が納得できるような客観的な評価基準を設け、オープンにすることも有効です。

まずは会社の経営方針や、実現のために社員に求める姿勢や基準を設計し、どのような点が評価されるのかを明確にしましょう。

また、仕事の成果だけでなく過程を評価する項目を作り、成果とプロセスをバランスよく評価することで、社員の納得度を上げられます。

制度がどんなに立派でも社員が内容を十分に把握できていないと意味がないため、評価制度を周知するために説明会や資料の掲示をおこなうとよいでしょう。

>評価制度の種類と導入方法に関する記事はこちら

 

人材教育やフォローに力を入れる

早期離職を防ぐためには、入社後の十分な教育とフォローが重要です。

マニュアルがあるからといって本人任せにするのではなく、迷ったらすぐに相談できるようなチームの環境を整えることが大切です。

また、業務上の悩みだけでなく環境や将来に対する漠然とした不安もケアするためには、メンター制度やブラザーシスター制度を取り入れるのがよいでしょう。

上司と部下が1対1でおこなう「1on1ミーティング」も、会社が社員一人ひとりを気にかけているということを伝えられる有効な手段です。

>効果的な人材育成方法に関する記事はこちら

 

コミュニケーション活性化に取り組む

いっしょに働く仲間について知り、社員にとって働きやすい環境を整えるためには、コミュニケーションの活性化も重要なポイントです。

レクリエーションや社内SNSの導入をおこない交流をはかったり、休憩所やフリーアドレスなど会話のきっかけをみつけやすい環境の整備をおこなうとよいでしょう。

業務連絡がスムーズにできるようになるだけでなく、会社や仲間への愛着が増し、離職率の低下につながります。

 

多様性に関する意識改革をおこなう

多様性に対する知識がないまま、狭い価値観に縛られた環境で仕事をすることは、働きにくさやハラスメントにつながります。

社員が持つさまざまな価値観や考えを受け入れ、社員が望む多様な働き方を実現するためには、はじめに経営陣や管理職の意識改革が必要です。

人材育成会社によるダイバーシティ研修を導入する、他社の事例を参考にするなどして、改革を進めていきましょう。

>離職防止対策に取り組む重要性とは?に関する記事はこちら

離職率が高い会社・職場の改善はコミュニケーションから

長時間勤務が常態化している会社や、人間関係が悪い職場環境は、離職率が高くなる恐れがあります。

離職率が高い会社や離職率が高い職場では、人員不足や生産性の低下、企業イメージの悪化などのデメリットが多くあるため、早期の改善が必要でしょう。

離職防止のためのフォローやコミュニケーション活性化には、ビジネスチャットの「Chatwork」が役立ちます。

チームや部署でグループチャットを作り、会話形式で気軽に情報共有やコミュニケーションができるほか、メンターや上司への相談など1対1のダイレクトなメッセージのやりとりも可能です。

離職率が高い会社や離職率が高い職場のコミュニケーション改善に、ぜひChatworkを活用してください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

職場環境を改善したい方におすすめの資料
風通しの良い職場環境をデザインする方法

風通しの良い職場環境をつくる方法を、組織と従業員の2つの視点から具体的に紹介します。

主な内容

  • 風通しの良い職場環境はなぜ必要なのか?
  • コミュニケーションの見直しから始める
  • 「継続」が成功の条件

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事