DX人材の育成とは?求められるスキルや役割、育成方法、企業事例を解説

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
DX人材の育成とは?求められるスキルや役割、育成方法、企業事例を解説

目次

DX人材の育成は、事業活動を継続するうえで重要な要素のひとつです。

DX人材を育成することで、業務を効率化させる仕組みを整備できるため、事業活動の飛躍に期待できるでしょう。

DX人材に求められるスキルや役割、育成方法、企業事例を解説します。

DX人材とは

DX人材とは、DX(デジタルトランスフォーメーション)に精通している人材のことです。

そもそも、企業におけるDXとは、事業活動にデジタル技術やデータを活用して、組織改革や事業改革をおこなう意味があります。

DXの各スキルを保有する人材を育成することで、社内のDX推進をスムーズに進めやすくなります。

>DXに必要なスキルに関する記事はこちら

IT人材との違い

IT人材とは、ITシステムを作る人材のことです。

IT人材とDX人材は、デジタル技術を保有する人材という意味では同じですが、IT人材は基本的に、技術提供のみを視野に入れています。

DX人材の場合、デジタル技術の提供に加えて、組織の目標達成に向けた仕組みづくりも提案していきます。

DX人材はIT人材と比べたときに、ビジネスの視点を視野に入れてサポートできるスキルがあるという違いがあります。

DX人材の育成が必要な理由

DX人材の育成が必要な理由について解説します。

DXの推進や社内体制を整えるため

企業が生き残るためには、社内のDX推進が必要です。

社内をDX化して仕組みを整えることで、業務効率化や生産性の向上に期待できます。

ただ、DX推進には、DXのスキルを保有する人材が必要です。

DX人材の育成を進めることで、社内の課題解消に向けて臨機応変に対応できるため、DXに強い社内体制を整えられます。

>DX推進指標に関する記事はこちら

DX人材が不足しているから

総務省の発表によると、日本企業がDXを進めるときに感じる課題として「人材不足」と回答した割合は53.1%という結果でした。

また、日本におけるDX人材は、海外のアメリカやドイツに比べると、不足している傾向があります。[※1]

