マネジメント経験とは?企業が求めるスキルや役割、得られる能力を解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
マネジメント経験とは?企業が求めるスキルや役割、得られる能力を解説

目次

企業に勤めていると、マネジメント経験を求められる場面があります。

しかし、ひとえにマネジメント経験といっても、マネジメント経験に該当する役割はさまざまです。

とくに、マネジメント経験に求められるのは、経験そのものよりも、マネジメント経験に必要なスキルが身についているかどうかの場合が多くあります。

マネジメント経験とは何か、マネジメント経験に求められるスキルについて解説します。

マネジメント経験とは?

マネジメント経験とは、主には組織を管理したことのある経験を指します。

組織は、何かの目的のために複数の人から形成されている集団を指し、ビジネスの場合、会社はひとつの組織であり、会社のなかにある部署もそのひとつです。

組織の管理者は、ヒトやモノ、お金などの経営資源を使って、組織の目標達成のた目に最大限の成果を出すことが求められます。

また、マネジメント経験では、組織に属する従業員の目標設定やフォローアップなど、人の管理業務も重視されています。

マネジメント経験に該当する組織の管理者は、組織全体の責任を背負う存在といえるでしょう。

マネジメント経験に該当する役割

会社に勤めている人のマネジメント経験は、役職から判断できるものがありますが、業務内容からマネジメント経験に該当する役割もあります。

マネジメント経験に該当する役割をみていきましょふ。

管理職

課長や部長など管理職の経験は、マネジメント経験に該当します。

管理職は、自身が任された組織の目標を達成するために、組織を運営することが求められ、組織の成果に対して責任を負っています。

また、部下の評価やモチベーションの管理や、経営層と現場をつなぐような役割もあります。

プロジェクトマネージャー

マネジメント経験には、プロジェクトマネージャーとしての経験も該当します。

プロジェクトマネージャーの役割は、プロジェクト全体の進行を管理することです。

プロジェクトにもそれぞれ目標が設定されているため、計画を実行し、プロジェクトメンバーを管理しながら、目標を達成する責任があります。

人材育成担当

人事部などで人材育成を担当した経験が、マネジメント経験に該当することがあります。

人材育成をおこなう際には、会社の成長に貢献できる人材となるように目標を設定して、その目標を達成できるように、計画を立てて育成をする必要があります。

人材育成担当は、企業に貢献できるような人材を育成するという目標に対し、達成できるよう人材の管理をおこなう責任があるので、これらもマネジメント経験に該当します。

マネジメント経験と考えられるスキル

マネジメント経験には、6つのスキルが備わっているかどうかが重要になります。

どのようなスキルが備わっていれば、マネジメント経験として認められるのかをみていきましょう。

計画立案のスキル

マネジメントの役割は、目標を達成できるよう組織を管理し運営していくことです。

そのためには、どのようにして目標を達成するのか、計画を立案する必要があります。

具体的には、目標を達成するために必要な日数や業務工程を洗い出し、人員を配置しスケジュールを組んでいくなどおこないます。

実現可能かつ達成が見込まれる、精度の高い計画を立案する必要があるため、マネジメントに計画立案のスキルは必要不可欠です。

スケジュール管理のスキル

目標を達成するためには、スケジュールどおりに計画を進めることが大切です。

組織全体のスケジュール管理だけでなく、各メンバーの業務がスケジュールどおりに進んでいるかを把握する必要もあります。

スケジュールに遅れがある場合は、どのように予定を立て直す必要があるのか、どのようなフォローをすればいいのかなどを検討し、計画どおりに進むようスケジュールを管理するスキルが必要になります。

>スケジュールの効果的な管理方法に関する記事はこちら

業務改善のスキル

目標達成に向けて、計画を立て実行した後は、計画どおりに進んでいるかどうかを評価します。

計画どおりに進められていない場合は、都度改善していくプロセスが必要です。

計画に対して、評価と改善のプロセスを繰り返すことで、大きな成果を獲得できる可能性があるので、マネジメントに重要なスキルのひとつです。

人材育成のスキル

組織の生産性を高めるためには、人材育成が不可欠です。

人材育成は、企業が求めるスキルと、メンバーそれぞれが獲得したいスキルのバランスを調整しながらおこなう必要があります。

各メンバーのスキルがアップし、生産性が上がれば、組織全体の成果を引き上げることにつながるので、人材育成のスキルもマネジメント経験で備えておかなければならないスキルといえます。

