仕事に疲れたときの対処法を紹介!仕事に疲れる原因とは

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
仕事に疲れたときの対処法を紹介!仕事に疲れる原因とは

目次

1日の大部分の時間を費やしている「仕事」ですが、疲れを感じることも多いのではないでしょうか。

仕事をするなかで、仕事内容や人間関係、時間の使い方などにストレスを感じると、心身に疲労が蓄積されてしまいます。

自分の心身を守るためにも、仕事の疲れには適切に対処し、健康的に働くことを目指しましょう。

本記事では、仕事に疲れを感じる原因や疲れの悪影響から、適切な対処法までを詳しく解説します。

仕事に疲れる原因

社会人にとって1日の大部分の時間を費やす「仕事」ですが、なぜ疲れを感じてしまうのでしょうか。

疲れが蓄積されてしまうと、心身に悪影響が生じる恐れもあるため、原因を把握し、適切に対処していくことが大切です。

適切な対処法をみつけるためにも、まずは仕事に疲れを感じる原因についてみていきましょう。

原因(1):仕事量が多い

自分のうけもつ仕事量が多いと、仕事や時間に追われ、疲れを感じやすくなります。

また、仕事量が多いと、納期に間に合わせたり、次の仕事に支障がでないようにしたりするために、昼休憩を削ったり、残業したり、朝早く出勤したりして、対応せざるをえない可能性もでてきてしまいます。

十分な休養をとらずに働き続けてしまうと、心身ともに疲労が蓄積する危険性が高まります。

>【社労士監修】過重労働とは?に関する記事はこちら

原因(2):人間関係が悪い

職場の人間関係の悪さは、心の疲れにつながります。

たとえば、自分のことしか考えられない同僚がいた場合、仕事の依頼や相談で話しかけた際にも、めんどくさそうな対応をとられたり、不機嫌な対応をされたりして、話しかけること自体がストレスになってしまうこともあるでしょう。

また、職場に派閥がある場合には、社員同士の対立により、協力して仕事をすることが難しくなるため、仕事のしづらさを感じ、疲れてしまうでしょう。

>風通しのよい職場にする方法に関する記事はこちら

原因(3):仕事に対して給与が低い

仕事内容や責任に対して給与が低いと、仕事への意欲ややりがいが減少し、仕事自体に苦痛を感じてしまう可能性もあります。

仕事で得られる給与は、自分の生活を支える資金となりますが、給与が低いと生活水準も低くせざるをえなくなるため、プライベートも充実できず、不安や不満で心に負担がかかり、仕事に対してますますモチベーションが低下し、疲れてしまうでしょう。

また、意欲ややりがいがもてないと、パフォーマンスが低下してしまい、結果として給与があがらなくなるという負のスパイラルに陥る可能性もあります。

>働きがいの重要性に関する記事はこちら

原因(4):拘束時間が長い

人によって異なりますが、仕事は1日8時間、週に5日間ほどあり、休憩も自由にとれないなど、拘束時間が長いです。

また、職種や業界によっては、有休を自由にとりづらかったり、有休をとることが難しかったりすることもあるでしょう。

残業が多ければ拘束時間も長くなるため、自分の生活が仕事ばかりになり、ストレス発散したり休養をとったりできず、疲れが蓄積されてしまいます。

仕事に追われる日々が続いてしまうと、身体だけでなく、精神の健康にも影響がでる危険性があります。

>【社労士監修】残業の定義とは?に関する記事はこちら

原因(5):成果や努力が認められない

仕事で成果をだしても、認められなければ、モチベーションが低下し、仕事へのやりがいを失ってしまうでしょう。

たとえば、営業職で営業成績トップになった際に、上司から褒められたりボーナスに反映されなかったりすると、自分の努力に意味を見出せず、不満や虚無感を抱いてしまいかねません。

