ソフトスキルとは?スキルの具体例や身につけるメリット、ハードスキルとの違いを解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
ソフトスキルとは?スキルの具体例や身につけるメリット、ハードスキルとの違いを解説

目次

ビジネスパーソンの業務が評価される指標は、主にスキルや処理能力など業務の進行や効率性により定められます。

しかし、最近ではそのひとり人間性に着目をした「ソフトスキル」を重視する企業も増えつつあります。

ソフトスキルとはどのようなものなのか、具体的に説明をしていきます。

ソフトスキルとは

ソフトスキルとは、目に見えない定性的なスキルのことを指します。

そのため、ひとつの基準に基づいて定義することが非常に難しいとされているスキルでもあります。

一例をあげると、コミュニケーション能力や協調性、リーダーシップ力などがあげられ、個人の特性によりスキルの高さが決まります。

ビジネスにおいては、業務における評価基準が明確なハードスキルと合わせて、ソフトスキルも必要とされています。

 

ソフトスキルとハードスキルの違い

ハードスキルとは、過去の学びや業務のなかで習得したスキルのことを指します。

たとえば、語学力や学位、資格など、客観的に評価が可能なスキルが、ハードスキルの例としてあげられます。

両者とも、キャリアアップを目指す際や適職を見つける際に、欠かせないスキルであることは間違いありません。

従来の採用活動では、客観的に評価しやすく、即戦力になりやすいハードスキルが重視される傾向にありましたが、近年は、入社後のポテンシャルを見込んでソフトスキルを重視する傾向が強くなりつつあります。

>ポテンシャル採用とは?に関する記事はこちら

ソフトスキルの具体例

「ソフトスキル」と一口に言っても、さまざまな種類があります。

今回はソフトスキルの一例として、以下のスキルを紹介します。

  • リーダーシップスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 課題解決力
  • 柔軟性
  • 自発性
  • 自己管理力

具体的なソフトスキルの種類について、詳しくみていきましょう。

 

リーダーシップスキル

リーダーシップスキルは、プロジェクトやチームの業務進行において、俯瞰的に周囲を見渡し、効率的に物事を進めていくためのスキルです。

たとえば、メンバーひとり一人の能力や特性を把握し、全員が最大限に力を発揮できるよう調整するようなことがあげられます。

>リーダーシップに必要なスキルに関する記事はこちら

 

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、業務をよりスムーズに進めるために欠かせません。

相手に、思っていることを分かりやすく伝えるだけでなく、相手の考えを的確に汲み取るスキルでもあるため、情報収集面や発信においても活躍します。

>コミュニケーション能力を高める方法とは?に関する記事はこちら

 

課題解決力

ビジネスシーンでは、さまざまなトラブルに直面することがあります。

トラブルが起きた場合も、落ち着いて的確な判断ができる能力は、どの組織に属していても求められるスキルです。

状況を迅速に把握し、行動をとることは決して簡単なことではないため、日常からトラブルとその対処法を意識することが大切です。

 

柔軟性

ものごとに対して柔軟に対応する能力も、ソフトスキルに含まれます。

あらゆる場面において、状況に応じルールや規定にとらわれすぎずに行動する力が求められます。

柔軟性は、予期せぬトラブルや業務に支障が出た場合、また、新しいメンバーが加わった場合などに発揮されるでしょう。

 

自発性

ソフトスキルにおける自発性は、上司などの指示を待って動くのではなく、自らが考えて行動できるスキルのことを指します。

ビジネスの現場では、自分で考えて行動することが求められるシーンが多く、とくに中途採用で入社した場合などは、入社早々に即戦力として求められることも多いです。

 

自己管理力

ソフトスキルには、自己管理力も含まれます。

ビジネスのシーンでは、普段の何気ない業務のなかでも求められる能力です。

自己管理力は、「ここまでならいつまでにできそう」「自分ならこの範囲までは進められる」というような判断を自身でおこなうなど、自分自身の能力やキャパシティをきちんと把握できていることが前提となります。

ソフトスキルを身につけるメリット

ソフトスキルを身につけるとどのようなメリットが得られるのか、詳しく解説していきます。

 

円滑なマネジメントをおこなえる

ソフトスキルを身につけることで、円滑なマネジメントをすることが可能になります。

マネジメントをする際は、部下であるメンバーたちの様子を細かく把握し適切にコミュニケーションをとることが重要です。

ひとり一人のスキルや特性、キャリアビジョンを把握し、個々人にあったマネジメントをおこなえるようになるでしょう。

 

