仕事の気分転換方法とは?ストレスを溜めずに仕事をする方法を紹介

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
仕事の気分転換方法とは?ストレスを溜めずに仕事をする方法を紹介

目次

仕事をしていると、モヤモヤしたりイライラしたり、なかなか仕事に集中できないこともあるのではないでしょうか。

このような状態で仕事を進めてしまうと、生産性が上がらず、時間の無駄になってしまう危険性があります。

仕事中の気分転換に対して、罪悪感や嫌悪感を抱く方もいるかもしれませんが、集中力を高めて、生産性が高い状態をつくるためにも、気分転換は欠かせないものです。

今回は、仕事の生産性を高めるための気分転換の方法や、ストレスを溜めずに仕事をする方法についてご紹介します。

ストレスが及ぼす悪影響とは

仕事中に集中力が切れてしまい、なんとなくイライラしてしまったり、モヤモヤしてしまったりした経験はありませんか。

実は、このようなストレスが溜まった状態で仕事を進めてしまうと、心身にさまざまな不調をきたす恐れがあるため、適切に対応する必要があります。

たとえば、ストレスにより集中力や思考力、意思決定力などが低下してしまうと、普段はしないようなミスをしてしまったり、周囲の人にキツくあたってしまったりなどの、悪循環が生まれてしまう可能性があります。

また、このような状態で仕事を依頼されると、イライラしながら対応することとなり、普段通りの仕事でも疲れやすくなってしまうでしょう。

仕事のストレスは、個人だけではなく、チームや部署などの組織にも悪影響を及ぼしてしまう可能性があるため、ストレスを与える原因があるのであれば、はやめに対処することが大切です。

仕事中でも気分転換が必要なシーン

1日の大半の時間を費やすことになる仕事中に、なかなか集中できないと感じた経験はありますか。

仕事中に気分転換をすることに、罪悪感や嫌悪感を抱く方もいると思いますが、仕事の生産性を高めるためにも、気分転換は重要なものですので、必要な場面ではとりいれるとよいでしょう。

