ワークスタイル変革とは?企業の事例ととりくみを成功させる方法

働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

ワークスタイル変革とは、従業員の働き方・仕事のやり方における自由度を高めるとりくみです。

自宅で働きたい、家庭と仕事を両立させたいなど、各自のライフスタイルや価値観に合わせた働き方を実現できます。

ただ、実際に企業でとりくむとき、どのような方法で進めるとよいのでしょうか。

ワークスタイル変革の事例ととりくみ方法を解説します。

ワークスタイル変革とは?

ワークスタイル変革は、従業員の自由な働き方を推進するとりくみを指す言葉です。

ワークスタイルには「働き方」「仕事のやり方」という意味があります。

2019年4月1日に施行された働き方改革の影響もあり、企業は雇用者の労働時間を見直したり、雇用形態に関わらない待遇を確保したりするなど、社内改善が求められている流れがあります。[※1]

ワークスタイル変革を実現するためには、従業員の生活スタイル・価値観に合わせた働き方を目指せるとりくみが必要です。

ワークスタイル変革が求められる背景

企業経営を長期的に継続するには、優秀な人材の獲得や定着化を図り、離職者を抑えるための環境整備が求められます。

そのためには、社員が出産・育児後に復帰ができる環境を整えたり、外国人労働者を受け入れる体制を整えたりするなど、多様な人材が活躍できる場所を準備することが必要です。

ワークスタイル変革の目的や背景には、人材を安定的に確保する対策につなげて、事業活動全体の生産性を向上させるといった意図があげられます。[※1]

