製造業のDXとは?実現できることや課題を、導入事例を解説

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
製造業のDXとは?実現できることや課題を、導入事例を解説

目次

近年、さまざまな場所で「DX」という言葉を耳にするようになりました。

製造業も、DX化を推進している業界のひとつで、すでに多くの企業がDX化を進めています。

製造業のDX化は、どのようにはじめたらいいのでしょうか。

製造業におけるDX化の必要性や導入のメリットを、企業事例を交えて解説します。

DXとは

DX(デジタルフォーメーション)とは、商品やビジネス、業務などを、デジタル技術によって、よりよいものに変革することを指す言葉です。

DX化を推進することで、生産性向上やコスト削減をはかれるため、長時間労働などの職場環境改善のために、多くの企業がとりくんでいます。

>DX(デジタル・トランスフォーメーション)とは?に関する記事はこちら

製造業のDX化で実現できること

技術革新の影響が大きい製造業では、DX化を推進することで、「ものづくり」のノウハウを共有しやすくなるというメリットがあります。

デジタル化が推進されるまでは、ノウハウは個人知になりやすく、属人化してしまうという課題がありましたが、デジタル化を推進することで、生産性や品質の向上、コスト削減など、あらゆる面で効果的に働くようになりました。

また、デジタル化によって効率性があがることで、製造業において課題視されがちな「人材不足」の解消にも効果があると期待されています。

製造業でDXが求められる背景

社会の中でも欠かせない業種である「製造業」で、なぜDX化が推進されているのでしょうか。

製造業でDXが求められる背景をみていきましょう。

生産効率を最適化できる

製造現場では多くの人的リソースが求められますが、人材不足が大きな問題になっていることが現状です。

そのような製造現場において、DX化が進むと、今まで人が担っていた業務の自動化が可能になるため、生産効率を最適化できるとされています。

また、自動化が進むと、ヒューマンエラーや、能力差によって生じるタイムロスがなくなるため、生産性の向上にもつながるでしょう。

さらに、自動化によって蓄積されたデータは、工程や生産量の把握にも活用できるため、業務効率化の糸口にもつながるというメリットがあります。

作業を自動化できる

DX化を進めることで、業務の自動化が可能になります。

今まで作業にあてていた人的リソースが削減できるようになるため、開発や価値づくりなど、コミットすべき別の業務にリソースを割けるようになります。

メンテナンスコストを削減できる

製造業において、機器のメンテナンスは重要な業務のひとつです。

デジタル化が進む前は、定期メンテナンス以外のメンテナンスをおこなうことは、人的リソースの観点からみて困難なため、トラブルが起きてから対処をおこなうことが一般的でした。

しかし、デジタル化が進むことで、設備異常の把握が容易になるため、トラブルを防ぐことや、トラブルが起こってしまった場合にも、迅速な対処が可能になるとされています。

トラブル把握が容易になることで、トラブル対応にかかるコストの削減など、メンテナンスコストが削減できるというメリットがあるでしょう。

リソース配分を最適化できる

DX化が推進されることによって、リソース配分の最適化が図れるようになったことも、背景のひとつとしてあげられます。

人的リソースを使用していた業務を機械に任せることで、人的リソースに余裕が生まれ、ほかの業務や価値創造にリソースを割くことができるようになります。

リソースを最適化できると、新しい商品やサービスを生み出すことにつながり、企業の発展も期待できるでしょう。

製造業のDX化における課題

製造業をDX化することには多くの魅力がありますが、課題も存在していることが現実です。

製造業のDX化における課題についてみていきましょう。

人手不足

DX化は複雑で専門知識が求められるものです。

そのため、DX化を推進する「ITやDXの専門的な知識に富んだ人材」、さらには「自社の製造業態に精通した人材」をDX推進の中心人物としてアサインすることが望ましいです。