では、どのようなシーンだと、気分転換が効果的に働くのでしょうか。

気分転換が必要になるシーンについてみていきましょう。

集中力が切れたとき

集中力が切れてしまうと、仕事の質や生産性が低下する恐れがあるため、気分転換をしてみましょう。

集中力がない状態で業務にとりくんでも、なかなか進捗しなかったり、アイデアが出てこなかったりする可能性があります。

少しの時間でも気分転換をして気持ちがリセットできると、新たな気持ちで業務にとりくむことができるでしょう。

眠気を感じたとき

眠気を感じてしまうと、集中力が散漫になったり、判断力が鈍ったりなど、普段よりも業務をこなすのに時間がかかってしまいます。

生産性を高めるためにも、少し仮眠を取るなどをして、頭をスッキリさせるようにしましょう。

やる気がでないとき

やる気がない状態で仕事を進めてしまうと、普段はしないようなミスをしてしまったり、なかなか業務に集中できず、無駄な時間を過ごしてしまったりするでしょう。

また、ネガティブな気持ちで仕事にとりくんでしまうと、思うように成果が出せず、よりやる気が失われてしまう可能性もあります。

悪循環を断ち切るためにも、リフレッシュする時間を少しでも設けて、新鮮な気持ちで仕事に向き合うようにしましょう。

落ち込む出来事が起きたとき

仕事で落ち込む出来事が起きた際にも、気分転換は効果的です。

たとえば、仕事で失敗をした、上司にきついことを言われたなど、気分が落ち込んでいる状態で仕事をしてしまうと、パフォーマンスの発揮が難しくなる場面もあるでしょう。

気持ちを切り替えて、仕事に前向きにとりくむためにも、意識的に気分転換をするようにしましょう。

気分転換で得られるメリット

ここまで、気分転換が必要になるシーンについて確認してきましたが、仕事中の気分転換をすることには、実際どのようなメリットがあるのでしょうか。

気分転換で得られるメリットについて、具体的にみていきましょう。

生産性があがる

仕事中に気分転換をすることで、生産性があがるというメリットがあります。

たとえば、ストレスが溜まった状態で仕事をしてしまうと、集中できない状態が続き、心身に疲労が蓄積してしまいます。

このような状況を断ち切るためにも、意識的に気分転換の時間を設け、気持ちにメリハリをつけるようにしましょう。

オンオフのメリハリがつけられると、効率的に業務を進められる時間が増え、結果として生産性を向上させることができます。

オンオフのメリハリがつけられるようになると、個人だけではなく、組織全体の生産性向上も期待できるでしょう。

>生産性向上の実現方法に関する記事はこちら

オンオフの切り替えがつく

上述した通り、気分転換をすることで、オンオフの切り替えがつけられるようになります。

しっかり集中するオンの状態、しっかり休むオフの状態のメリハリがつけられると、ダラダラ仕事をする時間が減り、パフォーマンス向上を期待することができます。

時間ごとやタスクごとにオンオフを切り替えるなど、自分にあったルールを決め、実践してみましょう。

>オンオフを切り替えるコツに関する記事はこちら

アイデアが生まれやすくなる

意識的に気分転換の時間を儲けることで、アイデアが生まれやすくなるメリットも期待できます。

集中できずに、ダラダラと仕事をしてしまうと、なかなかアイデアが思い浮かばず、無駄な時間を過ごしてしまうでしょう。

このような時間が続く場合は、思い切ってリフレッシュの時間を設けることが効果的です。

普段とは違う場所で仕事をしてみる、同僚とコミュニケーションをとってみるなど、気分転換をおこなうことで、視野が広がり、アイデアが生まれやすくなるでしょう。

ポジティブな気持ちになる

気分転換には、気持ちをポジティブにする効果もあります。

仕事をしていると、失敗をしてしまったり、同僚に迷惑をかけてしまったりすることもあるでしょう。

しかし、ネガティブな気持ちのまま仕事をしてしまうと、思わぬミスをしてしまったり、なかなか集中できなかったりする可能性があります。

いったん気持ちをリセットするためにも、気分転換の時間をとり、前向きに仕事に向き合うようにしましょう。

>物事の捉え方を変えるリフレーミングに関する記事はこちら

仕事中におすすめの5つの気分転換方法

ここまで気分転換のメリットや効果について確認してきました。

生産性向上にも効果的な気分転換ですが、その方法は、人によって異なります。

効果的に気分転換をするためにも、自分にあった方法を見つけて、とりいれてみることがおすすめです。

今回は、仕事中におすすめしたい気分転換方法について、5つの方法を紹介します。

方法(1):身体を動かす

身体を動かすことも、おすすめの気分転換方法です。

とくにテレワーク中は、オフィスで少し動いていた時間などがなくなるため、座りっぱなしの状態が続き、知らず知らずのうちにストレスがたまりがちです。

座ったままの状態で首や肩を回す、1時間おきに立ち上がってみるなどの、ちょっとしたことでもリフレッシュにつながります。

座ったままの状態が続いているなと感じたら、意識的に身体を動かす時間をつくってみましょう。

方法(2):雑談をする

同僚と雑談などのコミュニケーションをとることも気分転換の方法のひとつです。

集中力が切れてしまった、落ち込んでポジティブに仕事ができないなどの状態のときには、仕事とは関係ない雑談をして、気分転換をしてみましょう。

雑談は、なにかを解決したり、結論づけたりするための会話ではないため、非建設的な行為に見えるかもしれませんが、ストレス発散になるという面もあります。

雑談をすることで、気持ちの切り替えができて、前向きに仕事ができるようにもなるでしょう。

>雑談の効果と重要性に関する記事はこちら

>テレワークにおける雑談の役割に関する記事はこちら

方法(3):作業場所を変える

作業場所を変えてみることも、気持ちをリフレッシュする効果があります。

テレワークやリモートワークなど、決まった場所で仕事をする日々が続くと、代わり映えしない景色に疲労してしまい、集中力が低下することがあります。

このような場合は、コワーキングスペースやカフェなど、仕事ができるほかの場所を見つけて、仕事環境に変化を与え、気分転換をはかりましょう。

また、オフィスや自宅以外の場所で仕事をする場合は、情報漏洩などのリスクをよく確認したうえでおこなうことが大切です。

>在宅勤務のセキュリティに関する記事はこちら

方法(4):カフェインをとる

カフェインをとることも、気分転換をするのによい方法です。

カフェインには覚醒作用があるため、摂取により、頭が冴えたり、眠気を醒ましたりすることができます。

また、コーヒーブレイクの時間を設けることで、オフの状態になれるため、オンオフのメリハリをつけやすくなるでしょう。

ただし、カフェインはとりすぎると夜眠れなくなる可能性もあるため、摂取する時間帯には注意が必要です。

(5):仮眠をとる

仮眠をとることも、気分転換につながります。

とくに、眠気を感じて集中ができないときなどは、20分程度の仮眠がおすすめです。

仮眠をとることで頭がすっきりし、パフォーマンスの向上が期待できます。

眠気を感じたまま、ダラダラと仕事をするよりも、思い切って休んでみる方が、効率がよくなる場合もあるかもしれません。

気分転換する際の注意点

生産性向上や気持ちの切り替えに効果的な気分転換ですが、方法のなかには、気分転換として逆効果になるものもあります。

不適切な方法をとりいれてしまうと、せっかくの気分転換が悪い方向に働いてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

