働きにくい職場の特徴と原因を理解して働きやすい環境へ改善しよう

働き方改革
AWAY

目次

会社が従業員にとって働きにくい職場である場合、生産性の低下や離職につながります。

働きにくい職場にはそもそもどのような特徴と原因があり、働きやすい職場との差はどこにあるのでしょうか。

働きにくさを解消して働きやすい職場環境にするためにすべきことには、コミュニケーションの改善や働き方の改善などさまざまなものが挙げられます。

働きにくい職場になっていないか、働きやすい職場にするにはどうすべきかを考えていきましょう。

働きにくい職場の特徴

働きにくい職場と感じられてしまう特徴はいくつかあります。

一般的に働きにくい職場に当てはまることの多い特徴を見ていきましょう。

コミュニケーションがとりにくい

コミュニケーションの良し悪しは、協力して仕事ができるか、情報共有がしっかりなされるかなどに大きく影響するため、働くうえで最も大切なポイントです。

コミュニケーションがとりにくいと、上司や先輩に質問ひとつするにもためらってしまったり、連携が必要な業務が滞ってしまうなど、いいことはひとつもありません。

上司や先輩の顔色を見ながら仕事をなくてはいけない環境では、作業効率が落ちたり、自分の意見を聞き入れられず理不尽な思いをすることもあるでしょう。

仕事の優先を強要される

ワークライフバランスは近年、生産性の向上や優秀な人材の確保を考えて経営戦略の柱としている企業が増えていますが、いまだに「プライベートより仕事を優先して当然」としているところもあります。

有給休暇や育児休暇の取得が認められにくい、残業が当然という風土では、働きにくい職場と思われても仕方がないでしょう。

心身ともに健康な状態で仕事に取り組んでもらうためにワークライフバランスの重視が当たり前となっている時代の流れを受け入れられず、24時間仕事のために戦えることを従業員に求め続けているようでは、従業員の心はどんどん離れていきます。

正当に評価してもらえない

達成の難しい目標を一方的に設定されたり、つきあいのいい従業員とそうでない従業員の評価に差があるなど、正当に評価されない職場は、「ここは働くに値しない職場だ」と従業員に思わせてしまいます。

給与やモチベーションにも関わる評価において、不公平感や理不尽を感じる環境では、誰もが働きにくいと感じるでしょう。

効率的に短時間で仕事をこなし定時で帰る従業員の成果よりも、毎日のように残業をしている従業員の姿勢を評価するようでは、離職率が高まるだけでなく会社の生産性も落ちてしまいます。

働きにくい職場になる原因とは?

職場が働きにくい環境になってしまう原因は、人間関係によるものが多いかもしれません。

上司が自己中心的で周りが見えていない、同僚が不満ばかり口にして行動しないなど、周囲の人物の職務態度によって働きやすさは大きく変わるものです。

また、会社の業績不振によって達成の難しい目標ばかり押しつけられるようになった、生産性を突き詰めるばかりで仕事の質や努力の過程を評価されなくなったなど、会社全体の雰囲気によるものもあるでしょう。

自分のアイディアを聞き入れてもらえず、上司への意見が許されない職場の空気が一度できあがってしまうと、再び円滑なコミュニケーションや正当な評価ができる環境にするのは時間がかかるかもしれません。

まずは信頼関係の構築と、コミュニケーションを阻害している人物や会社の風土を改善する内ことが求められるでしょう。

働きにくい職場がもつ悪影響

働きにくい職場では、従業員の間での協力や連携がしにくいため、ミスが起きやすくなります。

上司に叱られないためや自分の評価を下げたくないために、ミスを隠ぺいすることが習慣になってしまうと、新たな改善点や防止策をみつけることもできなくなるでしょう。

働きにくい職場では従業員が働きがいを感じにくく、仕事へのモチベーションが下がることで生産性まで低下してしまいます。

また、ストレスを感じることが多いと精神的な病気にかかるリスクもあります。

離職率が高くなったり優秀な人材の確保ができなかったりと、会社にとってよい影響はひとつもないでしょう。

働き方から働きにくい職場もある

社内の人間関係など、働きにくい職場の原因には入社してみないとわからない点が多いですが、入社前からわかるポイントもあります。

それは、その会社で時短勤務やリモートワークなどの多様な働き方ができるか、働き方改革にしっかり取り組んでいるかという点です。

厚生労働省が中心となって取り組んでいる働き方改革では、少子高齢化社会における人材の確保や労働者のニーズの多様化に対応するため、多様な働き方を選択できる社会を目指していますが、まだ十分に実現できていない会社が多いのが現状です。

妊娠を控えた女性や子どもを持つ母親、介護の必要な親族と暮らす人だけでなく、どんな環境にある人でも働きやすい柔軟な働き方が求められています。

ホームページや求人の詳細を確認した際に、多様な働き方の実現に取り組んでいる様子のない会社は、「ここは働きにくい職場です」といっているのに等しいかもしれません。

働きやすい職場へ改善するには?

