フィードバックの意味とは?意味やビジネスにおける例文を解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
フィードバックの意味とは?意味やビジネスにおける例文を解説

目次

フィードバックをおこなうことには、さまざまなメリットがあります。

また、目的やフィードバックによって得られる成果を知ることで、さらに効果的に進めることができます。

フィードバックを正しくおこなうためには、注意点や具体的手法について知っておくことが大切です。

フィードバックの種類や、また類似語や手法をご紹介します。

フィードバックとは

フィードバックとは、業務の取り組みや進め方などについて評価をおこない、その評価内容を伝えることです。

フィードバックを実施することには、さまざまなメリットがあるため、社内で取り入れるとよいでしょう。

ビジネスシーンにおけるフィードバック

ビジネスの場面では、上司から部下に対して振り返りとともにフィードバックすることが一般的です。

年度や期の区切りなどで、設定した目標に対して取り組みを振り返り、上司から見てどのような成果や反省があるかなどをフィードバックします。

また、日常的な業務においても、ミスが発生したり勤務態度に問題があったりした場合、上司や先輩などからフィードバックされることで、本人が気づいていない原因や周りからの評価を知る機会になります。

自分では気が付かない新しい観点での発見がある場合もあるため、ビジネスシーンにおけるフィードバックは、する側もされる側も積極的に参加するとよいでしょう。

朝礼や1on1など、定期的に開催されるミーティングでフィードバックの時間を儲けている企業も多いです。

>1on1に関する記事はこちら

フィードバックの種類

フィードバックには、「ポジティブフィードバック」と「ネガティブフィードバック」という2種類があります。

ポジティブフィードバックには、業務の取り組みで評価できる内容を話し、気分をポジティブにさせる効果があります。

一方で、ネガティブフィードバックは、改善すべき点や問題点を話すことで、自発的な行動につながるという効果があります。

フィードバックが始まった背景

フィードバックがはじまった背景には、働き方の多様化があげられます。

多様な働き方ができる現代では、正社員や派遣社員、業務委託などさまざまな働き方の人が同じ企業で働くことも多いです。

さまざまな雇用形態の発生にともない、価値観も多様になっています。

異なる雇用形態の人同士が意思疎通を測ることや、多様な価値観を擦り合わせるためにも、フィードバックをおこなうことは重要です。

フィードバックをおこなうことで、各社員の方向性が定まり、一体感を生むことができるでしょう。

>多様な働き方の種類とメリットに関する記事はこちら

フィードバックをおこなう目的と効果

フィードバックをおこなう目的と効果には、以下のようなものがあります。

  • モチベーションを高めるため
  • スキルアップにつなげるため
  • 目的を達成するため
  • 業務改善をするため
  • 社員間のコミュニケーションを促進するため
  • 振り返りの習慣をつけるため