また、目に見えた成果がでづらい事務職なども、日々の仕事が評価されないと、自分の仕事に意味はあるのかと疑問を感じ、仕事を続けることが苦痛になる恐れがあります。

それぞれの仕事内容や成果に応じて、適切な評価や見返りを与えることは、従業員のモチベーションを維持するうえで非常に重要です。

仕事の疲れが及ぼす悪影響とは

ここまで仕事に疲れを感じる原因について、いくつかの例をあげて確認してきました。

いくつかの原因のなかで説明した通り、疲労が蓄積すると、身体と精神それぞれに悪影響が及ぶ可能性があるため、注意が必要です。

では、実際にどのような悪影響が生じる可能性があるのでしょうか。

仕事の疲れが及ぼす悪影響について、身体と精神それぞれの側面から確認していきましょう。

身体への悪影響

仕事内容や人間関係の疲れが蓄積されると、身体に不調があらわれます。

たとえば、だるさや身体の痛みを感じたり、肌が荒れたり、食欲が減少もしくは増加したりなどが一例としてあげられます。

また、睡眠の質が悪くなり、寝ても眠気が消えない、起きていると眠気を感じるなどの症状も想定されます。

仕事に追われることで規則正しい生活が送れず、本来のパフォーマンスが発揮できないと、「なんのために仕事をしているのか」という気持ちになってしまうこともあります。

本来のパフォーマンスが発揮できず、仕事が溜まっていくと、さらに仕事に費やす時間が増えてしまい、結果として不規則な生活になってしまうなど、負のスパイラルに陥ってしまうでしょう。

精神への悪影響

疲れの蓄積は、身体だけでなく、精神へも悪影響を及ぼします。

たとえば、やる気や気力が低下してしまい、仕事に関わらず、私生活に関わる事柄にとりくむのも億劫に感じてしまうこともあるでしょう。

また、物事に集中できない、考えがまとまらないなど、思考能力の低下や、気分のアップダウンが激しくなることも症状としてあげられます。

思うように仕事が進まないと、人にあたってしまう、自己嫌悪に陥ってしまうなど、さまざまな悪影響が生じる危険性があります。

自分の心を守るためにも、疲れには適切に対処することが大切です。

仕事に疲れたときの対処法5選

仕事の疲れが蓄積すると、心身に悪影響が生じることを確認してきました。

疲れには適切な対処をおこない、健康的に働くことを目指しましょう。

仕事の疲れを軽減する方法について、いくつかの例を紹介します。

対処法(1):上司や周囲の人に相談する

仕事の業務量が多かったり、残業が続いたりしている場合には、上司や同僚に相談しましょう。

体力や疲れのピークは人それぞれで、人が他者の疲れを判断することは難しいです。

そのため、自分が仕事に対し疲れを感じたら周りに相談し、積極的にフォローを依頼することが大切です。

上司や同僚は、そもそもほかの人の仕事内容を把握しておらず、仕事量の多さに気づいていない可能性もあります。

まずは相談することで仕事量について理解してもらい、業務の再分担や削減など、自分の負担軽減するためのとりくみをおこないましょう。

「仕事ができないと思われたくない」「不満を口にする人だと思われたくない」などの不安から、相談できない人もいるかもしれませんが、体調を崩してしまっては、元も子もありません。

直属の上司に相談しにくい場合は、人事などの別部署に相談するなどの方法もあります。

自分だけで悩みやストレスを抱え込まないように意識しましょう。

>心理的安全性とは?に関する記事はこちら

対処法(2):社内窓口や産業医に相談する

職場の人間関係の悩みなど、上司や同僚に相談しづらい内容もあるでしょう。

部署やチームで解決が難しい問題は、社内窓口や産業医など、適切な窓口へ相談することも、ひとつの手です。

場合によっては、部署異動を希望することで、ストレスを感じる職場から離れられる可能性もあります。

相談するほどの内容じゃないと思うこともあるかもしれませんが、自分の心を守るためにも、はやめに相談することを検討しましょう。

対処法(3):休みをとる

仕事で疲れを感じたら、思い切って休みをとることも大切です。

疲れを感じたまま無理をして仕事を続けてしまうと、精神的な不調をきたしてしまい、私生活も辛くなる危険性があります。

自分のことは自分で守ることが大切です。

心身を壊してまで仕事を続けることはないため、適度な休みや睡眠を意識的にとるようにしましょう。

しっかりと休みをとり、体力と気力を回復させたほうが、仕事の効率やパフォーマンスも向上させることができるでしょう。

対処法(4):仕事内容を見直す

仕事量の多さが負担になっている場合は、仕事内容を見直し、改善することが大切です。

たとえば、自分が担当している業務のなかに、不要な業務がないかを確認したことはありますか。

また、同僚が大変そうだからと、ほかの人の業務を巻きとったり、新たな業務を引き受けてしまったりしていることはないでしょうか。

手に負えない業務量になってしまうと、納期に間に合わなかったり、クオリティが低下してしまったり、取引先や同僚に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

自分の業務内容を見直し、優先度をつけて、適切な仕事量を担うことも、仕事の疲れを軽減させる方法のひとつです。

>仕事の優先順位のつけ方に関する記事はこちら

対処法(5):生活習慣を見直す

乱れた生活習慣は、疲れを長引かせます。

疲れが続くなと感じた場合は、睡眠・食事・運動などの面から、自分の生活習慣を見直してみましょう。

仕事の疲れを翌日にもちこさず、意欲的に仕事にとりくむためには、規則正しく、バランスのとれた食事や適度な睡眠をとって、エネルギーを補給したり、英気を養ったりすることが大切です。