>人材育成に関する記事はこちら

モチベーション管理のスキル

マネジメント経験では、人の管理が重視されます。

そのため、メンバーのモチベーションを管理することも、マネジメント経験に求められるスキルのひとつです。

メンバーにとって、目標の内容やフィードバック、職場環境など、さまざまな要素がモチベーションに影響を与えます。

モチベーションが低下してしまうと、生産性の低下や離職にもつながる恐れがあるので、必ず身につけておきたいスキルといえます。

>モチベーション管理とは?に関する記事はこちら

マネジメント経験で得られるスキル

マネジメントをおこなうには、計画立案や人材育成など幅広い業務が発生します。

そのため、マネジメント経験で得られるスキルもさまざまです。

マネジメントを経験することで、どのようなスキルを得られるのかを見ていきましょう。

対人関係能力

マネジメント業務では、組織の内外の人と良好な関係を気付くことが求められます。

メンバーはもちろん、社内の他部署の人だけでなく、クライアントやサプライヤーなど、さまざまな場面で調整役になる必要があります。

そのため、人や場面によって臨機応変に対応できる、対人関係能力が身に付きます。

コミュニケーション能力

マネジメント業務では、人とのやりとりが重要な業務のひとつになります。

人とやりとりをおこなう際は、謝った情報が伝わらないよう、必要な情報を、正しく、分かりやすく伝えるスキルが求められます。

マネジメントを担う立場になると、組織やチームのメンバーだけでなく、社外や経営層とのやりとりも発生することになるため、コミュニケーション能力が磨かれます。

問題解決能力

マネジメントを担う役割のなかでも、組織の管理者にはさまざまな権限が与えられます。

メンバーには、経営資源であるヒトやモノ、カネなどを扱う権限がないので、管理者は与えられた権限の範囲内で、問題を解決することが求められます。

問題に対して、どの経営資源を扱い、どのように活用するのかなどを考える必要があるため、管理者の責任において、問題を解決するスキルが身に付きます。

リーダーシップ

組織で目標を達成するためには、誰かが先導して業務をおこなう必要が出てきます。

メンバーは管理者に比べると、組織の目標や会社の利益を意識する機会が少ないため、目標達成に関心がないことがあるかもしれません。

そのような場合、メンバーのモチベーションと組織の士気を高める必要があるため、マネジメントの役割を担う人は、リーダーシップが身に付く機会が多くあるでしょう。

>リーダーシップとマネジメントの違いとは?に関する記事はこちら

経営者視点の判断力

社内の組織はどのような組織であれ、会社の利益に貢献することが求められます。

そのため、業務のなかで管理者の判断が必要な場面では、常に経営者の視点も取り入れて判断することが必要になります。

ひとつのことにとらわれず、組織全体をさまざまな角度から客観的に考えるスキルも身に付くでしょう。

自己管理能力

マネジメントをおこなう際には、自分自身を管理することも必要です。

どんなときでも、感情に左右されずに、会社の利益とメンバーのことを考え、論理的に対応することが求められます。

また、役割を全うするために、自分自身の体調管理やストレス管理も重要なため、心身ともに管理する能力が身に付きます。

>自己管理能力を強化する方法に関する記事はこちら

マネジメント経験を通じて多くのスキルを身に着けよう

マネジメントをおこなうにあたって、必要な業務は幅広く求められるスキルもさまざです。

マネジメント経験で得られるスキルのひとつに、コミュニケーション能力があります。

組織を管理する役割を担うことになると、メンバーだけでなく、社外や経営層などさまざまな人とやりとりをおこなう機会が増えます。

コミュニケーションの方法は、対面での会話だけでなく、電話やメール、ツールの選び方によって異なるでしょう。

ビジネスチャット「Chatwork」では、チャット形式でやりとりができるため、従来のメールにくらべて、気軽にコミュニケーションができるようになります。

テキストでのコミュニケーションが難しい場合には、Web会議機能もあるため、状況に応じたコミュニケーションを選択することができます。

また、タスク管理機能もあるため、チームやプロジェクトの進行管理にも役立つでしょう。

効果的なマネジメントをおこなうためにも、ぜひ「Chatwork」の導入をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事