ストレスチェック制度とは?実施方法や義務化の目的をわかりやすく解説

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
ストレスチェック制度とは?実施方法や義務化の目的をわかりやすく解説

目次

社員がストレスなく働ける環境を整えることは、企業にとって重要な課題のひとつです。

企業は従業員がいることで事業を支えられているため、社員の生活と仕事の両立ができるように、日ごろから心のケアに取り組む対策が必要です。

ストレスチェックの取り組みは、社員が長く働きやすい労働環境を整えるきっかけにつながるため、離職防止だけでなく長期的な視点で事業を継続しやすくなるでしょう。

国が実施を求めるストレスチェック制度の目的と内容は何かを理解して適切なストレスチェックをおこないましょう。

ストレスチェック制度とは

企業で働く従業員のストレス傾向を数値化して検査する方法には、質問項目に答えることで心の状態が確認できるストレスチェック制度[※1]があげられます。

ストレスチェック制度は仕事においてメンタルの不調に関する一次予防策として、従業員が安心して働ける職場環境をつくるために導入されています。

従業員が心の不調を抱えるリスクを減らせるため、社員の離職率を減らせるだけでなく、働きやすい企業として信頼されるメリットがあるでしょう。

ストレスチェックの実施は、社員の心を守るきっかけにつながり、企業が事業を続ける上で必要な取り組みといえます。

ストレスチェックの実施義務化とは

ストレスチェック制度は、国の労働安全衛生法で決められている制度のひとつで、従業員が50人以上の条件に当てはまる企業は、毎年1回の検査を実施する必要があります。

実施を忘れてしまった場合、国の法律で決められているため、罰則として罰金や法令違反にあたる可能性も考えられるので注意しましょう。

また、検査後は企業が労働基準監督署に内容を報告する義務が設けられています。

今後の流れによっては、条件が変更される可能性もあるため、継続して事業を続けていくためにもストレスチェックは毎年欠かさないように取り組みましょう。

>ストレスチェック制度の義務化に関する記事はこちら

ストレスチェックを実施する目的とは?

ストレスチェックを適切におこなうためにも、企業側はストレスチェックを実施する目的を把握しておく必要があります。

実際に社員からストレスチェックに関して、質問が飛んできたときには、答えられるようにするためにも、実施する目的について内容を確認していきましょう。

過労やメンタル面での予防策につながる

仕事における心や体の不調は、本人が限界を超えるまで気づかない可能性もあげられます。

企業がストレスチェックを取り入れることで、気づかないうちに感じているストレスを従業員が認識するきっかけにつながるでしょう。

ストレス傾向が高い結果の場合は、仕事の業務時間を調整したり、業務体制を見直したり、仕事の負担を減らして体と心のケアに取り組むことが大切です。

企業と従業員の両方に取り組むメリットがあるため、過労やメンタル面の不調に関する予防策としても、ストレスチェックは重要な取り組みになるでしょう。

>メンタルヘルス対策の具体例に関する記事はこちら

離職率を下げて社会復帰しやすい環境がつくれる

企業側は、社員が仕事でどんな不安や不満を抱えやすいのか、定期的に確認する必要があります。

改善点を放置しないことで、労働環境や待遇面の改善に取り組む機会につながるため、社員が長期的に働きやすい職場を目指す対策につながるのです。

ストレスチェックを通して社員の本音を聞く機会が設けられるため、仕事での不満を減らす工夫を取り入れられるなど、従業員の離職率を下げる可能性にも期待できるでしょう。

ストレスチェックは、会社の経営を長期的に続けるためにも重要な取り組みといえます。

会社の信頼性を守れるメリットがある

現代社会では、仕事と生活を両立させる取り組みが企業に求められています。

ストレスチェックに取り組むことで、社員の心に関するケアが実施できるため、企業は社会的な信頼を獲得するチャンスにつながるでしょう。

ストレスチェックの結果を通してコミュニケーションを図れるため、社員にとって企業へ本音を伝えるよい機会につながります。

企業の責任として、社員の人生を支える役割を担う意味でも、ストレスチェックは大切な取り組みのひとつといえるでしょう。

>従業員エンゲージメントを高めるメリットに関する記事はこちら

業務体制を見直すきっかけにつながる

第三者からチェックが入ることで、企業が業務体制を見直す機会につながるメリットがあります。

ストレスチェックの結果、社員のストレス傾向が高い場合は、何かしらの対策に取り組む必要があるでしょう。

たとえば、業務の取り組みで効率化できる点がないか見直しや、ノー残業デーを導入するなど、経営者側は社員を守るためにも改善策を模索する必要があります。

ストレスチェックの実施は、業務体制を見直して変えるきっかけにするためにも必要な取り組みです。

社員が自分自身の働き方を見直すきっかけにつながる

仕事のキャリアアップを図るためには、仕事に対する働き方や取り組み方について、見直しを設ける機会も大切です。

労働時間に比重が傾きすぎてしまうと、ストレスを感じやすくなる原因になるため、体や心の不調を崩しやすくなるだけでなく、本来の仕事で掲げた目標を見失いやすくなります。