プロジェクトやチームを統率できる

自らがリーダーとなり、プロジェクトやチームを統率する際にもソフトスキルは役立ちます。

リーダーシップスキルはもちろんのことながら、業務の進捗や状況を上層部と連携したり、メンバーとの意思疎通をしたりすることも欠かせません。

チームをまとめあげ、全員が同じゴールに向かっていくためにも、ソフトスキルは必要不可欠といえるでしょう。

ソフトスキルを身につける方法

ソフトスキルを身につけたり、磨いたりするためには、どのような方法があるのでしょうか。

今回は、ソフトスキルを身につける方法の一例として、以下の5つの方法を紹介します。

  • スキルのある人の真似をする
  • 自己啓発本を読む
  • 色々な人とコミュニケーションを取る
  • 新しいプロジェクトにチャレンジをする
  • 上司や先輩にアドバイスをもらう

自分にあった方法で、ソフトスキルの向上を目指しましょう。

 

スキルのある人の真似をする

ソフトスキルを身につける方法のひとつに、周囲にいるメンバーをしっかりと観察することがあげられます。

人それぞれ個性が違うように、持っているソフトスキルも異なるものです。

人によっては、個人で業務を進めているときにスキルを発揮したり、複数人と接しているときに発揮したりするなど、異なる場面でスキルを発揮することがあるため、プロセスも併せてチェックしましょう。

>仕事ができる人の特徴とは?に関する記事はこちら

 

自己啓発本を読む

ソフトスキルを習得するためのインプットとして、自己啓発本を読む方法もあげられます。

もちろん、全てがすぐに行動に転換できるものばかりとは限りませんが、知識として頭に入れておくことで発揮すべきときに、行動につなげやすくなります。

古書や哲学書などにも、ソフトスキルに訴えかける内容のものもあるので積極的に手に取ってみましょう。

 

色々な人とコミュニケーションを取る

コミュニケーション力を高めるためにも、社内社外問わず色々な人とコミュニケーションを取るようにしましょう。

コミュニケーションの方法も、対話やメール、チャットや電話など多岐に渡ります。

どのコミュニケーション方法が自分に合っているのかを知るためにも、積極的にコミュニケーションツールを活用してみましょう。

>信頼関係を築くコミュニケーション方法とは?に関する記事はこちら

 

新しいプロジェクトにチャレンジをする

自身のスキルを向上させるためにも、居心地のいい環境から一歩踏みだし、チャレンジをすることが大切です。

たとえば、会社で新たに設立されたプロジェクトにチャレンジをすることで、柔軟性や課題解決力、チームワーク力など複数のソフトスキルを養うことができるでしょう。

チャレンジするにあたっては、自発的に申し出る力も必要になります。

 

上司や先輩にアドバイスをもらう

ソフトスキルは、自分ひとりで考えていても、なかなか行動につなげにくい点があります。

その際は、自分よりも経験のある、上司や先輩社員にアドバイスをもらう方法を取り入れてみましょう。

今後自分が養いたいソフトスキルの向上につながるヒントがもらえる可能性があります。

>上司に相談する方法とは?に関する記事はこちら

ソフトスキルの取得にChatworkを活用しよう

ソフトスキルを取得するためには、周囲の人のスキルを参考にすることや、アドバイスをもらうことが有効です。

普段から、ソフトスキルの取得を意識したコミュニケーションをとるようにするといいでしょう。

コミュニケーションを活発におこなうためには、ビジネスチャットツール「Chatwork」の活用がおすすめです。

「Chatwork」はメールや電話に比べて、チャット形式でスムーズにやりとりができるため、コミュニケーションの活性化にはピッタリのツールです。

また、ビデオ通話機能もついているので、テキスト以外でのコミュニケーションも実現できます。

自身のソフトスキルを取得するためにも、ぜひChatworkの活用をご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

業務効率化の方法を検討中の方におすすめの資料
業務効率化ツール一覧

このお役立ち資料では業務を効率化したいが「何から手をつければ良いかわからない」という方向けに、業務効率化のタイプを分類し業務別の効率化モデルを紹介した資料です。

巻末には、おすすめの業務効率化ツール一覧も掲示しております。

  • 「業務効率化」とは何か
  • リスクを取らない社内思考
  • 業務効率化モデル

なども解説します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事