しかし、実際には知識のある「DX推進に適した人材」が不足していることが実態です。

そのため、企業内でDX化を推進するためには、まず、DX化を推進できる人材確保をおこなったうえで、DX推進部門を立ちあげるようにしましょう。

>人手不足に関する記事はこちら

技術継承

製造業の現場においては、業務の知識やノウハウが、特定の個人に属してしまっているケースが多々あります。

しかし、知識やノウハウが属人化してしまうと、企業を持続的に発展させていくための「技術継承」が困難となってしまうという課題が生まれてきます。

また、特定の個人に依存する体制は、業務効率の低下や、人手不足、生産性の低下など、ほかの課題を引き起こす恐れもあるため、優先的にとりくむべき課題といえるでしょう。

IT投資ができていない

製造業の多くの企業が、IT投資ができていないという課題を抱えています。

IT投資をすることで、ビジネス全体の変革や人材育成など、企業の発展にともなう改革や、製品やサービスを生み出すための業務効率化を実現させることができます。

しかし、IT投資を最適化するためには、ITやDXの専門知識が豊富な人材が必要となるため、なかなか踏み切れていない企業が多いことが現実です。

製造業のDX化のメリット

製造業のDX化には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

製造業のDX化のメリットをみていきましょう。

生産性向上

製造業でDX化が推進されると、在庫管理や受注・出荷の記録などの「管理業務」を効率化できるというメリットがあります。

また、今まで人が担っていた業務を自動化することで、ヒューマンエラーの排除や、トラブル発生時の迅速な対応などが可能になるため、不要なメンテナンスコストの削減や、トラブルの発生を未然に防げるようになります。

製造業のDX化には、業務効率化や、コスト削減による生産性向上のメリットがあるのです。

コスト削減

今まで人的コストをかけていた業務を自動化させることで、コストを削減できるというメリットがあります。

DX化が進むことで、目視で確認していた作業を機械で対応できるようになり、データの収集や分析もITツールで迅速におこなえるようになるため、該当業務に割いていた人件費やシステム費を削減できます。

削減できたコストは、別のリソース構築の予算にあてられるため、DX化は企業の発展にも大きく寄与するといえるでしょう。

>コスト削減に関する記事はこちら

属人化の防止

製造業の課題のひとつである「技術の属人化」を、DXにより防止することが可能となります。

DX化を推進することで、今まで属人化していた技術やノウハウを、データとして保存することが可能になるため、誰でもアクセスすることができるようになります。

一部の人に依存していた技術や知識が、共有できるようになることで、人手不足や後継者問題などの課題解消も期待できるでしょう。

>属人化に関する記事はこちら

製造業でDX化を進める手順

製造業でDX化を推進するには、どのように進めればいいのでしょうか。

製造業でDX化を進める手順について紹介します。 

DX化の手順(1):現状の課題を把握する

DX化にとりくむ場合、まず「現状の課題の把握」をおこないましょう。

課題を明確にする際は、特定の部署の課題だけではなく、企業全体の課題を把握することが大切です。

また、現場の課題意識や意見を集めることにくわえて、経営陣にもヒアリングをおこなうことで、多角的な視点からみた、企業の課題を把握することができるでしょう。

課題を明確化できると、DX化でなにを実現したいかもクリアにすることができます。

DX化の手順(2):実現イメージを明確にする

企業内の課題を把握したうえで、DX化の実現イメージを明確にしていきましょう。

課題の解決法は、ひとつだけでなく、さまざまな視点から複数考えることで、今後とりくんでいくべき戦略や実現したいイメージが導き出しやすくなります。

明確にした実現イメージは、上層部やDX推進担当などの一部の人だけが把握するのではなく、現場を含めた社内全体で共有するようにしておくことが重要です。

DX化で実現したいことや、その背景や目的を社内全体で共有できていると、DX化の推進に前向きにとりくんでくれる人や、推進に協力してくれる人を増やすことができるでしょう。

DX化の手順(3):DX化の推進体制を整備する

DX化を推進するにあたり、ITに精通した人員のアサインや、DX推進部門のような専門部門を設立することで、推進体制が整うため、スムーズに進めることができます。

また、DX化には、専門知識を要する場面もあるため、適した人員が社内に少ない場合は、新たに採用するようにしましょう。

DX化を滞りなく推進するためには、あらゆる角度から意見を出しあい、検討する必要があるため、DX推進部門を設立する際は、人員の質や人数も慎重に検討することが大切です。

