人手不足の原因とは?企業における問題点と解消方法、企業事例を解説

働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

企業の人手不足は、長期的な事業活動を続けるうえで解消すべき課題のひとつです。

慢性的な人手不足が続くと、長時間労働が続いてしまう悪循環を抱えてしまうでしょう。

企業で改善を進めるには、どのような方法を実践するとよいのでしょうか。

企業における人手不足の問題点と解消方法、企業事例を解説します。

日本企業の人手不足の状況

日本企業では、業界によって慢性的な人手不足が続いている傾向があります。

社会情勢の影響や需要と供給のバランスがとれないなど、さまざまな要因が重なって悪循環が起きてしまうケースがあるでしょう。

とくに、中小企業や地方圏は人材不足が起こりやすい傾向があり、安定的な人材の獲得と定着化を進める働きかけが重要です。

企業における人手不足の原因

企業で人手不足が起きる原因について見ていきましょう。

少子高齢化・生産年齢人口の変化

日本全体の課題として、少子高齢化により生産年齢人口が低下している傾向があります。

生産年齢人口は、今後とも減っていくことが予想されており、2065年には約4,500万人になる見通しです。[※1]

企業は働き手を確保することが難しくなり、慢性的な人手不足に陥りやすい課題が残ります。

都市部の人材流出

都市部圏に比べて、地方圏は人材不足による影響が大きい傾向があります。

総務省の調査によると、全国の地方公共団体に向けたアンケートの結果では「人口流出の要因」について「良質な雇用機会の不足」という回答結果が89.1%の結果でした。[※2]

企業数が多い都市部では、求職者が望む仕事内容や待遇を実現しやすい背景から、人材流出が起きやすくなります。

需要と供給のバランスがとれていない

有効求人倍率は職業別に偏りがあるため、現場の人材に関する需要と供給のバランスがとれないことがあります。

また、企業が求めるスキルを保有する人材が集まらなかったり、ミスマッチによる早期離職が起きたりするなど、さまざまな人材不足に関わる課題が残っているのが現状です。

採用コストの負担

企業が人材を採用するには、広告宣伝費や人件費など、多くのコストがかかってしまいます。

企業の経営状況によっては、採用コストをかけられない状況が続いてしまい、人材を確保するのが難しくなるでしょう。

企業における人手不足の問題点

企業で人手不足が起きると、どのような問題点があるのか見ていきましょう。

事業縮小・倒産の可能性が出てくる

慢性的に人手不足が続くと、事業活動における利益を上げられず、赤字に陥りやすくなります。

企業全体における事業縮小を迫られてしまい、黒字の回復が見込めないと、倒産してしまう可能性が出てくるでしょう。

人手不足の問題を解消できないと、事業の成長や拡大が見込めなくなってしまいます。

長時間労働が増えてしまう

人手不足を解消できないと、現場の社員で仕事をまわす必要が出てくるため、長時間労働が常態化してしまいます。

残業が当たり前の状況が続くと、企業のイメージダウンにつながりかねません。

企業で働く社員のモチベーションが低下してしまい、心身ともに過労による負荷がかかってしまいます。

人材を確保できない悪循環に陥る

人手不足の状態が続くと、人材を確保できない悪循環が生まれる恐れがあります。

長時間労働によって離職率が高まったり、過労によってサービスの質が落ちてしまったりするなど、さまざまなリスクを抱え込みやすくなるでしょう。

残業時間が増えると人件費が増えるなど、企業の経営が不安定になりやすくなります。

人手不足の傾向がある業界

人手不足の傾向が高い業界について、簡単にまとめて解説します。

運送業界

厚生労働省職業安定局の調査「人手不足の現状把握について」によると「産業別人手不足感(2017年)」の項目では、運輸業・郵便業は、最も人手不足が深刻な状況という結果でした。[※3]

理由としては、若手の人材不足でドライバーを確保しづらい状況があり、人材育成が進められないことがあげられます。

建設業界

建設業界も、厚生労働省職業安定局の調査「人手不足の現状把握について」によると「産業別人手不足感(2017年)」の項目で、人手不足産業の業界に含まれています。[※4]

インフラの老朽化にともなう建設需要が高まる予想があるなか、人材が高齢化している背景があり、若手の人材が育成できない課題もあげられるでしょう。

サービス業界

飲食や宿泊業でも、慢性的な人手不足が続いている傾向にあります。

新型コロナウイルスの影響による顧客の減少などにより、経営に課題を抱えてしまうケースも発生しています。

医療・福祉業界

医療・福祉業界も、厚生労働省職業安定局の調査「人手不足の現状把握について」によると「産業別人手不足感(2017年)」の項目で、人手不足産業の業界に含まれています。[※5]

