ワーク・エンゲージメントを高める重要性とワーク・エンゲージメントを高める方法

働き方改革
AWAY

目次

ワーク・エンゲージメントとは、企業で働く社員がポジティブな感情をもちながら働ける心理状態をあらわす言葉です。

ワーク・エンゲージメントが高くやりがいを感じながら働ける職場は、社員が長く働きたいと思える環境につながるメリットがあるでしょう。

実際に社員のワーク・エンゲージメントを高められる職場にするためには、どのような取り組みを実践するとよいのでしょうか。

ワーク・エンゲージメントを高める重要性と方法を解説します。

ワーク・エンゲージメントとは

仕事に前向きな心理状態で働けることをあらわす言葉は、ワーク・エンゲージメントと呼ばれています。

たとえば、仕事に対して情熱を感じながら集中して取り組めることを始め、仕事の継続で人生の意義を見い出している状態があげられるでしょう。

仕事を強要されている感覚でなく、自らの意思で仕事に対してポジティブな感情で働いている状態は、ワーク・エンゲージメントが高い状態といえます。

ワーク・エンゲージメントを高める重要性

職場全体によい影響が与えられる意味でも、仕事に対する意欲を高める取り組みは大切です。

ワーク・エンゲージメントを高める重要性を見ていきましょう。

社員が長く働きたいと思える企業になれる

自ら積極的に仕事に関わりたいと思える社員が多い企業では、ワーク・エンゲージメントが高い職場につながります。

受け身でなく事業の利益やメリットにつながる取り組みや企画を実践していけるため、課題や問題を解消しながら前向きに仕事に取り組める環境が整うのです。

ワーク・エンゲージメントを高める重要性には、社員にとって企業で働く意義を見つけられて長く働きたいと思える職場が目指せる点があげられます。

仕事の作業効率化につながる

仕事を進める上で日々改善が必要な課題や問題について、社員ひとりひとりがアイデアを出して調整できると、解消までのスピード感が高まり職場の生産性があがります。

仕事の無駄を省きながら、新しいアイデアや工夫を思いつくきっかけができるところも利点です。

仕事に対する意欲が高い職場では、作業効率化が図れる対策を進めやすいところが、ワーク・エンゲージメントを高める重要性にあげられます。

企業の売上アップに期待できる

経営陣や管理職だけでなく、社員ひとりひとりが仕事に対する情熱をもって働ける職場は、生産性があがりやすくなって利益アップにつながる行動が取りやすくなります。

今まで思いつかなかったアイデアを出し合って実現させたり、思い切って作業工程を省いたりするなど、改善や対応につなげやすいのです。

ワーク・エンゲージメントを高める重要性には、チームワークが高まることで企業の経営軸である売り上げアップを目指しやすい点があげられます。

仕事の課題や問題に向けて前向きに努力できる

仕事で何かトラブルや問題が発生したときも、社員同士が連携を取り合って話し合い、事業の改善に向けた意見交換が取りやすくなります。

仲間同士で助け合える精神でお互いに信頼関係を構築しながら仕事が進められるのです。

ワーク・エンゲージメントを高める重要性には、仕事を進める上で必ず発生する課題や問題について、社内全体で前向きに検討して努力ができる点があげられます。

ワーク・エンゲージメントを高められないリスク

社員が働きづらい環境や状態が放置されてしまうと、職場内の問題やトラブルが起きやすくなります。

ワーク・エンゲージメントを高められないリスクを見ていきましょう。

社員が企業に定着せず離職率があがる

企業や事業内容に情熱がもてない職場では、仕事はお金を稼ぐ手段という価値観が定着してしまうリスクを抱えやすくなります。

社員が仕事に対してやりがいや働く意味を見失ってしまい、仕事のパフォーマンスやモチベーションが低下してしまうのです。

ワーク・エンゲージメントを高められないと、社員が途中で退職してしまい、離職率があがるリスクを抱えます。

人間関係のストレスや負担がかかる

仕事に対するやりがいが見つけられない企業では、心理的な負荷がかかりやすくなってしまい、周りの人間関係にも悪影響が出てしまいます。

チームワークを高められない原因につながり、お互いに信頼関係が築けないまま仕事に取り組むと、関係性が疑心暗鬼の状態になってしまうのです。