働きにくい環境を改善して働きやすい職場にするためには、働きにくさの原因をみつけ対処する必要があります。

主にどのような点を意識して改善すればよいのか見ていきましょう。

気軽にコミュニケーションがとれる雰囲気をつくる

働きやすさの一番大切なポイントは、上司や同僚との人間関係が良好で、コミュニケーションがとりやすい環境であることでしょう。

コミュニケーションが活発で風通しのよい職場になれば、業務の連携や協力がスムーズにでき、互いの意見を尊重する信頼関係が生まれます。

挨拶や感謝の言葉を忘れない、明るい雰囲気を心がけるといった基本的なことはもちろん、PC上でのやり取りも丁寧にかつ明確に意図が伝わるよう意識することが大事でしょう。

ビジネスチャットなどコミュニケーションを視覚化できるツールを活用するのもひとつの方法です。

言葉では伝えにくいことや感情的になってしまいそうなことは、文章にして整理してから記録に残る形で伝えると、直接話すよりもスムーズにコミュニケーションがとれるでしょう。

多様な働き方を取り入れる

働きやすい職場の条件には、どんな境遇になっても安心して働き続けられると従業員が思える会社であることも挙げられます。

働きやすい職場であるためには、多様な働き方を取り入れる必要があります。

有給休暇や育児・介護休業などが取りやすいということだけでは、今の社会においては十分ではありません。

テレワークやフレックスタイム制の導入、副業・兼業を認めるなど、従業員が時間・場所・勤務形態において柔軟に働くことができる環境を整える必要があります。

また、休暇や休業においては単に本人が休みやすいということだけではなく、その分の業務によってほかの従業員の負担が大きくならないよう、サポート体制を整えることも重要です。

表面的に多様な働き方を取り入れるだけでは、どこかに業務のしわ寄せがいってしまいます。

従業員同士が互いに多様な働き方を認め合うために、会社全体の組織や人員配置を見直すような根本的な働き方改革を考えましょう。

評価の基準を明確にする

評価の基準を明確にして周知すると、評価における不公平感をなくし、従業員にとってどのように働けばよいかの指針にもなります。

評価の基準は存在するものの、従業員に周知を十分におこなっていなかったり、曖昧な会社もあるでしょう。

テレワークを取り入れている会社では、全員がオフィスで業務をおこなっていたときのように勤務態度や進捗を逐一確認することができないため、多様な働き方を前提とした評価基準をあらためて設ける必要があります。

働きやすい環境への改善策としても、評価の基準の見直しと周知を再度おこなうとよいでしょう。

改善を繰り返す

職場環境の改善は、一度おこなって終わりというものではありません。

従業員の意見に耳を傾けながら、改善を繰り返していく必要があります。

コミュニケーション・働き方・評価基準を改善したつもりでも、実際には手間が増えただけなど、本当の改善につながらず表面的なもので終わってしまう場合もあるため、しっかりと効果測定や継続的な改善をおこなう必要性があります。

従業員から仕事への不満が聞こえたら、小さなことでも単なる愚痴として流さずに、そこから何を改善すればよいか丁寧に考えていくことも大切です。

働きにくい職場はコミュニケーションの改善から

働きにくい職場を変えるためには、まず職場のコミュニケーションを改善することが大切な鍵になります。

ビジネスチャットのChatworkなら、チャット形式でコミュニケーションを効率的におこなうことができ、ちょっとした「ありがとう」の気持ちや「了解しました」「いいね」という反応も、リアクション機能を使って絵文字で気軽に伝えることができます。

口頭で一度伝えたことでも、チャットやタスク管理機能を使って記録に残しておくと、作業漏れや情報伝達ミスが生まれることも減らせるでしょう。

働きやすい職場環境の実現に、ぜひChatworkの導入をご検討ください。

見えない危険度を簡単診断 組織の情報共有不足チェック!

見えない危険度を簡単診断 組織の情報共有不足チェック!

このお役立ち資料では組織の情報共有不足を診断し、実態に合った解決方法を知ることができます。

  • 情報共有不足チェック
  • 診断結果詳細
  • 情報共有がもたらす効果

などを解説します。自社の現状を認識し、改善するための材料として活用してください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事