タスク管理のコツとは?タスク管理を上手くするための10個のコツ

業務効率化
AWAY

目次

仕事を効率的に進めるためには、タスク管理が欠かせません。

また、チームで仕事をする際には、個人のタスクに加えてチームのタスクを管理する必要があり、タスク管理能力がプロジェクトの進行を左右します。

しかし、タスク管理のコツを知らないと「毎日予定していたタスクが終わらない」「タスク管理が面倒」ということになりかねません。

タスク管理のコツを知り、効率的な仕事の進め方を身につけましょう。

タスク管理にはコツがある?

毎日のタスクを取りこぼしなく完了するためには、タスク管理のコツを知っておくことが大切です。

タスク管理が上手くいかないという人の中には、ただ仕事をリストアップするだけになってしまい、1日の終わりに仕事がすべて終わらなかったという人もいるでしょう。

ただ仕事をリストアップするだけでなく、重要度や緊急度によって優先順位を決めたり、ひとつひとつのタスクにかかる時間を把握しておくなどコツを実践すると、タスク管理が上手くいきます。

タスク管理を上手くする10個のコツをご紹介します。

 

タスク管理のコツ:タスクを細分化する

リストアップするタスクをなるべく細分化することが大切です。

例えば、「商談のアポ取りをする」というタスクがあるとします。

商談のアポ取りをするまでに必要なタスクを細分化すると

  • 対象企業の分析
  • 提供する情報や資料の準備
  • 複数の候補日の用意

などがあります。

タスクを細分化することで、とるべき行動が具体的になり、タスクに取り組みやすくなります。

また、細分化することでタスクに取り組む労力が分散され、モチベーションの低下を防ぐこともできます。

タスク管理のコツ:優先順位を決める

タスクの優先順位を決めることで、仕事を効率的に進めることができます。

重要度や緊急度によってタスクの優先順位を決めることで、今やるべきタスクが明確になります。

タスクの優先順位を決めておけば、締め切り間際になって焦ることもなくなり、緊急の仕事が舞い込んできても対応しやすくなります。

タスク管理のコツ:タスクにかかる時間を把握する

タスク管理では、各タスクにかかる時間を把握することが重要です。

タスクにかかる時間を把握しておくことで、想定どおりのスケジュールで動くことができ、時間管理が上手くいきます。

初めて取り組むタスクは、時間を計りながらおこなうといいでしょう。

タスク管理のコツ:上司や取引先にかかる時間を考慮する

タスクを完了するまでには、自分以外の人が関わる時間があることも考慮しましょう。

例えば、自分の作業が終わったとしても、上司の決裁や取引先の確認が必要になることは多々あります。

期限ギリギリにタスクの期限を設けるのではなく、上司や取引先にかかる時間も考慮したスケジュールを組むことが大切です。

タスク管理のコツ:余裕をもったスケジュールを組む

タスク管理を上手くするには、余裕をもったスケジュール組みが大切です。

タスクをたくさんこなそうとキツキツのスケジュールにしてしまうと、緊急の仕事に対応できなくなったり、タスクが終わらなくてモチベーションが下がったりしてしまいます。

上司や取引先に修正を求められることもあるため、あえて空白の時間をスケジュールに組み込むことも有効です。

タスク管理のコツ:タスク管理自体に時間をかけすぎない

タスク管理自体に時間をかけすぎないことも大切です。

タスク管理を徹底しようとして、スケジュール帳を丁寧に書いたり、タスクのリストアップに時間がかかりすぎたりしていては、本末転倒です。

タスク管理はあくまでも仕事効率化のひとつの手段であることを忘れないようにしましょう。

タスク管理に時間をかけないためには、タスク管理にデジタルツールを活用することが効果的です。

 

タスク管理のコツ:タスク管理アプリを導入する

タスク管理アプリを導入することで、効率的にタスク管理をおこなえます。

タスク管理アプリによって、TODOリスト形式やカレンダー形式といった違いや、他人への共有機能があったりとさまざまなサービスがあります。

無料で使えるアプリもあるので、自分にとって使いやすいアプリを見つけて、時間と手間をかけずにタスク管理をおこないましょう。

タスク管理のコツ:カレンダーアプリを活用する

カレンダーアプリをタスク管理に活用することもできます。

カレンダーにタスクを予定として入れることで、タスクにかかる時間や今すべきタスクが明確になります。

カレンダーアプリであれば、緊急の仕事の対応でタスクが変わっても、手書きに比べて変更が容易なので急な変更がストレスになりません。

タスク管理のコツ:グループウェアを活用する

チームでのタスク管理には、グループウェアの活用も有効的です。

グループウェアとは、メールやチャット、タスク管理、掲示板、ファイル管理などが一括しておこなえるシステムのことです。

チームで仕事を進める場合、アナログな方法では、タスクを洗い出したり割り振る業務に時間を取られてしまいます。

グループウェアを活用すれば、コミュニケーションを取りながらスケジュールやタスクを共有できるため、チームでの仕事を効率的に進められます。

タスク管理のコツ:ビジネスチャットを活用する

コミュニケーションツールのビジネスチャットもタスク管理に活用できます。

チャットのメンション機能やタスク管理機能を使えば、誰がどのタスクを担当するかが明確になるため、チームでのタスク管理に向いています。

使いたい機能によってページが変わるグループウェアと違って、ビジネスチャットではチャット上でコミュニケーションからタスク管理まで完結するため、より素早く効率的にタスク管理をおこなえます。

Chatworkで効率的にタスク管理をしよう

タスク管理のコツを実践し、効率的に仕事を進めましょう。

時間と手間をかけずにタスク管理をおこなうためには、デジタルツールを上手く活用することも必要です。

ビジネスチャットの「Chatwork」には、タスク管理機能が備わっており、タスクの期限・担当者を設定できるため、チームでのタスク管理に最適です。

また、Chatworkのチャット内のメッセージをタスク化できる機能があるため、チャット上のメッセージが流れて忘れてしまうといったことも防げます。

効率的なタスク管理をおこなうツールとして、Chatworkの導入をご検討ください。

上手にタスク管理するために必要なプロセスがわかる!

すぐに使える!タスク管理を極める5つのプロセス

日々の業務を効率よくこなすためには、タスク管理を上手におこなうことが必要不可欠です。タスク管理をするためのノウハウを一冊にまとめました。

これを読めば、タスク管理をするプロセスが詳細に分かります。

また、タスク管理をする方法には、紙や付箋などのアナログツールだけではなく、タスク管理向けのソフトウエアなどデジタルツールも存在します。それぞれの利点や使い分け方を理解することで、タスク管理の効率化にお役立てください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事