職場内の人間関係でトラブルが起こりやすくなり、心理的な負荷やストレスがかかりやすくなる点が、ワーク・エンゲージメントを高められないリスクにつながります。

仕事のミスやトラブルが起きやすくなる

働くモチベーションが低い職場では、仕事のコミュニケーション不足や報連相がとどこおりやすくなり、トラブルが起きやすくなります。

作業効率化や生産性があげられない要因につながってしまい、納品に間に合わないことや残業時間の増加など、仕事で悪循環が生まれやすくなるのです。

ワーク・エンゲージメントを高められないと、仕事の流れが止まりやすくなるミスやトラブルの対応に追われてしまうリスクを抱えます。

ワーク・エンゲージメントを高める方法

社員同士で意見交換が進められる環境や体制、制度などを整えることが社員のモチベーションアップにつなげる方法に重要です。

ワーク・エンゲージメントを高める方法を見ていきましょう。

社内で意見交換や話しやすい雰囲気づくりに取り組む

仕事に集中できる環境をつくるには、社員同士で気軽にコミュニケーションが取りやすい職場にする工夫が求められます。

管理職や先輩社員が職場の空気を和らげるためにも、意識的に雑談の機会を設けながら、建設的でポジティブな言動を心がけるようにしましょう。

ワーク・エンゲージメントを高める方法には、日ごろのから意見交換が進めやすい職場の雰囲気を上司がつくっていく意識や声かけが大切です。

仕事が適切に評価される体制を整える

職場の仕事内容に対して、日ごろの努力が正当に評価されることで社員のモチベーションアップにつながります。

たとえば、部署の売り上げアップに貢献したときは社内で表彰する機会を設けたり、給料のボーナスに反映させたりするなど、社員がメリットを感じられる取り組みを実践しましょう。

仕事が適切に評価される体制づくりは、社員が職場で働いていてよかったと思える瞬間につながり、ワーク・エンゲージメントを高める方法につながります。

私生活と仕事が両立できる制度を導入する

仕事のやる気をあげるには、仕事ばかりでなくプライベートが充実するような社内制度を実践する方法がおすすめです。

結婚や出産後も働きやすいように休暇制度を設けたり、出社の必要性をなくすテレワークの制度を導入したりするなど、社員の世代や年代に対応した取り組みを実践しましょう。

ワーク・エンゲージメントを高めるには、ワークライフバランスが整えられる制度を導入する方法をご検討ください。

ビジネスチャットでコミュニケーションを活性化させる

社内のコミュニケーションや業務連絡の活性化には、ビジネスチャットでやりとりする方法がおすすめです。

資料やデータの受け渡しが気軽に進められたり、グループチャットを使って円滑に業務連絡が進めたりするなど、作業効率化を図りながら仕事が進められます。

ワーク・エンゲージメントを高めるには、コミュニケーション不足の解消につなげられるビジネスチャットの導入をご検討ください。

ワーク・エンゲージメントを高めるためにChatworkを活用

社員が長く働きたいと思える職場になると、仕事の作業効率化や売り上げアップ、仕事の課題や問題に向けて前向きに努力できる点がワーク・エンゲージメントを高める重要性にあげられます。

ワーク・エンゲージメントを高める方法には、社内で意見交換がしやすい雰囲気をつくりながら、適切な評価体制や制度の導入を検討しましょう。

また、ビジネスチャット「Chatwork」を使ってコミュニケーションを活性化させる方法もワーク・エンゲージメントを高めるのに効果的です。

データの共有や意見交換など、業務連絡の流れをスムーズに進められるChatworkの導入でコミュニケーションを充実させワーク・エンゲージメントの向上を実現してください。

職場環境を改善したい方におすすめの資料

風通しの良い職場環境をデザインする方法

風通しの良い職場環境をつくる方法を、組織と従業員の2つの視点から具体的に紹介します。

主な内容

  • 風通しの良い職場環境はなぜ必要なのか?
  • コミュニケーションの見直しから始める
  • 「継続」が成功の条件

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事