ワークスタイル変革に期待できる効果

ワークスタイル変革を実践することで、どのような効果が期待できるのか見ていきましょう。

社内全体のコスト削減

ワークスタイル変革にはICT化が欠かせないため、アナログ作業からの脱却を図れます。

とりくみを実践することで、場所にとらわれないテレワークの働き方を導入することも可能です。

また、ペーパーレス化でオフィススペースの削減ができるなど、全体のコスト削減にもつながるでしょう。

作業効率化・生産性の向上

従業員が働きやすい職場を目指すことで、仕事に感じる心理的な負担を軽減しやすくなります。

仕事のモチベーション向上につながり、作業効率化・生産性の向上にも期待できます。

ワークスタイル変革を実践する方法

企業の事業内容に合わせて、できる部分から行動を始めることが大切です。

ワークスタイル変革にとりくむ方法を見ていきましょう。

ICT化を図る

従来の働き方にとらわれないためには、社内にデジタル機器や情報処理テクノロジーを導入し、情報共有の流れを効率化させることが重要です。

たとえば、ビジネスチャットを導入して、社内・社外のコミュニケーションを円滑に進める方法もあげられます。

ICT化で従来の業務を効率化できると、長時間労働を削減するとりくみにもつながるでしょう。

社内の改革に働きかける

企業の上層部や管理職の意識改革も必要です。

残業をしなければいけない空気をなくしたり、休暇がとりやすい雰囲気づくりに働きかけたりするなど、従業員のワークスタイルを尊重する働き方を推進しましょう。

また、オフィス改革として簡易の打ち合わせスペースを設けたり、フリーアドレスを設けたりする方法もあげられます。

従業員が自由に働きやすい環境づくりを整備することが大切です。

サテライトオフィスを設ける

企業の事業活動や社員のニーズに合わせて、都市型・郊外型・地方型のサテライトオフィスを設置する方法もおすすめです。

本社・支店から離れた場所や社員の住居地に近い場所に設置することで、通勤時間や交通費の削減にも期待できるでしょう。

自由な働き方を推進できると、人材獲得につながるだけでなく、新しい事業活動を展開するきっかけとしても役立ちます。

社内制度を充実させる

社内制度の充実は、多様性のある人材の獲得や企業の魅力を高めるためにも重要です。

一例として、短時間勤務制度、育児・産前産後休業制度を導入することで、仕事と家庭の両立を進めやすくなり、社員が復帰しやすい環境を整えられます。

ほかにも、ユニークな福利厚生や制度を設けると、多様な人材を獲得するチャンスにつなげられるでしょう。

テレワークを導入する

自宅で働ける体制が整うことで、個々の事情に合わせた柔軟な働き方を推奨しやすくなります。

通勤にかかる負担や時間を短縮できて、プライベートの時間を増やす工夫にもつながるでしょう。

家庭の事情や個人の体調などが理由で、離職・休職になる可能性を下げられる効果も期待できます。

ワークスタイル変革を実施するときのポイント

従業員が働きやすい職場を目指すには、上層部の意見のみで判断せず、現場の意見を聞く姿勢が求められます。

社内でワークスタイル変革を実施するときのポイントを見ていきましょう。

現場の意見を取り入れながら進める

従業員のニーズに合わせた内容を実践するためにも、アンケートや面談を実施して聞き取る必要があります。

オフィス内にどのような環境改善が必要か、仕事に対する課題に何があげられるのかなど、現場の意見を参考にしながら方法を検討しましょう。

課題を解消できる方法を考える

社内のワークスタイル変革を推進するためにも、社内の課題を解消できる具体案を練っていきます。

長時間労働の削減やコスト削減の課題、ICT化が推進できない課題など、あらためて社内の課題を洗い出していき、改善方法を模索する意見交換を進めましょう。

ワークスタイル変革の事例

実際にイメージを膨らませるためにも、ワークスタイル変革の事例を見ていきましょう。

グループウェア事業

グループウェア事業において、定期的におこなわれる会議をやめることで、業務時間を増やす効果につながった事例があげられます。

業務全体を見直す意図でも実施されており、仕事全体で必要なものと不必要なものを見極める機会にもつながっています。

保険事業

保険事業の事例では、社外の移動中もスマートフォンを使って業務ができる体制を整えています。

場所にとらわれずにメール・スケジュールなどを確認できるため、無駄なく作業にとりくめるところが利点です。

ほかにも、時差出勤ができる制度の導入で、仕事と家庭の両立を図りやすい環境を整えています。

Webサービスの開発・運営事業

Webサービスの開発・運営事業の事例では、会議室の利用をなくして簡易スペースを設けることで、会議の時間を短縮する効果がありました。

ほかにも、業務ツールをクラウド化したり、オープンなチャットルームを利用したりするなど、社内の無駄を徹底して省くことで、作業の効率化につなげています。

ビジネスチャット事業

ビジネスチャット事業の事例として「Chatwork」では、全社員がフルリモートで働ける体制を整えました。

リモートワークの運用にあたり、1on1で相談できる仕組みを始め、オンラインでのウェルカムランチ・メンターランチなど、さまざまな内容を実践しています。

ワークスタイル変革にChatworkを活用

ワークスタイル変革を進めるには、社内のICT化や意識改革など、さまざまな課題をクリアする必要があります。

どのようなとりくみが求められるのか、あらためて社内の課題を見つめ直し、従業員の意見を参考にしながら実施することが大切です。

ワークスタイル変革のICT化には、ビジネスチャット「Chatwork」を活用して、情報共有を円滑に進める方法もあります。

チャット形式で業務連絡が進められるため、メールや電話に比べてやりとりの流れがスムーズになるでしょう。

社内・社外のコミュニケーションコストを削減する効果も期待できます。

ワークスタイル変革の方法として、「Chatwork」の導入をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

[※1]厚生労働省「働き方改革~一億総活躍社会の実現に向けて」
https://www.mhlw.go.jp/content/000474499.pdf

職場環境を改善したい方におすすめの資料
風通しの良い職場環境をデザインする方法

風通しの良い職場環境をつくる方法を、組織と従業員の2つの視点から具体的に紹介します。

主な内容

  • 風通しの良い職場環境はなぜ必要なのか?
  • コミュニケーションの見直しから始める
  • 「継続」が成功の条件

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事