上司に「了解しました」は失礼?正しい敬語と目上の人へのメールを例文つきで解説

ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

上司に「了解しました」と送るのは、失礼にあたるため不適切な表現です。

仕事をするうえで「了解しました」と送りたくなる機会は多くありますが、正しい敬語がわからずに悩む人は多いかもしれません。

正しい敬語を知ることで、上司に限らず取引先など、相手に失礼のないメールを送れるようになるでしょう。

上司に「了解しました」と送りたいときの正しい敬語表現や、目上の人にメールを送るときのポイントを例文つきで解説します。

上司に「了解しました」と返信するのは間違い?

上司に「わかりました」と伝えたいとき、「了解しました」という表現を使っている人もいるのではないでしょうか。

「了解しました」は同僚や部下に対して使うのは問題ない表現ですが、上司に使うのは失礼にあたる表現です。

なぜ不適切なのかを詳しく見ていきましょう。

「了解しました」の意味

「了解しました」というフレーズは、さまざまな意味をもった表現として使われます。

たとえば、以下の4つの意味合いで活用されることが多いです。

  • 「わかりました」
  • 「理解しました」
  • 「納得しました」
  • 「承知しました」

便利なフレーズである反面、使う相手によっては注意が必要な表現です。

「了解しました」は上司の返信に適さない

「了解しました」という言葉は、本来、上の立場の人が目下の人に対して使い始めた言葉のため、上司に使うのには適していない表現です。

「了解しました」の謙譲語である「了解いたしました」を使った場合でも、相手によっては失礼であるととらえられる可能性が高いため、使用は控えましょう。

また、「了解しました」と似ている「了承しました」も、上司にいう言葉として適していないため、注意が必要です。

「了解しました」は同僚や部下への返信に適している

上司に対して「了解しました」を使うのは不適切ですが、同僚や部下に「了解しました」を使うのは問題ありません。

また上司であっても、信頼関係が築けていて、距離を縮めたい相手であれば、使えるケースもあります。

ただし、自分では信頼関係が築けていると思っていても、相手が同様の認識であるとは限りません。

使い方を誤れば「失礼な部下」ととらえられてしまうため、慎重に判断して使うようにしましょう。

上司に「了解しました」と返信したいときの敬語表現

上司に「了解しました」と返信したいときの正しい敬語表現は、「承知しました」と「かしこまりました」の二つです。

例文を交えながら、詳しく見ていきましょう。

メール返信例(1):「承知しました(承りました)」

「承知しました」というフレーズは、上司や取引先など、目上の人に「了解しました」の意味合いで送るフレーズとして失礼がない表現です。

なお「承知しました」がもつ意味合いは、以下の3つです。

  • 「わかりました」
  • 「理解しました」
  • 「承諾しました」

「承知しました」を使うときの例文は以下です。

  • 「○○の件、承知しました」
  • 「○○について、承知いたしました」

なお、「承知しました」をさらに丁寧な表現にしたい場合、「承知いたしました」を使うとよいでしょう。

メール返信例(2):「かしこまりました」

「かしこまりました」は、依頼や命令などを承諾するときに適しているフレーズです。

「かしこまりました」には、「つつしんでお受けします」という意味合いが含まれているため、「承知しました」よりもややへり下った敬語表現です。

「かしこまりました」を使うときの例文は以下です。

  • 「かしこまりました。○○(依頼の内容)を対応いたします」
  • 「○○の件、かしこまりました」

必要に応じて、「承知しました」と「かしこまりました」を使いわけるようにしましょう。

メール返信例(3):「わかりました」

「わかりました」も、上司や目上の人、お客様相手に使える表現のひとつです。

「承知しました」や「かしこまりました」が固いと感じるような場面では、「わかりました」を使ってもよいでしょう。

また、マナーを守りつつ距離を縮めたいときにも有効な表現です。

上司への返信で悩みやすいポイント

上司に「了解しました」の意味合いで返信したいとき、主に以下で悩むのではないでしょうか。

  • 「承知しました」と「かしこまりました」はどちらが丁寧なのか
  • 「承知しました」と「了承しました」にはどのような違いがあるのか

二つのポイントについて、それぞれ以下で詳しく見ていきましょう。

「承知しました」と「かしこまりました」はどちらが丁寧なのか

「承知しました」と「かしこまりました」では、「かしこまりました」のほうがより丁寧な表現です。

そのため、丁寧さを重視して返信したいときは、「かしこまりました」を使うのが適切です。

「承知しました」と「了承しました」の違い

「承知しました」と「了承しました」の使い分けに悩む人が多いかもしれません。

「承知しました」は、上司や取引先など目上の人に対して使う表現です。

一方で「了承しました」は、上司などが部下などの目下の相手に対して「許可の意味合い」をもって使う表現です。

そのため、上司に対しては、「承知しました」が適切な表現です。

「了承しました」は不適切な表現になるので注意しましょう。

上司からの「了解しました」メールに返信する必要はある?

