女性リーダーが活躍するには?女性リーダーの特徴や求められるスキルとは

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
女性リーダーが活躍するには?女性リーダーの特徴や求められるスキルとは

目次

働く女性のなかには、キャリア形成に悩む人や、ワークライフバランスの実現に悩む人も多いのではないでしょうか。

女性の昇進や雇用機会は増えてきているものの、リーダーや経営に関わる役職の女性は、海外と比較すると未だ少なく、日本の女性リーダーの育成は遅れているといえるでしょう。

1985年の「男女雇用機会均等法」の制定をはじめとして、女性のリーダー化を目指す企業は多くありますが、なぜ女性リーダーが求められているのでしょうか。

女性リーダーが少ない理由や求められる背景、女性リーダーを育成する方法について解説します。

女性リーダーが少ない理由とは

海外の企業と比較すると、日本は「女性リーダー」が少ないといえるでしょう。

なぜ日本企業は、女性リーダーが少ないのでしょうか。

日本企業に女性リーダーが少ない理由についてみていきましょう。

リーダーになりたいと思っていない

日本企業に女性リーダーが少ない理由として、「リーダーになりたいと思う女性が少ないこと」が理由としてあげられます。

なぜ「リーダーになりたい女性」は少ないのでしょうか。

この背景には、人間誰しもがもっている「無意識の思い込み」が影響している可能性があります。

人間には、自分自身では気がついていない無意識の思い込みや先入観(アンコンシャス・バイアス)というものがあり、この先入観が「リーダーはこうあるべき」「リーダーは男性であるべき」という価値観を形成していると考えられます。

とくに日本では、「こうあるべき」という思想をもつ人が多いため、言葉にしていなくても、無意識的に「リーダーは男性であるべき」という価値観がつくり出されている風潮があります。

このような無意識の思い込みや風潮が、女性自身に「女性はリーダーにふさわしくない」と思い込ませ、「リーダーになりたい」と思わせなくなっていると考えられるでしょう。

ワークライフバランスの実現が難しい

女性リーダーが少ない理由として、「ワークライフバランスの実現の難しさ」もあげられるでしょう。

女性の場合、結婚や出産・育児などの、「キャリアの中断」が必要なライフイベントがあるため、仕事のみに没頭することが難しい期間ができてしまいます。

産休や育休などで、一定期間仕事を休職する、育児や家庭との両立のために時短勤務を余儀なくされるなどの理由で、同年代の男性と比較して、キャリアを形成することが難しくなると、キャリア転換をする女性や、キャリアを諦める女性もいるでしょう。

プライベートと仕事を両立する「ワークライフバランス」が、実現しづらいという現実が、女性がリーダーになるきっかけを失わせているといえます。

>ワークライフバランスとは?に関する記事はこちら

ロールモデルがいない

女性リーダーが少ない理由として、ロールモデルが少ないこともあげられるでしょう。

「あんな女性になりたい」「あの先輩のように活躍したい」と思えるような女性リーダーの前例がないと、自分自身がリーダーになるイメージをもちづらいです。

男性の場合は、冷静さや決断力などの能力が評価されると、若くしてリーダーに抜擢されることもありますが、女性の場合は、能力が評価され、抜擢されるケースはまだまだ少ないのが現状です。

外資系企業に女性リーダーが多い理由

外資系企業に女性リーダーが多い理由として、「多様性が認められていること」が、理由としてあげられるでしょう。

外資系企業は、年功序列制度をとっておらず、ポジションや役職が、個人の能力で決められる「実力主義」をとっています。

そのため、外資系企業では、社歴が浅い場合や、年齢が若い場合でも、能力さえ高ければ、性別関係なく役職をもつことができます。

このような「実力主義」が全社員にうけいれられている背景にあるのが、多様性の受容です。

外資系企業では、年齢や性別だけでなく、国籍やバックグラウンドもさまざまな人が働いているため、年功序列のような制度を用いることが難しいです。

そのため、個人の能力を重要視し、評価する「実力主義」が採用されています。

このような制度のなかでは、家庭との両立を目指す働き方や、出産・育児で中断したキャリアを形成し直す働き方がしやすいため、日本企業と比較して、女性がリーダーになる機会が多いのでしょう。