また、ウォーキングやストレッチなどで適度に身体を動かしてリフレッシュしたり、体をほぐして肩こりなどの不調を軽減したりすると、身体だけでなく、心もすっきりとするでしょう。

SNSやインターネットをみる機会が多い人は、デジタルデトックスにとりくむことも、良いリフレッシュの方法になります。

意識的に健康的な生活を送ることで、仕事へのモチベーションを維持することができるでしょう。

>デジタルデトックスのやり方に関する記事はこちら

仕事に疲れてしまったときの注意点

仕事に疲れてしまったときは、自暴自棄になって、自分でも予期せぬ行動をとる恐れがあります。

しかし、衝動的にとった行動は、さらなる不安や後悔を生じさせかねないため、仕事に疲れても避けたほうがいい行為について把握しておくことが大切です。

仕事に疲れてしまったときにとりがちな注意すべき行動を確認しましょう。

ほかの人と比べてメンタルを保つ

仕事で疲れているときに、ほかの人と自分を比較して自分を鼓舞する人がいますが、自分の心身をさらに追い込むことになりかねないため、注意しましょう。

周囲の人と自分を比べて、以下のように考えたことはありませんか。

  • 自分よりみんなのほうが頑張っているから、もっと頑張らないといけない
  • 自分よりも周りのほうが大変そうだから、疲れてなんていられない

このような考えは、知らず知らずのうちに心身にさらなる負荷をかけ、辛い気持ちを増長させる恐れがあります。

また、「みんなのほうが自分よりも大変なのに、頑張れなかった自分はダメなやつだ」などと自己否定をしてしまうと、自己肯定感が低下してしまい、より精神に負担がかかってしまいます。

人はそれぞれ得意なことや特性が異なります。

自分ができないことを人と比べて落ち込むのではなく、見習うべきところや、自分に足りていない点を探すなど、ポジティブな気持ちで、人をみるようにしましょう。

仕事を投げ出す・辞めてしまう

仕事の疲れが蓄積されると、仕事を投げ出したり、退職を考えたりすることもありますが、一時的な感情で衝動的に行動することはやめましょう。

衝動的に仕事を辞めると、仕事で感じていた疲れやストレスからは解放されますが、収入源が途絶えたことや転職活動のことなどを考えると、将来への不安が湧きあがり、ストレスとなる恐れがあります。

そのため、仕事を辞めたいと感じても、まずは有休をとったり、場合によっては休職したりして心身を休ませつつ、自分の仕事や将来について考えてみるといいかもしれません。

疲れをためないために「Chatwork」で業務効率化を

仕事に疲れる原因には、職場の人間関係や仕事量、自分の努力が認められない環境など、さまざまなものがあげられます。

仕事の疲れが蓄積すると、心身に悪影響が及ぶ恐れが高いため、なにが疲れやストレスの原因になっているかを知り、適切に対処することが大切です。

業務量が多い、効率化がはかれていないことが原因になっている場合は、業務効率化ツールを導入することも、対処法のひとつとなるでしょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、オンライン上で簡単にやりとりができるコミュニケーションツールです。

1対1のコミュニケーションはもちろん、複数人で同時にやりとりをすることも可能なため、情報共有や承認などのコミュニケーションをスピーディにおこなうことができます。

社内外問わずに利用することができるため、複雑なプロジェクト管理やコミュニケーションも効率化することができるでしょう。

また、自分のメモやタスク管理に使える「マイチャット」機能も搭載されているため、自分の仕事を書き出して可視化したり、業務をタスク化して期日を設定したりなど、仕事管理にも活用できます。

>マイチャットの効果的な使い方に関する記事はこちら

>Chatworkのタスク管理機能についてはこちら

ビジネスチャット「Chatwork」は無料で簡単に使いはじめることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験できます。

業務効率化にむけた第一歩として、また、円滑なビジネスコミュニケーションの手段として、「Chatwork」をぜひご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

業務効率化の方法を検討中の方におすすめの資料
業務効率化ツール一覧

このお役立ち資料では業務を効率化したいが「何から手をつければ良いかわからない」という方向けに、業務効率化のタイプを分類し業務別の効率化モデルを紹介した資料です。

巻末には、おすすめの業務効率化ツール一覧も掲示しております。

  • 「業務効率化」とは何か
  • リスクを取らない社内思考
  • 業務効率化モデル

なども解説します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事