DX化の手順(4):現状の分析・評価をおこなう

社内で使っているシステムやデータの、分析・評価をおこなうことも、DX化の重要な手順のひとつです。

現状のシステムが、老朽化・複雑化してしまっていると、DX化が実現したとしても、弊害になってしまう危険性があります。

DX化を推進する際は、まずは現状を分析し、悪影響を及ぼすシステムはとり除くようにしましょう。

DX化の手順(5):業務効率化をはかる

実際にDX化が進んだら、さまざまな業務の効率化をはかりましょう。

機械やシステムを導入することで、いきなり大きな変革をもたらすことは難しいため、DX化は、長期的にとりくむプロジェクトであることを認識しておくことが大切です。

また、いきなり既存の業務を変更してしまうと、現場の混乱をまねく恐れもあるため、小さな業務から、徐々に推進していく方法が望ましいです。

現場業務の効率化をはかる際も、DX化の目的や背景が共有できていると、スムーズに進めることができるため、「DX化の手順(2)」を忘れずにおこなうようにしましょう。

DX化の手順(6):新しい価値創造をはかる

実際にDX化を進めることができたら、導入前にイメージしていた「実現したい目標」の達成を目指すために、改善行動を繰り返しましょう。

既存業務の効率化をはかるだけではなく、DX化によって実現したい目標を達成するために、データを分析し、活用するところまでがDX化です。

デジタル化で蓄積されたデータを分析し、課題の発見や改善を繰り返すことで、ビジネスにおける新しい価値を創出することができるでしょう。

このようなDX化のとりくみを連続的に続けていくことで、企業価値の持続的な向上を期待することができます。

製造業のDX化の事例

製造業のDX化の導入事例をご紹介します。 

電気メーカーの事例

ある電気メーカーでは、DX化推進のために「IoT」を導入して、製造ラインの工数把握の作業時間短縮をはかりました。

この企業では、作業員の工数把握に、膨大な手間と時間を要しており、詳細な作業内容まで把握できていない点が課題でした。

そこに「IoT」を導入することで、工数把握時間の短縮と、詳細の作業内容の可視化が実現できるようになりました。

IoTを用いて、DX化を推進することで、作業時間の短縮と作業員の負担軽減が可能になった事例です。

建材メーカーの事例

快適な住まいの実現に向けて、技術や製品を開発している国内大手の建材メーカーでは、音声などの非接触操作により、玄関ドアの開閉を可能にする新規サービスをリリースしました。

この企業は、デジタル技術を駆使した、世界初のサービスの開発に成功したことで注目を集めました。

DX化は、業務効率化のために、社内で推進されることに留まらず、消費者に提供するサービスとしても注目を集めています。

DXの第一歩にChatwork

製造業でDX化を推進することで、得られるメリットや、解消できる課題は多く、さまざまな企業がDX化を検討しています。

DX化を進める際は、メリットや手順を把握し、経営陣や担当者だけでなく、全社でとりくむことを大切にしましょう。

また、全社でDX化にとりくむためには、情報共有が欠かせない要素となります。

導入前から実現したい目標や背景を共有しておくことで、導入してからのスムーズな運用が可能になります。

ビジネスチャット「Chatwork」は、個人間のやりとりだけではなく、複数人や全社でのグループチャットを作成することができるので、情報共有の手間やラグを排除することができ、スムーズなコミュニケーションが可能になるツールです。

シンプルな操作設計のため、ITツールに対し苦手意識のある従業員が多い企業でも、活用することができるでしょう。

DX化を推進している企業も、これからDX化をはじめようと検討している企業も、DXの第一歩として「Chatwork」の導入をご検討ください。

>製造業でのChatwork導入事例

>製造業のChatwork活用方法

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

製造業のDXを推進する4つのファクターとは?
カンタン解説!新しい時代に必要な製造業のDX

製造業界においても「DX推進」が注目されるようになりました。

DX化を進めるにあたり、製造業を取り巻く課題を把握できているでしょうか?

本資料では、製造業のDX推進のきっかけとなる「4つのファクター」を紹介しています。

「製造業のDX化のきっかけ」として、ぜひご活用ください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事