ビジネススキルとは?スキル一覧と身につける方法を解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

ビジネススキルは、スムーズに仕事を進めるにあたって、さまざまな場面で活用できます。

しかし、実際にどのようなスキルが仕事に役に立つのか、分からない方も多いのではないでしょう。

業務効率をアップするためにも、役立つビジネススキル一覧と身に付ける方法を解説します。

ビジネススキルとは

ビジネススキルとは、仕事をするうえで必要な技術や知識、能力のことをいいます。

ビジネススキルは資格や専門的な技術だけでなく、ビジネスマナーやコミュニケーション能力など、汎用性の高いものも含まれています。

仕事で成果を出したり実績を積んだりするためには、ビジネススキルをうまく活用することがポイントになります。

ビジネススキルを仕事にいかすためには、ビジネススキルにはどのような種類があるのかを把握し、そのスキルをどのような仕事や業務に活用できるのかを理解しておく必要があります。

ビジネススキルの種類

ビジネススキルには3つの種類があります。

それぞれ詳しく解説していきます。

 

テクニカルスキル

テクニカルスキルとは、業務をすすめるうえで必要とされる知識や技術のスキルのことをいいます。

例えば、PC業務をしている人であれば、タイピングの速さやExcelの関数などの知識、操作スキルが必要になります。

プログラマーであれば、プログラミング言語の知識が業務で必要とされるでしょう。

>テクニカルスキルを磨く方法に関する記事はこちら

 

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルとは、コミュニケーション能力やビジネスマナーのことをいいます。

「ヒューマン」という呼び名のとおり、対人関係、人間関係において必要なスキル全般のことを指します。

仕事をするうえで欠かせない報連相はもちろんのこと、プレゼンテーション能力やリーダーシップ能力もヒューマンスキルに含まれます。

対人関係を円滑にすることは、業務がスムーズに進むだけでなく、目標達成への意欲やモチベーション、生産性の向上にもつながります。

>ヒューマンスキルを高める方法に関する記事はこちら

 

コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキルとは、日本語で「概念化能力」と訳し、物事を概念化して考え本質を見極めるスキルを指します。

コンセプチュアルスキルは、主に経営者や管理職に求められるスキルです。

問題が発生したときにどのように解決するか、ビジネスを拡大するためにどのような策を講じればいいかなど、複雑な事象の課題解決のためにコンセプチュアルスキルは必要となります。

コンセプチュアルスキルに含まれる、先を見通す思考力やリスク回避の判断力は、働くうえで必要不可欠なスキルなので、経営者や管理職ではない一般社員でも身につけておくといいでしょう。

ビジネススキル一覧:テクニカルスキル

主なテクニカルスキルのなかでも、代表的な3つのスキルを解説します。

職種によって求められるテクニカルスキルは違いますが、汎用性が高いスキルなので、さまざまな職種で活用できるでしょう。

 

PCスキル

PCスキルは、幅広い職種において必要とされるスキルです。

デスクワークをおこなう企業では、ほとんどの場合PCを導入しているため、PCの基本的な操作やタイピングの速さ、エラーへの対応などは身につけておきたいスキルです。

また、資料作成や請求業務などをおこなうにあたって、WordやExcel、PowerPointの操作も必要となることがあるため、基本的な操作方法は身につけておくようにしましょう。

 

文書作成スキル

文書作成スキルとは、社内文書や社外文書、会議用資料、メールなど、さまざまな場面で必要とされます。

わかりやすい文章を組み立てることだけでなく、文書のレイアウトや図式の挿入なども必要に応じておこなうため、文書作成ツールやアプリの使い方も求められます。

文書作成スキルが備わっていると、読み手に正しい情報を正確に伝えることができ、行動をうながすこともできるでしょう。

 

分析スキル

分析スキルとは、あらゆるデータや事柄に対して、事実や関係性などの構成を明らかにし、正しい意思決定やアクションにつなげるスキルを指します。

分析スキルを身に付けることで、仕事の改善や成果を出すことにつながります。

たとえば、なぜAの商品は売れなくてBの商品は売れたのか、なぜ成約率が上がったのかなど、結果に対し分析をおこなうことで、改善策が浮かび仕事の成果につなげることができます。

 