女性リーダーが求められる背景

日本企業に女性リーダーが少ない理由についてみてきましたが、このような背景があるなかで、なぜ女性リーダーが求められるのでしょうか。

その理由のひとつとして、女性リーダーを育成することが、企業に好影響を与えることがあげられます。

仕事を円滑に進めるためには、取引先や顧客、同僚などと、密なコミュニケーションが求められるシーンが多くありますが、このようなシーンで、相手の気持ちを的確に把握して、やりとりを進めるためには、高い観察力やコミュニケーションスキルが求められます。

一般的に、女性は男性よりも、観察力やコミュニケーションスキルが秀でているといわれるため、このようなシーンで、高いスキルを発揮するでしょう。

また、高い観察力やコミュニケーションスキルは、インナーコミュニケーションにも役立つスキルです。

女性は、相手への共感性も高いため、部下や同僚のモチベーションとなる事柄を理解し、適切な気遣いや声がけで、心理的安全性の高い職場づくりにも貢献します。

このような社外・社内への影響力から、女性リーダーを育成するメリットが理解できるでしょう。

>インナーコミュニケーションとは?に関する記事はこちら

女性リーダーの特徴

女性のリーダーは「変革型リーダーシップ」と呼ばれるリーダーシップをもっていることが多いです。

「変革型リーダーシップ」とは、メンバーの意見に耳を傾け、モチベーションを向上させることが得意なタイプのリーダーで、信頼、モチベーション、傾聴力、コーチング力に長けているという特徴をもっています。

女性固有の特徴である、「優しさや周囲へを気遣う性質」は、信頼を得ながら、メンバーのモチベーションを維持し、成果創出を目指すリーダーに、備わっているべき性質です。

男性の場合、研修をうけ、努力をしなければなかなかその素養は身につけられません。

一方で女性の

場合は、意識をしなくてもその性質をもちあわせていることが多いため、リーダーとして活躍する際の強みになると考えられています。

女性リーダーを育成するメリット

女性リーダーが求められる背景や、特徴について確認しましたが、実際に、企業が女性リーダーを育成するメリットはあるのでしょうか。

組織の意識改革につながる

企業が女性リーダーを育成するメリットとして、「組織の意識改革がはかれる」ことがあげられます。

女性リーダーが社内にいることで、女性社員は、キャリアプランを立てやすくなったり、キャリア志向の強い女性社員は、ロールモデルとして、目標にすることができたりするようになります。

また、女性社員の意識が高まることで、男性社員を含む組織全体の意識改革も期待できるため、生産性向上や、モチベーションの向上の効果も見込めるでしょう。

企業イメージ向上

女性リーダーを登用することは、女性の活躍に力をいれている企業として、企業イメージを向上させる効果も期待できます。

労働人口の減少で、優秀な人材確保が難しくなっているなかで、さまざまな人が活躍しやすい企業として、求職者に認知させることは、効果的な施策といえるでしょう。

女性リーダーを育成する方法とポイント

企業が女性リーダーを育成するメリットを解説しましたが、具体的にはどのように育成をおこなえばいいのでしょうか。

女性リーダーを育成する方法や成功のポイントについて詳しくみていきましょう。

働きやすい職場環境を整える

女性リーダーを育成するためには、女性が働きやすい職場環境を整えることが大切です。

まずは、女性リーダーの育成の障壁となっている、勤務時間や業務内容の見直しからはじめましょう。

産休や育休をとりやすい雰囲気や、育児のために有給・早退がしやすい体制、女性が自分のキャリアを大切にできる評価体制なども重要です。

女性社員に限らず、さまざまな従業員が、長く働きたいと思える職場環境をつくっていくことは、女性がリーダーとして活躍できる企業づくりにもつながるでしょう。

>働きやすい職場とは?に関する記事はこちら

育成に時間がかかることを認識する

女性リーダーを育成する際は、時間がかかることを認識することが、成功のポイントです。

女性リーダーの前例がない企業は、ロールモデルとなる女性社員がいないだけでなく、そもそもリーダーになるための経験や知識を身につける機会自体を、女性社員に与えていないこともあるでしょう。