DX人材の不足を解消するためにも、優秀な人材の確保や研修に力を入れていくとりくみが必要です。

DX人材の呼称と役割

DX人材の呼称と役割について解説します。

プロデューサー

DX人材におけるプロデューサーとは、DX推進におけるリーダーを担う役割のことです。

自社におけるビジネス戦略の策定など、プロジェクト全体の課題解消に向けて調整していきます。

プロデューサー以外には、プログラムマネージャー、ビジネスプロデューサー、プロダクトマネージャーといった呼び方をします。

ビジネスデザイナー

DX人材におけるビジネスデザイナーとは、DXにおける企画や立案をおこない、推進する人材のことです。

プロデューサーが考えた戦略について、具体的な行動を検討しながら、現場スタッフとの仲介役になれるように調整します。

ビジネスデザイナー以外には、スクラムマスターと呼ばれることがあります。

アーキテクト

DX人材におけるアーキテクトとは、DXのシステム設計を担当する人材のことです。

アーキテクトには、経営者の視点をもちながら、企業の課題解消に向けて最適なシステムを導入できるように導く役割があります。

アーキテクト以外には、テックリード、エンジニアリングマネージャーと呼ばれることもあります。

DX人材に求められるスキル

DX人材に求められるスキルについて解説します。

デジタル技術・データ解析のスキル

DXを推進するときは、ビッグデータなどの情報収集や分析をおこない、膨大な情報から正しい内容を判断ができるスキルが必要です。

ほかにも、統計を分析して読みとれるスキル、デジタル技術を活用できるスキルなども求められます。

UX・UIデザインのスキル

UXやUIは、顧客が快適にサービスを利用できる仕様やデザインのことで、DXのシステムをつくるうえで欠かせない要素のひとつです。

初心者でも使いやすいデザインや操作設計にすることで、利用者の体験価値を高めて、継続的に利用してもらえるシステムを導入できます。

システム実装・インフラ構築のスキル

DXのシステムを導入するときは、アーキテクトの設計をもとにして、実装や構築を進めていくスキルが求められます。

関連スキルとして、プログラミング言語に関する知識、プロジェクト管理していくスキルなどが必要です。

DX人材を育成するメリット

DX人材を育成するメリットについて解説します。

DXに対応した社内体制を整備できる

社内にDX人材を育成することで、システム設計からテスト確認までの流れを一貫しておこなえます。

途中に仲介の人材を挟むことがなくなるため、システムの調整時に起きやすい認識の相違によるトラブルなどを予防できます。

DXを事業活動の飛躍に活かせる

DX人材を育成することで、社内の課題を改善できる最適なシステムを導入しやすくなります。

たとえば、業務量の削減を実現できるようになり、一気に生産性をあげられるなど、事業活動の飛躍に活かせるでしょう。

DX人材を育成する方法

事業活動に活かすためにも、DX人材を育成する方法について解説します。

DX人材の採用を進める

社内のDX人材を育成するために、外部から人材を採用する方法もあります。

社内にDX人材が不足しているときに向いている方法で、継続的に人材を育成しやすくなるメリットがあります。

DXの研修・OJTを実施する

DX人材の育成には、社内研修やOJTを実施する方法があります。

たとえば、DXに関わるスキルの習得を始め、デジタルリテラシーを高める研修などがあげられます。

社内に育成担当を任せられる人材がいないときは、外部の人材育成サービスを活用して、研修をおこなう方法もおすすめです。

社内設備をDX化する

DX人材の育成と並行して、社内設備をDX化することも必要です。

たとえば、アナログで使用している機器を廃止して、クラウドサービスを導入することで、情報共有のやりとりを効率化できます。

DXの人材育成を進めるときのポイント

DXの人材育成を進めるときのポイントについて解説します。

知識・技術はアップデートする

デジタル技術やデータに関する情報は、日々更新されています。

知識や技術を学んだあとも、継続的に勉強を続ける姿勢が必要です。

定期的に上司からフィードバックをおこない、社内で勉強会を実施するなど、学びの場を整備する体制が求められます。

業務の外注も検討する

社内のみでDX人材の育成が難しいときは、技術力が高いDX人材に声をかけて、協力体制を得る方法を検討しましょう。

業務の外注を検討することで、社内の人材にとっても学べる部分が多く、現場での関わりをとおしてDX人材を育成する効果が期待できます。

DX人材の育成に関する企業事例

DX人材を育成するときの参考にするためにも、企業事例を解説します。

教育教材に関する事業の事例

教育教材に関する事業の事例では、DX人材を育成する方針を掲げて、社内改善を実施しました。

たとえば、職種ごとのスキルマップを検討することや、タレントマネジメントシステムを導入して情報を管理するなど、経営資源の振り返りや見直しなどをおこないました。

情報を整理することで、自社に不足しているスキルを見直す機会ができた結果、DX人材を育成することに成功した事例です。

>タレントマネジメントに関する記事はこちら

製品メーカーに関する事業の事例

製品メーカーに関する事業の事例では、段階を踏んでDX人材を育成できる仕組みを導入しています。

役員や幹部向け、管理職や新入社員向けのDX研修をおこなうことで、各役割において必要なスキルや技術を習得できている事例です。

DX人材の育成に「Chatwork」を活用しよう

DX人材の育成には、社内体制の整備が必要不可欠です。

社内に人材が不足しているときは、外部の力を借りて研修を実施するなど、継続的にスキルを磨ける環境を整えましょう。

また、DX化やDX人材の育成に関する意識を高めるためにも、継続的に研修や勉強会に関する情報発信をすることが大切です。

社内全体に効率よく情報共有を進めたいときは、ビジネスチャット「Chatwork」の活用がおすすめです。

グループチャットを作成しておくと、DXに関する情報を届ける専用のチャットを作成できます。

>グループチャットに関する記事はこちら

ビジネスチャット「Chatwork」は無料で簡単に使いはじめることが可能です。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験できます。

DX人材の育成を推進する際の円滑なコミュニケーション手段として、また、企業におけるDX化の第一歩として、「Chatwork」をぜひご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

[※1]参考:総務省|第1部 特集 デジタルで支える暮らしと経済 第2節 企業活動におけるデジタル・トランスフォーメーションの現状と課題
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r03/html/nd112490.html


中小企業の「DX」がわかる!
マンガでわかる!「DX」

最近よく耳にするようになった「DX」。なんとなく意味は分かるけれど、DXの必要性や進め方が分からない方も多いのではないでしょうか。

DXの効果や進め方のイメージを、ある中小企業において、DXによる働き方改革を実現するストーリーを通し見ていきましょう。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事