フリーランスのメリット・デメリットとは?フリーランスのメリットを最大限に活かす方法

働き方改革
AWAY

目次

働き方が多様になり、フリーランスとして働く人が増えています。

自由な働き方ができるというメリットが注目されがちですが、一方で、フリーランスにはデメリットがあることも事実です。

今回は、フリーランスのメリット・デメリットについて解説します。

また、フリーランスのメリットを最大限に活かすための方法についてもあわせて紹介します。

フリーランスという働き方

フリーランスとは、2021年3月に内閣官房、公正取引委員会、中小企業庁、厚生労働省の連名で策定されたガイドラインによると、以下のように定義されています。[※1]

実店舗がなく、雇人もいない自営業主や一人社長であって、自身の経験や知識、スキルを活用して収入を得る者

したがって、フリーランスは法令上の用語ではなく、「働き方」や「契約形態」のことをいいます。

フリーランスは企業や団体に雇用されず、個人が業務単位で仕事を請け負い、成果物を提供することで報酬を得ることが一般的です。

フリーランスになるための特別な資格や届け出の必要はありません。、個人で仕事を受託して報酬を得ることができれば、誰でもフリーランスと名乗ることができます。

よく似た用語に個人事業主があります。個人事業主とは、税務署に開業届を提出して事業をおこなっている人のことであり、税法上「個人事業主」と区分されます。

フリーランスと個人事業主の大きな違いは、開業届を出しているか否かにあります。

フリーランスのメリット

フリーランスは、個人のスキルや経験を活かし、組織に所属せず自由な働き方ができることが特徴です。

フリーランスという働き方にどのようなメリットがあるかを見ていきましょう。

時間や場所にとらわれない

自由な働き方ができることの具体的な内容として、勤務時間や働く場所を自分自身で選べることが挙げられます。

自分が働きたい時間に働きたい場所で仕事をすることで、働くことへの満足度を高めることができます。

また、在宅で仕事をする場合であれば、通勤やオフィスにいるときのストレスから解放されることも大きなメリットです。

クライアント先で働くことが決められている場合であっても、案件を自分で選ぶことも可能なため、自宅から近い会社や出社時間を交渉できる可能性もあります。

通勤や人間関係など働く上でのストレスが減る分、仕事に集中できるため、自分のスキルを最大限に発揮できるでしょう。

手取り収入が増える

会社員であれば、毎月の収入は固定されており、年収が何倍にもなるような大幅なベースアップは期待しにくいのも事実です。

しかし、フリーランスであれば、自分がこなした案件に対する報酬がそのまま手元に残り、成果次第では大幅な収入アップが期待できます。

案件に対する報酬の決定権が自分にあることも、会社員にはない魅力的な点です。

自分のスキルに見合わない報酬を提示された場合でも、クライアントとの価格交渉が可能であり、交渉がうまくいかないのであれば、そもそも契約しないという選択肢をとることもできます。

自分のスキルや技術への対価を、自分自身で決められることもフリーランスで働く喜びのひとつといえるでしょう。

定年制がない

フリーランスには定年がないため、会社勤めにおける定年後の再就職先探しに困ることがありません。また、定年後も年金以外の収入を得られるため、経済的に安心した生活を送ることが期待できます。

定年を迎える世代のフリーランスの強みは、豊富な経験値や多彩な人脈をもつことです。

長年培ってきたスキルを活用して、自分が働きたいと思う分だけ働けることも、フリーランスならではのメリットです。

仕事を選ぶことができる

フリーランスは、働く場所や勤務時間だけではなく、仕事自体を選ぶことも可能です。

異動や配置転換の可能性がある会社員は、自分の希望とは異なる業務をしなければならない場合もあります。

しかし、フリーランスであれば自分のスキルや技術を活かせる仕事を選べるので、フリーランスとしての成長スピードを速めることもできるでしょう。

また、得意分野に絞った案件を積み重ねることで、高度な専門知識をもつフリーランスとしての付加価値を高めることにもつながります。

時間の有効活用ができる

フリーランスは働く時間の自由度が高いため、時間の有効活用がしやすいというメリットがあります。

平日週5日勤務をしていると、銀行や病院に行くための時間を確保しにくいと思うこともあるでしょう。

しかし、フリーランスであれば、平日の昼間にプライベートな時間を確保することも可能です。

休日の混雑を回避することもできるため、週末と比較して短時間で用事を済ませられることも、自由な働き方ができるフリーランスの大きなメリットです。

フリーランスのデメリット

昨今は、企業に雇用されている人にも、在宅でのリモートワークが取り入れられています。同じ在宅勤務であっても、フリーランスと会社員では大きな違いがあります。

会社員にはないフリーランスならではのデメリットについても見ていきましょう。

働き方が不安定

フリーランスは、企業に雇用されている労働者ではなく事業主になります。

そのため、労働者として守られる部分がないことに注意しましょう。

基本的には、雇用保険や労災保険の対象とはならないため、万が一の際にも給付金を受け取ることができません。

また、収入面においても、契約が終了してしまえば収入を得ることができません。

最低賃金が適用されることもないため、報酬を時給に換算した際に、最低賃金を下回ってしまうこともあります。

収入や万が一の際の保証など、会社員と比較して不安定な部分が多いことがフリーランスのデメリットとして挙げられます。

全てが自己責任となる

フリーランスは、いわば会社のすべての部署をひとりで担当するようなものです。

会社に勤めている人と比較して、フリーランスとしての働き方に伴う責任が大きいことは確かです。

スケジュールやタスク管理をはじめ、クライアントへの売り込み、税務処理などのすべてを自分で責任をもって管理しなければなりません。

働く時間や場所が自由である反面、怠けていても誰かに制限されることもありません。しかし、納期までに成果物を提出できないときに、サポートしてくれる上司や同僚もいません。

