内定ブルーとは?原因やリスク、企業ができる対処法を解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
内定ブルーとは?原因やリスク、企業ができる対処法を解説

目次

内定ブルーとは、内定が決まった企業に対して、内定者が迷いを感じる状態を指します。

内定者に自分自身を振り返る時間が生まれるため「本当にこの企業を選んでいいのか?」という不安が高まることがあります。

放置してしまうと、内定辞退や早期離職の可能性が高まるため、企業は定期的に内定者とコミュニケーションを図ることが大切です。

内定ブルーの原因とリスク、企業ができる対策を解説します。

内定ブルーとは?

内定ブルーとは、内定が決まった企業に対して、内定者が迷いを感じる状態を指します。

内定先が決まると、あらためて内定先のことを考える時間のゆとりが生まれるでしょう。

さまざまな理由が原因で「本当にこの企業でよかったのか?」と、ネガティブな気持ちになってしまうことがあるのです。

内定ブルーに陥りやすい時期

内定ブルーは、早期内定が決まったときや入社前の時期に起こりやすい傾向があります。

企業は内定者の不安を取り除くために、心理的なサポートを実施することが大切です。

内定ブルーに陥りやすい人の特徴

内定ブルーは、自分が決めた就職先の選択に対して、疑心暗鬼になるときに起こります。

内定ブルーに陥りやすい人の特徴は、下記のとおりです。

  • 別の企業を選んだほうがよいのか、迷いを感じている人
  • 第一志望の企業に落ちて、就職先に納得できない人
  • 環境の変化、社会人になることに不安を感じている人

ただ、内定ブルーは誰でも起こる可能性があるため、企業側が内定者全員に向けてこまめにサポートをしていくことが重要です。

内定ブルーの原因

内定ブルーの原因はさまざまありますが、代表的な原因を4つ紹介します。

  • 内定先に迷いがある
  • 社会人になることへ不安がある
  • 就職先の口コミ・評判が気になる
  • 社員の対応に不安を感じている

なぜ内定者が不安を感じてしまうのか、ひとつずつの原因を確認していきましょう。

原因(1):内定先の決定に迷いがある

「別の企業を選んだほうがよいのか?」と、内定者が入社することに迷いを抱く場合は、内定先の企業に対してイメージが違うと感じたり、やりたい仕事が別に見つかったりするなど、別の企業や仕事内容に魅力を感じることが理由にあげられるでしょう。