この場合、新たに育成をはじめるとなると、配置転換や育成体制の見直しなど、さまざまな点を改善する必要が出てきてしまうため、短期的に女性リーダーを育成することが難しいです。

短期的な成果を求めようとせず、育成体制の整備をしっかりとおこない、長期的な視点でとりくんでいきましょう。

>人材育成のポイントや注意点に関する記事はこちら

相談しやすい環境を構築する

女性リーダーを育成する際は、女性が相談しやすい環境をつくることも、成功のポイントです。

リーダーになることに不安を感じている人や、相談しにくい悩みを抱えている人もいるでしょう。

女性リーダーの不安をとりのぞき、意欲的に働いてもらうためにも、企業は、女性リーダー同士のネットワークの強化や、相談体制の充実などにとりくみましょう。

女性リーダーが孤立しない仕組みづくりは、女性リーダーの不安をとりのぞく効果にくわえて、女性がリーダーになることを後押しする効果もあるでしょう。

女性リーダーに求められるスキル

ここまで、女性リーダーが企業にもたらすメリットや、女性リーダーを育成する方法についてみてきましたが、実際にリーダーになるためには、どのようなスキルが求められるのでしょうか。

男性リーダーとは異なるメリットや効果を企業にもたらすとして、注目を集めている「女性リーダー」に、求められるスキルをみていきましょう。

コミュニケーション能力

高いコミュニケーション能力が、女性リーダーには求められます。

人それぞれがもっている「認めてほしい」という承認欲求を、きちんと把握し、言葉で伝えることで、部下や同僚のモチベーションを鼓舞することができます。

そのため、部下や同僚の、意見や目標、価値観を、正しく把握し、正しく評価するための、密なコミュニケーションが、リーダーには求められるでしょう。

周囲からの信頼

周囲からの信頼も、女性リーダーに求められるスキルのひとつです。

リーダーは、組織をうまくけん引し、企業利益に貢献する役割を担っていますが、達成するためには、「周囲からの信頼」が欠かせない要素になります。

部下のミスをカバーする・足りない部分を指摘し指導する、・意見がぶつかった際は耳を傾けるなど、さまざま行動を通して、メンバーとの信頼関係を構築する必要があります。

リーダーだからといって、周囲に指示をだすだけではなく、感謝の気持ちをもって、業務にあたることで、自然と周囲から信頼されるリーダーに成長していくでしょう。

>信頼関係を築くコミュニケーションとは?に関する記事はこちら

統率力

統率力・マネジメントスキルも、女性リーダーに求められるスキルです。

リーダーは、達成すべき目標を設定し、達成するために必要な業務や役割を、メンバーに割り振っていく役割があります。

目標をメンバーに正しく伝達するスキルや、メンバーを適切にマネジメントするスキル、目標達成に導くスキルなど、多角的なスキルをもって、メンバーを統率していくことが求められるでしょう。

>リーダーシップとは?に関する記事はこちら

さまざまな方法で組織活性化をはかりましょう

女性リーダーは、高いコミュニケーション能力や観察力で、企業に利益をもたらす存在として、注目を集めています。

女性リーダーを育成したい企業は、職場環境の整備や相談しやすい環境づくりなどのポイントを意識し、長期的な視点で、育成体制を整えていきましょう。

働きやすい環境づくりには、密なコミュニケーションが必須です。

ビジネスチャット「Chatwork」は、離れた場所でも、会話のようにスムーズなやりとりが可能になるコミュニケーションツールです。

同じオフィスにいなくても、スピーディーなやりとりが可能になるため、働き方の多様化にも貢献するでしょう。

働き方の多様化は、働きやすさにもつながるため、女性のリーダー化の障壁となっている、ワークライフバランスの実現にも効果的です。

新たなコミュニケーション手段として「Chatwork」の導入をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事