目的と効果を理解したうえで、フィードバックを実施していきましょう。

モチベーションを高めるため

フィードバックを実施することで、フィードバックされた側のモチベーション向上を見込むことができます。

自分のパフォーマンスを客観的に評価されることで、自分ひとりでは気づかなかった点や改善点に気がつくことができ、次に行動するための意欲が高まるでしょう。

>モチベーション管理の方法とコツに関する記事はこちら

スキルアップにつなげるため

フィードバックを受けることは、スキルアップにつながります。

業務に関する改善点や、スキルアップできる点などを伝えることで、評価を受けた側は、業務について振り返ることができます。

振り返りをおこなうことで、自主的に勉強する意欲がわき、さらなるスキルアップにつながるでしょう。

目的を達成するため

目標や目的を達成するために、フィードバックは有効です。

フィードバックは、目的達成のために、何ができていて何が足りていないのかを、客観的に評価してもらえる良い機会になります。

他人からの意見を聞き、自分の行動を振り返り、次回の行動計画を立てることで、目的の達成率を高めることができます。

業務改善をするため

業務改善をおこなうには、工数の削減や、業務の質向上など、さまざまな要素を検討する必要があります。

そこで、フィードバックを受けることで、各業務の工数や、困難に感じている点を振り返りやすくなります。

フィードバックをよい機会として、業務フローや業務にかかる時間を見直すことで、業務改善を進めることができるでしょう。

社員間のコミュニケーションを促進するため

フィードバックの実施は、コミュニケーションを促進する効果もあります。

業務量が多い職場や、テレワークの実施が多い職場では、コミュニケーションをとる機会が少なくなります。

そこでフィードバックをおこなうことで、社員同士のコミュニケーション頻度を増やすことができます。

コミュニケーション頻度を増やすことで、社員間の信頼関係の構築にもつながります。

>コミュニケーションロスとは?に関する記事はこちら

振り返りの習慣をつけるため

フィードバックをおこなうことで、行動を振り返る習慣をつけることができます。

フィードバックを定期的に受けることで、自分自身の行動を振り返ることが習慣になるでしょう。

振り返りを習慣化することで、自己成長を早くする効果も期待できます。

フィードバックをおこなう具体的手法

フィードバックの具体的手法には、以下のようなものが挙げられます。

  • サンドイッチ型
  • ストラテジー型
  • ペンドルトン型
  • SBI型
  • FEED型
  • 360度フィードバック(360度評価)

フィードバックする相手や内容に合わせて、それぞれの手法が使い分けられるようにするとよいでしょう

サンドイッチ型

サンドイッチ型は、ひとつの種類のフィードバックに異なる種類のフィードバックをはさみこむ方法です。

サンドイッチ型では、下記の順番でフィードバックをおこないます。

  1. 高評価な点(ポジティブフィードバック)
  2. 改善すべき点(ネガティブフィードバック)
  3. 高評価な点(ポジティブフィードバック)

真ん中にネガティブフィードバックを置き、最初と最後をポジティブフィードバックではさみます。

サンドイッチ型でフィードバックをおこなうことで、相手のやる気をそがずに、モチベーションを維持させることができます。

ストラテジー型

ストラテジー型は、「ストラテジー=戦略的」にフィードバックをおこなう方法です。

相手の特性や性格に合わせた、話し方や伝え方でフィードバックを実施します。

ストラテジー型でフィードバックをおこなう場合は、日ごろから相手の業務の進め方や特性を観察し、察知する必要があります。

ペンドルトン型

ペンドルトン型は、フィードバックする側とされる側の対話を通して、フィードバックをおこなう方法です。

対話を通じておこなうことで、フィードバックを受ける側は自主的に反省することができます。

また、行動を振り返った上で、これからの改善点を話し合うことで、より改善点を意識した行動ができるようになります。

自発的な対話を重視することで、反省の繰り返しにつながり、モチベーションアップにもつながるでしょう。

SBI型

SBI型は、下記の3つの行動を順番に伝えて、フィードバックする方法です。

  1. 状況(situation)
  2. 行動(behavior)
  3. 結果(impact)

どのような状況で、どのような行動をして、どのような結果になったかを、項目を分けてフィードバックすることで、フィードバックの要点が整理しやすくなります。

また、フィードバックを受けた相手も、項目別に改善点に取り組むことができ、次の目標も立てやすくなります。

FEED型

FEED型は、4つの行動にわけてフィードバックをおこなう方法です。

  • Fact(事実...おこなったこと)
  • Example(例...例をあげて別の行動をしたら、起こる例)
  • Effect(影響...おこなったことに対して起こる影響)
  • Different(改善...次回にどうすべきかを伝える)

相手の行動の事実(Fact)を伝え、例(Example)をあげて、この行動をしたらよかったのではないか(Effect)と伝えます。

そして、最初の事実に対しての影響(Effect)を伝えたあとに改善策(Impact)を伝えます。

360度フィードバック(360度評価)

360度フィードバックとは、上司や先輩だけでなく、同僚や部下などさまざま人からフィードバックを受ける評価方法です。

前述のようなフィードバックとは違い、評価される人の行動が周囲にどのような影響を与えているかについて評価をおこないます。

多様な雇用形態や価値観が広がる中、さまざま人から評価を受けることで、気づかなかった自分のよさや、改善点を発見できるようになるでしょう。

>360度フィードバックに関する記事はこちら

フィードバックを効果的におこなうための注意点

フィードバックを効果的におこなうためには、以下の注意点を意識すると、より相手に伝わりやすくなります。

  • リアルタイムにおこなう
  • 普段からコミュニケーションをとる
  • 具体性を大切にする
  • ポジティブな言動や態度を意識する
  • フォローをおこなう

