リーダーとは?役割や求められるスキル、優れたリーダーになる方法を解説

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
リーダーとは?役割や求められるスキル、優れたリーダーになる方法を解説

目次

企業や組織をまとめる存在として、リーダーシップを持った人物が求められます。

しかし、組織力を高めるためには、リーダーにどのようなスキルや能力が必要なのでしょうか。

メンバーの先頭に立って活躍できるように、リーダーに求められる資質をひとつひとつ確認していきましょう。

リーダーとは

リーダーとは、組織の目標達成や課題解決に取り組む際に、チームを先導する役目のことです。

チームのトップとして、スムーズに物事を進めるほか、メンバーのモチベーションを高める役割があります。

 

リーダーシップとは

リーダーシップとは、指導力・統率力の意味があり、チームを引っ張っていくスキルを指します。

リーダーシップは、基本的に生まれ持った資質ではなく、仕事の経験とともなった身に付く能力です。

リーダーシップを持つ人物は、地位や特権に固執するのではなく、責任を持って部下をサポートする必要があります。

 

リーダーとマネージャーの違い

リーダーとマネージャーは、組織の先頭に立つという意味では同じですが、役割が異なります。

マネージャーは、チームが会社のルールを守りながら業務を進められるように、組織を管理する人物のことです。

会社によって異なりますが、リーダーがマネージャー職を兼務することもあれば、別々に配置する場合もあります。

>チームワーク向上に必要なことに関する記事はこちら

リーダーに向いている人の特徴

すべての人物が、リーダーとして活躍できるとは限りません。

行動力のある人や、周りのことをよく見ることができる人など、リーダーに向いている人の特徴を解説します。

 

行動力がある

リーダーには、組織をまとめるために、先導を切って行動する能力が求められます。

メンバーにだけ働かせるのではなく、自ら先まわりして行動しなければなりません。

また、メンバーが仕事に対して悩みや課題が生じた際にも、迅速に相談する行動も必要です。

 

周りのことをよく見ている

周りのことをよく見ている人物は、リーダーに向いていると言えます。

リーダーは、チームに属する複数の人物を統率することから、常に広い視野を持たなければなりません。

メンバーそれぞれの業務の進捗状況や、モチベーションを把握するなど、チーム全体に気を配る能力が求められます。

 

部下を信頼している

リーダーには、部下を信頼することも必要です。

リーダーは、チームでの目標達成のために、部下にさまざまな仕事を与える役割があります。

部下を信頼できていないと、仕事を任せきれず中途半端な役割を与えかねないため、仕事が回らなかったり、部下のモチベーション低下につながったりする可能性があります。

また、メンバーが仕事に失敗したときも、部下を裏切ることなくフォローをすることで、組織力を高められるでしょう。

>部下の指導・育成のポイントに関する記事はこちら

 

明確なビジョンを持っている

リーダーは、明確なビジョンを持たなければなりません。

仮に、リーダーがチームの目標を見失ったり、方向性にブレが生じたりすると、部下のモチベーションにも悪影響をおよぼします。

チームを正しい方向に導くためにも、仕事に対する姿勢や適切な目標を立てるなどし、ビジョンを共有することが大切です。

>ミッション・ビジョン・バリューとは?に関する記事はこちら

リーダーに必要なスキル

リーダーになるためには、どのようなスキルが必要となるのでしょうか。

リーダーとして身に付けるべき7つのスキルを紹介します。

 

目標設定力

組織の方向性を決めるために、目標設定力が求められます。

設定した目標のためにチームが一丸となるためには、そもそも適切な目標を設定できなければなりません。

チームメンバー全員が理解でき、かつ長期的な目標として適切なものが設定すべき目標であるといえます。

また、チーム全体だけでなく、従業員個々が目標を設定する際にも、リーダーとして相談に乗るようにしましょう。

 

行動・決断力

どのような状況でも意思決定を行えるように、行動・決断力が必要です。

リーダーが優柔不断だと、メンバーのモチベーションが低下し、組織力も落ちてしまう可能性があります。

指示するばかりで、自ら行動しないリーダーにメンバーはついて来ないので、目標達成に向けて、自ら率先して動くことが重要になります。

 

コミュニケーション能力

メンバーと良好な関係性を保てるように、コミュニケーション能力が求められます。

リーダーは、ばらばらの能力をもつメンバーをひとつのチームとして統率し、モチベーションを保ちながら仕事をさせなければなりません。

各メンバーの個性や価値観を理解し、適したコミュニケーションをとるだけでなく、メンバー間の相互理解を深め、同じ目標を共有するチームとしてチームビルディングをする力も求められます。