フリーランスは、プライベートな時間も含めた生活のすべては自己責任であり、周囲のサポートが受けにくいことを認識しておきましょう。

社会的信用がないことがある

フリーランスは収入が不安定であることから、社会的信用が低く見られてしまう傾向があります。

ローンを組みにくいことや融資を受けにくいことで、事業に必要な資金を得られないなどのデメリットを感じる人もいるようです。

フリーランスで働く人が増えたとはいえ、公務員や大企業に長年勤めている人に比べて、フリーランスは社会的信頼性を得にくいことが実情のようです。

人脈が作りづらい

フリーランスは、基本的に個人としての活動になるため人と接する機会が減ります。そのため、人脈が作りづらいというデメリットが発生します。

昨今は、クラウドソーシングを利用することで、人脈をもたない人でも案件を獲得することが可能になりました。

しかし、より単価が高く継続した案件を引き受けたい場合、人脈を活用して直接の交渉ができるほうが有利にはたらくこともあります。

収入アップや継続した案件獲得のためには、積極的な人脈づくりができることもフリーランスに求められるスキルのひとつでしょう。

スキルアップのシステムが用意されていない

企業には、入社後の新人研修や外部の講師を招いたセミナーなど、人材育成システムが用意されていることが多く、会社という組織を利用してスキルアップをすることができます。

一方で、フリーランスには人材育成システムがなく、スキルアップは自らの意思にゆだねられています。

上司や同僚からのフィードバックを受けることもないので、自分で弱みを分析しなければいけません。

しかし、フリーランスや起業家に向けたセミナーや研修に自主的に参加することで、スキルアップが期待できます。

フリーランスや起業家向けのセミナーでは、スキルアップだけではなく、同じ境遇の参加者同士の交流を深めることにもつながるでしょう。

フリーランスのメリットを活かす方法

フリーランスとしてのメリットを活かすには、どのようなことに取り組むことが求められるかについて見ていきましょう。

フリーランスのデメリットと感じる部分を「課題」と捉えて解決することで、メリットへと変化させることも期待できます。

スキルを磨く

フリーランスは、自分のスキルを活かして働けることがメリットです。

スキルがなければ収入アップや安定した案件の確保が難しくなり、フリーランスとしての働き方に疑問を感じてしまうかもしれません。

そこで、フリーランスに必須とされるスキルを、さらに磨き上げることに取り組んでみましょう。

また、現在のスキルにより専門性をもたせる、または「+マーケティング」「+動画編集」のようにスキルをプラスアルファすることで、フリーランスとしての希少価値が高まります。

積極的に人脈を広げる

フリーランスのデメリットである人脈がつくりづらいことを課題ととらえ、積極的に人脈を広げてみましょう。

自分がフリーランスであることや、自分のもつスキルを知っている人が多ければ多いほど、仕事を依頼したい人の数も多くなります。

積極的に人脈を広げ続けることは、自分自身の売り込みに直結していることを実感できるはずです。

具体的な人脈づくりとして、コワーキングスペースの利用やコミュニティへの参加などが挙げられます。こうした対面での人脈づくり以外にも、SNSやブログなどweb上での発信を掛け合わせると効果的です。

自己管理能力を向上させる

時間や場所にとらわれない働き方ができるというフリーランスのメリットを、最大限に活かすために自己管理能力を磨きましょう。

働く時間を自由に決められるのであれば、仕事に費やしている時間に無駄はないか、生産性の下がる時間帯はいつかなどを明確にして、時間管理の仕方を見直してみましょう。

高いパフォーマンスを発揮できる時間に仕事ができれば、生産性向上につながります。

また、働く場所が選べるメリットを活かし、仕事に集中できる場所を見つけることもおすすめです。働く時間も場所も自由なフリーランスには、公私にメリハリをつけ、仕事モードへと自らを高められるように、自分自身を管理することも大切です。

フリーランスのメリットを活かすならChatwork

フリーランスという働き方は、自由に働けるメリットが多くあります。一方で、社会的な信用がない場合があったり、ミスがすべて自分の責任になるなど厳しい部分もあります。またクライアントとの関係を獲得するための努力も必要です。

フリーランスとして働くのであれば、Chatworkを利用することもおすすめです。

フリーランスには、クライアントとのコミュニケーションが欠かせません。クライアントが投げかけた質問に対しすぐに反応してくれる人とは、話が早く進められるため仕事を依頼しやすくなります。

Chatworkのチャット機能は、スピード感のあるやりとりができるので、相手の依頼に対して迅速に反応することができます。

また、Chatworkのグループ機能を利用して人脈を広げることも可能です。知り合いを通じてグループに追加してもらうことで、すぐにコミュニティに参加することができます。

複数の人とリアルタイムにコミュニケーションをとれることも、Chatworkの利点です。

Chatworkのタスク管理機能を活用すれば、やらなければいけないことが可視化できるため、納期遅れを回避することもできます。

フリーランスとして働くなら、Chatworkを活用して、フリーランスのメリットを最大限に活かしてみましょう。

Chatworkは無料で使い始めることができます。また、モバイル版アプリを使ってスマートフォンから操作することも可能ですので、ぜひご利用ください。

[※1]出典:経済産業省「フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン」
https://www.meti.go.jp/press/2020/03/20210326005/20210326005-1.pdf

Chatworkをもっと知りたい方におすすめの資料
3分でわかる!Chatwork

ビジネスチャットChatworkは、メール、電話、会議・訪問などでおこなわれているコミュニケーションを効率化します。

Chatworkの機能、特徴、料金プランなどを紹介します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事