上司から「了解しました」とメールがくることもあるでしょう。

このとき、「了解しました」のメールに返信する必要があるのか悩む人がいるかもしれません。

メールのマナーや返信の例を交えながら見ていきましょう。

送り主が終わらせるのがマナー

上司からの「了解しました」メールには、返信しなくても問題はありません。

 

しかし、メールのやりとりは送り主が終わらせるのがマナーといわれているため、自分からメールを送った場合は、自分の返信でメールを終わらせるようにするとよいでしょう。

返信するべきか迷ったときのために、メールは送り主の返信で終わらせる、と自分のルールを設けるのもひとつの選択肢です。

「了解しました」への返信フレーズ

上司からの「了解しました」メールに返信したいときは、以下の例文を活用するとよいでしょう。

  • 「ありがとうございます。よろしくお願いいたします」
  • 「ご理解頂き感謝いたします。よろしくお願いいたします」

短すぎると事務的に感じるため、ふた言ほどで返信するのが理想です。

「了解しました」の英語表現

仕事をするうえで、英語で「了解しました」と伝える必要がある場合もあるでしょう。

英語には敬語表現がないと思っている人も多いですが、ビジネスの場では状況に応じて丁寧な言葉遣いが求められます。

上司には避けたほうがいい「了解しました」

英語にも、上司に使うには不適切な表現があります。

使う相手が上司の場合、避けたほうがいいフレーズは以下です。

  • 「OK.(わかりました)」
  • 「All right.(了解しました)」
  • 「Sounds good.(了解です)」

上記は、いずれも「了解しました」の意味合いで使わるフレーズですが、カジュアルな表現になります。

そのため、同僚や部下に対して使う場合は問題ありませんが、上司や取引先の相手に使う場合は不適切になるため避けましょう。

「了解しました」の基本の英語表現

上司や取引先の相手に「了解しました」と伝えるとき、基本となるフレーズの例は以下です。

  • 「Sure.(もちろんです/了解です)」
  • 「Of course.(承知しました)」
  • 「Noted.(了解しました)」

なお、「Noted.」は社内で使うのに適した表現です。

「承知しました」や「かしこまりました」と伝えたい場合

「了解しました」を、丁寧な表現で伝えたいときは以下のフレーズを活用しましょう。

  • 「Certainly.(承知しました)」
  • 「Absolutely.(かしこまりました)」

上記は、日本語の「承知しました」や「かしこまりました」を伝えたいときの表現として適しています。

理解したことを伝える「了解しました」

「理解しました」という意味で「了解しました」を使いたいときは、以下のフレーズを活用するとよいでしょう。

  • 「I understand.(了解しました)」
  • 「Copy that.(了解しました/承知しました)」

相手に同意したいときの「了解しました」

相手に同意や賛成を伝えたいときの「了解しました」は、以下のフレーズを活用しましょう。

  • 「I agree with you.(あなたの意見に賛成です)」

依頼を受けるときの「了解しました」

相手からの依頼を受ける際の「了解しました」は、以下のフレーズが適しています。

  • 「We have approved your request.(ご依頼を承りました)」

なお、上記のフレーズは「つつしんでお受けします」の意味を含む、ややへり下った表現です。

スケジュールを確認したときの「了解しました」

会議日程などのスケジュールを確認したときに使う「了解しました」の例文は以下です。

  • 「I acknowledge the schedule.(スケジュールについて了解しました)」
  • 「I acknowledge the ○○ (会議など)on △△(日付).(△△の○○について了解しました)」

「acknowledge」は、「日程を認識しました」と伝えるときに利用する表現です。

社内のやりとりにChatworkを活用しよう

上司に「了解しました」と伝えたいときは、「承知しました」や「かしこまりました」などの、正しい敬語表現を使うようにしましょう。

正しい敬語表現を使うことは、相手との信頼関係構築や、コミュニケーションの活性化につながります。

なお、信頼関係を築くためのコミュニケーションや、会話の活性化を図るためのツールとして、ビジネスチャットも有効です。

ビジネスチャット「Chatwork」は、簡単に会話形式でやりとりができるツールです。

また、絵文字やリアクション機能を使うことで、ビジネスメールよりも肩の力を抜いてやりとりができるため、コミュニケーションの活性化にも役立つでしょう。

社内のコミュニケーション活性化や、信頼関係の構築を図るツールとして、ぜひ「Chatwork」をお役立てください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

チームに足りないものはありませんか?
チームコミュニケーションの活性化

チームでの仕事には、コミュニケーションが必須です。

活発なコミュニケーションによって、チームメンバーが「意思疎通」できるようになるだけではなく、メンバー同士が「良好な関係性」を築き、チームとしての成果を最大化することにつながります。

一方、チームコミュニケーションを活性化するために、何から手をつければよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

本資料では、まずは簡単なチェックリストによって自分のチームの現状を把握した上で、「生産性」と「エンゲージメント」の2つの側面からチームコミュニケーションを活性化する手段をお伝えします。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事