スケジュール管理スキル

スケジュール管理スキルは、一般社員から経営者まで、誰にでも必要なスキルです。

ビジネスシーンでは、社内での調整や取引先との打ち合わせ、出張などのさまざまなスケジュールを把握し、普段の業務をこなしながら遅刻や抜け漏れが内容にするなど、常に計画性を持って行動しなければなりません。

また、業務の進捗やタスクを管理し、納期に間に合わせることも大切です。

スケジュール調整ができず、打ち合わせができなかったり、納期が遅れたりしてしまうと、社内だけでなく取引先にも多大な迷惑をかける場合があるので、スケジュール管理スキルは必ず身につけるようにしましょう。

>効率的なスケジュール管理方法に関する記事はこちら

ビジネススキル一覧:ヒューマンスキル

ヒューマンスキルは、対人関係で必要なスキルです。

お互いに気持ちよく仕事おこなうために役立つ、5つのヒューマンスキルを解説します。

 

ビジネスマナー

ビジネスマナーは、ビジネスシーンでの対人関係で必要となるスキルです。

挨拶の仕方やお辞儀の角度、名刺交換のやり方など、ビジネスの場でふさわしい言葉遣いや立ち居振る舞いを、ビジネスマナーとして求められます。

職場の人や取引先に不快な思いをさせないためにも、ビジネスマナーはきちんと身に付けておく必要があります。

>ビジネスマナーとは?に関する記事はこちら

 

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、ビジネスシーンだけでなくプライベートでも必要になるスキルのひとつです。

とくにビジネスシーンにおいては、スムーズに仕事をおこなううえで必要不可欠なスキルといえます。

職場でのコミュニケーションスキルは、他社を巻き込んで業務を遂行することや、相手にわかりやすく説明すること、相手の話を正しく汲み取ることなどがあげられるでしょう。

意思疎通をスムーズにし、円滑な情報共有や問題提起ができれば、チームや組織での業務改善や目標達成の実現につながりやすいでしょう。

>コミュニケーションの苦手を克服する方法に関する記事はこちら

 

プレゼンテーションスキル

プレゼンテーションスキルは、相手に自分が伝えたい意見や主張への理解をうながすときに必要なスキルです。

たとえば、プレゼンテーションスキルは、社内外の人に向けて商品説明や企画を発表する際に、商品や企画の目的や魅力をわかりやすく説明し、受け入れてもらうことや、なにかしらの行動をしてもらいたいときに活用できます。

プレゼンテーションスキルは、伝えること、理解してもらうこと、行動してもらうことなどさまざまな要素が含まれているため、ビジネスシーンだけでなく、日常生活においても活用できるスキルでしょう。

>プレゼンテーションのコツに関する記事はこちら

 

目標設定スキル

目標設定スキルとは、自分に合った目標を正しく設定できるスキルのことです。

目標を設定すると、仕事への意欲が維持できて質の高い業務を続けることができます。そのためには、自分の実力を知り、簡単すぎず、難しすぎない目標を設定することが必要です。

簡単すぎては、業務に身が入らず楽観的になってしまうでしょう。難しすぎては、達成に向けて無理をし、心が折れてしまう可能性があります。

達成へ向けて意欲が維持できる目標を設定しましょう。そのためには、自分の実力や能力を正確に把握することが大切です。

マネジメントスキル

マネジメントスキルとは、業務遂行や目標達成のために、業務やメンバーを管理するスキルのことです。

マネジメントする人は、目標達成のための計画を作成する力や、業務の進捗管理をおこなう力が求められることにくわえて、組織やチームのメンバーを適材適所に配置する力なども求められます。

ビジネスに関わるさまざまなスキルを身につけておく必要があるため、身につけることが難しいスキルといえるでしょう。

>マネジメントスキルを高める方法に関する記事はこちら

ビジネススキル一覧:コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキルは、主に経営者や管理職に必要とされます。

主なコンセプチュアルスキルを3つ解説します。

 