それぞれの注意点について、解説していきます。

リアルタイムにおこなう

フィードバックは、リアルタイムにおこなうことが重要です。

時間を空けてフィードバックをおこなうと、相手が詳細に事項や行動を思い出せなくなり、フィードバックの効果が薄れてしまいます。

フィードバックをリアルタイムにおこなうことで、改善点を早期に発見できるようになるでしょう。

普段からコミュニケーションをとる

フィードバックを相手が真摯に内容を受け止めるためには、日ごろの信頼関係が重要です。

普段からコミュニケーションをとることで、相手の特性や仕事の姿勢を理解することができます。

また、コミュニケーションを適度にとることで、お互いの信頼関係を深めることもできます。

>コミュニケーションの効果に関する記事はこちら

具体性を大切にする

フィードバックをおこなう際は、具体性を大切にしましょう。

具体例をあげて、改善点を伝えることで、相手が事項を理解しやすくなります。

また、自主的な改善についても、より具体性を持ったものになるため、フィードバックの効果が発揮されやすいでしょう。

ポジティブな言動や態度を意識する

ポジティブな言動や態度を意識して、フィードバックをおこないましょう。

ネガティブな言動のフィードバックは、相手を不快な気持ちにします。

フィードバックは、相手の立場にたった言動を意識すると、より効果的におこなうことができます。

フォローをおこなう

フィードバックをおこなったあとには、フォローアップをおこないましょう。

評価を受けた人が、次回よりよい行動を起こすためにも、フォローアップが必要です。

適切な場面で、相手が改善行動をできるように、助言をするとよいです。

フィードバックと混同しやすい言葉

フィードバックには類似語が多く、意味が混同しやすいです。

フィードバックと意味を間違えやすい語句について確認しましょう。

  • リアクションとの違い
  • マネジメントとの違い
  • チェックバックとの違い
  • フィードフォワードとの違い

それぞれの違いについて解説します。

リアクションとの違い

リアクションは、人の行動や会話に対して反応することです。

相手のパフォーマンスに対して、評価をくだすのではなく素直に反応することを言います。

フィードバックは、業務に対する改善点やよかった点などについて評価をくだす手法のため、リアクションとは異なります。

マネジメントとの違い

マネジメントとは、組織のメンバーが円滑に仕事ができるように、スケジュールを調整したり、業務をこなしたりすることです。

マネジメントは組織に対して働きかける方法ですが、フィードバックは個人の業務に対して働きかける方法のため、意味が異なります。

>マネジメント能力とは?に関する記事はこちら

チェックバックとの違い

チェックバックとは、過去におこなっていた業務まで遡って確かめる行為のことです。

アーティストが作ったデータなどに対して修正をおこなうことを指すことが多い言葉で、クリエイター業界で頻繁に使用される言葉です。

フィードフォワードとの違い

フィードフォワードとフィードバックは、対義語とも言えます。

フィードフォーワードは、まだ取り組んでいない未来に向けての助言をすることです。

一方で、フィードバックは業務の振り返りの観点で、改良できる点や好評な点を助言することです。

助言する点が「未来」と「過去」で異なるため、使い分けには注意しましょう。

>フィードフォワードに関する記事はこちら

フィードバックの目的を理解し活用を

フィードバックをおこなう際は、おこなう目的や効果を理解して実践に移しましょう。

シミュレーションをおこなったり、実践を積み重ねたりすることで、フィードバックのスキルを上げることができます。

フィードバックを受ける側が、さらなる飛躍ができるようなフィードバックができるとよいでしょう。

「Chatwork」で効果的なフィードバックをしよう

フィードバックの効果をより高める具体策として、会話を文字に起こして後で振り返りができるようにしておくのも、ひとつの方法です。

会話の内容を簡単にのこすには、ビジネスチャットの活用がおすすめです。

ビジネスチャット「Chatwork」は、頻繁なやりとりや、迅速なフィードバックをおこなう際に便利なツールです。

会話形式でコミュニケーションを図ることができるChatworkなら、普段のやりとりがそのまま残るので、簡単にフィードバック内容を振り返り、フォローアップすることが可能です。

また、タスク管理機能も備わっているため、情報の共有漏れ防止や、課題や現状の振り返りなどにも活用できるでしょう。

>タスク管理機能に関する記事はこちら

なお、フリープランをご利用の場合、一部のメッセージに閲覧制限がかかっている可能性があるため、定期的に見直したいメッセージや情報がある場合は、ご注意ください。

ビジネスチャット「Chatwork」は無料で簡単に使いはじめることが可能です。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験できます。

フィードバックの実践方法として、また、フィードバック効果を高める手段として、ぜひ「Chatwork」を活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事