内定先は人生を左右する重要なポイントですが、内定後に考えすぎてしまうと判断に迷いが生じます。

原因(2):社会人になる不安がある

初めて社会人を経験する人は、慣れない未知の世界に「うまくやっていけるのか」という不安を感じるものです。

入社後に不安を感じやすいポイントとして、仕事のスキル不足、配属先に対する不安などがあるでしょう。

企業側は、研修や懇親会などを実施して、社会人になる不安を解消できるように働きかける必要があります。

原因(3):就職先の口コミ・評判が気になる

内定先の企業について、インターネットの口コミや評判を確認すると、ネガティブな情報を発見することがあります。

今後の人生を左右する重要な選択になるため「内定辞退して、別の企業を選ぶほうがよいのではないか」と悩んでしまうことがあります。

ほかには、周りの友人や親から入社を反対されるなど、身近な人の意見に影響を受けて内定ブルーに陥るケースもあるでしょう。

原因(4):社員の対応に不安を感じている

面接や内定後の手続きをおこなう担当者の対応・言動の印象が悪いと、企業に対する印象も悪くなってしまうケースがあります。

入社前から不安を与えないためには、内定者の立場になって、安心感を与えられるスムーズな対応を心がけることが重要です。

内定ブルーが及ぼすリスク・悪影響

内定ブルーは、企業にどのようなリスクや悪影響を及ぼすのでしょうか。

リスクや悪影響を防ぐためにも、事前にリスクや悪影響を確認しておきましょう。

  • 内定辞退が起きる
  • 早期離職・人材が流出する
  • 体調不良につながる

内定ブルーによるリスクを解説します。

内定辞退が起きる

内定者の心理的な不安が高まると、入社するリスクを感じて内定辞退が起きてしまいます。

企業は内定者の入社に関する不安を取り除くために、サポートできる体制を整えておくことが重要です。

早期離職・人材が流出する

内定ブルーが解消できないまま入社すると、社風や仕事内容に納得がいかず、早期離職する人材が増えてしまうでしょう。

優秀な人材を獲得しても、他社に人材が流出してしまい、企業の採用コストがかさんでしまう原因になります。

>人材流出のリスクと防止策に関する記事はこちら

体調不良につながる

内定ブルーは内定者の心身に影響を与えてしまい、体調不良になることがあります。

入社前に体や精神面の調子を崩してしまい、うつ症状が出てしまうケースもあるため、企業側は心理的なサポートができる環境を整えることが重要です。

>心理的安全性を高める方法に関する記事はこちら

内定ブルーの解消に企業ができる対策

企業側は内定者の負担にならない形で、心理的なサポートをしていきましょう。

入社前の不安を解消するためにも、企業ができる内定ブルーの対策について解説します。

内定者懇親会を実施する

内定ブルーをひとりで抱え込まないためには、内定者懇親会で知り合いを作る場を設けることが重要です。

同じ時期に入社する同僚や先輩社員と話し合うことで、入社前の不安を減らす機会にできるかもしれません。

オンライン内定者懇親会を実施すると、より多くの参加者を募りやすくなります。

>オンライン懇親会の実施メリットに関する記事はこちら

定期的に内定者フォローを実施する

内定者フォローを実施することで、内定者が安心して仕事を始めやすくなります。

たとえば、入社前に社内研修でビジネスマナーを学べる時間を設けたり、実際に業務を体験する機会を設けたりする方法があるでしょう。

内定者が仕事内容を把握しやすくなるだけでなく、企業にとっても研修時間を削減できる効果が期待できます。

>内定者フォローを効果的に行う方法に関する記事はこちら

入社までにこまめに情報共有する

内定者から質問の連絡が届いたときは、なるべく早めに対応することで、内定者に不安を与えない配慮になります。

また、入社までのスケジュールを共有しておき、定期的に情報発信することも重要です。

企業がこまめにコミュニケーションを図ることで、内定者に「安心して頼れる企業」と感じてもらえます。

企業側は内定者の視点に立って、不安を解消できるようなサポートを心がけましょう。

>内定者フォローメールの必要性と内容に関する記事はこちら

内定ブルーは内定者に寄り添う対応が必要

内定ブルーは誰にでも起こる可能性があるため、企業側は事前にサポートできる体制を整えておくことが大切です。

内定者に寄り添う対応ができると、入社前に感じている不安を軽減しやすくなります。

内定ブルーの解消にコミュニケーションを図るときは、ビジネスチャット「Chatwork」を活用する方法がおすすめです。

「Chatwork」は、メールや電話に比べて、チャット形式で気軽にやりとりができるため、緊張や不安を抱く内定者とのコミュニケーションには、うってつけのツールといえるでしょう。

内定ブルーの解消に向けたコミュニケーションを図る方法として、ぜひ「Chatwork」をご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

チームに足りないものはありませんか?
チームコミュニケーションの活性化

チームでの仕事には、コミュニケーションが必須です。

活発なコミュニケーションによって、チームメンバーが「意思疎通」できるようになるだけではなく、メンバー同士が「良好な関係性」を築き、チームとしての成果を最大化することにつながります。

一方、チームコミュニケーションを活性化するために、何から手をつければよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

本資料では、まずは簡単なチェックリストによって自分のチームの現状を把握した上で、「生産性」と「エンゲージメント」の2つの側面からチームコミュニケーションを活性化する手段をお伝えします。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事