気分転換をする際の注意点についてみていきましょう。

長時間のスマートフォン

気分転換の方法として、長時間にわたるスマートフォンの使用は避けましょう。

スマートフォンを長時間使うことは、眼精疲労だけではなく、情報過多になってしまい、判断力が低下してしまうなど、さまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。

スマートフォンには、興味をひくコンテンツも多く、気分転換になるものも豊富ですが、過度な使用は控えるようにしましょう。

>デジタルデトックスのメリットとやり方に関する記事はこちら

人にあたってしまう

イライラが募ったからといって、人にあたってしまわないように注意をしましょう。

ストレスの捌け口として、溜めこんだものを人にぶつけてしまうと、その瞬間は良くても、後々の後悔につながってしまいます。

また、人にあたる言動は、人間関係を壊すことにもつながり、周囲の信用喪失にもつながりかねません。

人にあたりそうになった時は、気持ちをグッと堪え、頭を冷やす、仮眠をとるなどで、気持ちを落ち着かせるようにしましょう。

気分転換を「頑張って」しまう

ついつい気分転換を「頑張って」しまうことも良くありません。

心身に疲れが溜まっているのに、「せっかくの休日だから、リフレッシュのために外に出なくては」と無理に身体を動かしてしまうと、より疲弊しかねません。

気分転換は、あくまでもいまの状態をより良くするためのものなので、いまの自分に最適な方法はなにかを考えたうえで、方法を選択するようにしましょう。

「ながら」の気分転換

「ながら」の気分転換にも注意が必要です。

たとえば、リフレッシュのために音楽を聴きながら仕事にとりくんでいたのに、いつの間にか音楽に集中してしまい、仕事が非効率になってしまうこともあるでしょう。

気分転換をする際は、場所を変える、時間を決めるなど、メリハリをつけて、「ながら」の気分転換にならないように注意しましょう。

気分転換で生産性向上を目指しましょう

仕事中に集中力が切れてしまい、思うように業務を進められないという経験がある方は多いでしょう。

気分転換には、気持ちをリフレッシュする効果だけでなく、生産性を高める効果や、集中力を高める効果もあるため、意識的にとりいれ、業務効率化を目指しましょう。

とくに、働き方に多様性が生まれているいま、従来のオフィス出社では自然にできていた雑談や身体を動かす機会が減ってしまい、知らず知らずのうちにストレスが溜まっているケースもあります。

意識的に気分転換をとりいれて、ストレスの軽減をはかることが大切です。

ストレスを軽減するために、コミュニケーションを見直してみるのも、ひとつの方法です。

昨今、テレワーク中のコミュニケーションツールとして、ビジネスチャットを導入する企業が増えています。

ビジネスチャット「Chatwork」は、オンライン上で気軽にメッセージのやりとりができるコミュニケーションツールです。

メールや電話よりも、フランクにやりとりができ、リアクション機能を活用することで、感情を共有することもできるため、離れた場所にいても、コミュニケーションのストレスを感じにくいでしょう。

>Chatworkのリアクション機能に関する記事はこちら

また、音声/ビデオ通話機能も搭載されているため、時と場合に応じて、最適なコミュニケーション手段を選択することもできます。

>Chatworkの通話機能(ビデオ/音声通話機能)に関する記事はこちら

無料で使いはじめることができるため、まずはチームや部署などの小規模の単位で、コミュニケーションの活性化を実感してみてください。

ビジネスチャット「Chatwork」は無料で簡単に使いはじめることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験できます。

気分転換したいときの気軽なやりとりに、また、ビジネスコミュニケーションの活性化にも、「Chatwork」をぜひご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

テレワーク下でのコミュニケーションを最適化するには
テレワークがデキる人の 「非同期コミュニケーション」

テレワークやリモートワークなどの環境下では、ツールをつかったコミュニケーションが業務の中心になります。

この資料では、電話やWeb会議などの「同期型コミュニケーション」とメールやビジネスチャットなどの「非同期型コミュニケーション」 を区別し使い分けることで、新しい働き方でコミュニケーションを活性化・効率化する方法を解説します。

【主な内容】

  • テレワークの環境とコミュニケーション
  • コミュニケーションをツールで進化させる
  • 社内コミュニケーションから取り組む

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事