高齢化にともなう需要が高まっており、業界全体で人手不足の傾向が続いています。

企業における人手不足の解消方法

企業の人手不足はどのように対処していけばよいのでしょうか。

人手不足を解消する方法を見ていきましょう。

アウトソーシング・ITツールを活用する

人手不足を補えないときは、業務の自動化、または外注先に委託する方法がおすすめです。

たとえば、BPOサービスは、企業のバックオフィス業務を丸ごと委託することもできます。

業務の自動化を進めたいときは、ITツールやシステムを導入することで、作業工程を短縮する効果があるため、職場全体の人手不足を補う工夫につながるでしょう。

採用・求人掲載の方法を変える

自社が求める人材を獲得するには、インターネットを活用して幅広い情報発信をすることが重要です。

たとえば、SNSで自社の情報発信をすることで、若手世代の目に留まりやすくなり、従来の採用方法で探せなかった人材を呼び込めるようになります。

また、パートタイムや時短勤務で働きたい人や、シニアから仕事を探したい人に向けて求人を出すなど、幅広い視点で人材を獲得していく姿勢が求められるでしょう。

待遇・社内制度を見直す

人手不足を解消するには、企業の待遇面や福利厚生を充実させることが重要です。

たとえば、育児・介護休暇の制度を整えたり、副業を認めたりするなど、業界に合わせて社内制度や待遇面を見直していきましょう。

企業の魅力度が高まると、人材の離職率を下げて定着化を図る効果が期待できます。

教育制度・配置を調整する

人手不足だと教育制度が不十分になる可能性が高くなるため、人材が長期的に働きやすい職場環境を整える必要があります。

たとえば、マニュアルを作成して業務効率化を図ることや、十分な教育時間を設けて管理職や若手社員の育成を進めていく方針が必要です。

管理職に現場の様子を聞きとりながら、人材の適性に合った配置や人材の投入を進めていきましょう。

幅広い人材の雇用・多様な働き方を推進する

人手不足の解消を図るときは、外国人労働者の採用を図る方法もあげられます。

業種によっては、テレワークを導入することで、仕事とプライベートを両立できる効果が期待できるでしょう。

多様性のある人材の雇用や働き方を推進することで、企業の課題を解消する糸口を見つけやすくなります。

人手不足の改善に成功した企業事例

建設業界の事例では、慢性的な人材不足を解消するために、女性社員が働きやすい職場環境を整えています。

たとえば、国家資格の取得でキャリアアップを図れる体制を整えることや、育児休暇や短時間勤務を実施するなど、女性社員が活躍できる場所を整えることで、人手不足の改善に成功しました。

人手不足の解消には社内改善が重要

人手不足を解消するには、社内制度や業務改善を図れる方法を実施することが重要です。

また、採用や求人掲載の方法を変えることで、幅広い人材を獲得できるチャンスが生まれます。

企業側は人手不足の対策を実践することで、職場内で悪循環を招いてしまう状態を予防できるでしょう。

社内のコミュニケーションコストを削減することで、仕事の業務連絡にかかるやりとりを効率化する方法もおすすめです。

ビジネスチャット「Chatwork」は、チャット形式のやりとりで、社内外の情報共有をスムーズに進められます。

人手不足の解消には、ITツールの導入も欠かせないため、方法のひとつとしてChatworkをご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

[※1]内閣府:人口減少と少子高齢化
https://www.cao.go.jp/zei-cho/content/2zen2kai1-2.pdf

[※2]総務省:第2部 ICTが拓く未来社会 第1節 地域の企業とICT (2)人口流出の背景
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/html/nc231120.html

[※3][※4[※5]厚生労働省職業安定局:人手不足の現状把握について
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11601000-Shokugyouanteikyoku-Soumuka/20141111-3_1.pdf

社員の定着率を向上させる方法とは?
定着率を上げるオンボーディング チェックリスト

組織に人材を定着させるためには、オンボーディングがとても重要です。

質の高いオンボーディングは、新規入社者に安心感を与え、定着率の向上に寄与します。

本資料は、組織への定着率を上げるオンボーディングに必要なことを整理したチェックリストです。

チェックリストを参考に、質の高いオンボーディングを実施しましょう。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事