問題解決スキル

問題解決スキルとは、問題やトラブルが発生したときに、対処の手立てを考え解決に導くスキルを指します。

企業で働いていると、何かしらの問題やトラブルが発生し、迅速な対処を求められ場面があります。

その規模や影響はトラブルの内容によりますが、放っておくことはできません。

問題やトラブルの全貌をスピーディーに把握することや、対処方法を考え解決に導くだけでなく、再発の防止策を講じる力なども求められるでしょう。

経営者や管理職に限らず、すべての従業員に必要なスキルといえます。

>課題発見力を鍛える方法に関する記事はこちら

論理的思考力

論理的思考力とは、英語で「ロジカルシンキング」と言います。

主に、物事や事象を論理的に考え整理をするスキルを指します。

論理的思考力は、なにか物事をすすめる際や問題が発生した際に、主観ではなく、客観的かつ論理的にとらえて、提案をしたり解決に導いたりする際に活用できます。

>ロジカルシンキングの鍛え方に関する記事はこちら

受容性

受容性とは、いままでに触れたことがない事象や、異なる価値観に直面した際に、否定や無視をせず受け入れるスキルを指します。

ビジネスの現場には、さまざまな意見や価値観をもつ人がいます。

例えば、会議などで提案やアイデアがぶつかってしまった際に、相手の意見を頭ごなしに否定するのでなく、まずは向き合いお互いに受け入れることで、会議の質を高めることができます。

また、グローバル化もすすんでいるため、多様な価値観を受け入れる能力は今後も重要視されるでしょう。

ビジネススキルを身につける方法

ビジネススキルを身につけるには、どのような方法があるのでしょうか。

ビジネススキルを身につける方法を、4つの観点から解説します。

 

キャリアプランに沿って目標設定する

ビジネススキルを身につけるときは、まずキャリアプランに沿って目標設定をしましょう。

とくに目標や目的を設けずにビジネススキルを身につけても、自分のキャリアプランに沿っていなければ、せっかく身に付けたスキルを活かすことができません。

自分は何を目指し、どのようなキャリアを積んでいきたいのかを明確に目標設定することで、身に付けるべきスキルが分かってくるでしょう。

また、役職や職種によっても、必要なスキルは異なるため、自分がどのようなスキルを身につけるべきかを見極めたうえで、スキル取得を目指しましょう。

>キャリアデザインの目的と手段に関する記事はこちら

 

研修やセミナーへ参加する

ビジネススキルを身につける手段のひとつに、ビジネススキルを学んだり習得したりする研修やセミナーへの参加があげられます。

例えば、企業が開催する外部のセミナーや、専門講師を企業に招いておこなう研修など、形式はさまざまあります。

オフラインだけでなくオンラインでの研修やセミナーもあるので、自ら情報収集をおこない、身に付けたいビジネススキルのものを受けてみるといいでしょう。

>Chatworkのオンラインセミナーはこちら

 

資格取得を目指す

資格取得を目指すことも、ビジネススキルを身に付ける方法のひとつです。

TOEICや秘書技能検定、ビジネス実務法務検定試験など、ビジネスで役に立つ資格は多くあります。

キャリアプランに沿って求める資格を取得すれば、ビジネススキルを身につけると同時に、理想のキャリア実現のための一歩にもなるでしょう。

資格取得したことで自己肯定感の向上にもつながるので、ビジネススキルを身につけたい人は挑戦してみるといいでしょう。

必要なビジネススキルを取得し理想のキャリア実現へ

ビジネススキルとは、ビジネスシーンで必要なマナーや、業務遂行のうえで必要な知識や技術、管理能力などのことをいいます。

なかでも、コミュニケーションスキルやスケジュール管理スキルに関しては、ビジネスシーンにおいて活用することが多くあります。

スムーズに業務をおこなうための手段のひとつに、ビジネスチャット「Chatwork」があげられます。

「Chatwork」は、メールに比べてチャット形式でやりとりができるので、気軽にコミュニケーションをとることができます。

タスク管理機能もあるため、重要な予定やタスクの納期など、抜け漏れなく把握することができます。

ビジネススキルを活用し、効率的な業務遂行のためにも、ぜひ「Chatwork」の導入をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

業務効率化の方法を検討中の方におすすめの資料
業務効率化ツール一覧

このお役立ち資料では業務を効率化したいが「何から手をつければ良いかわからない」という方向けに、業務効率化のタイプを分類し業務別の効率化モデルを紹介した資料です。

巻末には、おすすめの業務効率化ツール一覧も掲示しております。

  • 「業務効率化」とは何か
  • リスクを取らない社内思考
  • 業務効率化モデル

なども解説します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事