「助かります」は目上の人・上司に失礼?ビジネスにおける正しい敬語表現を解説

ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

「助かります」は、目上の人や上司に使うと失礼になることがあります。

言い換えるときの敬語表現には、「ありがとうございます」「恐れ入ります」といった言葉がおすすめです。

相手から「助かります」と言われたときは、どのように返事をするのが正解なのでしょうか。

ビジネスにおける正しい敬語表現を知るためにも「助かります」の言い換え表現を解説します。

「助かります」は目上の人・上司に失礼な表現

「助かります」は敬語ですが、丁寧語にあたるため、基本的には目上の人や上司には使わないほうがベターです。

「助かります」は「相手のサポートによって、自分の負担を軽減できた」というふうに、上から目線に捉えられることがあります。

言葉自体は「助かる」+「ます」を付けた丁寧語に該当するため、同僚や年下の後輩に使う分には問題ありません。

「ありがたいです」もNG

「ありがたいです」という言い方は、相手に配慮する目的で使われますが、目上の人や上司に使うのは控えましょう。

「ありがたい」の言葉には「めったにないことに感謝する」「物事が都合よく進んでうれしい」といった意味合いがあるからです。

「~いただけると幸いです」など、別の言い方に変えることで、丁寧な伝え方になるでしょう。

「助かります」を言い換える敬語表現と例文

目上の人や上司に「助かります」の言葉を使いたいときは、どのような表現を使うのが適切なのでしょうか。

「助かります」を言い換えるときの敬語表現を見ていきましょう。

ありがとうございます

何かしてもらったときは、シンプルに「ありがとうございます」という言葉を使うのが無難です。

目上の人や上司、取引先や顧客など、立場や年齢にかかわらずあらゆる場面で使えます。

使い方の例文は、下記のとおりです。

・ご協力いただき、ありがとうございます。
・フィードバックのほど、ありがとうございます。
・早々にご連絡をいただき、ありがとうございます。

「ありがとうございます」は、感謝の気持ちを伝えられるので、日頃から積極的に使うことで、人間関係を円滑に進めやすくなります。

恐れ入ります

目上の人や上司に対して、感謝や恐縮する気持ちを伝えたいときは「恐れ入ります」という言葉を使いましょう。

使い方の例文は、下記のとおりです。

・折り返しのご連絡をいただき、恐れ入ります。
・お忙しいところ恐れ入りますが

「恐れ入ります」は、そのままお願いするよりも柔らかい表現になるので、ワンクッションおいて本題を伝えられます。

お願いいたします

相手にお願いするときは「お願いいたします」という敬語表現を使いましょう。

・ご確認のほどよろしくお願いいたします。
・ご検討のほどよろしくお願いいたします。
・ご査収のほどよろしくお願いいたします。

「お願い」+「(する)いたします」という丁寧な言い方になるので、目上の人や上司にも使うことができます。

感謝申し上げます

相手に感謝の気持ちを伝えたいときは「感謝申し上げます」という言い方が丁寧です。

使い方には、下記のような例文があげられます。

・心より感謝申し上げます。
・誠に感謝申し上げます。

また「大変」「誠に」「心より」といった言葉をつけることで、より相手に感謝の気持ちを伝えやすくなります。

ほかの言い方では「お礼申し上げます」という言い方もあります。

幸いです

「助かります」の言い換え表現として「幸いです」は、無難で使いやすい言葉です。

たとえば、下記のような例文があげられます。

・〇〇日までに、ご返信をいただけると幸いです。
・〇〇の件について、ご意見をいただけると幸いです。

ほかの言い方では「幸いに存じます」「幸いでございます」という言い方もあります。

・〇〇日までに、納品していただけますと幸いに存じます。
・〇〇の件について、ご連絡をいただけますと幸いでございます。

「存じます」は「思う」の謙譲語になるので、目上の人や上司にも使える丁寧な表現です。

幸甚に存じます

幸甚(こうじん)には「大変助かる」「とてもありがたい」といった意味合いがあります。

使い方の例文は、下記のとおりです。

・本日は〇〇にお呼びいただき、幸甚に存じます。
・ご報告をいただけますと、幸甚に存じます。

「幸甚に存じます」という言い方は、目上の人や上司にも使える丁寧な表現ができます。

~していただけませんか

誰かに依頼したい意味で「助かります」を使うときは、別の言い方として「~していただけませんか」という言葉を使いましょう。

例文は、下記のとおりです。

・〇〇の仕事をしていただけませんか。
・〇〇の件について、〇日までに納品いただくことは可能でしょうか。

もう少しフランクな言い方のほうがいいときは、「~していただけると幸いです」という言い方でも問題ありません。

「助かります」と言われたときの返事

相手から「助かります」と言われたときは、どのような返事をするのが正解なのでしょうか。

返事の仕方について「感謝されたとき」と「依頼されたとき」のシーン別に見ていきましょう。

感謝を伝えられたとき

目上の人や上司から「助かる」と伝えられたときは、こちらも感謝や恐縮の気持ちを伝えることが大切です。

たとえば、下記のような例文があげられます。

・とんでもないことです。
・お役に立てて光栄です。

「とんでもない」という言葉には「まったくそうではない」という意味、また「光栄」という言葉には「名誉に思う」という意味合いがあります。

感謝を伝えられて当然という態度でなく、相手に感謝や敬う気持ちを伝えられるでしょう。

依頼されたとき

目上の人や上司から「〇〇してくれたら助かる」と伝えられることがあります。

依頼を承諾するときの答え方は、下記のとおりです。

・かしこまりました。
・承知いたしました。

「わかりました」と伝えるよりも、丁寧な伝え方ができます。

一方、依頼を断るときの伝え方は、下記のとおりです。

・大変申し訳ございません。〇日は予定が~(断る理由を述べる)
・ご検討させていただきましたが~(断る理由を述べる)

いきなり断りを入れるのではなく、クッション言葉をおくことで、相手を気遣う言い方になるため、言葉の印象を和らげる伝え方ができます。

目上の人・上司に「助かります」は失礼に値する

「助かります」は、目上の人や上司に使うと失礼になるので、基本的には使わないようにしましょう。

言い換え表現としては、「幸いです」「ありがとうございます」といった言葉があげられます。

また、相手から「助かる」という言葉を投げかけられたときの返事は「とんでもないことです」「かしこまりました」といった言い方がおすすめです。

ただ、メールの文章で固い表現を使うことが多いと、連絡のやりとりにコミュニケーションコストがかかることがあります。

ビジネスシーンで気軽にやりとりを進めたいときはビジネスチャット「Chatwork」がおすすめです。

チャット形式でやりとりができるので、形式的なあいさつや定型文を最低限にできるメリットがあります。

ビジネスにおいて気軽にコミュニケーションを図る方法として、ぜひChatworkをご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

メールからの脱却をしたい方におすすめの資料
「メール」からチャットへ! ビジネスチャットで 実現する業務効率化

このお役立ち資料では特に「メール」によるコミュニケーションをビジネスチャットへ変えていくことの意義をまとめました。

現在コミュニケーションツールとしては主流である一方、使い続ける中で課題も発生しやすい「メール」。脱却をしたいとお考えの方に向けた資料です。

  • メールによる業務負荷
  • メール利用における課題の解決方法
  • Chatworkのご紹介
  • お客さまの声

などを解説します。貴社のビジネスチャット導入にあたっての情報収集の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事