ヒューマンスキルとは?構成する8つの要素や高める方法を解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

職場の人間関係を円滑に進めるには、ヒューマンスキルが求められます。

ヒューマンスキルを高められると、職場の作業効率化や生産性をあげる効果が期待できるでしょう。

日ごろからどのようなポイントを意識すると、ヒューマンスキルを高められるのでしょうか。

ヒューマンスキルを高める方法を解説します。

ヒューマンスキルとは

円滑な人間関係を築く能力を、ヒューマンスキルと呼びます。

アメリカのハーバード大学のロバート・カッツ教授により提唱されました。

ヒューマンスキルには、相手を理解する気持ちや意見を正確に引き出すこと、相手に物事をわかりやすく的確に伝える技術が必要です。

ヒューマンスキルが高い人材は、人間関係を大切にしながら仕事の指示を的確にこなせる傾向があります。

職場の人間関係が円滑に進むと、仕事をスムーズに進められて作業効率化や生産性アップを図れるでしょう。

とくに、マネジメント層や管理職には、ヒューマンスキルに加えて、テクニカルスキル、コンセプチュアルスキルなどが求められます。

テクニカルスキル

担当する業務に必要な専門スキルを、テクニカルスキルと呼びます。

経理事務の場合は、PCの操作技術、OAソフトExcelの計算技術、簿記に関する知識などが当てはまるでしょう。

テクニカルスキルの内容は、主に3つの種類にわけられます。

  • 汎用スキル:仕事内容や部署に関わらず、役立つもの(ビジネスマナーなど)
  • 専門スキル:担当する仕事内容、所属する部署の全員に必要なもの(人事部なら人材採用や雇用手続きなど)
  • 特化スキル:部署で高度な技術が必要なもの(スキルアップに必要)

それぞれ3つのテクニカルスキルを習得できると、管理職として活躍できる技術を磨けます。

コンセプチュアルスキル

幅広い視点で仕事の課題を見つめて解決するには、知識や情報をまとめて概念化できるコンセプチュアルスキルが必要になるでしょう。

コンセプチュアルスキルを磨くためには、論理的に考える力や創造性を働かせることが大切です。

マネジメント層にヒューマンスキルが必要な理由

マネジメント層や管理職に、ヒューマンスキルが必要な理由を見ていきましょう。

人材育成に役立つ

マネジメント層や管理職にあたる人材のヒューマンスキルが高いと、人材育成に役立ちます。

ヒューマンスキルの高い上司のもとで働くことで、部下はヒューマンスキルを学ぶ機会が増えるので、上司の指示を部下が適切に理解して行動できたり、部下が自主的に考えられるスキルを養えたりします。

職場のチームワークが高まる

マネジメント層や管理職にあたる人材のヒューマンスキルが高いと、同僚や部下、他部署とのコミュニケーションを円滑に進められるため、職場のチームワークが高まります。

チームワークが高まると、メンバー同士の信頼関係が構築され、お互いをサポートする気持ちが芽生えやすくなるでしょう。

ヒューマンスキルを構成する8つの要素/h2>

ヒューマンスキルを構成する8つの要素を見ていきましょう。

ネゴシエーション

自分と相手が納得できる妥協点を見つけて交渉するスキルを、ネゴシエーションと呼びます。

たとえば、営業や商談などの場面で、相手の立場になって考えながら臨機応変に調整するスキルを指します。

ヒアリング

相手の話に耳を傾けながら共感や理解を示すヒアリングスキルには、相手がリラックスできるように表情や態度を意識しながら、傾聴する姿勢が求められます。

相手が伝えたい真意を正確にくみとれると、相手との距離を縮められ、信頼関係を築きやすくなるでしょう。

リーダーシップ

組織の目標達成に向けて成果を出せるようメンバーを統率するリーダーシップには、リーダーとして責任感を持ち、周りから信頼を得ることが大切です。

メンバーひとり一人のモチベーションを高めながら、方向性を示して全体をまとめていきましょう。

プレゼンテーション

相手に自分の意見や説明をわかりやすく伝えたい場合には、プレゼンテーションのスキルが必要です。

会議の場でプレゼンテーションをおこなう場合は、図や表、写真やスケッチなどを使いわけながら、相手にわかりやすく伝える工夫が求められるでしょう。

コーチング

コーチングは、部下に気づきを与えながら目標達成に向けて行動をうながします。

上司は部下に指示を出すだけではなく、質問を投げかけながら、自主的に行動できるように働きかけることが大切です。

向上心

仕事のスキルを高めるには、目標を掲げて達成に向けた努力を継続できる向上心が必要です。

向上心があることは、自身の成長だけでなく、組織や部署全体にとっての成長にもつながります。

コミュニケーション

コミュニケーションスキルを高めるには、相手に価値観や意見を押しつけない話し方に配慮することが大切です。

相手の立場を考えながら会話のやりとりができると、職場での信頼関係の構築がしやすくなるでしょう。

ファシリテーション

会議の方向性をまとめたり場の雰囲気をつくったりする役割を、ファシリテーションと呼びます。

ファシリテーションをおくことで、話し合いや会議をスムーズに進められるというメリットがあります。

ヒューマンスキルを高める方法

ヒューマンスキルを高める方法を見ていきましょう。

相手の話を否定せずに耳を傾ける

ヒューマンスキルを高めるには、まず傾聴と共感を意識することが大切です。

相手の話をきちんと聞くことで、相手に誠実さが伝わるため、安心感を与えたり信頼関係を構築しやすくなったりするでしょう。

話し合いや意見交換をする際には、価値観の押しつけや決めつけをしないよう意識しましょう。

伝える力を鍛える

相手にわかりやすく簡潔に伝えるスキルを磨いておくと、仕事のあらゆる場面で役立ちます。

たとえば、企画会議のときに、参加者にわかりやすいプレゼンテーションができると、聞いている相手にストレスを与えずに、真意を伝えることができるでしょう。

伝える力を身につけると、指示の出し方も的確になるため、現場の業務効率化を図ることもできるでしょう。

PDCAサイクルを意識する

ヒューマンスキルを高めるためには、PDCAサイクルのフレームワークを意識することが大切です。

  • Plan(計画):目標達成に向けた計画を立てる
  • Do(実行):実際に行動を繰り返す
  • Check(評価):どのような成果が出たのか評価する
  • Action(改善):評価を分析して改善を取り入れる

PDCAを活用すると、職場の課題を改善しやすくなるため、仕事にかかる負担を軽減できます。

ヒューマンスキルの向上にChatworkを活用

ヒューマンスキルを高めるためには、日ごろから傾聴や共感の姿勢を大切にしながら、聞く力や伝える力を磨くようにしましょう。

職場のコミュニケーションを活性化する手段として、ビジネスチャット「Chatwork」の活用がおすすめです。

メールや電話に比べて、チャット形式でやりとりができるため、仕事にまつわる意見交換やプライベートの雑談など、気軽にコミュニケーションをとることができます。

ヒューマンスキルを高める手段のひとつに、ぜひ「Chatwork」をご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
情報共有、本当にできていますか?
見えない危険度を簡単診断 組織の情報共有不足チェック!

このお役立ち資料では組織の情報共有不足を診断し、実態に合った解決方法を知ることができます。

  • 情報共有不足チェック
  • 診断結果詳細
  • 情報共有がもたらす効果

などを解説します。自社の現状を認識し、改善するための材料として活用してください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事