また、従業員の悩みや相談にも積極的に乗り、メンバー全員で協力できるようにコミュニケーションをおこなうようにしましょう。

>コミュニケーション能力を高める方法とは?に関する記事はこちら

 

リスクマネジメント力

リーダーは、チームが悪い方向に進んでしまったり、メンバーが仕事を失敗したりしてしまった際に、責任を取る必要があります。

また、どのようなリスクが発生するかを予想し、未然に防ぐ役割も求められます。

事前に発生しうるリスクを予想し、対策をうつよう、先まわりした行動が必要となります。

>リスクマネジメントとは?に関する記事はこちら

 

モチベーション管理能力

リーダーは、チーム全体のモチベーションを維持・向上させるために、メンバーの特性を把握し、仕事の成果を適切に評価をおこなわなければなりません。

また、強制的にモチベーションを高めるのではなく、ひとりひとりに寄り添いながら、自発的に働ける環境を作り出す能力も必要です。

モチベーションを持続できるよう、定期的に面談などを取り入れて、日頃からメンバーの様子を気にかけるようにしましょう。

リーダーに必要な能力

リーダーには、スキルだけでなく、チームを引っ張っていく能力を備えることも重要です。

リーダーとして活躍するために求められる能力を紹介します。

 

チームメンバーを育成する能力

チームで成果を得るためには、チームメンバーを育成する能力が必要です。

経験の浅いメンバーや、新入社員にも積極的に仕事を分け与え、長期的な目線で育成を続けなければなりません。

メンバーの特性や適性を見極めるほか、ときには短所を指摘するなどし、メリハリのある指導をおこなうよう心がけましょう。

 

チームの生産性を上げる能力

仕事を行う以上、チーム全体の生産性を上げる能力も求められます。

メンバーのスキルや能力を把握した上で、適材適所に配置することや、モチベーションを高められるような統率力が必要です。

また、精神論ではなく、数字や具体性の高いアドバイスをおこない、メンバーひとりひとりの生産性を高めることも大切です。

 

チームの団結力を高める能力

チームのリーダーとして、チームの団結力を高める能力を身に付けなければなりません。

チーム内でコミュニケーションを積極的に行い、信頼関係を構築します。

お互いに信頼できる関係性を作り出すためにも、ひとりひとりと真剣に向き合う機会を作ります。

優れたリーダーになるためにとるべき行動

リーダーは、どのような行動を取るべきなのでしょうか。

優れたリーダーになるために、意識するべきことを紹介します。

>理想の上司の特徴とは?に関する記事はこちら

 

メンバーの手本になることを意識する

優れたリーダーになるためには、メンバーのお手本になれるように意識しましょう。

チームの先頭に立って、仕事に対する姿勢や進め方の手本を示します。

言葉だけでなく、実際に行動をすることで、組織全体に浸透させましょう。

 

情報収集をし、洞察力を身につける

リーダーとしてチームを引っ張るためには、洞察力を身に付けることも大切です。

いち早く、ビジネスの情報を収集し、組織に還元できるような行動が求められます。

また、組織が間違っている方向に向かっている場合、洞察力を用いて、適切に軌道修正できるようにしましょう。

>情報収集スキルを高める方法に関する記事はこちら

 

積極的にメンバーと接点を持つ

親身になって部下のことを考え、積極的にメンバーとの接点を持つようにします。

メンバーが困っているときや、仕事に課題が出ている際に、気軽に相談できる環境を作る必要があります。

優れたリーダーとして信頼されるためにも、定期的にコミュニケーションを取るようにしましょう。

リーダーとメンバーのコミュニケーションにChatwork

組織の先頭に立つには、メンバーから信頼されるようなリーダーになる必要があります。

定期的なコミュニケーションをおこなうことを意識し、リーダーの求心力を高めましょう。

チーム内でのコミュニケーションには、ビジネスチャット「Chatwork」を活用できます。

チャット形式の会話ができるため、メールよりも気軽なコミュニケーションをとることができます。

また、リアクション機能や絵文字を用いることで、カジュアルな雰囲気で雑談を交わすことも可能です。

メンバーひとりひとりとのコミュニケーションをおこない、組織力の向上を目指すためにも「Chatwork」の導入をぜひ検討してください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事