ストレスチェックに取り組むことで、社員が自分自身の働き方や心の状態を見つめ直すよい機会になるでしょう。

ストレスチェックは、社員が今後のキャリアプランや働き方について向き合う機会になり、さらなる成長をうながすきっかけにも役立つのです。

ストレスチェックを効果的に実施するポイント

企業側が実施に関する配慮を設けることで、ストレスチェックに取り組む社員が安心して解答する環境がつくれます。

ストレスチェックを効果的に実施するためにも、意識しておきたいポイントを簡単に見ていきましょう。

社員に事前告知をして疑問点をなくす

社員にストレスチェックの目的を理解してもらうためには、調査する前に内容を告知して情報共有しておく必要があります。

何の目的でストレスチェックを実施するかがわからないと、社員に不安を与えてしまったり、本来の目的を意図した解答が得られなくなったりするからです。

ストレスチェックに取り組むときは、目的や実施する日時、ストレスチェックに関する不安や疑問がないか、事前に確認して内容を伝えておきましょう。

日ごろの業務に取り組みながら、ストレスチェックをスムーズに実施するためにも、実施する側と社員の間で情報共有しておくことが大切です。

結果に応じて医師に相談する機会を設ける

ストレスチェックの結果によっては、企業側が社員のメンタルケアのためにも、医師へ相談の機会をつくることも義務に含められます。

過労やメンタルの不調から仕事や生活に影響を与えないためにも、医師に相談を求める機会が必要なのです。

また、社員がメンタル面で不安や心配ごとを抱えており、医師の介入が必要な申し出がある場合も、企業側から医師を紹介するように配慮しましょう。

ストレスチェックから読み取れる内容をきっかけに、早めの予防策を取り入れることで未然に社員の体と心を守る取り組みにつながります。

>産業医とは?に関する記事はこちら

相談しやすい環境やツールを利用する

ストレスチェックをおこなった後に、改善案を募るなどさまざまな意見を集めるためには、相談しやすい環境の整備が必要です。

また、ストレスチェックの結果を受けて多くの社員が働きにくいと感じている可能性がある場合は、意見や相談が気軽におこなえる状態ではない可能性が高いでしょう。

改善案や意見を集めるためだけでなく、メンタル不調が見られる社員とのやりとりや医師への相談につなげる際にも、コミュニケーションがしやすいツールを利用するのも効果的です。

ビジネスチャットなど気軽にコミュニケーションや情報共有がおこなえるツールを用意し、ストレスチェック前後の対応に役立てることを考えておきましょう。

>社内相談窓口の効果的な運営方法に関する記事はこちら

ストレスチェックの目的を達成するための注意点

社員に安心してストレスチェックを受けてもらうためには、企業側がストレスチェックを実施する上でいくつか配慮しておきたい注意点があります。

ストレスチェックの目的を達成するためにも、ぜひ参考にしてください。

結果は仕事の評価基準に使わないことが重要

ストレスチェックの目的は、あくまで社員の心に関する不調を早期発見するために実施されています。

ただ、解答する側の社員にとっては「結果が仕事の評価につながるのではないか」「解雇や査定に影響が出るのではないか」という不安を抱いてしまう可能性があるのです。

ストレスチェックに対する社員の不安をなくすためにも、企業側は本来の目的どおりにストレスチェックを実施しましょう。

ストレスチェックを正しく利用するためには、仕事の評価基準に使わない前提を社員に説明しておくことを始め、本来の目的に活用するために実施することを意識してください。

検査の内容は個人情報として慎重に扱う

ストレスチェックの内容は社員の個人情報として、企業側が内容を確認しないように注意を払いましょう。

ストレスチェックで知った情報の漏えいは、法律にも関わる問題につながるため、社員が安心してストレスチェックの解答ができるようにする意味でも、個人情報の保護は大切です。

社員と情報共有するためにも、ストレスチェックに関する個人情報の取り扱いについて、事前に取り決めを社員に伝えておくとスムーズに進められるでしょう。

ストレスチェックにおける本来の目的を達成するためにも、個人情報は慎重に取り扱いすることが重要です。

ストレスチェックの目的は会社と社員の未来を守ること

ストレスチェック制度は、従業員の心を守る取り組みとして国から企業に義務づけている制度のひとつです。

ストレスチェックに取り組む目的には、過労やメンタル面での不調の予防を始め、業務体制や社員自身の働き方を見直すきっかけなど、企業と社員の両方にとってメリットにつながる内容があげられます。

ストレスチェックを実施するときは、企業があらかじめ社員に情報共有しておき、本来の目的を達成する意味で使うように注意しましょう。

長期的な事業づくりを目指すためにも、社員の心を守る取り組みとしてストレスチェックを有効活用してください。

また、働きやすい環境づくりはコミュニケーションの活性化や円滑化も非常に大きな影響を与えますので、ビジネスチャットであるChatworkの活用をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

参考:[※1]ストレスチェック制度 導入マニュアル - 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/pdf/150709-1.pdf


働き方改革の「そもそも」を知りたい方へ
マンガでわかる!「働き方改革」

「働き方改革」は、そもそもなぜ必要なのでしょうか。働き方改革の本質や法制度の概要を漫画で解説します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事